Archives

Whip It

本物を一度見てみたかったような。


連休中立て続けに見た映画の最後は「ローラーガールズ・ダイアリー」となりました。この作品は「E.T.」のGertie役で天才子役として一躍有名になったDrew Barrymoreの初監督作品となっており、Drew自身も出演しています。まあその後沢山の作品で実績を残しているので、今さら「E.T.」を引き合いに出されるのは嫌でしょうけどね。

ローラーガールズ・ダイアリー (字幕版) (Whip It)

posted with amazlet at 18.08.19

Amazon.co.jpで詳細を見る

本作はテキサスの小さな町に住むBlissという17歳の少女が、母親に美人コンテストに出場させられる日々に嫌気が差しているところで州都オースティンで開催されるローラーゲーム(Roller Derby)を知って引き込まれ、入団テストを受けることになり…という話になっています。このローラーゲームというのはローラースケートで小さな楕円リンクを周回するレースですが、フィジカルコンタクトのあるゲームとなっています。1960〜70年代に流行したということですが、アメリカでは現在も細々と行われているようです。

劇中の舞台となっているTexas Roller Derby (TXRD)というのは実在のリーグのようですが、YouTubeチャンネルの動画を観てみると、映画のものとはだいぶ雰囲気が違います。作品中では倉庫に集まってアンダーグラウンド的に行われているようでしたが、実在のものは体育館のようなところで健全な感じで行われており、公式ウェブサイトで見られるような迫力は動画ではあまりなく、やはり映画の演出力なのかと感じてしまうようなものです。なお、やっぱりアジア人はほとんどいないようですが、Cherry BombsのNinja Pleaseという選手はその名前からして日本人のように思われます。

競技そのものについてはまあ良いのですが、主演のBlissを演じるEllen Pageが非常に良いです。Ellenは「JUNO/ジュノ」で主人公のJunoを演じて喝采を浴びたのですが、本作で見せる表情も素晴らしいと思います。本作は2009年の作品なのでEllenは当時22歳前後だったということになりますが、17歳の高校生の揺れ動く心を見事に表現しているのではないでしょうか。Junoに続いて本作がこれでは、Ellenが出演している他の作品も観なければいけない気がしてきました。

イチローMLB 3000安打達成

ついに!

アメリカ、メジャーリーグのマイアミ・マーリンズに所属するイチロー選手が、昨日ついにメジャーリーグでの3000本安打の偉業を達成しました。今スポーツといえば世間はリオデジャネイロ・オリンピックでしょうが、その影でイチローはとうとうやってのけました。2998安打に来てから11打席ヒット無しと足踏みが続いていましたが、3000本目は3塁打というイチローらしい、史上2人目の珍しい記録です。

実は私自身は特に野球が好きというわけでもなく、むしろ日本のプロ野球は嫌いな方なのですが、イチローに限っては別です。彼の磨きぬかれた技術は練習に裏付けられ、考え抜かれたものです。最近もYouTubeでイチローの好プレーに見入っていたところですが、打ってよし、走ってよし、守ってよし、と野手としてこれほどまでに三拍子揃った選手が他にいる、いや過去にもいたのでしょうか。

イチローの3000本安打は42歳で達成されたということで、これまでの他の29人に比べて遅いと言われています。イチローの場合はMLBに移籍する前に日本のプロで9年間プレーして1278本のヒットを放っているわけですが、どちらが上とか下とかではなくNPBとMLBでは同じ野球でもかなり違うので、これを合算するのはまた意味が違うと私は思います。しかし時間はかかってしまいましたが、今回あくまでMLBで3000本という記録を達成したことで、イチローの凄さが紛れもないものになったというのは大きな意味があるのではないでしょうか。

それにしても、デトロイトにいる間にタイガーズの試合は5回ほど観戦に行っていて、日本人選手の姿も何度か見ているのですが、イチローの出る試合を見ることができなかったのは残念です。オリックス時代には観たはずなのですが、残念ながらその時には凄さを知らなかったのでよく覚えていません…

なにはともあれ、おめでとう!

NHL GameCenter

まだまだ観戦します。

アメリカから帰国するにあたって名残惜しい物はいくつもありましたが、その一つがホッケーが見られなくなるというものでした。学生時代の友人が一時期やっていて若干馴染みがあったというくらいで、渡米前はルールもよくわかっていなかったのに、すっかり夢中になってしまいました。それも職場のすぐ近くにホッケーのリンクがあって安く観戦出来たからなのでしょうが、そのPlymouth Whalersも昨シーズン末に身売りされて移転してしまったので、ある意味いいタイミングだったのかもしれません。

しかし、インターネットのおかげで世の中は大変便利になりました。NHLはGameCenterというインターネットの会員制サービスを提供していて、NHL各チームの全試合を生中継と録画とで見ることができるようになっているのです。会費はシーズンのどの時期から会員になるかで何段階かあるのですが、私は今回最初から入会したので$115ほどでした。これを高いと取るか安いと取るかはもちろん人それぞれ、どの程度ホッケーに思い入れがあるかによるのでしょうが、私はこれで一年間思う存分ホッケーが楽しめるのかと思えば安いくらいだろうと思います。

実はアメリカとカナダの場合、見ている地域でテレビの中継がある場合はその試合をライブで見ることはできません。テレビが有るならテレビで見ればいいじゃないかというのもごもっともですが、テレビは家族に占拠されているのでPCやタブレットで見たい、というのは叶わないわけで、この制約のない分、日本で会員になった方がちょっとだけお得なような気がしています。なお、このNHL GameCenterの対応端末はPC/MacやiOS、Androidのタブレットやスマートフォンの他、PS3/4、Xbox 360、Apple TVなど多岐にわたっていて、一つのアカウントでどの端末でも利用することができます。

ただ、日本でも生中継を見ることができるといっても、時差があるので通常現地の夜7:30頃から始まる試合は日本では朝8:30からなどということになってしまい、週末は午前中が暇ならば見ることができるものの、さすがに平日は見ることができません。結局、見るのは録画ばかりということになるかもしれません。録画の方が休憩時間などを飛ばしてくれるので見やすいということもあります。

しかし録画で見るとなった場合、結果を知らないまま観ればいいのでしょうが、結果はいち早く知りたくて見てしまう私の場合、いくら好きでも負けるとわかっている試合を見るのはちょっと気が進みません。したがって、このサービスをいかに有効に利用できるかは我がRed Wingsの頑張り次第ということになってしまうのかもしれません。プレイオフまで、全チームの全試合を見られるといっても、やっぱり見るのは贔屓のチームの試合ですよね。Red Wingsがプレイオフ決勝まで行ってくれたりしたら夢の様なんですが…でもそれはGameCenterとは関係なく、ですね。