Archives

タッチ (2005年の映画)

ひたすら長澤まさみを愛でる映画。

一旦何かを気に入るとそればかりになるのが私の悪い癖なのですが、今の私は長澤まさみに夢中…というのはちょっと違いますが、注目しています。先日、YouTubeで2011年のさんまのまんまに長澤まさみが出演した時の動画を見たのですが、その中で明石家さんまが「タッチ」にヒロインの浅倉南の役で出演したのがすごく良かった、と言うので、それほどいうならぜひ観てみよう、と観てみると確かにとても良かったです。

タッチ

posted with amazlet at 19.05.21

(2013-11-26)売り上げランキング: 72,528

Amazon.co.jpで詳細を見る

と言っても、映画自体はあまりいい出来ではありません。面白くないわけではないのですが、それは原作が良いからでしょう。特に、野球に関する描写がいい加減だと評判が良くないようです。ただ、長澤まさみだけでなく出演者が良い演技をしているので見ていられるといった感じかもしれません。

本作は言うまでもなく少年サンデーに1981年から1986年にかけて連載されていたあだち充の漫画作品の実写映画化で、原作は私が小学校高学年から高校生になる頃にかけて連載されていたことになりますが、私が読んだのは連載終了後の単行本だったのではないかと思います。ちなみに私はちょっと先に始まり並行して連載されていた「みゆき」の方が好きでしたが、「タッチ」もしっかり読みました。「みゆき」も1983年に映画化されているようですが、連載中に上映されているので物語も途中で終わっているようですが、どうなのでしょうか。

もともと原作の主人公は上杉達也でしたが、この映画では長澤まさみ演じる浅倉南が主人公とされているようです。とはいえ、達也の視点で描かれている場面も少なくないので、圧倒的に南というわけではないと思います。達也と和也は設定と同じく実際の双子である斉藤祥太・慶太の兄弟が演じています。顔はそっくりな二人ですが、しっかりと正確の違いが見た目にも現れるようになっていました。なお、この作品でもまた風吹ジュンと小日向文世が達也和也の両親役で出演していて、日本の映画界も狭いのかななんて思ってしまいましたが、どうしても気の合う人達が集まりがちなのかもしれませんね。

しかしそれにしても、さんまの言う通り長澤まさみが本当に可愛いです。私は最近の落ち着いた彼女の方が素敵だと思っていましたが、若い頃は若い頃でたまらなく可愛くて、ペットにしたいというか、パトロンになりたいというか…ちょっと危ない感じになってきました。

サマータイムマシン・ブルース

確かに気持ちいい。

先日、早くもというか話題性が無くなってしまう前にということか、昨年日本の映画界に一大旋風を巻き起こした「カメラを止めるな!」が金曜ロードショーで放映されました。私は放送を見ていないのですが、ぜひ妻にも観てもらいたいと思っていたもののBlu-rayを購入するタイミングを逃していたため、とりあえず録画はしてありますので私ももう一度楽しみたいと思っているところです。

この放送のだいぶ前に読んだ誰かのブログに掲載されていた本作の記事だったと思うのですが、伏線回収ものの代表作のように挙げられていたのが本広克行監督の「サマータイムマシン・ブルース」という2005年の作品でした。普段ほとんど邦画を観ない私なのと、当時はまだ私もあまり映画を観ていなかったということでこの作品については全く知らなかったので、是非観てみたいと思っていたところAmazon Prime Videoで観られるようになっていたため、先日ようやく時間ができたので観てみたのでした。

サマータイム・マシン・ブルース

posted with amazlet at 19.03.21

(2014-09-24)売り上げランキング: 77,509

Amazon.co.jpで詳細を見る

もう10年以上前の作品なので今さらネタバレもなにもないかもしれませんが、「カメラを止めるな!」と同様に本作もあまり予備知識を持たずに観たほうが楽しめることは間違いないと思うので、私も多くは語らないことにします。ただ、タイトルからタイムマシンが登場するであろうことはわかりますので、タイムマシンということはタイムトラベルを題材にしたSF的作品であることは容易に想像できますし、まさにその通りのものです。

