Archives

Star Wars: The Last Jedi

“In loving memory of our princess, Carrie Fisher”

Lucas FilmがWalt Disneyに買収されて以来、毎年Star Wars作品が公開されるという、ファンにとってとても幸せな状況になっていますが、しかし1年というのはなかなか長いものです。私もこの1年、首を長くして待っていましたが、ようやく「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」が公開されました。私は前回の「ローグ・ワン」のときも前々回の「フォースの覚醒」のときもその公開初日に職場の忘年会を入れられてしまい悔しい思いをしたので、今回は何か月も前から休暇を申請して満を持して臨んだのですが、友人のZさんもそれに同調して2人して金曜日に休んで、朝一番の8時50分からの回で観てきました。ちなみに、8時50分というのは本編が始まるのが9時になりますから、UTCで12月15日になる瞬間ということになりますね。そのような取り決めになっているのでしょうか。

最後に「私たちの王女、Carrie Fisherに捧ぐ」とされている通り、昨年末に急逝したCarrie Fisherの遺作となっています。幸い、本作の撮影は完了していたのでCarrieの出番も完全な形となっており、彼女がすでに旅立ってしまったということなど信じられません。

本作は152分、2時間半超という過去最長の上映時間となっていますが、その間も退屈するような瞬間は全く無く、見どころばかりの素晴らしい作品でした。予告編にもクライマックスっぽいシーンがありますが、それと同じくらい盛り上がるところが5か所くらいかそれ以上あるような感じです。また、前作「フォースの覚醒」もよくできていたものの、あれはStar Warsファンの監督が、いかにもファンが喜びそうなところを狙って作った映画のように感じてしまったのですが、今回はそのようなことはなく、Star Warsシリーズであることを抜きにして単体の映画作品としても高く評価できるものになっているのではないでしょうか。

ちなみに、今日発売されたサウンドトラックもiTunes Storeで予約していたものを早速2度ほど聴いて世界に浸っています。入場前に1000円の通常版より200円高い限定版パンフレットも購入しましたが、こちらはあとのお楽しみのためにまだ開いてもいません。また、私の英才教育でStar Warsファンに育った次男も観たがっているので、明日また今日と同じ席に座って観ることが決まっています。さらに4DXでも体験しておきたいので、少なくともあと2回は劇場で観ることになるでしょう。そしてしばらくしたら発売されるBDかダウンロード版かを購入して観て…としばらくは楽しめそうです。

また、次は来年6月28日公開のスピンオフ作品、「ハン・ソロ: スター・ウォーズストーリー」ということなので半年待てばまた新しい作品が観られるということになりますが、ひょっとしてその次は1年半待たなければいけないのでしょうか。それはちょっと辛いですね… そういえば最近、さらにシリーズ作品を予定しているというような報道もあり、ダラダラと引き延ばして軽いものになってしまうのは嫌だと思っていましたが、本編は次のエピソード9で最後かと思うともっと続けてほしいような気もしてしまいますね。気持ちはなかなか微妙です。

スター・ウォーズ/最後のジェダイ オリジナル・サウンドトラック

posted with amazlet at 17.12.15

V.A. WALT DISNEY RECORDS (2017-12-15)売り上げランキング: 22

Amazon.co.jpで詳細を見る

Murder on the Orient Express

今はもう運行されていないのですね。

中学生の頃、私には個人的に欧米の古典推理小説ブームが来ていて、学校の図書館で借りて貪るように読んでいたものです。このジャンルではConan DoyleのSherlock Holmes、Maurice LeblancのArsène Lupin、Agatha ChristieのHercule Poirotが三巨頭と言っていいかと思いますが、実は天邪鬼な私が一番好きだったのはEllery Queenでした。といっても作品の内容はまったく覚えていないので、今から読み直しても新鮮に楽しめると思います。

この週末に公開された映画「オリエント急行殺人事件」は言わずと知れたAgatha Christieの代表作の一つ、「オリエント急行の殺人」を原作としているもので、この作品は私も間違いなく読んでいるのですが、内容は完全に忘れてしまっていました。ミステリーなのでその結末は知らないに越したことはないのでもちろん読み直すことなく観てきました。

