Earth

Earth人間は地球を支配した気になっていますが…

先日、実家の母から珍しくメールが来たのですが、曰く

お父さんと「アース」を見てきました。テレビで撮影の舞台裏を見て、ぜひ大きなスクリーンで見たいと行ってきましたがすごーく良かったです。自然の素晴らしさ、脅威、残酷さなど、そして私たち人間の神に任された責任などを感じさせられました。

とのことで、我が子らにも観せてあげなさいということでした。まあ次男にはまだ難しいだろうなとは思いつつも長男の方はそれなりに関心を持ってくれそうだと思い、近いうちに連れて行こうと考えていたところ、昨日はちょうど映画の日でかつ金曜日ということだったので、会社帰りに合流して家族で観に行ってみることにしました。

「子供に観せるべき」という考えからかこの映画は中学生以下は500円という特別価格になっており、大人も映画の日で1000円で観ることができたので、4人で3000円というのはちょっと得をしたような気になってしまいましたが、それでも欧米の水準からすればまだまだ高額ですね。大手シネコンなどではしがらみの中で様々な割引を打ち出すなど努力しているようですが、今の価格設定では「映画は特に好きな人だけが映画館で観るもの」という状態から変わることはないでしょう。

それはさておき、この「アース」という映画はいくつもの価値あるドキュメンタリー作品を手掛けているBBCの製作によるもので、大自然に生きる動物たちの生活の現状を素晴らしい映像で見せてくれます。北極ホッキョクグマの親子から始まり、ツンドラタイガヒマラヤジャングル砂漠南極と北から南へ辿りながら、厳しい自然と闘い逞しく生活する動物たちが地球温暖化の影響による環境の変化に揉まれながらも生き抜いていく様子、時には戦いに敗れ倒れていく様子を脅威の映像で綴っています。

やはり一番の魅力は「一体どうやって撮ったのだろう?」と思わせる貴重な映像ですが、あるシーンは動物に密かに大接近して撮り、またあるシーンは超望遠レンズで離れたところから狙い、あの手この手でありのままの動物の暮しぶりを捉えたもののようです。特に美しいのはクジラを始めとする海洋生物を描く映像で、その他の場面も含め、さすがBBCが5年半もの歳月を掛けて撮影しただけのことはあります。

特に印象的なのは温暖化による棚氷の融解が進んでいることの影響を受け、猟期を失って飢えに苦しみながら最後の戦いに挑むホッキョクグマでしょう。おそらく作り手側も大いに意識しているものと思われますが、この作品の主なメッセージである「地球温暖化への対策に取り組もう」ということを非常に強く訴えかける印象深いシーンです。このシーンのために全編1時間半ほどに渡る流れがあるといっても過言ではないかもしれません。

この作品に登場するのは野生の生物だけで、人間は一切現れません。唯一ナレーションが流れるのみですが、日本語版はすでにハリウッドスターの一員となっている渡辺謙で、神秘的な映像と非常によく合った落ち着いた語りでした。一方、英語版ではJean-Luc PicardことPatrick Stewartが担当しているのですが、こちらもStartrekのナレーションを彷彿とさせる重厚なものになっているのではないでしょうか。

ただ、淡々と綴る形になっていてメリハリに欠けるようなところがあり、何となくダラダラしてしまっているような感じは否めません。もちろん過剰な演出がなく落ち着いた作品になっているのはいいところなのでしょうが、子供にはやはり飽きがきてしまうようでした。また映画の日だったので普段以上に混み合っていたのだと思いますが、上映1時間半前にチケットを取ったときには既に多くの席が埋まっていて、左右の端のほかは前から4列目より前しか空いていなかったので、見上げるような形で観ることになってしまったのが少々残念でした。スクリーンが近いので迫力はかなりのものでしたが、一目で全体を見渡せないというのはやはり辛いものがあります。中学生以下500円という特別料金がe席リザーブでは適用できないというのが痛いです…

Mêléeライブ@心斎橋BIGCAT

Mêléeライブに行って清々しさを覚えるとは思いもよりませんでしたが。

昨年私が聴いた中で最も良かったと思うアルバムというのはMêléeDevils & Angelsだったのですが、このMêléeがライブのために来日するという情報を秋頃に掴みました。ぜひ行きたいと思ったものの何しろライブのチケットを自分で取るということはここ15年以上なかったので、どうしたらよいのかもわからなかったのですが、今はインターネットでプレリザーブというサービスを利用すれば発売日当日に電話と格闘する必要もなく楽に取れるということがわかり、また一つ賢くなってしまいました。

ということで無事にチケットを獲得し、今週月曜日に休暇を取ってライブに行ってきました。一緒に行った後輩Mは定時まで仕事をしてから若干遅れながらも駆けつけたので、休暇は取らずにフレックスでちょっと早く退社するだけでも十分ではあったのですが、せっかく大阪まで行くのだから、と昼間から一人でウロウロしていたのでした。

ライブの会場は心斎橋のBIG STEPというビルにあるBIGCATというライブハウスです。このビルは壁が1面無いコの字型になっていて、ビル全体に寒風が吹き通るという全く冬には適していない構造なのですが、このビルの階段で会場に入るまで並ばされるのが非常に辛かったです。オールスタンディングということでチケットの整理番号順に入場できるのですが、プレリザーブだと整理番号が後ろの方になってしまうのが痛いところだったので、次からはぜひともウドー音楽事務所から直接購入したいと思います。

