カテゴリー
misc

とんど

とんど

今日は妻の実家の地区で「とんど」が行われるということで今年も家族で行ってきました。「とんど」というのは地域によって「どんと焼き」と言ったり他にも様々な呼び名があるようですが、正月飾りなどを焼いてその年の無病息災を願う習わしで正しくは左義長というそうですが、Wikipediaによると東京で行われていないのは江戸時代に火災予防のために禁止されたためのようです。そのため東京近郊で育った私には結婚するまで縁がなかった行事ですが、最近は例年その火に当たりに行くようになって年中行事化してきました。

そのとんども、この地区では今年が最後ではないかと言われているようです。近隣地区では既に廃止されてしまっているところもあるそうで、その理由は防犯・防災のためと、会場付近の住民からの苦情だということです。とんどが燃やされる際には消防団らの監視の下、万全の体制で臨むことになりますが、昼間に組み上げたとんどは夜まで無人の状態で置かれることになるので、それまでの間は愉快犯にとって格好の標的になってしまいます。実際数年前には隣の地区のとんどが昼の間に燃やされてしまうことがありましたが、管理されていない火というのは危険極まりないもので、負傷者がいなかったのは幸運だったとしか言えないでしょう。どこに異常者がいるかわからないご時世ですから、これは仕方のない流れなのかもしれません。

しかし、苦情でやめることになってしまうというのはどうも納得ができません。起源を遡ると平安時代にまで辿り着くというような古くからの行事を、それを知らずに転居してきたような人から文句を言われたということで取りやめなければならないものなのでしょうか。確かに夜になってから多くの住民が自宅の周りに集ってきて火を焚くというのはあまり気分のいいものではないでしょうが、もともとそれが行われているところに住み始めてしまったのは自分の方ですし、年に一度だけのことなのですから何とか我慢できないものかと思ってしまいます。

このことは、こうして世知辛い世の中になってしまっていくのかと実感してしまいますね。古くから続いているものが廃れていってしまうというのは寂しいことです。私自身も地域に積極的に貢献しているわけではありませんし、既に私の住む地区ではとんども行われていないようですが、これに限らず伝統を護るということを考えるべきかもしれない、と認識を少々改める出来事でした。

カテゴリー
misc

停電

関西電力関電からの発表はなし

昨日はクリスマス・イヴということで一家で教会のキャンドル・サービスに参加してから妻の実家で食事をして、夜の9時半過ぎに帰宅したのですが、自宅に近付くとどうも周りが暗いような気がする…あれ?この店潰れたっけ?…と思っていると信号機が点灯していません。この交差点は4車線道路を含む5差路で夜でも交通量がそこそこあり、4車線道路を走る車はあまり減速せずに突っ込んで来るのでそれを横切る私はちょっと恐怖を感じながら通行しました。普段は鬱陶しいと思っていた信号機の有り難みをこの時ばかりは痛感しました。

さらに良く見ると街灯も全て消えていますし、周囲の民家も真っ暗です。まさかと思って自宅マンション前に着くと、やはりどの家も真っ暗か、ほの暗くロウソクか懐中電灯の明りで照らされている程度で、エントランスや駐車場の照明も消えて非常灯だけが薄暗く光っていました。

もちろん自室に入ってみても真っ暗なので、すぐに蛍光ランタンを取り、アロマキャンドルを点けて照明代わりにしました。暖房も点けることができませんし、湯も出ないので風呂にも入れず、とりあえず暖を取るためには布団に入るしかない、ということで10時前だというのに皆で寝てしまうことにしました。

子供は「サンタさん来られるかな?」と心配顔でしたが、親の方はその準備もしなければならずなかなか厄介です。子供を寝かせている間に何とか妻が用意を済ませてくれましたが、散々なクリスマスです。とはいえ、私自身も夜中の停電は初めての経験ですし、子供にとってもちょっとドキドキを味わえて満更でもなかったようです。が、そんなことを言えるのも夜半過ぎには復旧したからですね。今回の停電は自宅周辺の一角だけだったので、朝までに直っていなかったらどこか温泉にでも行くしかないか、などとも話していましたが、つい先日大停電に見舞われた新潟の方々はそれどころではなかったでしょうね。

それにしても、復旧した後でも関西電力のウェブサイトでは情報がないようですが、こういった軽微な事故は良くあることなのでしょうか。最近は電気工事の技術も向上して、滅多なことでは停電にならないように感じていたのですが、それはたまたま私が遭遇しなかっただけのことなのでしょうか。今回のような冬の夜間の急な停電は生命に関わることもないとは言えないだけに、もう少しdisclosureが進んでもいいような気がします。しばらくしたら公開されるというのならいいのですが…

カテゴリー
misc

はじめまして

巷で噂のBlogを使って(作って)みようということで、どうやらシェアの高いらしいMovableTypeを使ってみることにしました。今までの自家製CGIの日記ページに対してどんなアドバンテージがあるのか、それほどいいものなのか、じっくり味わってみたいと思います。