Archives

Cinzano Rosso

私には薄いの1杯で十分。

私は昔からアルコールが全然ダメで、若い時にはなんとか強くなろうと努力してみたりもしましたが一向に変わらず、飲み会というのが嫌で嫌で仕方ありませんでした。ある程度年を取ってからは立場的にも社会情勢的にも無理やり飲ませるような人はいなくなって、ソフトドリンクだけで過ごせるようになったので宴会の席自体は楽しむことができるようになりましたが、完全に割り勘負けしてしまうのはいつものことです。まあそれ自体はまったく気にしていないのですが。

しかし私は酒が嫌いなのではなく、アルコールに非常に弱いというだけなのです。飲み慣れていないので焼酎など美味しさを知らない酒類はありますが、受け付けないのはビールくらいでしょう。ビールが駄目なのは若い頃に無理やり飲まされたせいではないかと思います。そんなビールは乾杯だけお付き合いすることもありますが、小さなコップ数センチ分飲んだだけでも顔が真っ赤になるくらいアルコールに弱いのです。

先日の健康診断の際には、血液検査のためにアルコール消毒した箇所が後で真っ赤になっているのを見て、やはり体質的にダメなのだということを実感したりもしました。私の父は今の私くらいの歳になってから嗜む程度に飲めるようになったそうですが、母はまったく駄目なので遺伝的なものもあるのでしょう。父にも母にも酒飲みの兄弟はいるのに不思議なものです。

ウィスキーは昔一人で頑張って飲んでいたこともあり、結構好きです。当時はショットグラスにストレートで飲んでいましたが、今はロックでちびちび飲むのが好みです。そう、量を飲むことができないので、濃いものをちびちびやるのがいいのです。

もう一つ私が好きなのが、チンザノ・ロッソです。イタリア・トリノの特産であるベルモットですが、ハーブが入っていることからちょっと薬っぽい味がするのが好みなようです。これを先日の職場の飲み会の二次会で行ったバーで見つけたので久しぶりに飲んで、とても良かったので自分でも購入してみたというわけです。

チンザノ ロッソ 1000ml [並行輸入品]ベルモット

posted with amazlet at 17.08.13

チンザノ 売り上げランキング: 9,911

Amazon.co.jpで詳細を見る

私は近所の酒屋で購入したので1800円だったと思いますが、Amazonではアルコールまでずいぶん安く買うことができるのですね。今回は自分のためにアルコールを購入するなんて20年ぶりくらいのことですし、次があるとも思えませんが、何かの時にはAmazonで買うことになるかもしれません。

チンザノはバーで飲んだときと同じようにソーダで割って飲んでいますが、やはりプロが作ってくれた時の方が美味しいような気がします。ソーダを注ぐだけのことなのに一体何が違うのかわかりませんが、プロにはプロの技があるのでしょうか。まあおそらくは雰囲気の違いだろうとは思うのですが、それでもそれなりに美味しく飲むことはできているのでいいのではないでしょうか。ただ、調子に乗って飲んでしまうと簡単に二日酔いの頭痛になってしまうので気を付けなければいけません。実はアルコール分のないものがあれば自分にはその方が良いのではないかなとも思うのですが。

スターバックス チョコレートケーキトップフラペチーノ with 抹茶ショット

食べ過ぎ注意。

最近、出勤前に見る「めざましテレビ」などで盛んに聞くワードが「インスタ映え」です。説明するまでもないと思いますが、Instagramで見栄えがよく「いいね」がつきやすい、ということですが、飲食店でも観光地でも、何でもそんな基準で選んでしまうのもいかがなものでしょうか。しかし、実際には私も外食時にはほぼ必ず写真を撮ってInstagramの食べもの専用アカウントまで作って投稿している人ですから、まったく人のことは言えず、またやはり少しでも美味しそうな写真が取れると喜んでいるので同じ穴のムジナなわけですが、ただ最近は店の方も写真映りを気にして奇を衒うようになってきているようなのが気に入りません。

それはさておき、そのインスタ映えで最近話題なのがスターバックスの「チョコレートケーキトップフラペチーノ with 抹茶ショット」という長い名前の商品です。ミルクベースにアーモンドを混ぜ込んだフラペチーノの上にチョコレートケーキを載せ、その上にホイップと抹茶パウダー、抹茶ソースを加えたものです。そう、コーヒーの要素はまったくありません。そのため私も最初は「またインスタ狙いか」と冷めた目で見ていたのでした。

