「movie」カテゴリーアーカイブ

AKIRA 4K デジタルリマスター版

「さんをつけろよデコ助野郎!」
🐻

1988年7月に新型爆弾が使用される第三次世界大戦が勃発し、そこからの復興を果たし翌年にはオリンピック開催を控える2019年のネオ東京を舞台に、金田をリーダーとする暴走族の一団が巻き込まれた軍事機密をめぐるアーミーとゲリラの争いと奇妙な展開を描いたSFアニメ映画の金字塔「AKIRA」は物語の設定と同じ1988年の作品ですが、当時高校生だった私も友人に連れられて観に行ったものの、原作マンガを読んでいなかったこともあって内容があまり理解できなかったように記憶しています。というよりも、ただダイナミックな映像に圧倒されてしまったような気がします。

それから実に30年以上の月日が経過し、もちろん第三次世界大戦は起こりませんでしたし、東京湾のほとんどが埋め立てられるようなことにはなっていませんが、物語を追い越して2020年を迎えてしまいました。あの「金田のバイク」のようなハイパワーな電動二輪車もまだ実現していませんが、大きく進化した映像技術で蘇らせた「AKIRA 4K デジタルリマスター版」が劇場公開されているということで、高校時代を懐かしみながら…というわけではありませんが、私も観に行ってきました。

地元シネコンの中でも特に大きなスクリーンでの上映となっていましたが、当時の35mmフィルムを元にリマスターしたものということで、さすがに最近のフルCGアニメのような解像感はなかったものの、30年も前の作品とは思えない鮮やかな映像でした。おそらく今のAI技術などを駆使すれば、金さえかければもっとパリッとした映像にできるのではないかと思いますが、それはまたオリジナルに手を加えた別のものになってしまうので、あまり歓迎されないかもしれません。

内容について改めて語ることはないかもしれませんが、当時の記憶はすっかり抜け落ちていたので新鮮な気持ちで楽しむことができましたし、自分も成長したのかストーリーもしっかり理解できたように思います。また、内容的に古さを感じるようなところはほとんどありませんでしたが、強いて言えば人々がスマートフォンを使っていないということくらいですが、未来に生まれるものは予見できなかったとしても、廃れるであろうものは予想できたということなのでしょうか。まあSFですから基本ですね。

実は私は数年前にブックオフで原作単行本のセットを大人買いしたのですが、ありがちなことに買ったことに満足してまだ読んでいません。この単行本が大判サイズで小口が着色されていたりして、なんともかっこいいのですよね。しかし、映画は単行本の4巻までの時点で製作されていて、エンディング部分は映画オリジナルらしいので、原作の方も読む必要があるということが今回調べてわかりました。

なお、本作は昨年一度ハリウッドで実写映画化が発表されたものの、脚本とキャスティングに難航して無期限保留となってしまったようなので、なんとか再開にこぎつけてもらいたいものです。しかしAKIRAをAKIRAとして出すためには、登場人物は日本人か日系人、もしくは東アジア系の俳優にしておかないと昨今の情勢が許さないのでしょうね。確かに日本人俳優でとなるとキャスティングは難航どころか遭難してしまいそうです。

Rambo: Last Blood

何事も準備が大事。
🐎

COVID-19による緊急事態宣言や自粛ムードの影響を最も大きく受けている産業の一つが映画産業だと思いますが、私の地元の映画館でも一時期休館や時短営業となっていましたし、新作の公開も延期になってスケジュールが大幅に乱れることになりました。それがようやく通常営業を再開できるようになりましたが、現在でも座席を1つずつ空けて千鳥状に使用し、マスク着用を必須とするなどの対策を取っての再開です。しかしともあれ、そんな状態でもなんとか観られるようになったということで、私もかなり久しぶりに映画館へと足を運んできました。

今回観たのは「ランボー」シリーズ最新作にして最終作、「ランボー ラスト・ブラッド」です。「ランボー」といえばSylvester Stalloneが当たり役を得た代表作で、ベトナム帰還兵であるJohn Ramboを主人公とするシリーズですが、今作の公開に合わせてAmazon Prime Videoで過去作が全て見られるようになっていたので、予習のためにも一部は改めて、一部は初めて観ておきました。1982年、私も小学生だった40年近く前に始まったシリーズなのでもはや観たはずのものも記憶にほとんど残っていませんでしたが、それぞれの作品でJohn Ramboのキャラクター以外にはストーリー上の繋がりがほとんどないので、予習は必ずしも必要ではないでしょう。

