カテゴリー
movie

Indiana Jones and the Temple of Doom

Indiana Jones and the Temple of Doom様々な娯楽の要素が詰め込まれた一作。

クリスタル・スカルの王国」の公開に向けて受け入れ体制を整えようとしている私ですが、
先日観たシリーズ第一作「レイダース/失われたアーク《聖櫃》」に引き続き、今度は第二作「インディ・ジョーンズ/魔宮の伝説」を長男と二人で観ました。この作品は1984年の公開ということですから、それは実に24年も前、四半世紀近くも前のことになりますが、当時私はイギリスにいて同級生らと一緒に映画館に観に行ったことを覚えています。Leicester SquareOdeonだったでしょうか。もちろん日本語字幕などついているわけはありませんし、実はその時前作「レイダース」はまだ観ていなかったのですが、それでも非常に面白かったような気がします。

アドベンチャーズ・オブ・インディ・ジョーンズ コンプリートDVD
インディ・ジョーンズ 魔宮の伝説 [DVD]

ストーリーについては大したものがあるわけではなく、冒頭の上海のエピソードはIndiana JonesとWilly Scott、Short Roundの3人を引き合わせるためだけに存在するようですし、その後「魔宮」に向かうことになるのもかなり強引な運び方のような気がします。しかし、それぞれの場面にふんだんにアクションやスリルが盛り込まれていて、観ているものを飽きさせません。もちろん現代の水準からすれば刺激はかなりソフトですが、その分親子で安心して観ることができるというものです。

最初から最後まで出ずっぱりのヒロイン、Willy役はKate Capshawというあまり名の知られていない女優さんですが、実はこの映画をきっかけに監督のSteven Spielbergと結婚したのだそうです。役得というか職権乱用というか微妙ですが、でもまあ多忙な映画監督の出会いなんてキャストかスタッフしかないのかもしれませんね。

まあそれはともかく、前作よりもアドベンチャーが盛りだくさんになったこの作品ですが、何といっても有名なのはトロッコのシーンです。長男は「ネプリーグトロッコアドベンチャーみたい」などと言っていましたが、むしろこちらがオリジナルですよね。かなり印象的なシーンですが、現代のようなCG技術のない当時のこと、ほぼ100%模型で作られているというのにほとんど違和感がないというのが素晴らしいです。まあ今であればCGで作ってしまった方が安上がりなのかもしれませんが、逆にBlu-ray化などを考えてFull-HDで作るとなるとかなり緻密なCG映像を作らざるを得ず、高コストだったりもするのでしょうか。視聴スタイルの変化で映画を作る側もスタイルを変えていかなければならないということですね。

ということで、かなり久しぶりに観たということもあってストーリーはほとんど覚えておらず、まるで初めて観るかのようだったのですが、その分新鮮な気持ちで楽しむことができました。それでも記憶から離れていなかったのは宮殿でのおもてなしの数々…あんなものを本当に出されたらと思うとゾッとしますよね。

カテゴリー
news

チベットの暴動

Tibet日本は見えないふりをするしかないのでしょうか。

今、チベットでは一体何が起きているのでしょうか。

中国国内のチベット民族は1950年に人民解放軍の侵攻を受けて中華人民共和国に併合されて以来、漢民族による支配の下で様々な圧政・虐待を受けていると言われています。力で押さえつけようとすればするほどそれに反発する力も強まるもので、常に火種がくすぶっているような状況となっていましたが、それが今回デモから発展して暴動という形になってしまったということなのでしょう。

チベット亡命政府側の発表ではデモの参加者が射殺されるなどして死者99人ということになっていますが、一方中国政府側はチベット族により漢族の店舗が襲撃されたり、警官が殺されるなどしているといっており、双方の言い分はかなり食い違ったものとなっていて、一体どちらを信じるべきなのかといった状況です。21世紀とは思えないほど情報が入ってこないことにも驚いてしまいますが、中国政府によるコントロールが力を発揮しているということなのでしょう。

そもそもチベットの人達も国家としての独立を求めているわけではなく、本当の自治を望んでいるだけなのではないかとも言われていますが、自治権を与えれば次は独立を求めるのではないかと中国政府は考えるでしょうし、他の少数民族や台湾を刺激するのも避けなければならず、巨大な国をまとめるためには断固制圧しなければならないのでしょう。

これに対し、日本の反応はどうなっているのかといえば、まず日本政府はこれといった反応を示せていません。まあ、何か批判的なことを言えば逆に叩かれることになるのは目に見えていますので、及び腰にならざるを得ないのでしょう。フランスやイタリアはいち早く中国政府の対応を批判しているということなのですが。また、国内にいる「人権」団体は一体どうなのかというと、ほとんどの団体が全くの無反応のようです。そもそも彼らにとっての「人権」とは全く異なる問題なので、一切関与する気はないのでしょう。何より関与することで得られる利益がありませんからね…

