「mac」タグアーカイブ

Kensington Slim Bladeふたたび

すでに手の一部。
🖲️

私は自宅でも職場でもPCのキーボードはHHKBのUS配列、マウスの代わりにKensingtonトラックボールを使っているのですが、それもかれこれ20年以上前からのことになるので、いまさら普通のJIS配列のキーボードとマウスには戻ることができません。まあキーボードはともかくマウスは使えないことはありませんが、机の上で必要とするスペースが大きいのと、常に定位置にあるわけでないというところでストレスを感じてしまうでしょう。

自宅では10年前に購入したSlimblade Trackballを使ってきたのですが、最近在宅勤務中心となって使う時間が劇的に増えたことも影響しているのか、急に左ボタンに相当するボタンのスイッチの反応が悪くなり、平均して2回に1回くらいクリックしても入力されないような状態になってしまいました。この製品には5年保証が付いていたのですが、それはとっくに過ぎているので買い換えるか自分で修理するかしかありません。

やはり10年も使っていれば、壊れてしまうというのは工業製品である以上、仕方のないことです。検索してみると自分で高品質なスイッチに付け替えている猛者もいるようですが、私は今回その手間をお金で買うことにして、同じSlimbladeを新しく書い直しました。Slimblade自体は非常に気に入っていて、職場用のトラックボールもSlimbladeに変えたいと思っていたので、いっそ2個買ってしまおうかとも思いましたが、今は出社頻度が低いのでそれももったいないと思い直しました。

今回は前回よりも1000円ほど安く購入することができましたが、それはたまたま安いときだったようで、今はまた以前と同程度の価格に上がってしまっています。Amazonで安く書いたければタイミングの見極めが重要ですね。

ということで10年も使っていてすっかり馴染んでいるSlimbladeですが、おそらく細かいところで改良やコストダウンがなされているのでしょう。ちょっとクリックしたときの音が安っぽくなったような気がしますが、使っているスイッチが変わっているのかもしれません。それが耐久性の高いものになっているのであれば万々歳ですが、たんに安いものになっているのだとすると不安です。まあ、どうせそれは壊れるときまでわからないので気にしないことにします。

しかし、クリックしたときに反応してくれないことがあるというのは想像以上にストレスが掛かるもので、新しくなってからも無意識のうちに反応しているかどうかを確認してしまっていることに気づき、「ああもう大丈夫なんだ」といちいち安堵することがありますが、それはすぐに慣れることでしょう。仕事でも趣味でも道具のせいでストレスが掛かっては元も子もないので、こういうところは惜しみなく出資するというのが私のポリシーです。

Mac mini (Early 2020)

よく今まで我慢したと思いませんか。
🖥️

私の趣味は食べ物の写真を撮ったり映画を観たり音楽を聴いたり、そしてこのブログを書いたりといったことなのですが、どれもPCを使ってする作業が多く、家にいる間の多くの時間をPCの前で過ごしています。これには妻も不満を感じているところでしょうが今はそれは置いておくとして、私が使っているのはMac miniですが、2012年12月に購入したものなので、かれこれ7年半ほども使ってきたことになり、いいかげん買い替えても誰も文句を言わないでしょう。特に最近、シャットダウンしようとしても電源が切れず再起動してしまったり、ちょっとしたことでとても熱くなって猛烈にファンが回ったり、iPhoneの音楽の同期に何時間もかかったりと色々と感じている問題を払拭したかったのです。

ということで、先日更新されたiMacを購入することにしましたが、2018年に発売されている型なのですでに1年半ほど経っており、アップデートされたといってもSSDの容量が倍になって為替レートに合わせて価格が見直されたという内容で、CPUなどは一切変わっていないので果たしてどうなのかと思うところはないでもありませんが、発売当初では踏み切れなかったスペックのものが手に入るようになったと思えば悪くないのではないかと考えることにしました。

ということで選択したスペックは、まずCPUが最上位の「3.2GHz 6コアIntel Core i7」で、Coffee Lake世代のGeekbench比較するとこれまで使っていた3720QMがシングルコア750、マルチコア3000というスコアだったのに対し、それぞれ1150と6000という値になっているようなので、クロック周波数とコア数に比例したよりも若干高い性能になっているようです。

この性能アップにはRAMが1600MHz DDR3から2666MHz DDR4に更新されていることも大きく寄与しているはずですが、そのRAMの容量自体は以前と同じ16GBとしました。今まで使ってきて16GBを使い切ったことがなかったので、今後しばらくもこれで十分ではないかという思いです。もし将来足りないということになった場合でも今回のモデルも自分で交換できるようなので、その時はその時ということでいいと思います。

これまで使っていたモデルから大きく変わったことの一つは標準のストレージがHDDからSSDに変わったということですが、その容量は1TBとしました。写真や音楽といったメディア関係は以前から外付けHDDに保存しているので、本体に入れておきたいものはそこまで多いわけでなく、かと言って手狭に感じるのも嫌なので適度な大きさとして選択しました。その「適度」の感じ方は人それぞれでしょうが、とりあえず今使っている状態で21%ほどのようなのでしばらく問題ないのではないでしょうか。今後もし不足することになれば外付けに逃がすことは難しくありません。

