カテゴリー
person

井手上漠くんは未来だ。

無理している感じがまったくありません。
🧑🏻

COVID-19のせいで外出がままならない状況なので、自動的にYouTubeを見る時間が長くなってしまっている私ですが、先日なぜかおすすめに出てきた動画を見てすっかり惹かれてしまったのが井手上漠くんという島根県の隠岐に住む男子高校生です。

一年ほど前に出演したテレビ番組だったので今まで私が知らなかっただけである程度有名なのだと思いますが、私の家族も知りませんでした。2018年のジュノン・スーパーボーイ・コンテストでファイナリストとなり、DDセルフプロデュース賞なるものを受賞したことで話題となり、雑誌やテレビ番組に取り上げられたほか、テレビCMに出演したりと活躍しているようです。また、「ご縁の国しまね」という島根県観光振興課のYouTubeチャンネルで地元島根県のPR活動にも協力しているので、こちらで漠ちゃんの姿を見ていただくといいかもしれません。

彼の特徴は中性的な魅力、と言われているのかもしれませんが、普通に見ると女の子にしか見えないというだけでなく、女の子だと思ってもかわいく、声や喋り方、仕草などどれをとっても可愛い女の子にしか見えません。それは彼にとって自然なことであり、素顔であるようなのです。女装している男性によく見られる、やりすぎ感がありません。

しかし、まだ年齢が若いということもあって「まだ恋愛をしたことがないので男性と女性のどちらが対象なのかがわからない」と言っています。男性に男らしさが求められることに違和感を持っているということのようで、男性であることを放棄しているわけでもなく、普通に可愛さを追求しているだけのようです。

彼が悩んでいるとき、自分の好きなようにすればいいと言ってあげたお母さんも素晴らしいと思います。確かに「男はかっこよく、女は可愛らしく」と決まっているのか、かっこいい女性がいるなら可愛らしい男性がいてもいいのではないか、男性が可愛らしさを求めてはいけないのか、というのは私にとっても新しい疑問です。

もちろん、ここへ来て私がなにかに目覚めてしまったというわけではありません。漠ちゃんは私の次男と同い年でもあるので子供を見ているようなものですし、女優やアイドルを「カワイ〜」と見ているときに性的感情を伴っているわけでもないでしょう。喩えは良くないかもしれませんが、子犬や子猫を愛でるような感情とよく似たものなのかもしれません。そもそも可愛ければそれが女の子であろうと、実は男の子であろうと、どうせ身近に接することはないのですから気にする必要はないはずです。可愛い動物の写真を見ていてその性別をいちいち気にするでしょうか。

ということで、早速InstagramTwitterでフォローして応援し、我が子のように見守っていきたいと思います。

カテゴリー
person

旧友の訃報

早すぎます…
🙏

つい先日、Facebookのニュースフィードを見ていると、学生時代の友人の名前で投稿があったのですが、それは奥様から本人が突然亡くなったことを知らせるためのものでした。朝食後に寝室に戻った数分後に倒れていたとのことで、全く何の兆候もないまま、そのまま帰らぬ人となったとのことです。奥様自身、大変なショックであることは疑いようもなく、それでも気丈にお知らせくださったことに感謝するとともに、ご自身をも労っていただきたいと思います。

彼とは学生時代にテニスサークルの同期として知り合いました。私もそうですが彼も決してスポーツマンタイプとは言えず、テニスが上手かったわけではありませんが、サークルの活動には積極的に参加し、私と違って後輩らからの人望も厚かったようです。実年齢も私の一つ上ではありましたが、それ以上に落ち着いていて大人っぽい人でした。私の若気の至りで、彼には経済的損失を伴う多大な迷惑を掛けてしまったことがあるのですが、それでも彼は私を責めることなく許してくれました。いつかその埋め合わせをしたいと思っていたのももう叶わないというのは無念です。

当時もあくまで同期の一人であって特別親しかったというわけでもなく、卒業後は特に疎遠になってしまっていたのですが、数年前にFacebook上で再会を果たし、特別なやり取りはありませんでしたがニュースフィードで互いの近況を知るというような状況でした。そこから知るに常に仕事に真剣に向き合うがゆえに自分を犠牲にするような面があり、働き過ぎが気になっていたところでこのような報せを聞くに至ってしまったのが残念でなりません。

彼は知り合ったときからすでに塾講師のアルバイトをしていて、むしろそちらが本業なのではないかと思うほど週にいくつもの講座を抱えていたようなのですが、卒業後はMBAを取得したあとで本職の塾講師の職に就いたと知り、さすがと思ったものです。彼の弁によれば「MBA持ちの受験屋」として、経営的視点を持って受験生を一流大学へと導くために真剣に向き合っていたようで、彼を恩師として仰ぐ元受験生も大勢いるようです。そういう子らが卒業して活躍するさまを知るのが彼にとって至上の幸せだったのではないでしょうか。

この週明けに葬儀が執り行われることになっていますが、遠方でもあり参列がかなわないため、彼を想ってこうして駄文をしたためて追悼の意を示したいと思います。安らかに。

カテゴリー
person

Carrie Fisher 1956-2016

Carrie Fisher彼女にフォースのあらんことを。

2日続けてこんな記事を書かなければならないとは思いませんでした。Star Warsの旧三部作のレイア姫として知られるCarrie Fisher亡くなってしまいました。23日に飛行機内で心臓発作を起こして心肺停止したものの、その後一命を取り留めて集中治療室で容態は安定したと伝えられていましたが、昨日27日に急変して帰らぬ人となってしまったのです。60歳でした。

Star Warsの大ファンである私は大変ショックでならないのですが、それもつい先日Rogue Oneを観たところなのでなおさらです。本人の姿は昨年のThe Force Awakensで見て、このあとEpisode 8, 9と続けて出てくれるものと思っていただけに非常に残念です。幸い、Episode 8のCarrieの出演シーンは撮影を完了していたということで、来年の公開時には彼女の元気な姿を見ることができるわけですが、その次はありません。物語の辻褄は合わせてしまうのでしょうが、姿を見たときにはまた涙してしまうかもしれません。

レイア姫として一躍有名になっただけにその印象が強すぎて、女優としても個人としても悩みはたくさんあったのではないかと思いますが、Force Awakensへの出演で彼女は大切なものを取り戻すことができたのではないでしょうか。せめて亡くなる前にそれで彼女が救われたのだと良いのですが…あまりに残念で、語る言葉が出てきません。