Archives

Thor: Ragnarok

順序が逆になりましたが。

先日公開された「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」を先に観てしまったのですが、昨年公開された「マイティ・ソー バトルロイヤル」を見逃してしまっていたので序盤の状況がよくわからなかったということを前回の記事で書きました。「マイティ・ソー」シリーズは世界観があまりに現実離れしているためになかなか取っ付きづらいところがあるのですが、「バトルロイヤル」については過去最高の出来という評判だったのでぜひ観たかったのですが、他にもみたいものがあったおかげでタイミングが合わなかったのでした。しかし、そのまま観ないでおく訳にはいかないということでAmazonのストリーミングで観てみたところ、やはり先に観ておくべきだったというのが率直な感想です。

本作の原題は”Thor: Ragnarok”といいます。「ラグナロク」と聞くと「ラグナロクオンライン」を思い浮かべてしまう人もいるかもしれませんが、もちろんまったく関係ありません。ラグナロクというのは北欧神話における終末の日、神々が戦い滅びる日のことです。「マイティ・ソー」のシリーズは北欧神話をベースとしているので、本作もこれに因んだ内容となっています。本シリーズは北欧神話をモデルにしているという程度で、北欧神話に造詣の深い人からすれば一緒にしないでくれというようなもののはずですが、ある程度固有名詞を知っていると一層楽しめるということは言えそうです。

一昔前はスーパーヒーロものなんて二級扱いもいいところだったと思うのですが、本作ではCate Blanchett、Idris Elba、Jeff Goldblum、Anthony Hopkins、Benedict Cumberbatchといった錚々たる俳優陣が出演していて、一体どんな大作かといったほどのものです。こうした豪華出演者のおかげで軽薄さが拭われ、ある種の説得力を得ることができるのでしょう。

ところでまた酷いのが本作の邦題です。日本では「ラグナロク」というものの知名度が低いということはあるかもしれませんが、「バトルロイヤル」というのはどういうことなのでしょうか。字幕でも「バトルロイヤル」という言葉が使われていましたが、実際に行われているのはThorとHulkの一対一の対決であり、決してバトルロイヤル的なものではありません。英語の元のセリフではContest of Championsと言っており、的確な翻訳が難しいのはわかりますが、そもそもこのイベントはストーリーのごく一部でしかなく、本題からはかなり外れたものです。このような邦題からは作品に対する熱意や愛情がまったく感じられず、本当にどういうセンスで付けているのかさっぱり理解できません。

Avengers: Infinity War

そういう神がいても悪くないのかなとも思ってしまいましたが。

Marvel Comicsのスーパーヒーローが集結して巨大な敵と戦うAvengersの映画作品もすっかり日本でもおなじみのシリーズとなりましたが、その最新作である「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」が今週末公開され、前評判から非常に高いようなので私もGWに入ってすぐ、さっそく観に行ってきました。

この作品のストーリーは昨年公開された「マイティ・ソー バトルロイヤル」から連続したものとなっているのですが、私はこの作品は見逃してしまっていたので状況を飲み込むのに少々時間がかかってしまいました。しかし、観ていなかったとしてもそれほど複雑な状況ではないのでまったくわけがわからないというようなことにはならないだろうと思います。実は本作を観た翌日の今日になってからAmazonでレンタルして観て、さらに良くわかったという感じなので、もしも可能であれば先に観ておくべきとは言えます。

それはさておき、今回の敵となるのは「宇宙誕生以前に存在した6つの特異点が、大爆発によって宇宙が生まれた時に残骸となり、6つのエネルギーの結晶へと姿を変えたもの」であるインフィニティ・ストーンをすべて集めて圧倒的な力を手に入れようとするサノスです。インフィニティ・ストーンを集めるにごとにその力はさらに強大になっていき、それに立ち向かうアベンジャーズはさらに苦しくなっていきます。

しかしそのサノスにも彼なりの信念があり、ある面から見れば狂ったものではあるかもしれませんが、また違う面から見ればどうなのかな、なんていうことを考えながら観てしまいました。多様性を重視するアメリカの文化であっても、時として一方的な正義の押しつけになってしまう場合もあり、それはアメリカという国の中東戦略を見ても明らかかもしれませんが、それがこうして娯楽にも表れ、子供達がなんの疑問も持たずに取り込んでいってしまうとしたら残念なことです。

