カテゴリー
movie

Shazam!

楽しいヒーロー。
⚡

最近でこそCOVID-19のせいで洋画の公開延期が相次いでいるせいで映画館からすっかり足が遠のいてしまっている私ですが、それ以前はほぼ毎月足を運んでいたものです…なんて遠い昔のような気がしてしまいますが、時折話題の作品が集中してしまい、一部の作品は劇場で観るのを見送って配信を待つなんていうこともありました。今回観た「シャザム!」はそんな作品の一つで、面白そうだとは思ったものの、必ずしも大画面や良い音響で観なくてもいいかということで他の作品を優先してしまっていたのですが、今日Amazon Prime Videoを見てみると「あなたが興味のありそうな映画」に出てきていたので早速観てみることにしました。

この作品はDC Extended UniverseというDC Comicsの映画化作品シリーズの一つですが、ダークなイメージの強いDC Comicsの中でも異色のコメディ色の強い作品となっています。主人公はスーパーパワーを得た14歳の少年Billy Batsonですが、そのパワーを発揮するのは魔法の言葉「シャザム!」を唱えて変身したときで、変身すると大人の姿になる、というのは予告でもあったところで、ポスターなどにも「見た目はオトナ、中身はコドモ」というキャッチコピーがありました。その姿と振る舞いのギャップが特徴的で本作の面白いところと言えるでしょう。

主人公のBilly少年を演じていたAsher Angelはさすがにまだあまりキャリアがないようですが、Shazamを演じていたのはZachary Leviで、このハンサムなZacharyがあえてダサいスタイルでコミカルに演じているのがこの作品全体の雰囲気を作っている重要なところではないでしょうか。また、ハリウッド作品の悪役はイギリス英語が多いらしいのですが、本作のヴィランもその定石通りイギリス俳優Mark Strongが演じており、悪役らしさを演出しています。

ちなみにShazamというと、流れている音楽を解析して曲名などの情報を特定する、現在はAppleに買収されたアプリShazamを思い浮かべる人も少なくないと思いますが、”shazam”という単語自体は祈祷師などが掛け声として使っていた言葉のようで、この映画の原作などとの直接の関係はないものと思います。アプリShazamが曲名を特定するのはまさにマジックのように感じられたので、ぴったりでしたが。

なかなか楽しめる作品となった本作の興行は成功となったようで、続編が2023年に公開の予定となっています。COVID-19の影響でなかなか先のことが読めない映画業界ですが、少なくともアメリカではワクチン接種も進んで徐々に平常に戻っていくような雰囲気がありますので、ぜひとも予定通り公開の運びとなってほしいものです。その時は私も劇場で観るのではないでしょうか。

カテゴリー
movie

シン・エヴァンゲリオン劇場版

8年ぶりで終幕。

新世紀エヴァンゲリオン」といえば日本のアニメ史上に残る作品であることは疑いようがないと思いますが、本シリーズがテレビ放映された1995年当時、私は既に会社勤めしていてテレビをほとんど見ていなかったので、本作については名前しか知らないままの状態が20年ほど続いていました。私よりちょっと若い人たちは皆当たり前のように知っていたので、ずっといつかは観るべき作品だと思っていたのですが、それにようやく触れたのは2015年にAmazonKindleストア原作コミックが1冊50円という激安セールになっていたためでした。それを一気に読んだあと、Prime Videoで観られるようになっていたテレビアニメシリーズもすべて観て、その後映画版も「」「」「Q」の三作を立て続けに観てしまいました。

その「Q」も「つづく」で終わっており、次回予告もある状態のまま何年もの歳月が流れていたのですが、ようやくその完結編となる「シン・エヴァンゲリオン劇場版」が今週、公開直後の集中を避けるためか珍しく月曜日に公開されたので、最初の週末である土曜日に私も観に行ってきました。

まだ内容については触れるべきでないと思うのでここでは極力何も書かずにおきますが、これまでの作品を観ていない人にはさすがに厳しいのではないかと思います。冒頭には「これまでのヱヴァンゲリオン新劇場版」としてあらすじが紹介されますが、これはあくまで観てきた人が思い出す程度のものでしかなく、これでストーリーを把握することは到底できないでしょう。