1作目では田舎の保安官らに売られた喧嘩で、2作目「ランボー/怒りの脱出」ではベトナムの捕虜収容所から捕虜を救出するためにソ連軍を相手にし、3作目「ランボー3/怒りのアフガン」ではアフガニスタンからかつての上官を救出するために再びソ連軍と相まみえ、4作目「ランボー/最後の戦場」はミャンマーからのNGOメンバー救出のためのミャンマー軍との戦いでした。それから11年後の5作目ではメキシコ人身売買カルテルに対する私怨を晴らすことになり、これまでの作品と比べると大義としてそれでいいのかという気がしてしまいます。さらにこれがメキシコに対する差別や偏見、先入観に繋がるという非難もあるようで、シリーズとして古く、Stalloneもかなり高齢ということもあって、すでに昨年公開されているアメリカでの興行成績は芳しいものではないようです。

4作目はRamboがアリゾナ州ボウイーの実家に帰ったところで終わっていましたが、本作でもRamboはこのボウイーの家で暮らしています。このボウイーの町からメキシコとの国境まではどの程度の距離なのかと調べてみると、車で2時間足らずということなのでRamboが何度か行き来しているのも苦ではないでしょう。1作めの原作である「一人だけの軍隊」が書かれた時には本作への繋がりなど考えていたはずはないのですが、ちょうど良い設定になっていたようです。クライマックスの舞台となるのもこの実家ですが、お楽しみのためにこれ以上は書かないほうがいいでしょう。

4作目もグロテスクな描写が多くてやや辛かったのですが、本作も日本でR15+、アメリカではRというレイティングになっているので、遠慮なく直接的な描写が行われていて、苦手な人は観ないほうがいいかもしれません。ただ、終盤のRamboが敵を迎え撃つための仕掛けを作っていくところは大人版「ホーム・アローン」という感じでちょっとワクワクしてしまったりもします。

しかしこういう映画を観ていていつも感じてしまうのは、倍返しどころではなく100人ほどの命を奪う報復になっているのですが、正義のためであれば命も軽くなってしまうものだということですね。現実感なくいつの間にかこういう価値観を身に着けてしまうのも問題ではないのでしょうか。

旅猫リポート (2018)

単に歳のせいで涙もろくなっただけでしょうか。
🐈

COVID-19の対応で私の勤務先が在宅勤務を指示するようになってから、ゴールデンウィークをまたいでちょうど1ヶ月ほどになりますが、私はその間毎日欠かさず10000歩以上の散歩というかウォーキングを続けています。それまで徒歩で通勤していて日々の歩数が10000歩程度だったので、そのペースを変えないよう、運動不足で体力とともに免疫力が低下しないよう、という思いなのですが、ある時ふと「この調子なら犬の散歩も苦ではないな」と思いつきました。といっても残念ながら自宅マンションではペットを買うことが禁じられてしまったので叶わないのですが。

というと犬派のようですが、私が子供の頃、東京都内にあった祖父母の家は野良猫が何匹も出入りしているようなところで、そこで慣れ親しんでいたので猫も嫌いではありません。ただ、あの気まぐれな感じが私にはちょっと合わないような気がして、飼うならもっと直接的に愛情を求めてくる犬のほうが良いかな、というくらいの感じです。

それはともかく、今回観たのはたまたまAmazon Prime Videoの「おすすめ映画」で出てきた「旅猫リポート」という作品なのですが、タイトルにも登場するくらい猫を大きく取り上げた作品ということでなんとなく軽い気持ちで観てみたところ、これまでで最高に私の目頭は熱くなってしまったのでした。

もともと野良猫だったナナが主人公である悟の飼い猫になるいきさつから始まるのですが、とある事情でナナの引取先を探すことになり、その過程で悟の少年時代の出来事や生い立ちや、ナナを手放さなければならなくなったというその事情が明らかになる、というような話になっています。

主役の悟を演じている福士蒼汰は別に好きなわけでもないのに主演作を何本も観てしまっているのですが、この人はまだ若いのに大人びているので、高校時代のシーンに無理があるのですよね。実際日本人が高校生だったときにも似合わなかったのかもしれませんが。高校で同級生だった千佳子の役で広瀬アリスも出ているのですが、この人も高校生にしては色気がありすぎて違和感が大きかったです。実は直前に広瀬アリス主演の「巫女っちゃけん。」を観ていたのですが、同年の作品なのにだいぶ雰囲気が違っていて驚きました。

また、ナナの声を高畑充希が演じていますが、本当に猫の独り言のように聞こえてなかなか良かったです。動物にセリフを言わせたりするとコメディ的になるか子供っぽくなるかしてしまいがちなものですが、この作品ではそうならずにしっかり泣かせるのは、高畑充希の台詞回しも一役買っているのではないでしょうか。

しかしこの作品が感動を与えるものになっているのは脚本の力が大きいのでしょう。本作は有川浩氏の同名の小説を原作にした作品となっていますが、この映画の脚本も有川氏が担当しており、原作で訴えたかったものがしっかりと表現されているということなのではないでしょうか。もちろん私はまだこの原作を読んでいませんが、ぜひ一度映画の記憶をなぞりながら読んでみたいと思っています。