Archives

東京往復ドライブ 食事編

何はなくとも食は大事。

今回の東京往復ドライブはなかなか過酷なものとなってしまいましたが、それも美味しいものが食べられれば救われるものです。道中ではなるべくその地のものを食べられるようにしていますが、今回はまあまあうまく行ったように思います。なお、スターバックスには何度も行きましたが、それは除いています。

まず行きの昼食は御前崎の海鮮なぶら市場に入っている、魚屋が経営しているという寿司店海幸の「まぐろの切り出し丼」です。ここはプラスチックの容器に入れられて持ち帰りも可能なカジュアルな店で、丼も500円からあるのですが、切り出し丼は980円となっています。新鮮なマグロが文字通り山盛りとなっていて、たっぷり味わうことができてこの値段というのは実にお得感があります。容器がチープであることだけが難点ですが、それで何百円も高くなるよりはこの方がいいでしょう。

夕食はちょうど静岡にいる時に思いついたらすぐ近くにあった炭焼きレストランさわやかの静岡瀬名川店で名物のげんこつハンバーグをいただきました。250gとボリュームたっぷりのハンバーグをレアでいただけるのに税別980円というのは企業努力も相当あるでしょう。美味しさは間違いありません。前回は大型連休のランチタイムだったので1時間以上待った記憶がありますが、さすがに平日の夜はガラガラだったので一人でも気を使わずに済みました。

2日目の朝晩は実家で食べたので昼食だけ外で食べることになったのですが、昼食のつもりで食べたスターバックスのサンドイッチではやはり足りず、4時頃に空腹に耐えられず近くにあった揚州商人の飯田橋ラムラ店にフラフラと入ってしまい、ネギラーメンを食べてしまいました。揚州商人は首都圏の4都県にのみ展開されているチェーン店ですが、以前出張で滞在していた新横浜で見つけて以来、私のお気に入りとなっています。地元にもできたらいいのにとは思いますが、無理はしないでもらいたいです。

帰路では昼食に高遠の紅さくらという店で30分ほど待って高遠そばを食べました。もともと高遠が信州そばの発祥の地だったようですが、地元の人は自分たちでそばを打って食べていたので蕎麦屋ができたのはつい最近のことだそうです。今回訪れた紅さくらも1年前にできたばかりの新しいお店でしたが、川沿いのとても気持ちのいい店で美味しくいただくことができました。なお、高遠そばの食べ方の特徴は焼き味噌と辛味大根をそばつゆに混ぜて食べるということのようですが、薬味のミョウガも効いて実に良かったです。また、そばには小鉢がいくつかとデザートが付きますが、この日のデザートは凍らせた柿で、これも甘くて美味しかったです。

最後に、夕食は岐阜市内で食べることになったのですが、岐阜ならではというとなんだろうということで思いついたのが台湾ラーメン大吉です。台湾ラーメン自体は名古屋めしとされていますが、名古屋文化圏にある岐阜にその名店があるということです。私はちょっと汁物は暑かったので台湾ラーメンは避けて、そこから派生した台湾まぜそばを食べることにしました。熱々の麺にピリ辛の肉味噌と卵黄を薬味と一緒に絡めて食べるというものですが、さすがに順番待ちが耐えない名店だけあってとても美味しかったです。周りの人は皆ラーメンを美味しそうに食べていたので、私も次があれば試してみたいと思いますが、まぜそばも期待以上に良かったと思います。

ということで、ちょっと麺類の割合が高くはなりましたが、特徴的な美味しいものをいろいろ食べられて、食の面でも満足の旅となりました。最初の御前崎以外は行き当たりばったりなのですが、結果的に良い店を見つけられたのは幸運でした。

東京往復ドライブ

こんなの誰にも付き合わせられません。

先週は久しぶりに東京モーターショーを見に行ってきましたが、実はこれはほとんど名目だけで、本当の目的はその往復のドライブにあったような気がしないでもありません。自宅から東京の実家までは普通に高速道路で行けば600kmほどの道のりになりますが、新幹線で行くよりも安上がりに済ませたいので極力一般道で行く、というのが基本方針です。また、ただ真っすぐ行ってもつまらないのであちこち寄り道をすることになります。

