カテゴリー
movie

なろう系異世界転生もの

また知らなかった世界。
📺

ここ1ヶ月ほどのことですが、私はなぜかAmazon Prime Videoでアニメ作品を貪るように観ています。きっかけは先日購入した大型4Kモニターで映画か何かを楽しみたいと思ってAmazonを覗いてみたことですが、これまで子供の頃を除けばアニメといえば一般にもよく知られた「エヴァンゲリオン」や「君の名は。」のような作品しか観てきませんでした。それがなぜ急にといえば、毎日のウォーキング中に聞いているポッドキャストのRebuildで何人かのゲストの方が熱弁されているのを聞いている影響かもしれません。

どのような作品を観ているのかというと、具体的には以下のような作品です(順不同):

ジャンルとしてはファンタジー系が中心、というか上記のものはすべて魔法や魔物が登場するファンタジーですが、それは以前から小説や実写映画などでもファンタジーは好きで馴染みがあるためです。さらに、これらの作品のうち多くの共通点は
なろう系異世界転生もの」のライトノベルを原作としたアニメであるということで、小説家になろうという、小説を投稿して無料で公開できるウェブサービスで人気を博した作品が原作になっているということです。「異世界転生」とは死亡をきっかけにしたりして現実とは異なる世界で新しい人生を始めるということで、主にファンタジー世界に転生して特殊な能力を得て活躍する、というのが転生ものの定番になっていて、小説家になろうでの一大ジャンルになっていることから「なろう系」と呼ばれているようです。

転生先のファンタジー世界もいくつか種類があって、「指輪物語」のような古典的な世界、現代風の文明社会ながら魔法が使える世界、「ドラゴンクエスト」のようなレベルMPの概念が存在するゲーム的世界などに分類できるようです。そして、主人公が生まれ変わるのも冒険者だったり魔女だったり、はたまたスライムだったりとそれぞれの作品で工夫されていて面白いところです。ストーリーもコメディもあればシリアスなものもあり、それぞれの世界観があります。

しかし、女性キャラクターの胸が強調されていたり、やたらに主人公にしなだれかかってきたり、ちょっと性表現に問題のあるものも少なくないのが気になります。私にはいささか不快に感じられるので、どうしてそうなってしまうのかと思うのですが、そういう需要があるのでしょう。しかし、そういう表現が横行している限り、決して表舞台に立つことはないでしょうね。そんなことは望んでいないと言うのかもしれませんが、残念ながらそれでは日陰者扱いに甘んじるしかないでしょう。はたして原作ライトノベルでもそのような表現になっているのでしょうか。

それはともかく、多くの作品は非常に気軽に見ることができました。大体1話25分程度で、オープニングやエンディングの曲をスキップしてしまうとあっという間に終わってしまい、サクサク見ることができます。1シーズンのシリーズだと12話ほどしかないので、1日か2日で終わってしまうのが残念でもっと見たいという気になっていて、上に挙げた中でも進行中のものがいくつかあるので、それらは毎週次が待ち遠しい感じになっています。製作側にしてみれば1話分作るのも大変なのだろうと思いますが、そんな作品が並行していくつも作られているというのは逆にすごいことのようにも思えます。ただ、アニメ製作現場はなかなか厳しい労働環境のようなので、あまり無理せず取り組んでほしいとは思います。

カテゴリー
movie

Ex Machina

もっと早く観ればよかった。
🧠

私は自分でも嫌になるくらい怖がりというか、驚かされるのが嫌いで、血を見るのも苦手で、ホラー映画など以ての外ですが、そうでない普通の映画でもこの先痛い目に遭いそうというシーンではついつい再生を停めてしまったりします。映画館で観ているときにはそういう事もできませんし、目を背けるというのはもったいないような気になるため頑張って観るので、そういう意味でも映画館で観る価値があったりします。

今回観た「エクス・マキナ」は日本での公開が決まる前から面白いらしいと聞いて観たいと思っていたので、日本での公開前のアメリカ出張の際にBlu-rayで購入していたのですが、ちょっと観始めたところで怖くなって停めてしまっていたのでした。しかし、たまたま今朝聞いていたポッドキャストRebuildエピソード147で話題に出てきて、やはり観たほうがいいかなという気になって意を決してみてみたら、実は特に怖くはなかったのでした。まあ、おどろおどろしい音楽で雰囲気を盛り上げているシーンはありましたし、流血もあるのでまったくなんともないということはなかったのですが、観てしまえばどうということはなかったという感じです。

