「space」タグアーカイブ

Johnson Space Center / Space Center Houston

Space Center Houston“Houston, Tranquility Base here. The Eagle has landed.” – Neil Armstrong

私は今、テキサス州州都オースティンに来ています。日本からの出張者のお供として先週こちらに来たのですが、週末に戻る予定が変更になり、今週まで滞在を延長することになりました。もともと延長になる可能性はあったので若干の余裕は持たせていたものの、衣類の洗濯が必要になるなど少々の面倒があります。また、週末を挟むことになってしまうので、出張者に退屈させずリフレッシュしてもらうことも考えなければなりません。

ということで近辺になにか面白いものはないかと調べてみたのですが、オースティンはおしゃれで美味しい飲食店が数多くあったり、清潔で安全な素晴らしい街ではあるものの、残念ながら観光地ではありません。3月のSXSWなどは見てみたいものですが、それはそれで大変な混雑になってしまいそうなのでむしろその時期でなくて良かったのではないでしょうか。テキサス州会議事堂はちょっとしたものですが、ゆっくり見ても小一時間ではないでしょうか。

そこでオースティンから近郊へ足を伸ばしてみようかと地図を眺めていたところ、ヒューストンが日帰りできる距離であることが分かりました。ヒューストンは全米第4の人口、第2の面積を持つという大都市ですが、ここに何があるのかといえば「こちらヒューストン」ということでNASAジョンソン宇宙センターです。私は1年ちょっと前にはケネディ宇宙センターにも行って、ヒューストンの方にもぜひ行ってみたいとは思っていましたが、出張者も興味があるので行きたい、ということだったので片道3時間少々のドライブに我慢いただきお連れすることにしました。

実際に訪れるのはジョンソン宇宙センターに隣接する、見学者用の施設であるスペースセンターヒューストンです。入口横にはスペースシャトル輸送機であるN905NAがシャトルの模型であるIndependenceを背負って展示されていますが完全ではなく、これは近日公開ということのようです。

まずここに入場すると最初にアメリカの宇宙開発史をまとめた映像をDestiny Theaterで観て、気分を盛り上げることになります。その後いくつもの実物展示を見て、メインのアトラクションであるトラムツアーへと移ります。こちらはISSのモジュールが並べてあるところを見に行くツアーと、実際の管制室を見に行くツアーとがあり選ぶことができますが、モジュールはモックアップだということなので、本物志向で管制室の方のツアーに並ぶことにしました。なおツアーは30分毎に出発するもので予約は不要です。

トラムは出発するとChristopher C. Kraft Jr. Mission Control Centerへと向かいます。ここではもっぱらISSの管制を行っているようですが、今回見学できたのは実際にISSを管制しているところではなく、21世紀仕様の管制室として作られ、現在リハーサルが繰り返されている新しい管制室とのことでした。訪れたのが土曜日なので職員はいませんでしたが、平日は実際に使用されているようで、前方のスクリーンにはISSの現在位置などがリアルタイムに表示されていてなかなかのものです。映画などで見た管制室との大きな違いは机上の画面が全て大きめの液晶パネルになっていることでしょうか。

ここではNeilという年配の男性が詳しく説明してくれたのですが、そのNeilが名乗った時一瞬空気が止まり、そして直後に「でもあのNeilじゃないよ」といって笑いが起こるのはお約束なのでしょうがちょっと面白かったところです。残念ながらあのNeilは既に亡くなっていますからね。このほか様々な細かいジョークを交えながら楽しい解説を行ってくれたので、このツアーに参加して良かったと思えました。

この後またトラムに乗って移動し、今度はRocket Parkというところでいくつかのロケットやそのエンジンが展示されているのを見ることができますが、目玉となっているのはSaturn Vです。アポロ計画スカイラブ計画で使用されたこのロケットはケネディ宇宙センターにも展示されていましたが、こちらの方が同じ高さで見ることができるのはいいかもしれません。トラムツアーはこれで終了で、館内へ戻って時間が許す限り残りの展示を見るという感じになるでしょう。

