Archives

キングダム

これは海外でも受けるはず。

どうやらすごく面白いらしい、ということで気になっていたものの観る機会を逃していた映画「キングダム」ですが、公開から2ヶ月半ほど経ってそろそろ終わろうかという頃になってようやくタイミングが合って観てきました。この作品は一部界隈で話題になっていたということもあるのですが、「長澤まさみがすごくいい」という評判もあってそれなら観なければいけないだろうと思っていたのでした。そして実際、映画も非常に面白かったのですが、やはり長澤まさみがとても良かったです。

この作品は週刊ヤングジャンプに連載中のマンガ「キングダム」を原作にしているものですが、これまでにもNHK BSでもアニメ化されていて、人気の長編シリーズとなっています。単行本は現時点で第54巻までが発行されているそうですが、Wikipediaに載っているあらすじを見る限り、今回は原作の5巻目辺りまでが映画化されたに過ぎないようです。ということはこのあと10本以上の映画を作るネタが有るということになりそうですが、果たしてどうなるでしょうか。本作のヒットを受けて続編が制作されることは間違いないように思いますが、今の品質を維持できるかどうかというだけでなく、飽きられないような仕掛けも必要でしょうから、最後まで映画化するというのは難しいかもしれません。まあ、原作もまだ完結していませんので、ゴールがどこにあるのかもわからない状態で語るのもバカげたことかもしれません。

シリーズの始まりである本作では戦争遺児で奴隷となってしまった主人公信と、後に始皇帝となる秦国大王嬴政がなぜか共に戦うようになるという話になっています。最高と最低の身分の二人なので本来であれば同じ空間にいることすらありえないことですが、信は嬴政に対して完全にタメ口で「オマエ」呼ばわりなのですから、見ている方が恐ろしくなってしまいます。現実に家臣らが傍で見ていたとしたら、どうしていいかわからないレベルでしょうね。

信を演じているのは山﨑賢人、信とともに奴隷として育った漂と嬴政の二役は吉沢亮という今時の若手俳優2人です。山﨑賢人の方は熱いキャラクターなのでかなり力が入っている気がしましたが、原作の雰囲気は出ているのかもしれません。一方の吉沢亮は二役をしっかり演じ分けていましたし、それぞれ別の魅力あるキャラクターになっていたように思います。

長澤まさみが演じていたのは山の民の王楊端和ですが、非常に力強く美しくかっこいい姿で高く評価されているのもうなずけます。戦闘シーンでのワイヤーアクションや刀さばきもとても良かったです。また、王騎を演じている大沢たかおは10kg以上も増量して撮影に臨んだということで、大沢たかおらしい奇人ぶりもありながら、かなり迫力のあるキャラクターになっていました。

さらに、映像の迫力も相当なものでした。中国に巨大なセットを築いて撮影された王宮のシーンや、そこに整列する膨大な数の兵士など、中国ならではの壮大さがしっかり表現されていて、これまで頭に描いていた邦画のイメージを大きく超えるものでした。また、水墨画に描かれているような独特の地形など、中国らしい景色が存分に取り込まれていて、日本人の俳優が日本語で演じているのに、古代中国の物語としてまったく違和感がありませんでした。

ということで、なにか特別なことがない限り続編は作られるものと思いますので、それを楽しみにしておきたいと思います。私はもしもう少し早く観ていたら、きっともう一度観ようと思ったでしょう。

キングダム コミック 1-54巻セット

posted with amazlet at 19.07.07

原泰久 集英社 売り上げランキング: 15,475

Amazon.co.jpで詳細を見る

そのときは彼によろしく (2007年の映画)

突然こんな美女が現れたら…

本当に自分でもどうかしているというくらい長澤まさみの映画ばかり観ている私ですが、いかに活躍している女優だと言っても遠からずそのネタも尽きるでしょう。ただ、テレビドラマにまで手を伸ばしてしまうとまたキリが無くなりそうで怖いですが、今のところその予定はありません。

