「misc」タグアーカイブ

犬猫よけのペットボトル

なぜ廃れないのか。
💩

私の勤務先は4月の半ば頃、COVID-19の緊急事態宣言が出る前から基本的に在宅勤務とせよという命令が出て、それ以来ずっといわゆるリモートワークをしてきて、昨日かなり久しぶりに出社してきたところです。また今月いっぱいは在宅の予定なので、これだけ続くともうこのままでもいいかなという気になってきますが、家族はいいかげん早く会社に行ってくれと思っているようです。

在宅勤務が続いて運動不足で太ってしまったという人はよく聞きますが、私は業務のあとに雨の日以外は欠かさず散歩というかウォーキングに出掛けていて、毎日10000歩以上は歩くようにしています。おかげで自宅にいるとついつい色々つまんでしまうわりには、体重が減るということはないまでも大きく増えてしまうようなことはなく済んでいます。

ところで、今日の散歩の途中でもちょうど置こうとしているところを見かけたのですが、家の周りに水を入れたペットボトルを並べている人がいますよね。数十年前に初めて見たときには何のためのものだか分からず気持ち悪かったのですが、未だに並べられているということはご存知ないのでしょうね。

ニュージーランドのガーデニング師であったEion Scarrowが1989年にエイプリルフールのイタズラとして「水の入ったボトルを置いておくと芝生に犬が糞をしなくなる」とラジオで言ったのが世界中に広まり、後付で「光の反射が」とか「水を汚したくないから」とかいうような理由がこじつけられ、そして日本では犬の他に猫も加えられて未だに信じている人がいるということのようです。言った本人もまさかこんな大事になるとは思わなかったでしょうが、まだインターネットが普及する前なのに、というよりインターネットがなかったからこそなのでしょうか。

しかし私が理解できないのは、仮に本当に効果があるものだったとしても、あんな物をずらっと並べてた状態がみっともないとは思わないのかということです。あまりに頻繁な糞尿に悩まされていた人であれば分からないでもありませんが、そういう状況だったとすれば効果の有無もすぐに分かるはずです。そうでないなら、たまに汚された時に掃除すればすぐに片付くのですから、薄汚れたボトルが常に並んでいるよりよほどいいのではないかと思いますが、そのたまの掃除よりも置いてしまったほうが楽、ということなのでしょうか。

ということで、かなりどうでもいいことでした。

シャワーホース交換

自分でやれば早い、安い、美味い?
🚿

私は20年ほど前に購入した中古マンションに今でも住んでいるのですが、竣工したのがバブル直前なので建物本体はしっかりしているものの、さすがにところどころで雨漏りなどの問題が起こってきているそうで、これを維持していくのも大変になってきていることは管理組合の理事長をしていた昨年も痛感したところです。居室内は入居時に全面リフォームしたのでだいぶマシですが、それでも20年も経つと細かいところでボロが出てくるものです。

浴室も入居時にTOTOのユニットバスに交換していたのですが、ちょっと前からシャワーホースから水漏れするようになってしまいました。チョロチョロ漏れているうちは騙し騙しでしばらく使っていたのですが、さすがに勢いがよくなってくると冷たかったりストレスになるので、昨日ようやくホームセンターに足を運んでホースを買ってきて交換しました。店頭には数社の製品が並んでいて価格もいろいろでしたが、「TOTOだから安心!」と大きく書かれているのはやはり説得力があるのであまり迷わず、色だけちょっと考えて現状より明るめのものにしました。

交換自体は簡単なもので、ホース両端のネジを緩めて古いものを外し、新しいものに替えるだけです。新しいものを付ける際にはパッキンも新しいものにしますが、シャワーヘッド側のパッキンはもともと付いていたものと同じ厚みのものにする必要があるとのことで、これがほぼ唯一の注意点となります。水栓側のネジは固いのでレンチが必要でしたが、シャワーヘッド側は樹脂ですし、そもそもレンチを掛けるところもないので簡単に手で回りました。

ということで新しくなったシャワーホースもこれまでのものと色が違うくらいで特に変わったことはないのですが、水漏れのストレスから開放されたのと、長年の汚れが付いていたものからきれいになったのはなかなか気持ちのいいものです。作業としては数分のものですが、これでも業者に依頼したら出張料と技術料とでそれなりの金額になるでしょうから、それが節約できたというのも晴れ晴れした気分になります。まあ節約しすぎるのも経済を回すためにはいいことばかりではないのですが。

睡眠時無呼吸症候群

なんだかスッキリしませんが。
🩺

ちょっと前に急に妻に言われてびっくりしたのですが、私が先にベッドに入って寝ているとき結構イビキをかいていて、時々呼吸が止まっているというのです。自分がイビキをかくようになっていたというのもショックだったのですが、それ以上にまさか自分が睡眠時無呼吸症候群を患っているとは夢にも思わなかったのです。

私は軽い目の高血圧の症状があるので定期的に医師の診察を受けているのですが、前回受診時にこの件について相談してみると、まずは1回計測してみましょうか、ということで2日間計測機器を装着して寝て、そのデータを解析するということになりました。その機器というのも大掛かりなものではなく、鼻の前に管を回すように装着するのと、心拍を計測するために左手人差し指をつまむだけで、本体はベルトで腕に止めておけるのでそれほど睡眠の邪魔になるものではありませんでした。これも技術の進歩により小型化が進んだおかげですが、以前はこれだけのためにも病院に泊まる必要があったのではないでしょうか。

そして今日また診察があったのでその結果も聞くことができたのですが、非常に軽度なので治療の必要はない、とのことでした。数値としては1時間あたりの呼吸が止まっている回数(AHI)が2回程度ということなので、それだけ聞くと決して正常ではないだろうと思ってしまうのですが、20回以上でなければ治療は不要で、重い人は50回以上にもなるとのことで驚きました。1時間あたり50回といえばほぼ毎分1回ということになり、止まっている時間のほうが長いということになってしまうのではないでしょうか。そうなるとさすがに酸素量も不足して様々な問題症状を引き起こしそうです。

なにはともあれ、私は「ほぼ」問題ないということで気にする必要はないという感じだったのですが、本当に問題のない人とは明らかに違うわけですから、気にするなと言われてもなかなか難しいものです。このせいで特に日中眠気に襲われるというようなこともありませんので、本当に気にする必要はないのかもしれません。治療するとなると薬を飲めば済むというようなものでもないですし、喜ぶべき結果なのだとは思いますが…