ということで出発した日は3時過ぎに目が覚めてしまったこともあり、自宅は朝4時くらいに出発してしまいました。そのおかげでスイスイスムーズに東名阪道の御在所SAに7時前に到着したので、ここでスターバックスの開店を待って朝食を摂り、そして名古屋の南、大府ICで高速を降りてここから下道にしました。ただ、ここで高速を降りるのはちょっと早すぎて、朝の渋滞に捕まってちょっと時間のロスになってしまいました。

なんとか渋滞を抜けると知立バイパスはスムーズで、蒲郡を抜けて太平洋沿いを進んで御前崎に到着したのは11時半ごろでした。ここで昼食を摂って、今度はまっすぐ北へ、山の方へと向かって到着するのが今回の寄り道のハイライト、大井川鐵道井川線の奥大井湖上駅です。ここでは駐車場から駅が見える展望台までちょっとしたハイキングをしてようやく眺められるのですが、写真で見たとおりなかなかの光景です。ただ、先日の台風のせいか湖の水が茶色く濁ってしまっていたのだけは残念です。また、本当は列車を一緒に写真に入れることができれば良かったのですが、なにぶん一日5往復しか無いのでそれに合わせることはできませんでした。

次に向かったのはこのすぐ近くにある寸又峡です。ここにたどり着くまではすれ違いのできないような細い山道を通らなければならないので、観光客で賑わう週末や連休は渋滞となってしまうようなのですが、この日は平日に休暇を取っていたのでそのような観光地とは思えないほど空いていたのは幸いです。ここでも駐車場に車を置いてハイキングとなるのですが、こちらは高低差がなく、また舗装された道路を歩くので散歩程度の感じです。まだ紅葉の時期には早かったようで赤く色付いている木はまばらでしたが、なかなか雰囲気のあるところで気持ちのよい時間を過ごすことができました。

このあとは静岡市内で夕食を食べ、清水いはらICから新東名高速に乗って、実家に到着するのは夜8時半過ぎとなりました。朝4時から16時間半、走行距離は715kmでした。

翌々日の帰り道は朝6時過ぎに実家を出発し、まだ空いているうちに都内を抜けて、相模原から懐かしの道志みちで山中湖へと抜けました。独身時代は何度となく利用していた道ですが、それ以来なので20年以上ぶりということになり、道路はだいぶ改良されて走りやすくなっていたと思います。しかし、ところどころ記憶に残っているとおりの場所があり、懐かしさがこみ上げてきました。

富士吉田のスターバックスで一服してから富士五湖をすべて見て、韮崎から甲州街道、茅野から高遠、伊那、飯田と進んだあたりで暗くなってきて、国道418号が予想以上に細い道で真っ暗な中心細かったのですが、なんとか国道19号に出て、土岐から国道21号で岐阜に到着しました。このあたりでもうこのまま下道で行くことは諦め、夕食を摂ってから東海環状道の大垣西ICで高速に乗り、ギリギリ日付が変わる前に自宅に到着したような感じです。帰り道はこれといった場所には寄らずただひたすら走ったわけですが、時間にして17時間半、距離は偶然行きとわずか1km違いの716kmとなりました。

よく「奥さんは一緒に行きたいと言わないのか」と聞かれますが、普通こんな走っているだけの旅なんて嫌ですよね。また、結局行きも帰りも高速を使うことになってしまったのは敗北感がありますが、日中はどうしても混雑するので仕方ありませんね。独身の頃は夕方出発して深夜のガラガラの中山道を突っ走るなんていうことをしていたものですが、そんな体力はもうありません。

福岡&佐賀日帰り旅行

大変充実した1日。

日頃、一人で車を運転して出掛けることの多い私ですが、先日は勤務先のZさんに誘われて、二人で新幹線に乗って九州まで行ってきました。なんでも阪急交通社トラピックスの商品で、ひかりかこだまか、どの列車になるかは分からないが博多まで新幹線の往復で1万円というものがあるので行ってみないか、ということだったのですが、そんな面白そうなものに私が乗らないはずもなく、二つ返事でOKしました。普通に切符を買ったら片道でも14000円ほどかかりますので、なんとその3分の1強で済んでしまうのです。どの列車になるかがわからないというのもミステリーツアーのようで面白かったものの、組み合わせによっては6時間ほどしか博多にいられないようだったのですが、蓋を開けてみれば10時過ぎに着いて8時前に発つということになったので10時間近くも滞在できることになり、レンタカーを借りて隣の佐賀県まで足を伸ばそうということになりました。このレンタカーもZさんが1日で2500円ほどで済むものを見つけてきてくれたので、とても安上がりなものになりました。