まあスケールの大きな、あくまで大人向けのストーリーでしたが、なんとかすべてを納めることができたようです。ただ、私もまだ1回で完全に理解できたわけではないので、もう一度くらい劇場で観て、さらにその後配信などで見直して理解を深める必要がありそうです。手始めとして、帰宅後に序・破・Qをすべて見直してみましたが、それで繋がりがはっきりした部分もあるので、これから観るという人はその前に復習しておいたほうが良さそうです。

しかし、たかがアニメと思っている人もいるでしょうが、これだけのスケールの作品は逆に実写では難しいでしょう。実写でやるにしても結局CGの力をかなり必要とするでしょうから、そのCGで作った絵とアニメで何が違うのかということになります。人物だけでも俳優が演じれば、ということかもしれませんが、それにしても違いは表情だけのことでしょう。もちろん俳優が顔で見せる演技にはすごい力があると思いますが、アニメーターが絵で見せる演技も馬鹿にできないものがあると思います。まだまだ実写だけで作られる作品にはそれならではの味がありますが、CGを使った作品とアニメとの境界はかなり曖昧になってきているのではないでしょうか。

カテゴリー
movie

The Map of Tiny Perfect Things

思わぬ拾い物でした。
⏳

昨日、いつものようにニュース記事をフィードリーダーで見ていたときに、ふと目に止まったのがシネマトゥデイの「間違いなしの神配信映画『明日への地図を探して』Amazon Prime Video」という記事でした。これは「間違いなしの神配信映画」という、各種動画配信サービスで配信されている映画の中からおすすめの作品を紹介するシリーズの1つのようですが、ほとんどタイトルしか見ていないはずなのになぜ目に止まったのかはわかりません。

この記事で紹介されているのはタイトルの通りAmazon Prime Videoのオリジナル作品「明日への地図を探して」というもので、記事にも書かれている通りタイムループものです。ループものの映画といえば「恋はデジャ・ブ」や「オール・ユー・ニード・イズ・キル」が思い出されるところですが、どちらの作品も私はとても好きですし、後者は特に好きで既に10回以上繰り返し見ています。主人公らだけの意識が残るなんていうことはどう考えてもありえないので、Sci-Fiというよりはファンタジーだと思って観ていますが、それでも楽しめればいいのです。

この作品でループしてしまうようになった原因も、そのループから脱出する方法もストーリーの核心なのでここでは触れませんが、「まさかそんなこと!?」というようなちょっとびっくりするようなことでした。やはりSci-Fiではなくあくまでファンタジーだと思って、深くは考えないほうがいいでしょう。しかし、だからつまらないというようなことはまったく無くて、とても愛おしい気持ちにさせてくれる素晴らしい作品だと思います。

ループにとらわれている主人公らが男女高校生2人だというのがいいのでしょう。舞台はアメリカなので日本の高校生活とは似ても似つかないところはありますが、そうはいってもやはりティーンエイジャーなので微笑ましいものです。演じているKyle AllenKathryn Newtonの二人の実年齢はもう少し上なので余計に大人びて見えてしまいますが、そこは目をつぶるしかないでしょう。

最近はAmazonだけでなく各配信サービスともオリジナル作品に力を入れていて、当然ながらそれらの作品はそれぞれのサービスに加入しなければ見られないというのが残念というか、もったいないように感じてしまいます。この作品も心温まる傑作なので、多くの人に観てもらいたいところですが、Prime会員になっていなければ観られませんし、Prime会員になっていてもPrime Videoは観ていないという人も少なくないのではないでしょうか。それどころか比較的Prime Videoを観ている私でも、シネマトゥデイの記事で紹介されていなければこの作品は知りもしなかったので、今回の記事にはとても感謝しています。今後このシリーズの記事は見逃さないようにしなければと思いますし、過去の記事もしっかり読んで、見逃している作品は一つずつ観ていきたいと思います。