Philishave 修理完了

Philips失敗を活かすも殺すも事後の対応次第

先々週のある朝、いつものように愛用のPhilips HQ9160というシェーバーでヒゲを剃っていたのですが、そり終わった直後に何かが違うことに気付きました。いつもならここで静かになるはず…というところでまだシェーバーから音がしています。普段は無意識のうちに押しているスイッチを押しても電源が切れないのです。その後何度押してみても、長押ししてみても、無意味とわかっていても軽く叩いてみたりしても、モーターが止まりそうな気配は全くありません。このスイッチが唯一のスイッチなのでそれ以上はどうすることもできず、回り続けるモーターをそのままにして出勤せざるを得ず、バッテリー切れで電源が切れ次第充電器に載せるよう頼んで出掛けました。また、この時本体についているLEDが普段はあり得ない全て点灯した状態になっていたので、これは明らかに異常です。

結局充電器に載せても全く無反応で充電はできず、二度と動き出すことはありませんでした。購入してからちょうど1年が経ったばかりだったので「いくらCDで手を組んで成功したからといってタイマーまで技術移転しなくても…」などとくだらないことを思いつつも、多少の融通は利いてくれるかもしれないとサポート窓口に電話してみたところ、くどいくらい低姿勢に「無償で修理します」と言ってくれたのでホッとしました。まあ、最低3年、できれば5年は使いたいということでバッテリー容量の大きなちょっと高いモデルを選んだのですから、それが1年でダメになってしまってはたまったものではありません。

ということで、サポートに教えてもらった修理窓口に着払いで送ったのが先週の木曜日で、ちょうどその1週間後の昨日、無事に修理されて手元に戻ってきました。3連休を挟み、輸送日を入れて1週間ですから迅速な対応と言っていいでしょう。まあ交換部品の在庫さえあれば寝かせておく理由はありませんから、当然と言えば当然ではあるのですが。また、海外メーカー品とはいえ国内の企業と提携してしっかりと修理にも対応しているというのは世界でも大手のフィリップスですからこれもまた当然ですね。

修理してもらっている間はGillette Fusion 5+1 PowerCommentsを使っていれば良かったので新たな出費はなかったのですが、実はこちらはこちらでしばらく使わないうちにモーターが動かなくなっていてまた悲しい思いを…こちらはそれでも振動しないだけで普通のT字カミソリとしては問題なく使えるので助かりましたが、電池を替えてもダメなのでいわゆる接触不良の類なのでしょう。どれだけ自分はついていないんだという感じでしたが…

ということで無事に戻ってきたPhilishaveはメイン基板、充電池、ユニットフレームという電子機器としてはかなり根本的な部品が交換されてきたのですが、また新しい充電池でリスタートできるようになったのはちょっと嬉しかったりもします。ただ、LEDの点灯パターンが以前とは変わっているようなのがちょっと気にはなるのですが、これはファームウェアのバージョンが更新されたりしているということなのでしょうか。まあシェーバーとしての基本的な剃り心地などは以前と変わらず快適なので全く文句はありません。

そういえば、修理に送る際に「購入日がわかる保証書などを同梱して欲しい」と言われたのですが、ちょっと探してみても保証書も購入控えも見つからなかったので、Amazonからの発送通知メールをプリントアウトして送りました。保証書が無くても間違いなくフィリップスの製品なのは明らかですし、メールを偽造したりしても調べればすぐにばれることですから、これでも特に問題はないわけですね。こういうときにもいつまでもメールを保管しておいてもらえるGmailは助かります。

ということで、一時は買い換えも考えなければいけないのかと新製品に目が行ったりもしていましたが、そう安くはない買い物ですから無駄な出費が避けられて何よりでした。それにしても、こうして何かが壊れたというときに「こんなメーカーのものは二度と買うものか」となるか「ぜひまたこのメーカーのものを使いたい」となるかはその後のメーカー側の対応次第ですね。今回は迅速に、無償で丁寧に修理対応してもらえましたから全くわだかまりは残っておらず、ぜひまた次もPhilishaveにしたいという思いでいます。まあ今回バッテリーが新しくなってまた寿命が延びてしまったので、次に買い換えるのもいつになるのかわかりませんが…

MOA美術館 紅白梅図屏風

MOA美術館国宝と呼ばれるものにはやはり訳があるものです

建国記念日を含む先週末からの3連休、私は図々しくも後輩Mの家族のお邪魔をして一緒に国宝・重文めぐりの旅に行ってきました。M一家は今もまだその旅の途中で、私は休暇を取らなかったので一足先に夜行バスで帰ってきたのですが、それでも実に濃厚な充実した3日間で毎日朝から晩まで動き回っていました。この間にいろいろなものを見てきましたが、まずその初日に行ったのは熱海にあるMOA美術館というところです。

