カテゴリー
movie

Mission: Impossible: III

M:I:III今月の映画の日はせっかく土曜日に当たったというのに作品の切り替えの狭間にはまってしまったようで、評価の高い「インサイド・マン」を観たいと思っていたのに前日で終わってしまい、それなら「ウルトラヴァイオレット」にしよう、と思ったら夕方5時からの1回のみ上映ということで予定が合わず、結局「カーズ」しかないけれど子供に断わらたからといってこれを一人で観るのも…ということで私に残されたのは「ミッション・インポッシブルIII」の先行上映のみでした。ほとんど消去法で決めてはみたものの、先行上映の場合には一切の割引が適用されないので他の予定を変えてまで映画の日に行く必要もないということで、翌2日に行ってきました。

一般公開前の先行上映で映画を観るというのは私にとっては初めてのことだったのですが、それ以前に1800円の正規料金を払って映画を観るということ自体が実に久しぶりだということに気付いたのは劇場に着いてからのことでした。観たのは夜9時過ぎの回でしたが、レイトショー割引も適用されないので日曜のこんな時間に観る人はそんなにいないのではないかと思っていましたが、さすがにそれなりに話題作なので普段のレイトショー以上に観客は多かったように感じました。
M:I:III
主演は言うまでもなくTom Cruiseなのですが、来日して派手なプロモーションを行っていた通り、Tomにとってもかなり力の入ったシリーズなのではないでしょうか。これまでの2作と比べてもアクションシーンは一層派手になっていますが、この多くをスタントなしで本人が演じているということですから驚きです。観ているとちょっとTomばかりがカッコ良く描かれすぎているような気がしてしまうのですが、あくまで主人公はEthan Huntなのですから仕方ないのかもしれません。

まあとにかくアクションの連続で気を抜く隙がなく、まさしくこれがジェットコースタームービーというものなのだろうと思うのですが、私は観ていてちょっと疲れてしまいました。20代の頃ならこういう映画が面白かったのでしょうが、これは私が歳を取ったということなのだろうと思います。

最後にはちょっとしたどんでん返しがありますが、これ自体は古典的な手法のような気もします。あくまでこの作品は派手なアクションを楽しみ、カッコいいTom=Ethanの姿を堪能するための映画なのでストーリーの深さを期待する人はいないと思いますが、私はそれだけでは楽しめなくなってしまったようです。映像的には「スゴい」と思うところも多々あるのですが…

ということで、先行上映なのでこれまで以上にネタバレには気を使ってみましたが、これって辛いですね。

カテゴリー
movie

The Da Vinci Code

The Da Vinci Code世界的に大ヒットとなった原作の映画化ということで成功が約束されたような作品であり、マスコミの報道ぶりもあって前評判は非常に高かったものの、それに期待しすぎた人が多かったのか観てきた人からは酷評を浴びてしまっている「ダ・ヴィンチ・コード」を毎月恒例の映画の日ということで例の如く一人で観てきました。

ルーヴル美術館の館長が殺されたことに端を発する一連の謎を解いていくというミステリー作品であるわけですが、原作の内容を全て取り込もうとしたのか内容がぎっしり詰まった非常に濃い作品でした。従って説明不足の感は否めず、キリスト教に関するある程度の興味や知識を持った人でないと何のことやらさっぱりわからないかもしれません。また、観ている側が一緒に謎解きに頭を捻っているような余裕はなく、主人公らが解いている様子を眺めているだけになっているような印象も受けました。このあたりが酷評の所以なのかもしれません。

内容的にローマ・カトリック教会が陰謀を抱えているというような話になっているということもあって、公開にあたっては法王庁などから非常に反発が大きかったということで、欧米では物議を醸しそうなシーンはカットされてしまったそうです。日本版はそういう心配もあまりないのでノーカット版となっているそうなので、ちょっと得したような気分です。

主演のTom Hanksはいつも通りの冴えない中年オヤジ風なのですが、Audrey Tautouは知的で綺麗な感じで、どことなく陰のある今回の役にピッタリなのではないでしょうか。しかし、Audreyが1978年生まれ、まだ27歳というのは私も今知って驚きを禁じ得ないといったところですが…やはり欧米人の歳はわからないというか、日本人が子供に見られるというのもわかるというか…

ということで、私としてはそこそこ楽しめたのですが、背景に関する知識が必要ということで、普通の日本人が楽しむためには原作を読んでおく必要があるのかもしれません。私も原作は読んでおきたいと思いつつまだ読んでいなかったのですが、映画を観て満足してしまったような感じもあります。古本などで見付けたら買おうかという程度でしょうか。それにしても最近こういう知識を要求する作品が多いような気がしますが、それは気のせいでしょうか?

カテゴリー
movie

The Bourne Identity & The Bourne Supremacy

TSUTAYAの今週の旧作チャートのトップとなっていたのはThe Bourne Supremacyだったのですが、そのシリーズ前作にあたるThe Bourne Identityの方も観たことがなかったので一緒に借りてきて、昨晩一気に続けて観てしまいました。

ボーン・アイデンティティー スペシャル・エディション
ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン (2005/01/28)
売り上げランキング: 2,482
ボーン・スプレマシー
ボーン・スプレマシー

posted with amazlet at 05.09.04
ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン (2005/06/24)
売り上げランキング: 516

まずは当然、The Bourne Identityの方から観たわけですが、マルセイユ沖で漁船に助けられた主人公はどうしても自分自身のことだけが思い出せないという、ストーリー的に実に都合のいい記憶喪失となり、本人にはわけのわからないまま警察に追われ、命までも狙われることになってしまう、というものです。普通ならすぐに捕まるなり殺されるなりしてしまうのでしょうが、無意識のうちに体躯が反応して相手を叩きのめしてしまったり、鋭い直感が働いて危機を回避してしまいます。そんな感じで各種アクションが盛り沢山の作品ですが、同時にスパイ映画としての一面もあり007シリーズに近い魅力があるかもしれません。

続けて観たThe Bourne Supremacyの方も監督は交代していてちょっと深みが増しているような感じがありますが、面白いところはそのまま引き継いでいるのではないかと思います。前作で恋仲となったヒロインと一緒にインドに潜伏していたところを敵が探りあて、そこで本人は無事に逃げられたものの恋人は殺されてしまう、というところから話は始まります。相変らず自分が誰だかは思い出せていないままなのですが、今度は話が進むにつれ本人にも徐々に知らされることとなります。今作では最初に出てくる恋人以外にはヒロインらしいヒロインはおらず、硬派な展開のまま最後まで進みますが、それがハードボイルドな感じでいいのかもしれません。

どちらの作品も娯楽作品としてはさすがに良くできていて楽しめるのは間違いありません。やはり私が観るにはこういう終わった後でスッキリできるものがいいですね。やはりホラーは私には…