それはさておきまずは前座、オープニングアクトとしてMatt Whiteという人が一人で登場しました。実は結構この人が素晴らしくて、ギター1本、ピアノ1台だけであれだけ聴かせてくれるというのはなかなかのものだと思います。当日ステージでも本人が言っていたのですが、映画「シュレック3」に曲を提供していて、サントラにも確かに収録されていることを帰宅後に確認しました。その後アルバムを入手して聴いてみましたが、ライブで聴かせてくれた曲が多く入っていて、これもなかなか良かったので思わぬ収穫です。

Best Days
アーティスト:Matt White
Geffen (2007/09/18)
ISBN/ASIN:B000RIWAOO

さてこのMatt Whiteのステージが30分ほどで終わると5分間の休憩を挟んでいよいよ真打ちの登場です。1曲目はFor A Lifetimeという曲でしたが、私の前の方にいた若い女の子らはこの1曲目からいきなり縦ノリでびっくりしてしまいました。全体的に女性が多かったのですが、特に前の方は20代前半と思わしき女の子ばかりでした。別にイケメンバンドではないと思うのですけどね…

その後はアルバムDevils & Angelsのカバー曲を除く全曲と、前作Everyday Behaviorからの曲など、アンコールも含めて19曲を1時間半弱で歌いきったのですが、この間ほとんどMCはなく歌いっぱなし、弾きっぱなしでさすが若いバンドで非常にエネルギッシュなステージでした。私はアメリカ人がこんなに何かに一生懸命になっているのは始めて見たような気がしますが、メンバーが皆ステージ上で非常に嬉しそうにしているのもとても微笑ましかったです。若さ故に荒削りな部分も感じられるバンドですが、まだまだこれから成長が見込めると思うので、今後も応援していきたいと思います。

それにしてもやはり音楽はライブで聴くに限ります。あれほどいいと思っていたアルバムも、帰宅後にまた聴いてみるとライブほどのエネルギーが感じられないので、ちょっと霞んでしまったような気がしてしまうのが不思議なものです。またファーストアルバムの方は以前聴いたときにはあまりぱっとせずほとんど聴かずにいたのですが、ライブ後に聴いてみるとこちらは耳に馴染んだのか結構聴けてしまうのもまた不思議なもので、自分の耳もやっぱりあてにならないものです。

ちなみにセットリストは以下の通りです(ウドー音楽事務所HOT NEWSより)。

  1. For A Lifetime
  2. Biggest Mistake
  3. New Heart (tearing out my heart)
  4. Perfect Mess
  5. Imitation
  6. Sick
  7. You Got
  8. Love Carries On
  9. Rhythm of Rain
  10. Pennsylvania
  11. The Curse
  12. Frequently Baby
  13. Drive Away
  14. New Day
  15. Can’t Hold On
  16. Built To Last
  17. Stand Up
  18. She’s Gonna Find Me Here
  19. The War

中国産冷凍餃子に殺虫剤混入

メタミドホスオリンピックでも何か事件が起こるのではないかと心配ですが…

このところ度々健康被害が問題となっている中国からの輸入品ですが、地球上の5分の1もの人間がいる国だけあって人件費が安いというのが企業にとっては無視できないのか、輸入自体が減っているというような話は聞きません。しかし「チャイナリスク」という言葉があるように、中国が関わること自体が様々なリスクを孕んでいるということに皆気付き始めたのではないかと思いますが、またしても大問題が起こってしまいました。

今月22日、JTフーズが中国から輸入し、各地の生協などで販売された餃子を食べた千葉県と兵庫県の家族が中毒症状を訴えて入院し、その餃子のパッケージと嘔吐物から殺虫剤「メタミドホス」が検出されたということです。入院したうちの5歳の女児は重体だったということですが、現在は快方に向かっているということで何よりです。

この「メタミドホス」は日本では使用が禁止されている有機リン系の殺虫剤で、これまでにも何度も中国からの輸入食品で検出されたことがあるようです。香港向けの野菜などでも度々問題となっているということで、中国農業省も今年1月9日に禁止の通達を出したそうですが、それも遅すぎる対応で今回は間に合わなかったようです。まあ、中国だけではないようですが、こうして入院者を出すほど高濃度なものはさすがにありませんでした。

しかし、餃子の原材料である野菜の栽培時に使われた殺虫剤が残留していたにしては明らかに濃度が高すぎるので、餃子の製造段階で混入したと警察当局などは見ているようですが、そもそも餃子の製造工場にそんな殺虫剤があること自体が不自然です。食品の製造現場であれば衛生には特に気を使うはず、と日本人なら考えるところですが、中国ではそうではないのでしょうか。「どうせ日本向けの輸出品だから」というような考えであったとは思いたくないところですが…

今回の事件によりJTフーズは市販用・業務用の中国産冷凍食品の回収を発表していますが、直接的な損害だけでなく企業イメージに対するダメージも下手をすると大きなものになってしまいます。その辺りはJTほどの企業であれば上手くそつのない対応でリカバーするのかもしれませんが、ここでしくじって致命傷を負った企業もいくつかありましたからね…むしろここで上手く対応すればイメージアップに繋がるチャンスなんですが。

それにしても中華料理なら本場中国のものが一番、とは言えないのが悲しいですね。アメリカ産の牛肉なんてこれに比べたら可愛いものじゃないですか。普段スーパーで肉などを買うとき、特に国産にこだわらない私も中国産だけは避けてしまいますからね…でも外食の時に使われている材料はどうにもならないので、日本でも「チャイナ・フリー」の表示は欲しくなってしまいます。