百度.jp

百度安いだけが中国産ではない!?

昨日のテレビニュースでも伝えられていたので一般の方にも知られているのではないかと思いますが、中国最大手であり世界第3位のシェアを誇る検索サイト「百度 Baidu.com」の日本語版「Baidu.jp」が、昨年3月からのベータ版を経て正式サービスを開始しました。これまで中国語版しかなかったにもかかわらず世界第3位というのも恐ろしいことですが、今回の日本語版が初の海外進出だそうで、これを足がかりに世界制覇でも目論んでいるのでしょうか。

検索サイトで個性を出すのも難しいことだとは思うのですが、中国語版のトップページはシンプルなだけにGoogleとそっくりに見えてしまいます。なのでこれまで私はGoogleのコピーに過ぎないのだと思い込んでいたのですが、日本語版のトップページは

トップページを日本独自デザインにリニューアル。話題の動画や画像をピックアップして紹介したり、検索キーワードランキングを表示する。「流行を気にするユーザーが多いという日本の特徴に合わせたデザイン」と、日本法人・百度の舛田淳取締役は言う。

(ITmedia)だとかで趣の異なるものになっています。それはいいのですが、この「ランキング」というのがどうも曲者で、リロードするたびに内容がガラッと入れ替わってしまい、全くあてにならないようなのはどうなのでしょうか。本当にそっくり入れ替わりますからね…

この百度は中国ではGoogleに負けずとも劣らない数のサービスを提供しているようなのですが、日本にもこれらが順次展開されるようになるのでしょうか。中国ではMP3検索なるものが人気を博しているということですが、MP3に限らず様々な音楽・動画ファイルの検索が可能というこのサービスが日本でも、ということはかなりあり得ないと言えるでしょうね。

どうやらBaidu.jpのサーバは日本にあるらしいので、日本の法律を守らないことには運営できませんが、今は画像検索でかなり問題のありそうな画像も検索できてしまうようなのはどうなるでしょうか。まあインターネットに国境はありませんから、サーバがどこにあるからといって取り締まるとか取り締まれないとかというのもナンセンスなんですけどね…インターネットの秩序を守ろうとすれば国境を越えた法のようなものと組織が何か必要なのかもしれません。それでスパムやウィルスが取り締まられるようならいいんですが…

まあそれはともかく、このBaidu.jpは日本で成功を収めることができるでしょうか。日本人に根強い島国根性も欧米への憧れには負けたようですが、果たして中国産となるとどうでしょうか。今のところ私はGoogleでなくBaiduを使うという必然性が見いだせないので、使い慣れた、というかすっかり囲い込まれたGoogleをしばらく使い続けることになるかと思いますが、日本の一般ユーザには圧倒的な強さを誇るYahoo!からシェアをもぎ取るのは難しいでしょうね。何か新しいものを生み出せば話は別だと思いますが。

家電批評monoqlo Vol.4

本当は買わない方が良かったのかもしれません…

先日とある書店に行った際、何か面白そうなものはないかと雑誌コーナーを眺めていると、見慣れないちょっとしゃれたデザインの表紙が目に留まりました。「家電批評」というちょっと硬めな名前ですが、その後ろに”monoqlo”というのが付いている「家電批評monoqlo」というムックなのですが、発行元は嫌韓流Windows 100%などの晋遊舎でした。

家電批評monoqlo VOL.4 (4) (100%ムックシリーズ)
発行:晋遊舎
晋遊舎 (2008/01)
ISBN/ASIN:4883807207

パラパラとめくってみるとなかなかディープな内容になっていて面白そうだったので購入したのですが、その中でも楽しめたのが特集の「家電史に刻まれる『神機』特別な存在」というものです。「神」というのは素晴らしく、希有な人・物を指す一種のスラングのようなものですが、特に機器について言うのが「神機(かみき)」です。本誌では冒頭で

弊誌においては画期的な進化を遂げた製品、または突出した性能を持つ製品を「神機」の定義としている。つまり、ある製品ジャンルを極めようとして研究した結果に生まれた製品なのだ。

としています。

この特集では様々な分野にわたる一般消費者向けの電器・電子製品について52社102製品を紹介しているのですが、このうちメーカーが保有していたものは41製品に限られ、残りのものについてはオークションなどで入手する必要があったそうで、メーカー側がその製品に対して持っている認識と、ユーザ側の評価が必ずしも一致していないことを表しているようです。まあ、営業的には必ずしも成功とは言えないということも多々あるものなので仕方のないことかもしれません。

ここで取り上げられている数々の「神機」を見ていくと、「ああこれ欲しかったな…」というものがいくつもあって懐かしいような感じもあるのですが、実は私が持っていたというものは一つも無いということに気付き、ちょっとした落胆がありました。まあ未だにiPodもShuffleしか持っていなかったり、Dysonのクリーナーが欲しいと思っても結局安い国産のなんちゃってサイクロンで我慢してしまったり、なんだかんだで我慢や妥協が多いので当然の結果かもしれません。衝動的に買おうとして思いとどまったというものや、いつか買うつもりだったというものが結構多いのです。

