カテゴリー
movie

Contact

Contactあなたは神を信じますか?

地球外知的生命体探査」を意味するSETIという単語は、アレシボ天文台の観測データをPCの余剰能力を利用して解析するSETI@homeという分散コンピューティングが流行した時に、一部方面では一般的なものとなったのではないかと思います。私も研究に貢献しようなどと思って一時期はSETI@homeのクライアントを動かしていましたが、CPUを常時フルパワーで動作させることになるので排熱のためにファンがうるさくなることと、実は電気代もばかにならないということがわかってやめてしまい、それ以来忘れてしまっていました。

しかし当然ながら研究自体はコツコツと進められているわけですが、一朝一夕どころか生きている間に結果が出せるかどうかもわからないような代物なので、短気な私にはとても考えられない仕事です。まあそもそも研究職そのものが私には向いていないわけですが…ということで、疑似体験というわけではありませんが、もしもSETI研究者が地球外生命体の手がかりに遭遇したら…という映画「コンタクト」を観てみました。

コンタクト 特別版
監督:ロバート・ゼメキス
ワーナー・ホーム・ビデオ (2007/11/02)
ISBN/ASIN:B000W74DLI

Jodie Foster主演の1997年の映画ということで、撮影が行われた頃はまだ携帯電話は一般的なものではなく、ポケベルが現役バリバリ、研究に使われているPCがPS/2(たぶん)というちょっと懐かしい時代の映画です。この頃はまだSETI@homeも稼働しておらず提案段階だったのですが、この映画は少なからずこのプロジェクトに影響を与えていることでしょう。
VLA - Very Large Array
ストーリーとしては、アレシボ天文台でSETI研究を行っていた主人公Eleanor “Ellie” Arrowayが師でありながらSETIを理解しないDrumlinに妨害を受け、その後新たなスポンサーを得てニューメキシコのVLA(超大型干渉電波望遠鏡群)で研究を続けていると有力な信号を受信、解析を続けるとそれが26光年先にある、こと座のベガから送られているもので、さらにその電波には52年前のベルリンオリンピック開会式でのHitlerの演説のテレビ映像が乗っており…というようなことで物語が展開します。

しかしここまでの物語がちょっと長く、全体で2時間半を超える上映時間となってしまったというのは何とかならなかったのかと思ってしまいました。逆にここからは様々な展開があって飽きさせることがないのですが、初めのうちはちょっとダラダラした感じになってしまっています。

主演のJodie Fosterはこの映画の時点で35歳くらいになっているはずですが、あと10歳くらい若く見えてしまう時もあったのはメイクアップ技術によるものでしょうか。最近の作品でも知的で強さを持ちながらもチャーミングな女性を演じていますが、この映画もJodieの存在感で引っ張っているようなところがかなりあります。しかし、あっと驚く出演者が一人います。それは第42代合衆国大統領Bill Clintonです。もちろん当時現役の大統領がこんな映画に出演するわけはなく、実際の会見映像などをデジタル合成で使ってしまったということのようなのですが、そんなことが許されてしまうものなのでしょうか。まあ大統領にしてみればそんなに問題のあるストーリーでもないし、狭量に思われても困るということで黙認せざるを得なかったのかもしれませんが、当然ながら当時は物議を醸したことでしょう。

ということで、宇宙を旅している間の映像にはちょっとどうかなと思うところがありましたが、現実には一体どうなるのかもわからないわけで、映像で表現しようとすればこうなってしまうものなのかもしれません。そのあたりはCarl Saganの原作でも読んで補完したいところです。しかしそれよりも気になってしまうのは、映画に出てくるときの日本人のいつもながら「エキゾチック」な格好ですね。そんな日本人いないよ、と言いたいところですが…

カテゴリー
book

面白いほどよくわかる 宇宙の不思議

Albert Einstein本当はこういうことを学校で教えて欲しい…

アポロ計画のような華やかさはなくなったかもしれませんが、スペースシャトルが毎年何度も打ち上げられ、日本人の宇宙飛行士が何人も活躍するようになり、国際宇宙ステーション(ISS)というかつてはSFの世界の話でしかなかったようなものまで造られて、宇宙もずいぶん身近なものになったように感じます。

しかし、現代の天文学というものが一体何を研究する学問なのか、数々の探査衛星などを打ち上げて何を調べようとしているのかということについては、一般の人にはほとんど知られていないのではないでしょうか。私も今回この「面白いほどよくわかる 宇宙の不思議」という極めて入門的な本を読むまでは、宇宙についてここまでのことがわかっていて、わかっていないのは何なのかということを知りませんでした。

面白いほどよくわかる宇宙の不思議―地球、太陽系、銀河系のかなたまで、最新宇宙論が解く未知の世界 (学校で教えない教科書)

私も大好きなスタートレックなどのSF作品の影響もあって、「宇宙」というと探検や冒険のイメージばかりが浮かんでしまいますが、実際の天文学というのは相対性理論素粒子物理学を応用した学問の中の学問ともいうべき世界なのでした。巨大な加速器などを使用したニュートリノなどの素粒子の研究が宇宙の謎を解明するためのものでもあったとは、考えてみれば当然のようでも思いもよらないことでした。

