Archives

本能寺ホテル

もっと日本史に興味を持っておくべきだとは思いました。

先日友人らと訪れた書寫山圓教寺は映画や大河ドラマの撮影に使われているということなのですが、実は今までそれらの作品は観たことがありませんでした。「ラストサムライ」ぐらいの大作は観ておくべきだろうと思いながらなかなかその機会がなかったのですが、先日「本能寺ホテル」がAmazon Prime Videoで無料で観ることができるようになっているのを見つけたので、まずはこれから観てみることにしました。

本能寺ホテル

posted with amazlet at 19.06.12

(2017-08-02)売り上げランキング: 15,181

Amazon.co.jpで詳細を見る

この作品は、現代の京都のホテルのエレベーターがなにかのきっかけで本能寺の変前日の本能寺に繋がってしまい、綾瀬はるか演じる主人公が森蘭丸や織田信長を救うべきか歴史を変えないようにすべきか選択を迫られながら奮闘する、というようなコメディ作品です。信長役は堤真一
が演じていますが、威厳があってなかなかそれらしい感じでした。

この作品の中で圓教寺が使われているのは家臣らが振々毬杖(ブリブリギッチョウ)という遊びに興じる場面と、少年時代の信長が庶民の子どもたちと振々毬杖を楽しむ場面との2つのシーンだったと思います。さすがについ最近目で見てきたところなので、すぐに気づきました。ちなみにどちらも同じく振々毬杖の場面だったというのは小道具の運搬の都合などでしょうか。

なお、本能寺の建物には同じく姫路市内にある亀山本徳寺というお寺が使われているそうです。私は実際に行ってみたことはありませんが、Google Mapsで写真を見てみると確かに映画に写っていたそのままの様子です。それほど有名なわけではないと思いますが、立派なお寺のようなので近いうちに見に行ってみたいと思います。

ところで映画そのものがどうだったのかというと、タイムトラベルを題材にしたコメディ要素の強いSF作品として、すごくというわけではないにしてもそこそこ面白い作品であったと思います。映画館で1800円払う価値があったかというと微妙ですが、まあ週末に自宅で気軽に楽しむには良いのではないでしょうか。

コンフィデンスマンJP -ロマンス編-

最後まで気が抜けません。

今まであまり邦画は観なかった私ですが、長澤まさみが気になって仕方がない今日このごろ、ついに「コンフィデンスマンJP」を観に映画館へ行ってしまいました。実は現在上映中の作品の中で「キングダム」にも楊端和の役で出演しているのでどちらを観ようか迷ったのですが、長澤まさみの魅力がより発揮されているのはこちらだろうと、主演作でもある本作を選んだのでした。

この作品はフジテレビのドラマ「コンフィデンスマンJP」の映画化作品となっていますが、テレビドラマも一話完結となっているので、映画自体も設定が共有されているだけでストーリー的な繋がりは強くないようです。私はテレビの方は観ていませんが、それでも特に問題はなかったのではないかと思います。邦画の場合はこういうドラマを映画化したものが少なくないので、普段テレビを見ない私はテレビで見ていることを前提にされてしまうと困りますが、本作は大丈夫でした。

Confidence man、詐欺師一味が主人公という、道徳的にどうなんだという気がしないでもありませんが、一応義賊的なポリシーを持っていて一般庶民から巻き上げるようなことはしないようです。華麗な詐欺のテクニックがこのシリーズの見どころになっているのでしょうが、最後に騙されているのはいったい誰なのか、真実はどうなっているのか、観客もいろいろ想像を巡らせながら観なければなりません。

主人公のダー子を演じているのが長澤まさみですが、本作はダー子のロマンスがテーマになっているということで、冒頭からコメディらしくない色気のある映像となっています。その相手は三浦春馬演じるジェシーですが、なぜか日本人離れした雰囲気がありました。なお、ここで出てくるカメラがPENTAXなのを私は見逃しませんでしたが、まあどうでもいいことです。