いつ行ってもモナコ公国のモンテカルロ市街地を思い出してしまうのは私だけではないと思いたいのですが、この熱海港を見下ろす斜面に建つMOA美術館というのは世界救世教の教祖である岡田茂吉氏の収集品を中心として展示している私立美術館ということですが、そのコレクションには3点の国宝も含まれており、今回はこのうちの1点、「紅白梅図屏風」が毎年2月のみ展示されているということで特に目当てとなっていました。ちょうどこの時期、熱海梅園では梅まつりが行われていてなかなかの賑わいになっていたのですが、この梅の季節に合わせての公開というのは少々粋なものを感じます。

また、現在は特別展として「乾山の芸術と光琳」という江戸時代の陶工尾形乾山とその兄である画家光琳の作品を中心とした展示が行われていて、全国各地の美術館の収蔵品が集められたこちらもなかなかの見物でした。オランダのデルフト陶器に触発されて青い彩色を施した作品が残されているなどはかなり意外でしたが、様々な試行錯誤が行われているのは興味深いものでした。

ところでお目当ての紅白梅図屏風も尾形光琳の代表的な作品です。2枚一組の金地の屏風に描かれているのはそれぞれ紅白の梅ですが、紅梅と白梅の描かれるバランスとその中央を流れる水流の配置は実に絶妙なもので、完全にイマジネーションの世界でこの構図が作られたのだとすれば非常な驚きを感じます。もし仮に実物が目前にあったとして、それを写真に撮るのだとしても同じような構図に切り出すのは並大抵のものではないと思いますが、それをこうして絵に描いてしまうというのはやはり普通のことではなく、国宝として讃えられる価値のあるものです。この屏風はそれ単独で展示室が与えられていましたが、この部屋で何分眺めていても飽きることなく惹きつける奥の深さを持ったものでした。

他にも数多くの重要文化財、重要美術品を収蔵しているこのMOA美術館ですが、こうしたコレクションがどういう金で買われたものなのかを考えるとちょっと複雑な気持ちになってしまいます。まあ、新興宗教というのもただ新しいというだけで、個人崇拝などでなければ古くからある宗教とそう大きく変わるものではないのかもしれませんが、教祖がこうして美術品を買い集めることができるだけの経済的余裕を持っているというのは…まあよくわからないので追求するつもりはありませんが。

バカで浮気で無責任

カブついつい本音が…

今朝、朝食を摂りながら朝日新聞を読んでいると、1面の下の方に 経産次官『デイトレーダーはバカで無責任』 講演で発言という記事が載っていました。曰く、経済産業省の北畑隆生事務次官が講演会でデイトレーダーについて

経営にまったく関心がない。本当は競輪場か競馬場に行っていた人が、パソコンを使って証券市場に来た。最も堕落した株主の典型だ。バカで浮気で無責任というやつですから、会社の重要な議決権を与える必要はない

と発言したそうで、これについて陳謝したとのことです。普段なら官僚には批判的な私ですが、この発言についてはつい本音が出てしまっただけなのだろうと同情してあげたくなってしまいます。

先日、スロット店の前に長蛇の列ができているのを見て長男が「パチンコの何が面白いのかわからない」というので説明しているうちに「パチンコで生活している人もいる」という話になり、「どんな仕事でもいいから人の役に立つ仕事に就いてほしい」と言ったのですが、極端なことを言えばデイトレーダーというのはパチプロと同じで全く社会の役に立っていないのではないのでしょうか。労働の対価として収入を得ているのではないという点で、両者は共通しているのではないかと思います。

またもちろん、証券会社に所属するトレーダーの方々は投資家の資産を増やすということで立派に役に立っているのかもしれませんが、企業の行なう業務としては同様に褒められるものではないとも思っています。結局その利益は他の投資家の損失の上に成り立っているわけで、「自分達さえ儲かればいいのか」ということですね。皆が遊びのつもりでやっている競馬や競輪ならいいのですが、それを誇らしげに職業や業務というのはどうなのでしょうか。

遊びでやっているうちはパチンコや競馬が好きだという人についてとやかく言うつもりはありません。ただ、私自身は「胴元が儲かる以上ゼロサムゲーム以上にはなり得ない」と思って、自分だけが得をするという状況が想像できないのでギャンブルには手を出せないのですが、それでもデイトレードにのめり込んで身を滅ぼす人も絶えないようですね。Wikipedia にも

1日に複数回の取引を行い、細かく利益を積み重ねる売買手法である。場合によっては、1日で数百万円〜数億円の利益を得られる(あるいは失う)など、これまでのトレード手法と比べ、即時性・ゲーム性・依存性が非常に強く、利益をあげ続けるためには高い熟練度を要する。

とありますが、どうして自分は儲かるのだと思えるのかが私には不思議でなりません。

まあ結局「バカ」というような表現はどうかとも思いますが、

北畑氏は朝日新聞の取材に対し「激しく言い過ぎたかもしれない。講演会で眠い目をした人に難しい話をしているのだから、少しはおもしろく言わないと聞いてくれない。適切ではなかったが、そこだけ取り上げられるのは本意ではない」と語った。

ということなので、笑って聞き流してあげるべきところだったのでしょう。公人としては失言には違いないのでしょうが…