Archives

Atomic Blonde

映像も音楽も何もかも。

いわゆる東西陣営のいがみ合いにより国家が2つに分断されている、と言うと今では南北朝鮮を思い浮かべるかと思いますが、かつては東西に分断されていたドイツがその代表でした。さらにドイツがややこしいのは分断前の首都だったベルリンは当時の東ドイツ領内にありながら、ベルリン自体も東西に分けられ分割統治されていたということで、東側からの人口流出を食い止めるためにその境界に東ドイツが築いたのがベルリンの壁です。

このベルリンの壁は1961年から1989年に崩壊するまでの30年弱に渡って東西の行き来を阻んでいたわけですが、ちょうど今北朝鮮からの「脱北」が命懸けで行われているように、当時の東から西への脱出は逮捕、射殺、落下、溺死の危険を伴ったもので、運のいい一部の人だけが逃れることができたのでした。私はまだベルリンに行ったことはありませんが、当時イギリスに住んでいたことがあり、(西)ドイツも何度か訪れていたため、比較的肌に近いところでこの緊張感に触れていたものです。そしてこの壁が崩壊した1989年、日本でこのニュースを聞いた時には鳥肌の立つ思いだったことを今でも覚えています。

ということで前置きが長くなりましたが、公開初日の昨日観た映画「アトミック・ブロンド」はこの事件の直前のベルリンを舞台とした映画です。といっても壁の崩壊そのものとは直接関係なく、冷戦下のベルリンで暗躍する東西のスパイの戦いを描いたフィクションで、Antony JohnstonとSam HartによるThe Coldest Cityというグラフィックノベルを原作としたものです。

The Coldest City

posted with amazlet at 17.10.21

Antony Johnston Oni Pr 売り上げランキング: 4,811

Amazon.co.jpで詳細を見る

主役はMI6のエリートエージェントであるLorraine Broughtonですが、それを演じているのはCharlize Theronで、このLorraineが美しくカッコよく、最高にクールです。本作のレーティングは日本ではR15となっている通り、血しぶき飛ぶバイオレンスだけでなくちょっとエロティックなシーンもありますが、そうでないシーンでもかなりセクシーです。

そして本作が素晴らしかったのはストーリー、キャスト、アクションだけではなく、時代背景とそれに合わせた音楽もです。BGMにはこの80年代後半に流行っていたヨーロッパの音楽が使われていて、当時よく聴いていた私はノリノリで観ることができました。99 Luftballons、Cities in Dust、The Politics of Dancing、Father Figure、Under Pressureなど、とても懐かしい曲もあったので、帰宅後迷わずサウンドトラックを購入してしまいました。

Ost: Atomic Blonde

posted with amazlet at 17.10.21

Original Soundtrack Backlot Music (2017-07-28)売り上げランキング: 450

Amazon.co.jpで詳細を見る

ところで少々ネタバレになりますが、本人がカメオ出演している「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー: リミックス」その他、最近David Hasselhoffの名前を耳にする機会が多いような気がするのですが、何なのでしょうか。実はベルリンの壁崩壊にまつわるエピソードがあるなんていうことを私は知りませんでしたが、そんな小ネタまで仕込まれています。

ということでこの映画を観て、北朝鮮も突然崩壊して一気に統一が果たされる、ということになるかもしれないし、あるいは韓国の方がということも無いとは言えないかもしれない、なんてことを考えてしまいました。当時もドイツがいつまであの体制かなんていうことはわかりませんでしたし、どうしたら冷戦が終わるのかなんていうことは実際にそうなってみるまでわかりませんでしたからね。

Dunkirk

撤退の成功も勝利のうち。

戦争映画というのは私の得意なジャンルではありませんが、昨日は評判の高かった「ダンケルク」を公開初日の朝一番の回で観てきました。

この作品は第二次世界大戦初期の1940年にフランスのダンケルクに追いつめられ、ダイナモ作戦により脱出を図る英仏連合軍とドイツ軍によるダンケルクの戦いを描いたものですが、私はまったく予備知識を持たずに観に行ったにも関わらず特に問題なく理解し、楽しむことができました。本来、学校で真面目に世界史を勉強していれば知っているはずの有名な出来事なのでしょうが、私は暗記ばかりを求められる日本の社会科の授業というのが苦手だったので、歴史にも非常に疎いところがあります。今になってまったく違う形で歴史を学ぶととても面白いので、学校でも生徒が興味を持てるような教え方をすればどれだけ良いかと常に思っているところです。