こういうことを知ったからといって実生活では何の役にも立たないのではないか、ということについては確かに直接的に役立つことはないでしょうが、大まかにでも知っているかどうかで生活の上でのゆとりのようなものが違ってくるのではないかと思います。宇宙が一体どのように生まれたのか、我々の太陽は、地球はどのようにできたのか、どうしてそんなことがわかるのかというような不思議なことばかりですが、その理屈を大雑把にでもわかりやすく解説してくれているのがこの本です。ある程度の理系知識がないと辛いかもしれませんが、私はとても楽しんで読むことができました。

この本は「学校で教えない教科書」というシリーズのものになるのですが、本当はこういうことこそ学校で教えて欲しいところで、今学校で教えられている内容というのは基礎に留まってしまっていて、それが一体どのように応用されるのかがさっぱりわからないというのが問題ではないでしょうか。単に原理を覚えるだけでなく、それが何の役に立つのかがわかれば学習意欲も増すのではないかと思います。私は最近になって色々なところで歴史の面白さを知るようになり、もっとしっかり勉強していれば良かったと今になって後悔していますが、物理や数学についても同じようなことです。

それはともかく、この本を読んでいると人間一人の存在のなんとちっぽけなことか、宇宙のスケールで考えると日常生活が無意味なものに思えてくるほどで、訳がわからなくなってしまいますが、とても勉強になりました。ちなみに、宇宙の果ては137億光年の彼方にあるということは聞いたことがありましたが、その「果て」というのが宇宙の端でありその先は宇宙ではない、ということではなく、137億光年のところで宇宙が広がる相対速度が高速に達してしまい観測できない、という意味だということを初めて知り、それが一番印象に残っています。なんだ今頃そんなことを知ったのか、と笑う人もいるかもしれませんが…

カテゴリー
movie

Sunshine

SunshineSFとしては筋の通らないところが多いのですが…

近頃洋画というと莫大な資金力にものを言わせたハリウッド超大作ばかりが話題になっていて、その他の作品は本当に映画の好きな人だけが観るものという感じですが、正直なところ私もあまり存在を把握していなかったイギリス映画「サンシャイン2057」というSF作品をTSUTAYAで見つけてなかなか面白そうな感じだったので借りて観てみました。まあ、イギリス映画とはいっても配給は20世紀フォックスなのでハリウッドマネーが入っていないわけではないのでしょうが、作品の作りの違いはかなり明確なのではないかと思います。

サンシャイン2057
監督:ダニー・ボイル
20世紀フォックスホームエンターテイメントジャパン (2007/09/07)
ISBN/ASIN:B000OPVT6A

今からわずか50年後の近未来、太陽の輝きが弱まってしまい氷に覆われた世界になってしまった地球から、太陽に巨大な核爆弾をぶつけて活動を強めるため太陽に向けて出発した宇宙船「イカロス2」を舞台にしたSF作品です。猛烈な太陽の熱から船体を守るためのシールドなどが重要な要素となっており、設定としては面白いものがあると思いますが、全体的に「2001年宇宙の旅」の影響をかなり強く受けている、というよりオマージュ的なものも大きいのか、よく似ているところがあります。とはいえ、前半は純粋なSF的作品であるのに、後半以降はサスペンス的要素が強くなり、終盤などは私にとってはホラーです。

2001年の頃と大きく違うのはやはり何といっても進歩したCG技術が導入されていることで、宇宙空間や船体の描写などは映像的にはかなりリアリティのあるものになっています。しかし、単に説明不足なだけなのかもしれないのですが、なぜか船内にはエアロックを出てしまうまでは重力があることや、そもそもシールドが強烈な太陽の熱を遮っていることなど不可解なことが多々あります。まあ楽天的なハリウッド作品ならそういう細かいことは抜きにして楽しめばいいのかもしれませんが、重厚な雰囲気を持たせようとしているこの作品の場合にはどうしても引っ掛かってしまうところです。

また、映像的な特徴として、いわゆるサブリミナル効果のようなものが使用されていることが上げられます。その狙いはあまり定かではなくあまり評判のいいものではないようですが、私にはかなり薄気味悪く感じらたので、それを狙っているのであれば成功なのかもしれません。Wikipediaには

映画やテレビ放送などでは、使用を禁止されている。

と書かれていますが、この場合はイギリス作品なので適用外なのか、厳密にはサブリミナル効果ではないのか、あるいはWikipediaが間違っているのか、私にはよくわかりません。

キャストの方は、日本人にとってはやはり真田広之がカネダ船長役で出演しているのが話題になるところでしょう。実は船長といってもそんなに中心的な役ではないのですが、ほとんど8人の乗組員だけで描かれているのでもちろん目立たないわけではありません。しかし、海外のポスターでは端に描かれている真田広之が日本版では真ん中で先頭に立っているというのはどうなのでしょうか。その他のキャストも皆それぞれ重みのある演技をしているのに、こういう売り方はどうかと思います。
ポスター比較

また、8人のメインキャストのうち3人がアジア系というのも特徴的ですが、観ている間は全く意識しませんでしたが黒人が一人も登場しないというのもイギリス作品だからなのか、現代のハリウッド作品では考えられないことのような気がします。これを観て「人種差別だ」という人はいないだろうと思うのですが、そう言われるのを恐れてハリウッドだと黒人を主役に据えてしまったりするのでしょうね…そうだったとしてもどうということはありませんが。