Archives

コカ・コーラ エナジー

飲まずに済むならそれに越したことはないでしょうが。

私はコーヒーの飲み過ぎで完全に慢性のカフェイン依存症になっているので、カフェインが不足すると離脱症状により頭痛に苦しむことになってしまいます。そのままカフェインを取らずにいれば数日で終わるのですが、コーヒーや紅茶などをまったく飲まないということもできないので、それはなかなか難しいことです。しかし逆にカフェインを摂取すれば1時間足らずで気づいたら治っていたという感じになるのですが、そういうときに重宝するのがエナジードリンクの類です。

以前、長時間のドライブの前に飲んでみたら全く眠くならなかったので怖いくらいに思っていたのですが、最近は仕事中に気分がすっきりしないときなどに飲むと集中できるので、事務所の自販機で売られているMonster Energyをたまに買って飲んでいます。しかし、ちょっと前まではオリジナルが売られていたのに、Cuba-Libreに変わってしまったのです。これはラム酒とコーラで作るカクテル「キューバ・リブレ」をイメージしたものということですが、もちろんラム酒なんて入っているわけもないので単なる「薄いコーラ」味になってしまっているのです。それなら普通のコーラを買った方が安いしいいのではないかと思ってコカ・コーラ ゼロを買ってみたりもしたのですが、それではやっぱり効かないのでした。

そんな感じでどうしようかと思っていたところ、先日コカ・コーラから初のエナジードリンクとしてコカ・コーラ エナジーなるものがタイミングよく発売され、その発売初日から職場の自販機にも入ったのでした。ただ、エンジニアには新しもの好きが多いのかあっという間に売り切れてしまったので、私が試してみたのはその翌日になりました。

ひと足先に飲んだ同僚が「ちょっと薄いコーラでイマイチ」だと言うので、それではCuba-Libreと変わらないではないかと思っていたのですが、実際に飲んでみると普通のコカ・コーラにはないガラナの味が効いていて、私はなかなか気に入りました。ただ、売られているのが190mlという小さなサイズのものなので、価格は安いもののボリューム的に不満があり、エナジードリンクとしての効果も今ひとつのように感じています。コンビニなどでは250mlの製品が売られているようなので、そちらであればある程度の満足感はあるかもしれません。

まあしかし、エナジードリンクもほどほどにしないと体に良くないでしょうね。アメリカではエナジードリンクもとんでもない大きさのものが売られていて、見るたびにぎょっとしていましたが、彼らの巨体にはそれくらいの量がないと効かないのかもしれません。カフェインだけでなく糖分も相当なものなので、悪循環なのでしょうけどね。

VOX Colorless Clear

これでなくても良いのですが、特に不満も無し。

世間でも強炭酸水の人気が上がっているようですが、我が家でも大人気となっています。もともと妻がレモンの薄切りをハチミツ漬けにして、それを炭酸水で割って飲むと美味しいし、ジュースを買うよりも安くて健康にも良いだろう、ということで買い始めたのがきっかけなのですが、最近は炭酸水だけでも十分美味しいのではないかとそれだけで飲むようになっています。レモンを出してきて入れるのが面倒ということもあるのですが、ペットボトルを開けて注ぐだけなのが楽すぎて、消費のペースがどんどん上がっています。

最初は妻がYahoo!ショッピングで注文していたのですが、Amazonの方が簡単だし安いものがあるよ、ということで現在購入しているのはVOX Colorless Clearの「ストレート」というものです。店頭でももちろん購入できますが、ただ安いだけでなく単純計算で12kg以上あるようなものを家の玄関先まで運んでもらえるというのが便利すぎますよね。

VOX ヴォックス 強炭酸水 プレーン 500ml×24本

posted with amazlet at 18.07.08

VOX株式会社 売り上げランキング: 21

Amazon.co.jpで詳細を見る

ミントやレモン、コーラ、ライムなどの味がついているものもありますが、味が無い方がいつでも構わず飲めますし、変に後味が残ったりするのも嫌なので、無香料のただの炭酸水にしています。また、「シリカ」と呼ばれているケイ素を配合したものもあり「美容成分」と謳っていますが、ケイ素なんて摂取しても何の役にも立たないどころか結石の原因になるだけではないのでしょうか。他のウェブサイトで「ケイ素イオンが重金属イオンと結合して無毒化する」というようなことを言っているところもありますが…