内容は、ネット検索の世界シェア90%以上を握るBlue Bookなる企業でプログラマとして働くCaleb Smithが、社内の抽選で当選して創業社長Nathan Batemanの自宅で一週間滞在することになります。しかしそこでCalebはNDAへのサインを求められたのち、Nathanが極秘で開発した人工知能に対するチューリングテストを任せられることになるのですが…というようなものです。

この作品の主な登場人物は4人しかいないのですが、Calebを演じているのはDomhnall Gleesonというアイルランド人俳優で、どこかで見たと思ったらスター・ウォーズ新三部作のGeneral Huxでした。そしてNathanを演じているのはOscar Isaacで、こちらも言うまでもなく同三部作のPoe Dameronということで、あちらでは敵対する二人だったというわけです。

もう二人の出演者は本作が出世作となったAlicia Vikanderで、この後に出演したどの作品でも素敵でしたが、本作でもとても魅力的です。またもう一人はそれなりに存在感はあるものの設定上まったく喋らないのですが、本作が映画デビュー作だった日系イギリス人のSonoya Mizunoです。Sonoyaはこのあと「ラ・ラ・ランド」でMiaの同居人役で出ていたり、このあと「ゲーム・オブ・スローンズ」の前日譚に出演することにもなっているようです。

この4人の出演者で落ち着いた雰囲気で進行していくストーリーがハリウッド物とは違っていて、ヨーロッパの作品らしくてなかなか良いです。物語の方はここまで高度なAIが実際に開発されたとしたら、こういう結末も予想しなければならないのだろうな、というような空恐ろしさを感じるものです。

なお、スタジオの他に撮影が行われたのはノルウェイのJuvet Landscape Hotelという非常にオシャレなホテルで、ここをNathanの邸宅として利用しています。見事な自然に囲まれて、大きな窓やテラスからそれを感じながらゆっくりと過ごせたらどんなに素晴らしいでしょうか。相当に贅沢な時間を過ごすことができそうですが、一生の間に行くのも難しそうですね。

カテゴリー
movie

Pitch Perfect

歌が楽しい。
🎶

アメリカ駐在中に私の長男は1年間だけ現地の高校にも通い、日本の高校とのあらゆる面での違いに戸惑いつつも興味深く感じていたものですが、大学になるとさらに日本との違いも大きくなり、どのようなシステムになっているのか体験してみないとわからないことが多々あるのではないでしょうか。このため、アメリカの大学生活をテーマにしたような映画は日本でヒットしにくいという事情があるのではないかと思われますが、今回観た「ピッチ・パーフェクト」もまさにそのような作品ではないかと思います。

ピッチ・パーフェクト [Blu-ray]

アメリカでは2012年の公開となっていて、なかなかの人気を博して続編も大ヒットとなっていたのに、どういうわけか日本ではその続編の本国公開よりも後の2015年の公開と2年半も間が開いています。まあ、最初に書いたような理由もあるでしょうし、日本ではミュージカル映画が受けにくいということもあるのでしょう。

私はなぜかAmazon Prime Videoの「あなたが興味のありそうな映画」に出てきたものの、タイトルは知っていてもどんな映画だかまったくわかっていなかったので試しに観てみたという感じです。ただ、ミュージカル映画自体は嫌いではありませんし、あまり疲れる映画は見たくないという気分だったのでちょうどいいと思って観てみたわけです。

ストーリーとしては気の進まないまま大学に進学した主人公のBecaが、半ば強引にアカペラグループBarden Bellasに入会させられ、ギクシャクしてうまくいかないBellasを復活させる、というような感じのものです。大筋はだいたい予想通りなのでこの程度ならネタバレでもないでしょう。おかげで変に疲れることもなく、気楽に楽しむことができましたが、ミュージカル映画だけあって歌のシーンはなかなか盛り上がります。

Becaを演じているのが「トワイライト・サーガ」にも出演していたAnna Kendrickですが、いかにもアメリカの美人女優ながら日本人には受けにくいというところもあるかもしれません。しかし、私もこの作品を観てちょっと印象が変わりましたが、ちょっと茶目っ気があってコメディもイケる感じで、なかなかいいのではないでしょうか。

なお、作中では別の映画「ブレックファスト・クラブ」がちょっとした鍵になっていますが、私はまだこの作品は観たことがなかったので、これを機会にまた観てみようと思ってPrime Videoのウォッチリストに入れておきました。ちょうど今、見放題対象になっているので、対象から外れてしまう前に次の週末にでも観てみたいと思っています。

ブレックファスト・クラブ [Blu-ray]