本作では何度もどんでん返しがあるのでどれが真実なのか常に疑念を抱きながら観なければいけないのですが、最後はなかなか痛快です。いくつか伏線は張られているので、これはどういう意味を持っているのだろうかと考えながら観るといいでしょう。ただ、テレビドラマの特別編のような位置づけだからかもしれませんが、映画館で観なくてもテレビで観れば十分のような気がしてしまいました。なかなか面白かったのですが、そのように感じてしまうのはなぜでしょうか…

モテキ (2011年の映画)

信じられないくらい。

長澤まさみ週間全力進行中の私ですが、今度は長澤まさみの魅力全開、超絶かわいいという映画「モテキ」を観てみました。

モテキ

posted with amazlet at 19.05.25

(2013-11-26)売り上げランキング: 36,851

Amazon.co.jpで詳細を見る

久保ミツロウという女性漫画家の作品「モテキ」を原作にしたテレビドラマ「モテキ」のヒットを受けて作られたオリジナルストーリーの映画ということですが、私は漫画もドラマも見たことがなかったものの、全く支障なく楽しむことができました。ドラマや原作の中の出来事を前提に語られているらしきところも一部ありましたが、それは想像で補える範囲です。ドラマの方もAmazon Prime Videoで観られるので観てもいいのですが、長澤まさみは出演していないので少々モチベーションに乏しい感じです。

本作では主人公の藤本幸世がナタリーのライターという設定になっていて、私はナタリーの音楽と映画しか見たことがなかったのですが、他にコミック、お笑い、ステージというカテゴリーがあって、サブカルチャーの総合サイトということになっており、その取材の場面で様々なミュージシャンやコメディアンがカメオ出演しています。

その中で、先日麻薬取締法違反容疑で逮捕されてしまったピエール瀧も出演しています。私は「作品に罪はない」というような言い方には賛成出来ないのですが、罪を犯した(可能性がある)人が出演しているからと言って作品を見せないようにすることにどういう意味があるのかさっぱり理解できないので、本作が引き続き観られるようになっていることについては大賛成です。というより、そのせいでこの作品で魅力を最大限に発揮している長澤まさみを観られないのだとしたら、相当恨んだかもしれません。しかしその場合でも恨む相手はピエール瀧ではなく、作品を取り下げるような要求をする人と、それを飲んでしまった人でしょう。

それはさておき。本作ではPerfumeが出演してPerfumeの曲でミュージカル的に踊ったりする場面もあるのですが、面白いのがカラオケ演出されている場面です。幸代の心情に合わせた選曲で、カラオケビデオを模して歌詞を表示するというものですが、あまり見られないものではないでしょうか。

主人公の藤本を演じているのは、長澤まさみの出世作となった「世界の中心で、愛をさけぶ」以来の共演となる森山未來です。斜に構えて流行りものを避けている私は「セカチュー」は原作も映画も観ていないのですが、長澤まさみ週間の一環としては観なければならないので、あとで観てみるつもりです。藤本は本当に情けない男ですが、観ていてちゃんとそう感じるのだからうまく演じているということなのでしょう。長澤まさみについてはまだかわいいとしか言っていませんが、ちょっとエロい小悪魔みゆきをこれ以上ないくらい演じきっており、世の中の男たちはこの魅力に抗うこともできないでしょう。他にも麻生久美子演じる年上OLるみ子、仲里依紗のアゲ嬢愛、真木よう子が演じる先輩ライター素子といったタイプの違う美女がいろいろ絡んできますが、絡み方もそれぞれです。

ということで、なかなか楽しい作品だったのですが、実はタイトルバックが一番お気に入りだったりして、何度も見直してしまっています。というのも、ここで踊っている長澤まさみがめちゃめちゃかわいいのです。ただ踊っているのがチラッ、チラッと映るだけなのですが、たまりません…私、大丈夫でしょうか。