Archives

Pokémon: Detective Pikachu

思っていた以上にポケモン。

今でも町を歩いているとスマートフォンを片手に何人もの人が立ち止まっていることがありますが、そこには「ポケモンGo」のポケモンジムがあって、強いポケモンのレイドバトルに参加しているということが多いようです。そうした人たちの多くは中高年の方のようですが、時間があって健康のために歩くことをいとわないような人にジャストフィットしているようです。

しかし、もともとポケットモンスターが始まったのは1996年のゲームボーイ版のゲーム「ポケットモンスター 赤・緑」からですので、今「ポケモンGo」に熱心な人々はもともとあまりポケモンには関心がなかったのではないでしょうか。しかし、「ポケモンGo」は特にポケモンに関する知識がなくてもそれほど支障なくゲームを進めることができますし、遊んでいるうちに自然と覚えてくるので問題はないのでしょう。

ポケモン自体はもちろん日本発祥のものですが、その人気は世界中に広がっており、このたびハリウッドのスタジオにより実写版の映画「名探偵ピカチュウ」が公開されました。私も当初は特に関心がなかったのですが、予告を見ていると案外子供向けというわけでもないのではないかという気になり、妻に「そんなのまで観るの?」と言われながらも観に行ってきました。私が観たのは夜9時過ぎに上映開始のレイトショーの字幕版でしたが、ゴールデンウィーク中ということもあり多くのシートが埋まっていました。なお、アホらしいことに兵庫県では青少年愛護条例 (PDF) により、たとえ保護者同伴であっても「23時以降に18歳未満の者を外出させないようにしなければならない」と定められているため、レイトショーは18歳以上でないと観ることができず、観客はすべて大人でした。保護者が一緒ならそれは家庭の問題だろうと思うのですけどね。

それはともかく映画について、違和感なくポケモンを実写化するというのは難しいだろうと思うものですが、ゲームやアニメに出てくるそのままのポケモンが画面に登場しているにもかかわらず、不思議とそれなりに画面に馴染んでいたように思います。もちろん非現実的なものですし、マンガっぽいキャラクターなので違和感がないわけではありませんが、実際にそこにポケモンがいるようには見えました。そもそも人間以外の動物はすべてポケモン、というその設定自体に無理があるというか、地球ではないどこかの星の話と思うほかありません。

思っていた以上に沢山のポケモンが登場するということもあり、予想以上に子供向けな感じだったのですが、先日公開された「シャザム」なども吹替版しか上映しないような劇場なのですから、字幕版やレイトショーがあるということは劇場としては大人が観ることも想定しているはずです。しかしそれはどの要素からそう判断したのか、結局よく分かりませんでした。もともと私がこの映画に興味を持ったのは、予告の中で主人公の名探偵ピカチュウがRyan Reynoldsの声で毒っぽく喋っていたからなのですが、すべてのポケモンが特定のパートナーとは会話ができるという設定なのかと思ったらそうではなかった、というのがちょっと意外だったというか、残念なところでした。

Den skyldige / The Guilty

想像力をフル動員。

全国民的に大型連休となった今年のゴールデンウィークですが、我が家は家族それぞれに過ごすことになり、私は連休の前半に一人で東京の両親と祖母に会いに行ってきました。東京には3泊しましたが、入院中の祖母の見舞い以外はこれといった予定を入れていなかったためのんびり過ごすことになり、日中は時間があったので映画でも観に行くことにしました。

せっかくなので地元では観られない映画を、と思い調べてみると、以前から次男が観たがっていて私も気になっていた「ギルティ」を観ることができることがわかり、これに決定しました。上映されているのは渋谷宇田川町の奥の方にひっそりとあるインディーズ系映画館のUPLINK渋谷でしたが、インディーズ系映画館というのは私もこの歳になって初めての経験です。劇場にはスクリーンが3つあるのでインディーズ系としては比較的大きなところなのでしょうが、「ギルティ」の上映はわずか45席という非常に小さなスクリーンでした。しかも、ちゃんとした映画館らしいシートはそのうちの32席のみで、最前列はビーチチェアのような低い椅子、最後列はディレクターズチェアのハイチェアとなっていて、あとで追加されたもののように思われます。私は事前予約せずに行ったので、その時点で残っていたのは最前列と最後列のみだったため最後列を選んだのですが、深く座ると天井に吊るされたリアスピーカーが頭の前方斜め上にあるというような席でした。最初はこれに不安というか、失敗したかという思いがよぎったのですが、実際に上映が始まってしまうと特に問題なく楽しむことができました。