佐賀を目指したのは呼子でいかの活き造りを食べることができる、これはインスタ映えする! ということですが、インスタ映えはともかく珍しいものなので私もぜひ食べてみたくなりました。活き造りを出す店は呼子にいくつもあるのですが、お魚処 玄海というところはインターネットで予約ができるということだったのでここにしましたが、到着した12時には空いていたもののその後続々と客が来て、やはり予約しておいた方が確実なようですし、ネット予約しておくと消費税分割引になるという特典もあります。なお、私たちは魚づくし会席「小潮」というメニューにしましたが、活き造りもさることながらその後造りでゲソを天ぷらにしてもらったものがこれまでに食べたことがない美味しさでした。

満腹になったあとは呼子港のマリンパル呼子というところからイカ丸という遊覧船に乗って天然記念物の七ツ釜を見に行きました。これは海岸の岩場に侵食によりいくつもの洞窟ができたものですが、その一つに船で入るというのが呼び物になっています。これは初めての体験でなかなか面白いものでしたが、この岩場は玄武岩の柱状節理が大変見事で、私はそちらの方に目を奪われてしまいました。柱状節理といえば東尋坊が有名ですが、七ツ釜のそれはさらに細かく、またうねっているのも見応えがあります。なお、この七ツ釜はダイバーJacques Mayolの原点と言える地だそうです。

また、呼子の近く、隣町の玄海町には浜野浦の棚田という入江に面した棚田があるということなので行ってみました。残念ながらすでに刈り入れは終わっていて、トラクターを入れて耕しているところだったので絶景という訳にはいきませんでしたが、それでも田んぼの土にくっきりと緑色であぜ道が見えるので、そんなに悪いものでもありません。とはいえ、できれば水の張られたころか、金色の稲穂が垂れる頃に見に行ってみたいものです。

その後、渋滞などもあって遅くなってしまい、次の目的地の篠栗町の南蔵院に着くのはちょうど日没の頃になってしまいました。ここにはブロンズ製の涅槃像としては世界最大という釈迦涅槃像が横たわっています。ちょっと暗くはなってしまいましたが、境内は他に人がほとんどいなかったため好きなように写真を撮ることができ、また薄暗い中で灯籠に明かりが灯された様子や、薄暗がりに立つ荒神像などはとても雰囲気があって逆に良かったのではないかと思います。最後は慌ただしくなってしまいましたが、行った甲斐はありました。

このあとは博多駅近くへ戻ってレンタカーを返し、駅ビル内のマイングでお土産に伊都きんぐのあまおう苺入りわらび餅「博多あまび」とやまやの辛子明太子を購入した後、同じく駅ビル内のデイトスにあるおおやまでもつ鍋をいただきました。博多といえばラーメンも捨てがたく、他にも魅力的な食べものはいくつもあったのですが、もつ鍋は日頃そうそう食べられるものではありませんし、非常に美味しくいただくことができました。昼食もそうですが、ちょっと前に胃を悪くしていたのがなんとか治って本当に良かったと思います。

こってりしたものを食べたあとはまたマイングの伊都きんぐに戻って、「あまゴリスムージー」という名前のあまおう苺入りスムージーを買って帰りの新幹線に飛び乗りました。このスムージーはたっぷりの冷凍イチゴと牛乳、砂糖だけをミキサーに掛けたもので、見ている前で作ってくれます。600円となかなかの値段ですが、それだけの価値は間違いなくあります。また、お土産に買った「博多あまび」も翌日家族で食べましたが、これもまるでイチゴを食べているかのような、いやそれ以上のフルーティーさで、これも1620円と値が張りましたが皆で感動しましたので、その価格にも納得できました。

ということで、帰宅したのは深夜12時近くとなってしまいましたが、朝から晩まで非常に中身の濃い旅行となり、とても日帰りとは思えない満足感がありました。誘ってくれたZさんに感謝です。また今回、九州には様々な美味しいものがあるということもわかりましたので、ぜひ再び足を運んでみたいと思います。