ケネディ宇宙センターがロケット等の打ち上げを司っているのに対し、ジョンソン宇宙センターは打ち上げ直後から航行を司るものになっているのですが、ということはここにはロケットやシャトルなどの実機は来ていないということで、ケネディ宇宙センターにあったようなロケットやその発射台、輸送機などはここでは基本的には見ることができないということです。その代わりに開発時のエピソードに関する展示や管制室といったものを見ることができるので、どちらが好きかは別として、結構違うものでした。私はケネディ宇宙センターでのシャトルAtlantisにいたく感動したのであちらの方が好きですが、こちらはこちらでそれなりに楽しむことができました。なんといっても本物の管制室を見る経験というのはなかなかないものではないでしょうか。

Interstellar

Interstellar - Cooper and Brand2001年宇宙の旅」にどこか似ている?

宇宙旅行ものというのはSF作品の一つの王道ですが、CGが発達して映像としては比較的簡単に作れるようにはなったものの、できてしまうがゆえに素人が見てもいくら何でもそれはないだろうというようなでたらめな作品も少なくありません。主題は別にあってあくまでお話を膨らませるためのものだから、と割り切ることができるようなものであればいいですが、そうでない場合には見ていて悲しくなってしまうこともあります。

しかしその点、Kip Thorneの監修も得て科学的に確かな背景を持つという触れ込みの「インターステラー」なら安心して観ることができるだろうと、日本でも公開されて評判が聞こえてきたので私も観てみることにしました。私は他の作品を見た時に予告で最初にこの作品を知りましたが、多くが語られなかったのでいったいどういうストーリーなのかもわからず、あまり前情報のない状態で観ましたが久しぶりに骨太のSF作品を観たような気がしました。

近未来の地球では農作物が病気でどんどん育たなくなってしまい、慢性的な食料不足の状況が続いていました。世間ではもはや技術者は必要とされておらず、子供たちも農業に従事することが求められていました。主人公のCooperも元NASAのパイロットですが、宇宙開発も既に公には行われておらず、Cooperも農業に就き、自身の技術を自動化した農場に活かしている、というところから始まりますが、ここから宇宙旅行にどうつながるのかはなかなかわかりませんでした。しかし、冗長になってしまいそうなところはすっぱり省略し、宇宙に出たところからが本当の物語です。

この作品の鍵となっているのは巨大な重力場の影響による時間の歪みです。土星の近くに発見されたワームホールを通り抜けて別の銀河へ行った主人公らは、ブラックホールの近くにあってその影響を受けている惑星へと降り立ちますが、そこではその惑星上の1時間が地球上の7年間にも相当するほど、時間の流れが早くなっています。この影響によって物語は非常に複雑なものとなり、様々な感情面での作用も生まれることになるというわけです。
Interstellar - Murph
しかし、いいSF作品というのはその科学的要素を持つ設定を物語のスパイスとするだけで、主題となるのは人間ドラマです。この作品でもテーマとなっているのは父と子の愛であり、それは最初から最後まで一貫しています。SF的な設定そのものに力が入りすぎてしまうとドラマ面が疎かになって薄っぺらなものになってしまいがちですが、そういうことには陥っておらず、見応えのあるものになっています。

また面白かったのは宇宙旅行のアシスタントとなるロボットたちです。TARSやCASEという名を持つ彼らは同じ大きさの直方体をいくつか並べたような形をしていますが、状況に応じて複雑に変形し動きます。また、人工知能を持ち会話をすることができますが、妙に生々しく人間的な音声を持ち、さらにユーモア度や正直度を可変パラメータとして持ち変更できるという設定も面白いところです。あえてヒューマノイド型をしていないところがいいのではないでしょうか。

この他、各俳優陣の演技もなかなかですし、宇宙の映像も素晴らしく、見どころは盛り沢山です。Anne Hathawayも綺麗だし、Mackenzie Foyも娘に欲しいくらい可愛いです。終盤はSF好きな人でないとやや難解かもしれませんが、あまり深く考えずに楽しんだらいいのではないでしょうか。