さて、話題が逸れてしまいましたが、この作品ではその物語をイギリス側の立場で、陸の突堤・海上・空それぞれにいる人々を第一人称にして描いており、陸海空の場面は並行してそれぞれの物語で進行していき、最後には一つに結びつくという形です。一方、ドイツ側は最後に一瞬出てくるだけでそれまでは画面に一切入ってきませんが、得体のしれない無機質なものとすることで敵方にあまり意識を向けさせず、登場人物らと感情を共有できるようになっているように思います。

陸の主人公はTommyという名の若い二等兵で、Fionn Whiteheadという無名の若者が演じていますが、これはChristopher Nolan監督の意向とのことです。途中からTommyと行動を共にすることとなるAlexという二等兵の役でOne DirectionのHarry Stylesが出演しているのももっと話題になっても良いように思いますが、起用を決めた時に監督はHarryが有名な歌手であることを知らなかったとのことなので、そういう売り出し方も望まないでしょう。また一方、海のMark Rylance、空のTom Hardyなど、その他の俳優陣はしっかりと経験のある人達を起用しており、演技はしっかり重厚感のあるものとなっています。

この作品はIMAXカメラで撮影されたとのことなので、できればIMAX上映で観たかったのですが、自宅近くにはIMAXシアターがないので私が観たのは通常の2D版です。しかしそれでもCGに頼らず実際の軍艦や航空機を使用して撮られた映像のリアリティはしっかりと伝わってきました。IMAX上映であればそれ以上のものが得られたのかもしれないと思うと、改めて体験してみたくもなってきます。「凄いCG」がもてはやされていた時代から「使っていないこと」が売りになる時代になるのも案外早かったですね。

史実として、およそ40万人ほどの兵力のうち36万人もが脱出に成功したということですが、撤退と言うと敗走のイメージが強く感じられてしまうものです。しかしこの作戦の成功により、重装備をすべて置いていくことになったとしてもそれは資金を調達すればなんとかなるもので、貴重な人的資源を守ることができたというのは大いなる成功であったとというのは私も認識を改めたところです。もしもこの撤退がうまく行っていなかったなら、第二次世界大戦の行方もまったく違うものになっていたかもしれないのです。

Wonder Woman

良い意味で裏切られた感じ。

Marvel各作品映画化の成功の後を追うように、SupermanとBatman以外は日本ではマイナーだったDC Comicsの各作品も映画化が本格的なものとなり、この秋にはAvengersに対応するJustice Leagueの映画化も予定されています。実は2011年に日本でも公開されている「グリーン・ランタン」のGreen LanternもDC Comicsのキャラクターだったのですが、日本では知名度が低すぎたのと映画が駄作だったことで知られないまま消え去ってしまった感じです。私もこれは観たのですが、ブログに書く気にならないほどでした。

今週末に公開された「ワンダーウーマン」もそのDC Comicsのキャラクターの1人で、日本ではマイナーだったと思いますが、一足早く「バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生」に登場してお披露目となっていました。この時のTomatometerは27% (現時点)と散々な感じなのに対して、本作品では92%とかなり大きな開きがありますが、絶対的にも相当高いスコアなので期待できるのではないでしょうか。

本作では、外界から隠されて女性だけが住むThemysciraからなぜWonder WomanことDianaが世の中に出てきてスーパーヒーローとなることになったのかが描かれていますが、時代は第一次世界大戦終盤の1918年、今から100年ほど前に遡り、本編のほとんどはこの時代の出来事となっています。

しかし、この手の作品で気になってしまうのが、ドイツ軍を完全に悪として扱っていて、あくまでも連合国が正義とされていることです。さすがにドイツの人達はこういう作品を観ていい気はしないと思うのですが、あくまで過去のことで自分たちとは全く関係ないと割り切れるものなのでしょうか。もちろん責任を感じたりする必要はないのですが、心情的に嫌な感じはあるのではないかと思います。特定アジアの反日映画でなくても日本軍を悪者とするような作品がたまにありますが、日本人としてはいい気はしませんよね。

Dianaを演じるのはGal Gadotで彼女もとてもきれいなのですが、8歳時点のDianaを演じているLilly Aspelが愛嬌もあって非常に可愛らしく印象的でした。今後の活躍に注目したいと思います。Dianaに助けられてDianaを俗世間に連れ出すきっかけとなるSteve Trevor役はChris Pineですが、「スター・トレック」シリーズのJames T. Kirk役で見せているようなユーモアのある演技がこの作品にも合っていると思いました。

ということであまり多くを述べていませんが、この作品は予備知識を持たずに観た方がより楽しめるのではないかと思うので、これくらいにしておきます。ただ、Batmanの本名がBruce Wayneだということは知っておくといいかもしれませんが。