「april fools」タグアーカイブ

犬猫よけのペットボトル

なぜ廃れないのか。
💩

私の勤務先は4月の半ば頃、COVID-19の緊急事態宣言が出る前から基本的に在宅勤務とせよという命令が出て、それ以来ずっといわゆるリモートワークをしてきて、昨日かなり久しぶりに出社してきたところです。また今月いっぱいは在宅の予定なので、これだけ続くともうこのままでもいいかなという気になってきますが、家族はいいかげん早く会社に行ってくれと思っているようです。

在宅勤務が続いて運動不足で太ってしまったという人はよく聞きますが、私は業務のあとに雨の日以外は欠かさず散歩というかウォーキングに出掛けていて、毎日10000歩以上は歩くようにしています。おかげで自宅にいるとついつい色々つまんでしまうわりには、体重が減るということはないまでも大きく増えてしまうようなことはなく済んでいます。

ところで、今日の散歩の途中でもちょうど置こうとしているところを見かけたのですが、家の周りに水を入れたペットボトルを並べている人がいますよね。数十年前に初めて見たときには何のためのものだか分からず気持ち悪かったのですが、未だに並べられているということはご存知ないのでしょうね。

ニュージーランドのガーデニング師であったEion Scarrowが1989年にエイプリルフールのイタズラとして「水の入ったボトルを置いておくと芝生に犬が糞をしなくなる」とラジオで言ったのが世界中に広まり、後付で「光の反射が」とか「水を汚したくないから」とかいうような理由がこじつけられ、そして日本では犬の他に猫も加えられて未だに信じている人がいるということのようです。言った本人もまさかこんな大事になるとは思わなかったでしょうが、まだインターネットが普及する前なのに、というよりインターネットがなかったからこそなのでしょうか。

しかし私が理解できないのは、仮に本当に効果があるものだったとしても、あんな物をずらっと並べてた状態がみっともないとは思わないのかということです。あまりに頻繁な糞尿に悩まされていた人であれば分からないでもありませんが、そういう状況だったとすれば効果の有無もすぐに分かるはずです。そうでないなら、たまに汚された時に掃除すればすぐに片付くのですから、薄汚れたボトルが常に並んでいるよりよほどいいのではないかと思いますが、そのたまの掃除よりも置いてしまったほうが楽、ということなのでしょうか。

ということで、かなりどうでもいいことでした。