ただの強炭酸水であれば他にもいくらでも選択肢はあるのですが、どうせどれを選んでも同じということなので、単純に値段で選んでいます。Amazonブランドでもう少し安いものもあるにはあるのですが、差は微々たるものですし、一度これを購入して炭酸の強さに満足しているので、違うものを選んで万一望み通りのものでなかったらその差は帳消しどころではありません。というわけで、劇的に安いものが出てこない限り別のものを選ぶことはないでしょうし、あまりに安ければそれはそれで不安になるだけなのでやはり選ばないでしょう。結局、何らかの理由でこの製品が買えなくなった時だけが乗り換える時でしょう。

現在3人ぐらしとなっている我が家では、最近は毎日3,4本を空にするようなペースで消費しています。したがって、24本入りのケースで購入しても1週間ちょっとで無くなってしまうので、しょっちゅう注文するようになっています。そこで「そういえばこういうときこそ」と思い出し、Dashボタンを先程注文したのですが、なんと「通常5~7週間以内に発送します。」となっており、そんなことでは夏が終わってしまいます。そう言いつつもすぐに発送されるということもままあるので、プライムデー先行セール中でたったの100円ということもあって構わず注文しましたが、なんとかしてもらえませんかね。ウィルキンソンのボタンはすぐに届くようなのですが、ちょっとだけですが高いですからね…

VOX Dash Button

posted with amazlet at 18.07.08

Amazon (2017-12-18)売り上げランキング: 21

Amazon.co.jpで詳細を見る

マクドナルド 新生ラテ

手軽さと美味しさのバランスは最高?

だいぶ古い情報になってしまいますが、2010年にオリコンから発表された「買いたいコーヒーランキング」というのは次のようなものでした。

マクドナルド
ドトール
モスバーガー
スターバックス
ミスタードーナツ

もう7年以上も前のものなので今調べたら多少違うものになっている可能性はありますが、世の大衆に問うとこのような結果になったそうです。知名度が相当影響しているのではないかという気もしますが、それだけ親しまれているということでもあるでしょうし、「スタバは美味しいかもしれないけれどちょっと高い」と感じている人も少なくないでしょうから、コストパフォーマンスを考えるとこういう結果になるのかもしれません。また、上位の回答では「クセがない」という点も挙げられているので、一般受けというのはそういうことなのでしょう。調査の内容をよく見ると、このとき評価されているのは香り、酸味、濃さ、苦味、後味、全体のバランス、という6項目で10点満点、購入意向に関して10点満点、ということなので、購入意向の重みが大きすぎるように思われます。この比率を変えると結果も変わってくるのではないでしょうか。

それはともかく、ここで最高評価を得ているマクドナルドの、カフェラテが生まれ変わるというニュースをキャッチしました。この新生ラテはWorld Barista Championshipの2014年大会で優勝した井崎英典氏が「完全監修」したというのが売りになっているようです。といっても店舗ではマシンが全自動で抽出するだけなので、その設定をチューニングしたということなのかと思いますが、豆選びや焙煎、挽きについてアドバイスしたということなのでしょう。井崎氏にとっては自分の名前が全面に出されるということでなかなかリスクのあるものだったのではないかと思いますが、自信を持って送り出すことができたのでしょうか。

ということで、全国一斉に展開されるものなのかよくわからなかったものの、その初日である今週月曜日、出社前に職場近くのマクドナルド店舗に立ち寄って、朝からカフェラテを試してみました。カウンターには「新生ラテ」のPOPが出ていたので新しいものに変わっていたのは間違いないでしょう。日頃それほどマクドナルドでカフェラテを飲んでいるわけではないのではっきり比較できるわけではありませんが、なんとなくコーヒーの味がこれまで以上に強く感じられるような気はしました。とはいえ、飛び上がるレベルで美味しくなっているわけではないので、プラシーボ効果である可能性も否定できないレベルかもしれません。しかし、一昔二昔前のマクドナルドのコーヒーは多くの日本人が持つアメリカンを絵に描いたようなものでしたが、最近のものは今まででも値段の割には十分美味しかったわけで、それが少しでも改良されたということであれば美味しくないわけもないでしょう。

コーヒーに求められるものは味や香りだけではなく、それを提供する場所の雰囲気などもとても重要だと私は思っているので、他のカフェに行くことをやめてマクドナルドに行く、というようなことにはならないでしょう。しかし、全国津々浦々にあるマクドナルドですから、ドライブの途中でちょっと一服したいけれど良さそうなカフェもスターバックスもない、というような時には活躍してくれるので、それが少しでも美味しくなったというのは嬉しいことです。