まあそれはともかく、本作ではアベンジャーの数多くのスーパーヒーローたちが登場し、Gardians of the Galaxyの面々も合流します。前作では可愛らしかったGrootもだいぶ成長して思春期の少年らしくなって憎たらしくも微笑ましい様子を見せてくれますが、作品ごとに様々なカラーを持つMarvelの各ヒーローも一つの作品になんとなくまとめられてしまうというのもなかなか凄いことのように思えます。まあ場面によってシリアスだったりコミカルだったり、統一された雰囲気というものはないのですが。

Ready Player One

おっさんホイホイのような気もしますが。

私がアメリカで住んでいたミシガン州は南側にオハイオ州が隣接しているのですが、そのオハイオ州の州都はコロンバスという都市になります。近郊のMarysvilleという町にホンダの生産拠点があることもあってコロンバスには日本人も多く住んでいます。私の自宅からちょうど200マイルほど、車で3時間ほどの距離ですが、直線的に高速道路で行くことができないということもあってホンダに用があるときにしか行ったことがありません。

と急になぜこのような話をするかというと、このコロンバスを主な舞台にした、ただし2045年という未来の話である映画「レディ・プレイヤー1」を観たからです。コロンバス市内のキャンピングカー、アメリカでいうRVやトレーラーハウスを積み上げて高層住宅風にした”stacks”と呼ばれるスラム街で育ったWade Wattsという少年が主人公の作品で、主にOASISという仮想空間を舞台に繰り広げられる物語です。

OASISにはVRゴーグルと各種入力デバイスを装着して入り、それぞれが自分のアバターになりきって生活する一つの完全な社会になっています。現実世界よりもOASISの中の方が本当の生活になっているような人も少なくないような、今の私たちの感覚からすればかなり異様な世界かもしれません。このOASISの創設者James Hallidayが亡くなる際、OASISそのものを含むその莫大な遺産をOASIS内のイースターエッグとして隠したことで、これを探し求めるEgg Hunter = Gunterが多数現れ、その一人であるWadeが冒険を繰り広げるというのがこの作品です。

入力デバイスや感覚をフィードバックするスーツはかなり進化していて、街中でもゴーグルを装着してOASISに入っている人がいたりする一方、VRゴーグルは現代のものとそれほど変わっていないのですが、これは人々に理解させるためのアイコンとしても必要なものなのでしょう。例えば普通の眼鏡と見た目が変わらなかったり、コンタクトレンズ型になっていたりとあまりに変化させてしまうと、VRの世界に入っているのだということがわかりづらくなってしまうので、敢えてこうしているのかもしれません。

実はこの作品が注目を集めているのはこのVRが面白いというのではなく、James Hallidayの青春である1980年台のポップカルチャーが数多く取り込まれているためでしょう。WadeのアバターであるParzivalが乗る車は「バック・トゥ・ザ・フューチャー」のDe Loreanに「ナイト・ライダー」の人工知能KITTを装着したものだったり、ヒロインのArt3misが乗るのは「AKIRA」の「金田のバイク」だったりすることから始まり、ガンダムやメカゴジラ、キングコングまで映像として登場するだけでなく、セリフやポスターとして小ネタが数多く仕込まれていて、それこそイースターエッグを探すように楽しむことができます。

80年代の文化が今の若い人にとっても楽しめるのかどうかわかりませんが、少なくとも私と同年代の人々にとってはどストライク、私たちを狙っているとしか思えないような作品になっています。主人公らにとってはこれらの文化がカッコいいものとして、憧れの対象となっているようですが、果たして現実ではどうなのでしょうか。映画全体としてはさすがにSteven Spielbergの監督作らしく娯楽作品としてまとまっているので、細かいネタを拾うためにももう一度観てみたいという気になっています。もしかすると、この作品をきっかけに80年代カルチャーが再注目されるようなことにもなるでしょうか。