この作品はデンマークの作品で、全編デンマーク語の台詞となっているのですが、何を言っているかは全くわからないものの、字幕さえあれば気持ちは伝わってきます。出演しているのもデンマークのローカルな俳優だけなので経歴などもよく分かりませんが、それも関係ありません。なお、本作は2018年のサンダンス映画祭で観客賞を受賞したり、今年のアカデミー外国語映画賞の最終選考9作品に残ったりしたとのことで、面白さはお墨付きと言って良いでしょう。

舞台となっているのはコペンハーゲン近郊を管轄する緊急通報司令室で、ここでオペレーターのAsger Holmが誘拐の被害者だという女性、Iben Østergårdからの電話を受けるところから物語が展開します。Asgerは電話だけを頼りにIbenを救出しようと奮闘するのですが、ストーリーは思いがけない方向に進み、映像はAsgerを演じるJakob Cedergrenだけがどアップで映る変化の少ないものながら、非常に緊張感のあるドラマティックな作品となっています。

ほとんど音声だけで描かれている作品でありながら、観ている人の想像力を掻き立てて、まさに情景が目に浮かぶようです。その情景は一人ひとり違うものなのかも知れませんが、それもまた良いのではないでしょうか。映像として出演している人は主人公とその同僚数名を除いてセリフもなくまるでエキストラのようですが、電話の向こうの声として出演している人の演技は作品にとって非常に重要なので、綿密な選考が行われたのではないでしょうか。しかし、それなら映画ではなくラジオドラマのようなものでもいいのではないかというと、あるシーンでのAsgerの表情など映像により補完されている情報もあり、これはこれで映画である必要があるのではないかと思います。

なお、本作はJake Gyllenhaal主演でハリウッド版がリメイクされることになっており、この春から撮影開始予定とのことだったので、公開は2020年以降になるでしょうか。ストーリーにどのようなアレンジが加えられるのか、これもまた楽しみです。

Avengers: Endgame

マーベル・オールスターズ。

今洋画で一番動員が見込めるのはMarvelの作品群なのではないかと思いますが、その中でもスーパーヒーローが沢山登場してお得感が強いのが「アベンジャーズ」シリーズです。その集大成とも言える「アベンジャーズ/エンドゲーム」が今週末から公開されたので初日の昨日、ゴールデンウィーク前の仕事を終わらせてから早速観に行ってきたのですが、初日とは言え平日ではかつてないほどの客入りとなっていて、その人気ぶりは驚くほどでした。

上映時間が181分と長い作品ですが、それでも内容は非常に濃く、次から次へと物語が展開します。良く言えばかなり充実した内容ですが、逆に詰め込み過ぎとも言えます。また、特に前作を観ていないとどういう状況なのかわからないと思いますが、これまでのMarvel Cinematic Universeの各作品とのつながりも強く、過去の作品を知っていればクスッとするところが、知らないと訳が分からず面白くもなんともないということにもなってしまいそうです。まあいきなりこの作品だけ観るという人はそういないのでしょうが、初デートで観るには向かないのではないでしょうか。

非常に沢山のスーパーヒーローが登場するので誰が主人公なのかは難しいところですが、中心的なのはIron ManとCaptain Americaでしょうか。しかし、Black WidowことNatasha Romanoffは自身を主人公とする映画があるわけでもなく、それほどのスーパーパワーがあるわけでもないのにやたら存在感があるのは演じているのがScarlett Johanssonだからでしょうか。また今回はCaptain MarvelことCarol Danversも登場しますが、あれだけの強大な力を持っている割にはThanosに苦戦するのも不思議ですし、もともと地球人ならそんなに距離を置かないで助けてあげてもいいのにと思ってしまいました。

しかし、先にも書いたとおりちょっと詰め込みすぎですね。アベンジャーズのファンであれば観ておかなければならない作品でしょうが、そうでない人や前作を観なかった人は観なくてもいい、というのは言いすぎでしょうか。これでもかというほどCGを使った戦闘シーンはキャラクターが多すぎて目で追うのも大変です。私はMarvelの作品群は好きですが、どうもアベンジャーズはそれほどでもないのかも知れません。

なお、Marvel作品には付きもののエンドロール後のおまけシーンは本作にはありません。やはり観ていた人にとってはお約束だったのかほとんどの人が着席したまま待っていたのですが、かなり長いクレジット表示が終わると何もなく明るくなってしまいました。おそらくこれはこの作品がシリーズの一区切りだということなのでしょう。これだけの人気シリーズにこのまま続編がないということは考えにくいですが、直接の続編ではなくリブートになるということなのかもしれません。