Archives

Deadpool 2

「酷い映画だ。」(褒めてます)

今や映画の1ジャンルになったと言っても過言ではないと思われるMarvelの各作品、私はすべて観てきたと思いますが、その中でひときわ異彩を放っていたのが「デッドプール」です。基本的にはシリアスでひょっとしたら本当にいるかも知れないと思ってしまうようなリアリティを持って描かれている他の作品と異なり、かなりコメディに振りつつR指定なので映像描写はグロテスクで露骨な性表現もある、大人向きの作品となっていました。そのシリーズ2作目となる「デッドプール2」が日本でもいよいよ公開されましたが、私はその前日の木曜日に先行上映のレイトショーで観てきました。1日だけ早かったからといってどうということはないのですが、たまたま金曜日には字幕版が私の観られる時間には上映予定でなかった、というのが次の日の仕事を気にしつつも観に行った理由です。

それはともかく、ストーリーについては何を言ってもネタバレになりそうなので一切書きません。どうやらWikipediaにストーリーを書いた人がいるとかでTwitterで公式アカウントが「絶対に読まない事をお勧めする。」とお願いするような事態になっていたようですが、現在は元に戻されているようです。確かに最初は何も知らずに観た方が面白いと思いますが、製作・配給側が禁止というのもちょっと変な気がします。

今回も他の作品のパロディやオマージュが盛りだくさんです。私が気づいただけでもいろいろありましたが、明らかにパロディなのだけど元ネタがわからないというものもたくさんあって、1回観たあとはネタバレどころか解説が必要なのがこの作品ではないかと思います。きっと誰かがシーンごとの元ネタをまとめてくれるのではないかと思いますが、映画館で観られるうちに公開してもらえるでしょうか。

当たり障りのない範囲で話をするとすれば、今回は雪緒役で忽那汐里が出演しています。今作ではあまり長い台詞はありませんでしたが、彼女は日本国籍を選択したものの日系オーストラリア人3生ということなので、英語の台詞には全く違和感がありませんでした。やはりハリウッド大作に日本人俳優が出ていくにしても英語がしゃべれないとお話になりませんから、こういう人に活躍の機会が与えられていくのでしょうね。しかしカメラ好きという彼女のInstagramには「Hi Yukio」のコメントだらけで、本人が見ているとしたらうんざりしているでしょうね。

ということで、私は今回Vanessaを見てあらためて素敵だなあと思っていたのですが、もうちょっとじっくり見られるようにスピンオフでも何でも作ってもらえないでしょうかね。演じているMorena Baccarinの他の作品を素直に見ればいいのかもしれませんが、同じような雰囲気ではないような気がして、それはそれでイメージが崩れてしまうのも心配です。前作以来他のシリーズには出ていないようなので、観るとしたら「SPY/スパイ」なのでしょうか。

Kingsman: The Golden Circle

愛すべきElton John。

約3年前にアメリカで「キングスマン」を観た時にはあれほど面白い作品だったのにまだ日本での公開も決まっていなかったのですが、その後半年以上経ってから公開されると日本でもそれなりの人気作となったようでした。そして今日、日本でも続編の「キングスマン: ゴールデン・サークル」が公開されましたが、アメリカでは昨年9月に公開されているので、およそ4ヶ月遅れとなったようです。やはり字幕や吹き替えを製作しなければならないので、若干遅れてしまうのは仕方ありませんね。

ということで正月早々ですが、公開初日の今日、また一人でこの作品を観に行ってきました。

今回はKingsmanの面々がアメリカのStatesmanという謎の組織の協力を得て敵に挑む、というのは予告でも明らかになっていることなので問題ないと思いますが、実はなかなかひねりが効いていて面白い作品になっています。随所にコミカルな楽しさが散りばめられていてとても明るいのに、前回より抑えられたとはいえややグロテスクで悪趣味な描写もあるのは相変わらずです。ちなみに本作もアメリカではレイティングがRなのに、日本ではPG12というのは随分差があります。まあ、f**kを連発していましたので、それが大きく影響しているのかもしれません。

