Archives

Batman Ninja

外国人には難しいような。

Marvel Cinematic Universeと呼ばれるMarvel Comics原作の実写映画化作品はすっかり映画の一つのジャンルを築き上げてしまったように見えますが、DC Comicsの方はSupermanやBatmanは古くから映画化されてヒットしていたにもかかわらず、その後の展開では遅れを取ってしまっているようです。だから奇策を取って、というわけではないでしょうが、「ニンジャバットマン」というアニメ映画が日本で製作されて公開されました。

「え? 忍者?」とだいぶゲテモノ臭が漂っていたこともあり、私は観るべきかどうかだいぶ迷ってしまったのですが、「スーサイド・スクワッド」で見てずっと以来iPhoneの壁紙にしているほど好きになったHarley Quinnも活躍(?)するようなので、仕事の後に観に行ってみることにしました。

本作はBatmanが主役でメインの敵はJokerと付き従うHarley Quinn、その他Cat WomanやPenguin、Two Faceなど諸々のキャラクターが登場するという、それだけ見ればオーソドックスなバットマンシリーズなのですが、ただ舞台が中世日本、戦国時代というところが特徴です。もちろんバットマンが戦国時代の日本に現れるという時点で荒唐無稽な話なのですが、その先にはそれどころでないバカバカしい話が繰り広げられ、ダークナイト三部作や「ジャスティス・リーグ」のシリアス路線とは全く別物と考えなければいけません。まあ、スーパーヒーロものという時点でまったく非現実的ではあるのですが。

しかし、ストーリーや設定はともかく、映像としてはとても面白いものでした。BatmanとJokerの直接対決シーンはかなりスピード感があって見応えがありましたし、Batmanが状況を分析する説明的な場面では多彩な演出が使われて、退屈させられるようなこともありませんでした。やはりアニメの映像表現については日本の技術は今でも世界をリードしているのでしょうか。

なお、本作は日本では劇場公開となっていますが、アメリカではネット配信とBlu-ray/DVDの販売のみとなっているようです。さすがにテーマ的に日本以外の国では無理があるので仕方ないでしょう。日本で常識的に知られているような戦国武将の名前を知らないと、どういう意味なのかわからないようなところも多々あるはずです。せっかくDC Comicsを元にしているのにこうして市場を限定してしまったというのは大変もったいないことのように思えますが、まあ仕方ないでしょう。

Solo: A Star Wars Story

“I got a good feeling about this.”

Lucas FilmのWalt Disneyへの売却後、「フォースの覚醒」以来「スター・ウォーズ」シリーズ作品が毎年12月に1作ずつ公開されるというファンにはたまらない事になっていたのですが、残念ながら今年の年末には公開されるものがありません。しかしその代りに、昨日からスピンオフ的な「アンソロジー・シリーズ」の「ローグ・ワン」に続く2作目、「ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー」が公開されたので、早速初日に友人Zさんと一緒に観に行ってきました。Zさんは「ローグ・ワン」を一緒に観たのが初めての「スター・ウォーズ」だったのですが、その後私がBlu-ray Boxで全作品を貸して以来すっかりハマってファンになった人です。

この作品は海外では1ヶ月以上前に公開されていて、興行成績が振るわなかったということで今後の作品の計画も見直されているなどと報じられてしまっており、少々不安がないでもないという感じでしたが、まさかディズニーがそんな駄作をそのまま世に出すとも思えませんし、私にとってはスター・ウォーズであるというだけで満足できるはずでしたが、実際に観てみてもそれは全くの杞憂、あちこちにシリーズの各作品へのオマージュも散りばめられてとても楽しい作品になっていたと思います。

言うまでもなく、この作品は「新たなる希望」から始まるオリジナル・トリロジーの重要な役柄であるHan Soloが、Mos Eisleyの酒場でLuke SkywalkerとObi-Wan Kenobiに出会う以前の物語です。Hanがどのように相棒Chewbaccaと出会い、Millennium Falconを手に入れ、スパイスの密輸業者としてJabba the Huttと取引するようになるのか、というようなところを描いていますが、これらはファンには気になることだったと思うので、ファンであればあるほど楽しめることは間違いありません。Millennium FalconはLando Calrissianからサバックの賭けで手に入れた、というのはファンなら誰でも知っていることですが、それを具体的に映像として見るのはまた感動があります。しかし逆に言えば、それほどスター・ウォーズに対する愛のない人にはあまり受けが良くないのも仕方ないのかもしれません。