しかし、最初はなんだか訳のわからないドタバタコメディのようなものにしか見えず、そのまま観続けるべきなのかどうか、もしも事前に「伏線回収ものの傑作」であるということを知らなかったら迷っただろう、というよりおそらく迷わずに中断してしまっただろうと思います。しかし、その訳のわからなかったものが中盤以降に全てきれいに回収されていくので、その気持ちよさは体験すべきものだと言えます。

なお、「カメラを止めるな!」は当初上田監督が観た「GHOST IN THE BOX!」という舞台作品に着想を得たとしてこの舞台を「原案」としてクレジットしていて、これを不服とする劇団側と権利を巡って争った結果、「共同原作」としてクレジット表記することで合意に至ったという経緯がありますが、この作品ももともと舞台作品として作られたものを映画化したというものながら、あるべき手順を踏んで作られたというところに大きな違いはありそうです。とはいえ、ここから思うのは「実は舞台演劇も面白いのでは?」ということなのですが、残念ながら大都市圏に住んでいないと舞台を観に行くのはなかなか難しいですね。

Chef

いろいろな視点で楽しめました。

せっかくの三連休ながら雪も降って寒いのであまり出かける気にもなれず、家で映画でも観ようかとAmazon Prime Videoのおすすめで見つけたのが「シェフ 三ツ星フードトラック始めました」という映画だったのですが、これは期待以上に楽しめる作品でした。すでに地上波テレビでも放映されたことがあるようなので観たという人も多いかもしれません。しかし、テレビではカットが多かったようですが、無駄なシーンは一つとして無かったように思うので、テレビで観て良かったという人でAmazon Primeに入っているなら観なおしてもいいかもしれません。

本作はJon Favreau製作、監督、脚本、主演を務めており、スタジオの意見はあったかもしれませんが、ほぼ彼の思い通りに作られた作品ということになるでしょう。この作品のテーマはその「映画」を「レストラン」に置き換えたようなものですが、雇われシェフにはいろいろ制約があってなかなかやりたい通りにはできない、そのもどかしさと同じようなものをJon本人も映画づくりで経験したのかもしれません。

また本作は家族の物語でもあります。仕事にかまけて子供に真剣に向き合っていないという人はこの作品を観て考えるところがあるでしょう。私はというと…仕事には対してはそれほどでもなく、かと言って子供とそれだけ深く接したかというとまた自信がありません。まあすでに下の子供も高校生になってしまっているので、時すでに遅し、でなければ良いのですが。

本作でJon演じる主人公のCarl Casperは著名フードブロガーRamsey Michelに酷評されたことに対して、TwitterのRamseyのアカウント宛にツイートしたのが炎上して破滅することになるのですが、こういう事にならないようなリテラシーも重要ですが、よく知らないものを不用意に扱わない慎重さも必要ですね。まあ、初めてのTwitterでブロガーに挑もうというのも所詮無茶な話です。一方、息子のPercyは各種SNSを完璧に使いこなして父親を助けることになるのですが、その一つであるVineはすでにサービス終了してしまっているというのも儚いものです。

なおJonは「アイアンマン」シリーズでHappy Hoganの役で出演もしていますが、シリーズの最初の2作「アイアンマン」と「アイアンマン2」では監督を務めており、「アイアンマン3」や「アベンジャーズ」シリーズでも製作に携わっており、現在のマーベル映画の人気は彼が作り上げたといっても過言でないのかもしれません。本作ではこれらの作品に出演しているRobert Downey Jr.やScarlett Johanssonという「アイアンマン」ファミリーも参加して華を添えています。

華を添えているといえば、本作でCarlが作る各種料理は本当に美味しそうで、私が気に入ったのはその影響も大きいかもしれません。私は美味しい食べ物を美味しそうに写真に撮ることが今一番の趣味と言えるような気がしているのですが、この映画を観ながら「食べたい!」よりも「写真を撮りたい!」と思ってしまったのはちょっと問題かもしれませんね。