中心的なキャストは前作から引き継がれているのですが、StatesmanのGinger AleにHalle Berry、悪役のPoppyにJulianne Mooreが出ている辺りが注目でしょうか。しかしそれ以上に驚くのが、Elton Johnです。私はまったく予期していなかったので本人なのかどうか信じられなかったのですが、あれだけの演技をしてしまうというのはさすがのエンターテイナーだと感心してしまいました。

なお、私はセリフも役者の演技の重要な要素だと思っているので今回も字幕版で見たのですが、”HKLP“という略語に対する字幕が何か別の英字4文字になっていて混乱してしまいました。セリフでははっきり「HKLP」と発音しているのに、それを無理やり別の物に変える必要はないのではないでしょうか。何となっていたかは覚えられなかったのですが、HKLPの意味を説明する時のセリフにアルファベットが振られていたように思うので、日本語のローマ字の頭文字にしたのでしょうか。

それはともかく、本作は前作から引き継いでいる部分が結構あるので、前作を知っていた方が楽しめることは間違いないと思います。しかし私もだいぶ忘れてしまっていて、見ていて「ああそんなこともあったな」という感じだったのですが、このあと前作を借りてきて復習しようかと思っています。これから見るという人には、ぜひ前作を先に観ておくことをお薦めしたいです。

Ghostbusters (2016)

映画そのものは良かったのに。

このところ、以前ヒットした映画のリメイク、リブートなどと言われる、いわゆる焼き直しの作品が多くなっているような気がしますが、映画業界もネタが尽きてきたということなのでしょうか。もちろんリメイクというのは昔からあったものですが、以前はここまで多くなかったような気がします。今回観た「ゴーストバスターズ」も1984年の同タイトルのヒット作のリブートとなっています。私もこのオリジナルを中学校の時に同級生らと一緒に映画館で観たのを覚えていますが、内容はほとんど覚えていなかったので先日Amazonプライムビデオで復習し、改めて楽しんだところです。

そして今回のリブート作ですが、単純に同じような設定で作り直しただけではなく、主人公らをすべて女性にしてしまいました。これについては当初賛否両論あったことと思いますが、結果的にはまったく違和感はなく、男女同権が進んだ現代では何ら不自然なところは感じられませんでした。逆に、ゴーストバスターズが事務員として雇うのがChris Hemsworth演じるKevin Beckhamという男性なのですが、このKevinが中身が空っぽのマッチョながら「目の保養」のために採用されるということで新鮮な面白さがあります。

主役の4人はそれぞれコメディアンでもある女優さんらが演じていて、とても楽しいやり取りになっています。しかし残念だったのは私の自宅から無理なく観に行ける範囲の映画館では吹替版のみの上映となっていて、字幕版でオリジナルの英語のセリフを聞くことができなかったということです。私はセリフも俳優の演技のうちだと思っているので、英語作品の場合は極力字幕版で観るようにしているのですが、今回は友近や渡辺直美といったタレントに吹き替えさせて話題性を持たせているためかこのようなことになってしまっていて非常に残念です。またそれだけならいいのですが、吹き替えのセリフの中に日本でちょっと前に流行ったくだらないギャグなどが織り込まれていて、興醒めもいいところ、すべてを台無しにされた気分です。

吹き替えについては本当に残念で仕方がないので、レンタルが始まったら借りてまた観てみようかと思っていますが、実はそれでは思うつぼだったり…ということはないでしょうね。それにしても、自分たちで作っているわけではないからか、日本の映画配給会社には作品に対する愛というものがさっぱり感じられません。この作品そのものはオリジナルに対する愛に満ちているというのに。

ゴーストバスターズ 1&2パック [Blu-ray]

¥ 1,379

(2016-08-28現在)

ちなみにこの作品、本当に最後まで楽しめるようになっています。普通はエンドロールになると文字だけであとは真っ暗かせいぜい背景がある程度ですが、本作では飽きずに見ていられるようになっています。そして最後まで見ているとお楽しみの1カットが残っているので、それもお見逃しの無いように。