この特集以外にも、各社の最新携帯電話を細かく比較していたり、業界の裏話的なものが載っていたりして色々楽しめるのですが、この雑誌で重要なことは家電メーカーの広告が一切掲載されていないということではないかと思います。多くの雑誌にとっては雑誌自体の売り上げよりも広告収入の方が重要であったりするので、広告主の機嫌を損ねないよう批評に手加減があったり、単なる提灯記事となっていたりで全く批評があてにならなかったりするものですが、本誌の場合はそういう心配はありません。それどころか、その他の広告もほとんど入っておらず、かなりカラーページが多いのにこれで採算が取れているのだろうかと無用な心配をしてしまうくらいです。620円という価格は若干高めかもしれませんが、モノ好きな人にとっては表紙に書かれている通り「完全永久保存版」となるものではないでしょうか。実は私は「ヘッドホンの買い方」というページを見てしまってやや後悔しているところですが…

デュエルマスターズ スーパーデッキ・ゼロ ヘヴィ・デス・メタル

Duel Masters「何が出るか」というワクワク感はありませんが

小学2年生の長男の同級生らの中で、Nintendo DSを持っていないのは長男の他には仲のいい友達1人しかいないと聞いてちょっと危険を感じてしまうのですが、そんな小学生の間でも今、大人気のトレーディングカードゲームが「デュエル・マスターズ」です。幼稚園の頃に大流行していた「ムシキング」はすっかり過去のものとなりましたが、これでカードを集める楽しさを覚え、ちょうどこの頃年上の兄弟を持つ友達を通じて知って、イラストの格好良さからルールも知らずにカードを集め始め、その後ルールを覚えて遊び始めたのが2年ほど前でした。

通常5枚1パック150円前後で売られていて中にどんなカードが入っているのかはわからないので、カードの当たり外れに一喜一憂するのも楽しみの一つなのだと思うのですが、強力なカードは入っている確率が低くなっていて、確率の高い順に「コモン」「アンコモン」「レア」「ベリーレア」「スーパーレア」の5段階となっています。スーパーレアになると一体どれほど低い確率になっているものかと思ってしまうのですが、長男が時々買っている間に数枚出てきているので、とんでもなく珍しいというわけではなさそうです。とはいえ、ゲームに勝つためにはこうした「強い」カードをできるだけ揃える必要があるので、カードを沢山持っていればいいというものではなく、何枚持っていても欲しいカードが次々出てくるという上手い商売になっているのです。

このカードは専門のショップで単品で売られていたりもするのですが、こうした強いカードには当然ながらプレミアムが付いていて、1万円を超えるようなものもあったりします。さすがにこれは子供の遊びの範疇を超えてしまっていますから、発売元のタカラトミーもあまり好ましくないと思ったのか、去年からカード発売5周年ということで「スーパーデッキ」という、ゲームに使用する40枚の強力なカードをセットにしたものが発売されました。このスーパーデッキはあらかじめどんなカードが入っているかがわかっているのですが、子供が欲しいと思っていてもなかなか出なかった夢のカードが色々入っていて、かなり魅力的だったようです。

最初はお年玉で「ビクトリー・ソウル」というのを買おうとしていたのですが、11月発売だったということで年末までは店頭にあったのに年を越した途端にお年玉を手にした子供達の餌食になってしまったようで、出遅れた我が子に付き合わされて私があちこちくまなく探し回ってもとうとう見つかりませんでした。悲嘆に暮れて他のカードを買いながらもやはり諦めきれず、カードを扱っている店に行っては聞いて回っていたのですが、そうしているうちにまた新しいスーパーデッキのCMをテレビで見つけました。ウェブで調べてみると「やっぱりこっちの方がいい!」ということで長男は一気に目を輝かせたのですが、発売の1週間前に予約することができたそれが「スーパーデッキ・ゼロ ヘヴィ・デス・メタル」です。

デュエルマスターズ DMC-40 スーパーデッキ・ゼロ ヘヴィ・デス・メタル
メーカー:タカラトミー
タカラトミー (2008/01/19)
ISBN/ASIN:B000YRUTBO

最初見たときはまだAmazonの予約も始まっていなかったのですが、予約開始をあまともに知らせてもらってすぐに予約すると、その日のうちに予約分は終了してしまったようです。また、発売日の昨日はまた購入できるようになっていたのに、今見るとAmazonが直接取り扱う分の在庫は既に捌けてしまったようで、プレミアムが付いて私が購入した価格の倍の価格のマーケットプレイス扱いになってしまいました。また、先ほどたまたまある店で見たときには在庫が1つだけありましたが、それがなくなるのは時間の問題というかなりの人気商品となっているようです。

ということでカードを買うとまず相手をさせられるのは私なのですが、対戦してみるとこのスーパーデッキは確かに強力です。それでもカードにこだわらず長男に渡されたデッキで勝負に臨む私が勝てないわけではないので、結局強いカードを持っていればいいというものではないということになるのだとは思いますが、破壊力の高い「重量級」のカードが揃っているといった感じでしょうか。かなり派手な戦いになるので、こちらもそれなりに考えて戦法を変えないと太刀打ちできません。

とまあそれなりに2000円弱という価格の価値はあるのかもしれないのですが、なんだかんだ言って力を金で買うような形になっているのがあまり気持ちのいいものではありません。こうして安易に強いカードを揃えることを覚えてしまうと、逆に楽しさがスポイルされるようなことになり、醒めるのが早くなったりはしないものなのでしょうか。強いカードはなかなか手に入らないからこそ渇望するようになり、売れ続けるのではないかとも思うのですが…まあ弱いカードばかりが貯まってゴミのようになってしまうのももったいないのですけどね。まあ長男も今のところ「もう買わなくていい」と言ってはいますが、またそれも時間の問題なのでしょう。