Archives

Super Size Me

食前食中には向きません。

皆さんはファーストフードはどの程度食べるでしょうか。人生も折り返し点を過ぎたかという私は、今後の食事の回数も意識するようになってしまい、つまらないもので空腹を満たさないようにしたいと思っているので、ファーストフードも食事としてはめっきり食べなくなりました。ただ、シナモンメルツはそのあたりのシナモンロールよりもアメリカのものをよく再現しているので、ついついコーヒーと一緒に食べてしまいます。また、日本でもファーストフードの代表であるマクドナルドでは週末の昼時になるとドライブスルーに長い車列ができていて、高い人気があるのがわかります。

そんなMcDonald’sで売られているものだけを30日間3食すべて食べていたらどうなるか、という実験を監督が自分の体でやってみたということで有名な作品「スーパーサイズ・ミー」がAmazon Prime Videoに登場していたので、今のうちにと観てみました。

スーパーサイズ・ミー(字幕版)

posted with amazlet at 19.02.20

Amazon.co.jpで詳細を見る

どんなに体に良いものでも同じものばかり食べ続けるのは良くないということはわかりきったことですが、ファーストフードだけだとどんなことになるのか、この作品以前には実験してみた人はいなかったのではないでしょうか。実験開始時点では健康そのものといった肉体が一体どうなってしまうのか、怖いもの見たさのようなものがありました。

しかし、この作品はそんな面白半分のものではなく、実験の様子と並行してアメリカの食生活を取り巻く問題を提示していきます。作中でも取り上げられていますが、特に公立学校の給食は酷いもので、私の在米中に子供が通っていたミシガン州の学校もピザやチキンナゲット、フレンチフライといったようなジャンクフードばかりでした。ファーストフードでもサラダ代わりにポテトチップスを渡される場合がありますが、そういうことを何とも思わないのもこうした学校生活なら納得してしまうものです。

こうした社会問題に一石を投じた作品ですが、私は観たあとでめっきり食欲を失ってしまいました。本作が話題となったことは、マクドナルドだけでなくファーストフード業界に痛烈な一撃となったかもしれませんが、この作品のあともアメリカの状況は大して変わったように見えないのが残念です。私はこれ以前のアメリカを生で見てはいないので、もしも変わったからこそ今の状況だというのなら、以前はどんなに酷かったのかと予想もできないほどです。

私は在米中にマクドナルドに行ったのは早朝のミーティング前に他に開いているところがなくて仕方なくドライブスルーで朝食を買っただけですが、Wendy’sには行っていたので大して変わりませんね。一応、食べた感じは結構違うのですが、脂肪や塩分が多そうなのは一緒です。まあ、アメリカで外食しようと思うとファーストフード以外でも脂肪や塩分、熱量は多いので、ちゃんと家で手料理を食べなければいけないのでしょうね。当たり前のことでしかありませんが。

Pacific Rim: Uprising

難しいことは考えなくても。

前作「パシフィック・リム」が良すぎたのか何なのか、その続編である「パシフィック・リム: アップライジング」はあまり評判が良くなくて、公開当時他に観たい映画があったためか私はロードショーで観るのを見送ってしまっていたのですが、先日Amazon Prime Videoで観られるようになっているのを見つけたので観てみたところ、思ったよりも楽しむことができました。

前作から引き続き登場している人物が限られているので、物語の連続性はあまりないのですが、日本の人にとっては菊地凛子が演じる森マコが事務総長となって再登場しているのが嬉しいところでしょうか。今回は脇役に過ぎませんが、それなりに重要な役割を帯びています。また、主人公のJake Pentecostを演じているのは「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」でFN-2187/Finnに抜擢されて一躍スターとなったJohn Boyegaで、相変わらずとぼけた感じの役柄ですが、本作にもぴったりのように感じました。