ということで、今度観たのは映画「そのときは彼によろしく」です。

そのときは彼によろしく

posted with amazlet at 19.06.30

(2013-11-26)売り上げランキング: 96,793

Amazon.co.jpで詳細を見る

この作品は同名の小説を原作にしたもので、大きくアレンジされてはおらず、基本的には忠実に映画化されているようです。

そのときは彼によろしく (小学館文庫)

posted with amazlet at 19.06.30

市川 拓司 小学館 売り上げランキング: 211,387

Amazon.co.jpで詳細を見る

水草専門店を営む主人公、智史のもとにある日森川鈴音と名乗る美女が訪れ、アルバイトとして住まわせてほしいと頼まれ、それを受け入れると…とネタバレを避けるとこんなものしかかけませんが、物語としては前後編に分かれるようなものになっています。ただ、それもどう別れているのかを書くわけにも行かないのでなかなかもどかしく、こうして記事にするには向かない作品なのかもしれません。

智史を演じているのは山田孝之、そして鈴音を演じるのはもちろん長澤まさみということになりますが、この組み合わせは昨年公開された「50回目のファーストキス」で再現されることになります。この11年後の作品ではその間に特に山田孝之の方が年齢を重ねてダンディーな感じになっているようですが、本作ではまだ20代半ばの若く未熟な若者の役柄です。なおここで未熟と言っているのはあくまで役柄のことで、演技についてそのように感じることはありません。長澤まさみについてはこういう役をさせたら本当に上手いとしか言えません。明るくキュートでゴージャスで、それでいて憂いのある女性というのは彼女そのものなのではないかと思ってしまいます。

しかし、脚本の方はちょっと引っ張りすぎているような気がしてしまいました。もう少しコンパクトに纏めた方がより締まって良かったように思います。これで終わるのかな、と思ったらまだまだ続いたという感じで、決して退屈というわけではないのですが…まあ素人の私が言うだけなら簡単なのでしょうが。

涙そうそう (2006年の映画)

沖縄にもまた行きたい。

相変わらず長澤まさみ出演作品を漁るように観ている私ですが、今回は映画「涙そうそう」です。「涙そうそう」といえば森山良子作詞、BEGIN作曲による楽曲で、夏川りみによるカバーも有名な名曲ですが、この歌の歌詞をモチーフに映画化した作品とのことです。森山良子が若くして亡くした兄を想って作った歌だということで、歌詞を見てみると確かにそのような内容になっています。

涙そうそう

posted with amazlet at 19.06.30

(2016-08-24)売り上げランキング: 38,105

Amazon.co.jpで詳細を見る

映画の舞台となっているのは沖縄県那覇市で、自分の店を持つことを夢見て必死に働く兄、新垣洋太郎と、高校進学を機に離島から本島の兄の元へとやってきた妹、カオルの物語です。洋太郎は妻夫木聡が演じており、その可愛い妹の役が長澤まさみということになります。二人は幼い頃に父が失踪し、母を亡くしたために並の兄妹以上に固い絆で結ばれています。

南国沖縄ということでエキゾチックで開放的な雰囲気の映像になっていて、非日常感があります。普通であればかなりジメジメした感じになってしまいそうなものですが、これが悲壮感を和らげることになっているのかもしれません。私も一度だけ沖縄に行ったことがありますが、日本でありながら本土とは違う独特な感覚がありますね。本作にも登場するA&Wなどもその一因ではないかと思います。他にもこの映画には沖縄ならではという場面が多々ありますので、そのような一種の異国情緒を味わうのもよいのではないでしょうか。

撮影当時は長澤まさみも19歳になるかどうかというところだったはずですが、この時点ですでに10本以上の映画に出演し、半数以上で主演あるいはヒロインという役どころで、本作でも可愛いだけではなくその演技力を存分に発揮しているのではないでしょうか。一方の妻夫木聡の方も同じようにすでにキャリアを積んだ状態であり、演技に何ら問題はないのですが、必死に働いていると言う割にはきれいすぎるというか、線が細いようにも思えました。あと気がかりだったのは、沖縄の方言は微妙なアクセントが難しそうですが、うまくできているのかどうかです。たまにドラマなどで関西弁がちょっとおかしい、とネイティブでない私でもわかるくらい変な人がいるので、気になってしまいました。