Kennedy Space Center

Kennedy Space Centerアメリカが輝いて見えた時代。

夢の世界に浸った翌日は、アメリカが最も輝いて見えた時代に人類の夢と希望を載せてロケットやスペースシャトルが飛び立った場所、Kennedy Space Center (以下KSC)へと行ってきました。KSCはアメリカの宇宙開発の歴史の中でも大きな役割を果たした施設ですが、主にアポロスペースシャトルといった有人機の打ち上げを担当しており、無人機の打ち上げはすぐ隣にあるアメリカ空軍のCape Canaveral Air Force Station (ケープ・カナベラル空軍基地)で行われ、打ち上げ後の管制はテキサス州ヒューストンのJohnson Space Centerに引き継がれるようになっています。したがって、スペースシャトル計画の終了してしまった今は次世代の有人計画Orionのテストを2014年9月に控えて準備が進められていてアクティブな状況ではありませんが、今回訪れたのはこのKSCにある見学用施設Visitor Complexで、ここはオーランドからほど近いアトラクションとして今でも人気となっています。

さてここの目玉は大きく2つ、アポロ計画に使用されたSaturn V型ロケットと、2011年に退役したスペースシャトルAtlantisです。まず入口を入るといくつかの屋内展示と屋外展示のロケット等が見えますが、これらを適当に見ながら一番奥の方にあるバスツアーの乗り場へ向かいます。このバスツアーの代金はKSC自体の入場料に含まれており、これに乗らないと展示の半分以上を見ずに帰ることになってしまうでしょう。
Saturn V
バスが発車すると運転手のビデオを交えた様々な解説を聞きながら、巨大なVAB (Vehicle Assembly Building: スペースシャトル組立棟)に近づいてその前を通り、また巨大なクローラー・トランスポーターを間近に見つつ、まさにかつてアポロやシャトルが打ち上げられた発射台39Aと39Bの2つのすぐそばまで連れて行ってくれます。そしてそこで折り返した後、Saturn Vの発射時の様子の再現や、Saturn Vの実物が展示されているApollo/Saturn V Centerで一旦降ろされます。ここで体験できる発射の再現というのは実物の管制盤を使用しているものの動きのあるのはほぼ音声のみですが、それでもなかなかの迫力と臨場感がありました。そしてその後で巨大なSaturn Vが横倒しに展示されている大ホールへと導かれますが、その大きさには圧倒されるばかりです。またロケットノズルのあまりに複雑な配管にはまじまじと見入ってしまいました。
Space Shuttle Atlantis
この後再びバスに乗りますが、あとは元の展示場に戻るだけです。そして戻った後、今度はバスのりばのそばに半年ほど前に出来たばかりのAtlantisの展示施設があるのでそちらへ向かいます。こちらはできたばかりなだけあって非常にきれいで、しかも凝った展示がされていますが、まず最初は2つの部屋でそれぞれシャトル計画の解説ムービーを見せられます。そしてその後Atlantisとご対面、となるのですが、この見せ方が実に上手く、非常に感動的なものになっているため、思わず目頭が熱くなってしまいました。これは言葉では上手く説明できませんし、実際に見る時に知らない方がいいと思いますので、あえて書かずにおきます。なお対面後はすぐ近くで観察でき、思っていた以上に表面に凹凸があることに驚きましたが、それがこの眼の前にあるものがまさに何度も宇宙へ行って帰ってきたのだということをより実感させてくれたように思います。

しかしこのAtlantisの初飛行は1985年、まだコンピュータの性能も集積度も低かった頃にどのように宇宙往還を実現していたのか、まったく想像の域を超えています。昨年末には中国が無人月探査機「嫦娥3号」の月面軟着陸を成功させましたが、ソ連が「ルナ9号」を最初に着陸させたのは1966年、実に50年近くも前のことです。この50年の間の技術の進歩が大きなものだからといって中国が達成したものが大したものではないなどと言う気はありませんが、ルナ9号にしろアポロにしろ、またスペースシャトルにしても、現代ならリアルタイムに計算しシミュレーションできるようなものもほとんど膨大な量の事前の机上計算で対応していたのではないでしょうか。莫大なコストを掛けてもそれだけのことができたのは冷戦があったからこそですが、今の中国にとっては何がかかっているのかと考えるとちょっと恐ろしいような気がしてきます。

ちなみに、KSCにはお土産などを買える物販コーナーがいくつもあり、品揃えも充実しています。ディズニーのキャラクターグッズなどではなく、ちょっと知的で洒落たお土産選びにもお勧めかもしれません。