しかし、本作では監督が交代してしまっていることもありますが、作品のテーマが大きく変わってしまっていて、前作に比べるとお茶の間レベルというか、テレビドラマのような軽い感じの作品になってしまっているように思いました。ちょっと都合が良すぎるというか、「そんなのでいいのか?」というようなところも多々ありましたし、中国での受けを狙いすぎているのが鼻につくということもあります。

とはいえ、本作がつまらないかといえばそんな事はありません。それなりに山場は作られていますし、かっこいい巨大ロボット、Jaegerも多数登場して戦闘シーンもたくさんあります。ただ、いい映画かというとそれはどうかな、ということなのですが、気楽に楽しめばいいのではないでしょうか。映画館で1800円払うには見合わないかもしれませんが、少なくともその辺のテレビドラマよりはよくできているので、多少でも関心のある人はPrime Videoで観られる今のうちに観ておくのがいいのではないでしょうか。

パシフィック・リム/アップライジング(字幕版)

posted with amazlet at 19.02.17

(2018-07-20)売り上げランキング: 6,063

Amazon.co.jpで詳細を見る

Chef

いろいろな視点で楽しめました。

せっかくの三連休ながら雪も降って寒いのであまり出かける気にもなれず、家で映画でも観ようかとAmazon Prime Videoのおすすめで見つけたのが「シェフ 三ツ星フードトラック始めました」という映画だったのですが、これは期待以上に楽しめる作品でした。すでに地上波テレビでも放映されたことがあるようなので観たという人も多いかもしれません。しかし、テレビではカットが多かったようですが、無駄なシーンは一つとして無かったように思うので、テレビで観て良かったという人でAmazon Primeに入っているなら観なおしてもいいかもしれません。

本作はJon Favreau製作、監督、脚本、主演を務めており、スタジオの意見はあったかもしれませんが、ほぼ彼の思い通りに作られた作品ということになるでしょう。この作品のテーマはその「映画」を「レストラン」に置き換えたようなものですが、雇われシェフにはいろいろ制約があってなかなかやりたい通りにはできない、そのもどかしさと同じようなものをJon本人も映画づくりで経験したのかもしれません。

また本作は家族の物語でもあります。仕事にかまけて子供に真剣に向き合っていないという人はこの作品を観て考えるところがあるでしょう。私はというと…仕事には対してはそれほどでもなく、かと言って子供とそれだけ深く接したかというとまた自信がありません。まあすでに下の子供も高校生になってしまっているので、時すでに遅し、でなければ良いのですが。

本作でJon演じる主人公のCarl Casperは著名フードブロガーRamsey Michelに酷評されたことに対して、TwitterのRamseyのアカウント宛にツイートしたのが炎上して破滅することになるのですが、こういう事にならないようなリテラシーも重要ですが、よく知らないものを不用意に扱わない慎重さも必要ですね。まあ、初めてのTwitterでブロガーに挑もうというのも所詮無茶な話です。一方、息子のPercyは各種SNSを完璧に使いこなして父親を助けることになるのですが、その一つであるVineはすでにサービス終了してしまっているというのも儚いものです。

なおJonは「アイアンマン」シリーズでHappy Hoganの役で出演もしていますが、シリーズの最初の2作「アイアンマン」と「アイアンマン2」では監督を務めており、「アイアンマン3」や「アベンジャーズ」シリーズでも製作に携わっており、現在のマーベル映画の人気は彼が作り上げたといっても過言でないのかもしれません。本作ではこれらの作品に出演しているRobert Downey Jr.やScarlett Johanssonという「アイアンマン」ファミリーも参加して華を添えています。

華を添えているといえば、本作でCarlが作る各種料理は本当に美味しそうで、私が気に入ったのはその影響も大きいかもしれません。私は美味しい食べ物を美味しそうに写真に撮ることが今一番の趣味と言えるような気がしているのですが、この映画を観ながら「食べたい!」よりも「写真を撮りたい!」と思ってしまったのはちょっと問題かもしれませんね。