この他にMac miniで選択できるのはEthernetの仕様だけですが、これはルータとの接続に使うだけなので、1Gbpsで十分なのでオプションは選択していません。もしNASを使うなら高速なネットワークアダプタがあったほうがいいのでしょうね。

このようなスペックのものを購入したわけですが、この週末に届いたので早速セットアップして、今もその新しいMacでこの記事を書いているところです。しかし、Macは移行アシスタントを使うと簡単に新しいMacに設定やデータを移行できるはずなのですが、これまで使っていたのがUSBで外付けした250GBのSSDからブートして、大きな容量が必要になるPicturesなどのフォルダは本体内蔵HDDにシンボリックリンク(エイリアス)で飛ばしているという変な構成になっていたのがおそらくの原因で、移行アシスタントは途中でエラーになってしまうので、結局コピーできるものだけコピーして、設定は最初からやり直すということになりました。といっても、ユーザ設定などはiCloudやGoogleのアカウントに紐付いているので細かいことにはあまり手間がかからず、1日でほぼ元通りの環境を設定することができました。むしろ不要なファイルを断捨離してスッキリできたので良かったかもしれません。

ただ一番残念なのが、ミュージックアプリで外付けHDDにあるライブラリをそのまま開けば元通りと思っていたのに、アートワークが全て消えてしまっているということです。これはCatalinaでiTunesから変わったミュージックアプリの問題のようなのですが、iTunes Storeから自動的に取得する機能もうまく働いていないようですし、そもそもiTunes Storeから音楽自体をダウンロードすることもできていないので、なにか根本的な問題がありそうです。

その他についてはCPUが高速になったことと内蔵SSDになったことでかなりサクサク動くようになって非常に快適ですし、これまでとても不安定だったスリープからの復帰が問題なくなったようなので、かなり満足しています。日常的に私がやることで一番負荷が高くなるのはAdobe Photoshop Lightroomでの写真の編集と現像くらいでしょうが、とても軽々動くようになりましたし、これまでYouTubeの動画を見るだけで回っていたファンも静かになりました。2枚の液晶モニタやキーボードとトラックボールが変わっていないこともあって新しさを感じるところはほとんどありませんが、性能と安定性の向上というのは心の平安を与えてくれるような気がします。これでまた5年以上は働いてくれることでしょう。

ハードディスクが…

どうしてこう厄介ごとは続くのでしょうか…

先日、外出先から帰宅してMacをスリープから復帰させてみると、なぜかUSB接続の外付けハードディスクアンマウントされてしまっていました。試しにUSBケーブルを挿し直してみると…非常に嫌な音がして、やはりマウントできません。この時点で冷や汗が噴き出してきますが、再起動してみてもやはり同じ、そして念の為にケースからハードディスク本体を取り出して別のアダプタを使用して繋いでみても状況は変わりませんでした。

このハードディスクには主に自分が撮った写真と、人からもらった写真やインターネットからダウンロードした画像、そして音楽データのファイルが入れてあったのです。実はそろそろバックアップしておかないと危ないなあと思って、ちょっと前に新しいハードディスクも購入してあって、ちょうどその日の夜に作業しようと思っていた矢先の出来事で、なんともツキがありません。

ただ、子供達の小さいころの写真が全て消えてなくなったというわけではなくて、このハードディスクを購入してデータをコピーしたままコピー元のハードディスクを残してあったので、その時点までのデータは無事に取り戻すことができました。また、それ以降に撮って写真もSDカードから消さずに残してあったので、RAWデータから現像した後のJPEG画像は失ったものの、もう一度現像の手間をかけさえすればなんとか取り戻せるはずです。

音楽データもコピー時点のライブラリには戻せるはずですし、iTunesストアAmazon MP3で購入したものは再度ダウンロードできるので問題ないのですが、CDから取り込んだものは再度リッピングしなければなりませんし、友人からもらったものなどはもう諦めるしか無いでしょう。まあ、ライブラリに入っていても全く聞かないような曲もたくさんあったので、スリム化するにはいいきっかけと前向きに捉えることもできるかもしれません。またそれ以上に、「収集」していた画像については貯めこむばかりで見ることなどありもせず、単なるハードディスクの肥やしに過ぎなかったので、もうすっきりと諦めてしまうべきなのでしょう。

音楽については今後はもうダウンロード販売に絞るということで良いのでしょうが、写真については二度とこういう目に遭うのは御免ですので、しっかりとしたバックアップを考えたいものです。今回の出来事では、もうデータを手元に置いておく時代ではないということを実感しました。物には全て寿命がありますし、ハードディスクというのは機械的に動作するものなので比較的弱いはずです。そのような脆弱なものに、大切な思い出などを託してしまうのはあまりに危険です。

となればクラウドストレージに預けるというのが今の世の中ということで、どのサービスが良いだろうかと調べ考える間、とりあえずプライム会員なので無料で利用できるAmazon Cloud Driveに写真をアップロードしていっています。255GBもあるので全てアップロードするには1週間ほどかかってしまいそうですが、一旦アップロードしてしまえば安心できるのではないでしょうか。Amazonならデータ消失というようなこともないはず…と期待しますが、果たしてどのサービスが最適なのかはゆっくり見極めたいと思います。