「misc」タグアーカイブ

シャワーホース交換

自分でやれば早い、安い、美味い?
🚿

私は20年ほど前に購入した中古マンションに今でも住んでいるのですが、竣工したのがバブル直前なので建物本体はしっかりしているものの、さすがにところどころで雨漏りなどの問題が起こってきているそうで、これを維持していくのも大変になってきていることは管理組合の理事長をしていた昨年も痛感したところです。居室内は入居時に全面リフォームしたのでだいぶマシですが、それでも20年も経つと細かいところでボロが出てくるものです。

浴室も入居時にTOTOのユニットバスに交換していたのですが、ちょっと前からシャワーホースから水漏れするようになってしまいました。チョロチョロ漏れているうちは騙し騙しでしばらく使っていたのですが、さすがに勢いがよくなってくると冷たかったりストレスになるので、昨日ようやくホームセンターに足を運んでホースを買ってきて交換しました。店頭には数社の製品が並んでいて価格もいろいろでしたが、「TOTOだから安心!」と大きく書かれているのはやはり説得力があるのであまり迷わず、色だけちょっと考えて現状より明るめのものにしました。

交換自体は簡単なもので、ホース両端のネジを緩めて古いものを外し、新しいものに替えるだけです。新しいものを付ける際にはパッキンも新しいものにしますが、シャワーヘッド側のパッキンはもともと付いていたものと同じ厚みのものにする必要があるとのことで、これがほぼ唯一の注意点となります。水栓側のネジは固いのでレンチが必要でしたが、シャワーヘッド側は樹脂ですし、そもそもレンチを掛けるところもないので簡単に手で回りました。

ということで新しくなったシャワーホースもこれまでのものと色が違うくらいで特に変わったことはないのですが、水漏れのストレスから開放されたのと、長年の汚れが付いていたものからきれいになったのはなかなか気持ちのいいものです。作業としては数分のものですが、これでも業者に依頼したら出張料と技術料とでそれなりの金額になるでしょうから、それが節約できたというのも晴れ晴れした気分になります。まあ節約しすぎるのも経済を回すためにはいいことばかりではないのですが。

睡眠時無呼吸症候群

なんだかスッキリしませんが。
🩺

ちょっと前に急に妻に言われてびっくりしたのですが、私が先にベッドに入って寝ているとき結構イビキをかいていて、時々呼吸が止まっているというのです。自分がイビキをかくようになっていたというのもショックだったのですが、それ以上にまさか自分が睡眠時無呼吸症候群を患っているとは夢にも思わなかったのです。

私は軽い目の高血圧の症状があるので定期的に医師の診察を受けているのですが、前回受診時にこの件について相談してみると、まずは1回計測してみましょうか、ということで2日間計測機器を装着して寝て、そのデータを解析するということになりました。その機器というのも大掛かりなものではなく、鼻の前に管を回すように装着するのと、心拍を計測するために左手人差し指をつまむだけで、本体はベルトで腕に止めておけるのでそれほど睡眠の邪魔になるものではありませんでした。これも技術の進歩により小型化が進んだおかげですが、以前はこれだけのためにも病院に泊まる必要があったのではないでしょうか。

そして今日また診察があったのでその結果も聞くことができたのですが、非常に軽度なので治療の必要はない、とのことでした。数値としては1時間あたりの呼吸が止まっている回数(AHI)が2回程度ということなので、それだけ聞くと決して正常ではないだろうと思ってしまうのですが、20回以上でなければ治療は不要で、重い人は50回以上にもなるとのことで驚きました。1時間あたり50回といえばほぼ毎分1回ということになり、止まっている時間のほうが長いということになってしまうのではないでしょうか。そうなるとさすがに酸素量も不足して様々な問題症状を引き起こしそうです。

なにはともあれ、私は「ほぼ」問題ないということで気にする必要はないという感じだったのですが、本当に問題のない人とは明らかに違うわけですから、気にするなと言われてもなかなか難しいものです。このせいで特に日中眠気に襲われるというようなこともありませんので、本当に気にする必要はないのかもしれません。治療するとなると薬を飲めば済むというようなものでもないですし、喜ぶべき結果なのだとは思いますが…

旧友の訃報

早すぎます…
🙏

つい先日、Facebookのニュースフィードを見ていると、学生時代の友人の名前で投稿があったのですが、それは奥様から本人が突然亡くなったことを知らせるためのものでした。朝食後に寝室に戻った数分後に倒れていたとのことで、全く何の兆候もないまま、そのまま帰らぬ人となったとのことです。奥様自身、大変なショックであることは疑いようもなく、それでも気丈にお知らせくださったことに感謝するとともに、ご自身をも労っていただきたいと思います。

彼とは学生時代にテニスサークルの同期として知り合いました。私もそうですが彼も決してスポーツマンタイプとは言えず、テニスが上手かったわけではありませんが、サークルの活動には積極的に参加し、私と違って後輩らからの人望も厚かったようです。実年齢も私の一つ上ではありましたが、それ以上に落ち着いていて大人っぽい人でした。私の若気の至りで、彼には経済的損失を伴う多大な迷惑を掛けてしまったことがあるのですが、それでも彼は私を責めることなく許してくれました。いつかその埋め合わせをしたいと思っていたのももう叶わないというのは無念です。

当時もあくまで同期の一人であって特別親しかったというわけでもなく、卒業後は特に疎遠になってしまっていたのですが、数年前にFacebook上で再会を果たし、特別なやり取りはありませんでしたがニュースフィードで互いの近況を知るというような状況でした。そこから知るに常に仕事に真剣に向き合うがゆえに自分を犠牲にするような面があり、働き過ぎが気になっていたところでこのような報せを聞くに至ってしまったのが残念でなりません。

彼は知り合ったときからすでに塾講師のアルバイトをしていて、むしろそちらが本業なのではないかと思うほど週にいくつもの講座を抱えていたようなのですが、卒業後はMBAを取得したあとで本職の塾講師の職に就いたと知り、さすがと思ったものです。彼の弁によれば「MBA持ちの受験屋」として、経営的視点を持って受験生を一流大学へと導くために真剣に向き合っていたようで、彼を恩師として仰ぐ元受験生も大勢いるようです。そういう子らが卒業して活躍するさまを知るのが彼にとって至上の幸せだったのではないでしょうか。

この週明けに葬儀が執り行われることになっていますが、遠方でもあり参列がかなわないため、彼を想ってこうして駄文をしたためて追悼の意を示したいと思います。安らかに。