さすがに最新のCG技術を使うにしてもHan Solo役はHarrison Fordが演じるわけにも行かないのでAlden Ehrenreichの主演となっていますが、渋さを身につける前の若々しいHanだと思えば悪くないのではないでしょうか。ヒロインQi’ra役のEmilia Clarkeはその美しさにうっとりしてしまう場面もありますが、「ターミネーター: 新起動/ジェニシス」ではSarah Connorを演じていましたが、「ゲーム・オブ・スローンズ」ではメインキャストの一人であるDaenerys Targaryenを演じているので、こちらの方が馴染みがあるという人も多いかもしれません。ハマると大変そうなので私はまだ「ゲーム・オブ・スローンズ」を観ていないのですが、これを機会に、Daenerysを見るために観始めてしまうかもしれません。またこのほか、Hanの師であるTobias Beckettとして、最近「スリー・ビルボード」などでも見たWoody Harrelsonが出演しています。

ということで、私はこのあとQi’raがどうなったのかがとても気になってしまうのですが、残念ながらこの続編というものは作られるはずもないので想像するしかありません。「ローグ・ワン」では主要キャストはほとんど死んでしまい、ストーリー自体は「新たなる希望」に続く形になっていたので同じようなことを考える必要はありませんでしたが、これはなかなか辛いです。せめて、というわけではありませんが、早いうちにもう一度じっくり見直したいと思います。

Deadpool 2

「酷い映画だ。」(褒めてます)

今や映画の1ジャンルになったと言っても過言ではないと思われるMarvelの各作品、私はすべて観てきたと思いますが、その中でひときわ異彩を放っていたのが「デッドプール」です。基本的にはシリアスでひょっとしたら本当にいるかも知れないと思ってしまうようなリアリティを持って描かれている他の作品と異なり、かなりコメディに振りつつR指定なので映像描写はグロテスクで露骨な性表現もある、大人向きの作品となっていました。そのシリーズ2作目となる「デッドプール2」が日本でもいよいよ公開されましたが、私はその前日の木曜日に先行上映のレイトショーで観てきました。1日だけ早かったからといってどうということはないのですが、たまたま金曜日には字幕版が私の観られる時間には上映予定でなかった、というのが次の日の仕事を気にしつつも観に行った理由です。

それはともかく、ストーリーについては何を言ってもネタバレになりそうなので一切書きません。どうやらWikipediaにストーリーを書いた人がいるとかでTwitterで公式アカウントが「絶対に読まない事をお勧めする。」とお願いするような事態になっていたようですが、現在は元に戻されているようです。確かに最初は何も知らずに観た方が面白いと思いますが、製作・配給側が禁止というのもちょっと変な気がします。

今回も他の作品のパロディやオマージュが盛りだくさんです。私が気づいただけでもいろいろありましたが、明らかにパロディなのだけど元ネタがわからないというものもたくさんあって、1回観たあとはネタバレどころか解説が必要なのがこの作品ではないかと思います。きっと誰かがシーンごとの元ネタをまとめてくれるのではないかと思いますが、映画館で観られるうちに公開してもらえるでしょうか。

当たり障りのない範囲で話をするとすれば、今回は雪緒役で忽那汐里が出演しています。今作ではあまり長い台詞はありませんでしたが、彼女は日本国籍を選択したものの日系オーストラリア人3生ということなので、英語の台詞には全く違和感がありませんでした。やはりハリウッド大作に日本人俳優が出ていくにしても英語がしゃべれないとお話になりませんから、こういう人に活躍の機会が与えられていくのでしょうね。しかしカメラ好きという彼女のInstagramには「Hi Yukio」のコメントだらけで、本人が見ているとしたらうんざりしているでしょうね。

ということで、私は今回Vanessaを見てあらためて素敵だなあと思っていたのですが、もうちょっとじっくり見られるようにスピンオフでも何でも作ってもらえないでしょうかね。演じているMorena Baccarinの他の作品を素直に見ればいいのかもしれませんが、同じような雰囲気ではないような気がして、それはそれでイメージが崩れてしまうのも心配です。前作以来他のシリーズには出ていないようなので、観るとしたら「SPY/スパイ」なのでしょうか。