イスタンブールからロンドンまで向かう長距離豪華寝台列車であるオリエント急行の中で乗客の一人が遺体となって発見されるという、列車を舞台にした一種の密室ミステリーとなっています。特徴的なのはそのキャストで、監督と主役を兼ねるKenneth Branagh以下、Penélope Cruz、Willem Dafoe、Judi Dench、Johnny Depp、Josh Gad、Michelle Pfeiffer、そして「スター・ウォーズ フォースの覚醒」の主演で一躍スターの仲間入りを果たしたDaisy Ridleyと、大変豪華な面々となっています。しかしこれもこの作品の特徴からして必要なことで、1974年の映画でも同じように豪華なキャストで話題となったようです。このような作品で、原作に比較的忠実に作られているので新しさはありませんが、当時の上流階級の人々が登場人物であるということもあって、華やかさが印象的でした。

こんな列車に私も乗ってみたいとも思いましたが、日本では寝台列車はどんどんなくなってしまって予約を取るのも大変ですし、瑞風なんてそれだけでなく私にはとんでもない値段です。アメリカにいる間にAmtrakで大陸横断の旅ができたのは良かったのですが、豪華というのとはちょっと違うものでした。あれとカリブ海クルーズをあわせたような感じがちょうどなのでしょうか。まあ変に格式高いのも疲れるだけなので、カジュアルながら贅沢な感じというのが良いのですが、そんな都合のいいものはありませんね。その点Royal Caribbeanは我が家にはとても良いバランスだったのですが。

オリエント急行の殺人 (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)

posted with amazlet at 17.12.09

アガサ クリスティー 早川書房 売り上げランキング: 461

Amazon.co.jpで詳細を見る

Justice League

二番煎じ感は否めない。

通常1800円の映画を1100円と格安で観ることができるという、映画ファンには嬉しい毎月1日の映画の日ですが、実際には曜日の都合が合わなかったり、その時に観たい作品がなかったりで私が利用できるのは年に数えるほどしかありません。今年も先月までに利用したかどうか怪しいくらいですが、今月はちょうど金曜日だったのと、観てみようと思っていて先週末は時間が合わなかった「ジャスティス・リーグ」がいい時間にあったので、久しぶりに利用してみました。しかし、1日が土日に重なると大変込み合ってしまう映画館も平日では普段よりちょっと多いかもしれないという程度で、映画産業の行く末が心配になってしまいました。

さて、このJustice LeagueというのはMarvelで言うところのAvengersのDC Comics版で、Superman、Batman、Wonder Womanを中心に、Aquaman、The Flash、Cyborgといったスーパーヒーローが集結したものです。今回の作品で登場するのはこの6人までですが、コミックの方ではGreen LanternやSHAZAM!その他、日本では一般に馴染みのないヒーローたちも加わっているようです。まあ、Marvelと比べてもDC Comicsの方が日本ではマイナーですし、そもそもDC自体があまり知られていないので仕方ありませんね。

本作は昨年春に公開された「バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生」の続編にあたり、世界を守るために自らの命を犠牲にしたSuperman亡き後の、失意に覆われた世界が舞台です。大いなる脅威に立ち向かうため、BatmanことBruce Wayneが他のヒーロたちを探し出して同盟を呼びかけ、Justice League (正義の同盟)を結成するというものです。

DC Comicsの各作品はコミック、映画ともダークなところがMarvelとは違い、大人向けな感じがしていましたが、本作ではコミカルなシーンもだいぶ取り入れられて軽くなっているように思います。それが良いか悪いかは人によって評価の異なるところでしょうが、私はDark Knight 3部作の暗さが好きだったのでちょっと残念な感じはします。ちなみに監督は「バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生」の他、「スーサイド・スクワッド」、「ワンダーウーマン」も手掛けたZack Snyderで、これらの作品はみな良かったのですが、彼には「エンジェル ウォーズ」という「前科」があるので要注意かもしれません。まあ私自身は「エンジェル ウォーズ」は大好きなのですが。

ということで私の印象で点数をつけるとすれば100点満点で70点位だったのですが、Bruce Wayneの”I’m rich.”のセリフは面白かったです。なお、Bruceはかなりの大富豪として描かれていますが、彼の資産は70億ほどとされているようなので、Forbesの実際の世界長者番付では100位以内にも入れず、ちょうど200位あたりのSilvio Berlusconi元イタリア首相と同程度のようです。その程度の資産で正義の味方になれるのであれば、200人のうちの誰かは本当にやってみてくれても良さそうなものですが、みな命は惜しいですよね。