しかし、日本人にとってもこの問題は対岸の火事と見ていていいものなのでしょうか。たまに政治家が「日本は単一民族国家」などと発言して問題になっているように、日本にもアイヌという少数先住民族がいて、彼らにとってみれば先祖から伝わる彼ら自身の土地を日本により侵略され、日本への同化を強制されたということになります。この構図はチベットの場合とそう変わらないのではないでしょうか。ただ、アイヌの人々が穏健であるのか、人口が少なく抵抗する力がないだけなのか、衝突するような事態にはなっていないだけなのです。今回の件をきっかけに、私たちも自分たちの国を見つめ直す必要があるかもしれません。

カテゴリー
gadget

Levi’s Engineered Jeans EJ021-0009

Levi's今度もやっぱりLevi’s

2005年末に「30も半ばになって日頃ジーンズばかり履いているファッション的にちょっとダメな私ですが」と言っていた私は相変わらず進歩が無く、40近くにもなってオフはほとんどジーンズ過ごしているのですが、この2年ちょっと前に買ったジーンズ2本がそろそろボロくなってきたので新しい物が欲しい、ということで再びマリンピア神戸ポルトバザールリーバイスアウトレットにジーンズを買うためだけに行ってきました。ガソリン価格の高騰している今、自宅からマリンピアまで行くと往復2000円ほどの交通費がかかるはずなのですが、まあ行ったら行ったで他に欲しい物も出てくるだろうと思った通り、やはり妻がいくつか買い物をしていたようだったので元は取ったのではないでしょうか。

いつもは限られた在庫の中からある程度妥協して選ばないといけないのがアウトレットだという感じなのですが、今回はこれまでよりも揃っていてかなり選択肢が多く、501を始めとするオーソドックスなタイプでもカラーバリエーションがあったり、ブーツカットモデルも何種類もあったり、レギュラーモデル以外のシリーズのものも色々あってよりどりみどりとは言わないまでも好みにあったものを選ぶことができました。

その中から私が選んだのはEngineered JeansというシリーズのEJ021-0009というモデルです。リーバイスのウェブサイトを見ると2008年春のラインナップからは外れてしまっているようなので、在庫処分ということでアウトレットに流れてきたのではないかと思われます。カラーはシャドーウォッシュというものですが、「立体的なシワや擦り切れを施し、ブリーチングでハードに色落ちさせたブラックデニム」なのだそうです。

501®を代表とするVintageジーンズに見られる“ねじれ”からインスピレーションを得て、立体裁断という革新的なパターンワークで快適性とデザイン性を実現したリーバイス® エンジニアド ジーンズ。

といわれている通り、履いてみると腿の部分ではサイドにある縫い目がねじれて裾まで来ると前後にあるという不思議な形になっているのですが、これが実は動きやすく、またちょっと個性的なところが私の好み通りです。この他、ボタンやリベットも特別なものになっていたり、ポケットの形も下部がちょっと尖った普通とは違うものになっています。また、さらに特徴的なのが股上の浅さで、フロントジップがあまりに短くて試着するときにびっくりしてしまいましたが、タイトなシルエットとあわせてこれも私の好みなので、試着してみて長さがぴったりだったこともあって迷うことなく購入を決めました。

このEngineered Jeansのシリーズはやや高めの価格設定になっていて、このEJ021も定価は12600円だったようなのですが、これがアウトレット価格ということで半額の6300円になっていましたので、これだけでも足を伸ばした甲斐があるというものです。この他さらに廉価ブランドのシグネチャのもので履き心地のいいストレッチデニムのものがあり、定価3900円のものが2520円になっていたので普段履きに、と一緒に購入することにしました。

が、レジに行ってみると携帯電話で入会できるポイント会員になると初回に限り10%引き、ということでさらに安くなってしまい、結局合計8000円足らずで2本のジーンズを手にすることができました。ここまで安いと近所のジーンズショップで買うのもバカバカしく感じてしまうので、ここ何年どころか10年以上、まともなジーンズはアウトレットでしか購入していません。アウトレットが安いのもセカンド品や型落ち品などそれなりの理由があるのですが、穴が空いていたりして実用上問題があるようなもののわけがありません。さすがに正規品として購入したときに同じようなレベルだと怒るのでしょうが、流行の先端を追いかける「ファッションにうるさい人」以外は全く構わないはずで、もちろん私もアウトレット品で十分です。

ということで、今日は一日EJ021を履いて過ごしたのですが、ねじれた縫い目が何とも言えずいい感じでした。妻に盛んに説明してしまいましたが、聞いている方は鬱陶しかったのではないでしょうか。