しかし先日、アイスコーヒーのお代り(ワンモアコーヒー)をした時に来店アンケート、いわゆる当たりレシートが出たのでした。アンケートに答えるとトールサイズのドリンクが何でも1杯無料になるというものなのですが、そのときは108円しか払っていないのに、いくらのものでも、どれだけカスタマイズしても無料というのは太っ腹です。ということで、例のチョコレートケーキトップフラペチーノ with 抹茶ショットは税抜620円になるのですが、それが無料で飲めるというのなら飲んでやりましょう、というわけです。

日向に置いてのんびり写真を撮っていたせいかフラペチーノの氷がだいぶ溶けてしまってただの甘いミルクのようになってしまったのですが、でもアーモンドの香りが香ばしくてとてもいい感じです。見た目はかなり甘そうに見えますが、実はそれほどでもないのはチョコレートケーキがビターなせいでしょうか。チョコレートケーキは少しずつ崩しながら太いストローで吸って食べていきましたが、ザラザラした食感が面白いです。また、抹茶ソースも混ざると違った風味も加わってさらに楽しめます。

しかし、それほど甘く感じないとは言っても541kcalもありますので、早々頻繁に食べるべきものではないでしょうが、ちょっとした贅沢として、デザートやケーキの代わりとして楽しむには良いのではないでしょうか。しかしご飯2杯分ほどのカロリーというと相当なカロリーのようにも聞こえますが、焼肉などを食べてうっかりご飯お代わり、とか、ラーメンを食べる時にうっかり定食にしてしまったりすることを考えると、それらよりはだいぶ満足度が高いかと思います。まあ、620円というとその日の夕食よりも高いですからね…

スターバックスリザーブバーとナイトロコールドブリューコーヒー

近くにあったら入り浸りそう。

先日東京にいる間に六本木の東京ミッドタウンの近くの店で食事をしに行ったのですが、到着がちょっと早すぎたのでミッドタウンの辺りでぶらぶらしていると、スターバックスの2階にスターバックス リザーブ バーがあるのを見つけました。どうも今調べるとオープンしてからまだ1週間しか経っていなかったようですが、もちろん私はそれまで行ったことがなかったのでどんなものかと行ってみることにしました。

初めてなので恐る恐る入っていってみると、木製の大きなバーカウンターとその周りにテーブル席がありましたが、通常のスターバックスの店舗のように注文するレジはありません。これはまず席に着けということだろうとカウンターに座り、正直に初めてでよくわからないと言うと、やはり座席で注文と支払いをするシステムだとのことでした。そこでシステムとメニューを説明してもらうと、その中にGINZA SIXにできた店舗でないと飲めない、とテレビなどでも報じられていたナイトロ コールドブリュー コーヒーがここでも飲めるということなので、これを試してみることにしました。

これは水出しコーヒーに窒素の細かい泡を加えて注ぐというもので、生ビールのようなタップからグラスに注いで提供してくれます。その様子は写真に撮っても構わないとのことなので遠慮なく連写させてもらいましたが、照明もいい具合に当てられているので真新しいタップやカウンターの光沢なども含め非常に絵になります。そして注がれたコーヒーは泡がビロードのカーテンのように層をなしていて、独特のビジュアルをもっています。

注ぎ終わって提供されてからもしばらく見ていたい気になってしまうのですが、放っておくと泡は徐々に減っていってしまいますので、本当はすぐに飲むべきなのでしょう。口にしてみるときめ細かな泡が濃厚なとろみのように感じられて、まるでクリームのような滑らかさでありながら、コーヒー自体は薄められていないのでその深いコクも同時に楽しむことができます。ただ、やはりこれは時間が経つとどんどん変化していってしまうので、もったいぶらずに飲んでしまうのが良いようです。といっても、氷は入れられていないため最後に残るのは濃い目の水出しコーヒーで、それはそれで美味しく飲むことができました。

価格は使われているコーヒー豆の種類によって3段階ありますが、私が飲んだ時は✭2のニカラグア・マラカトゥーラという豆で、トールサイズで税込み1004円となりました。「アイスコーヒーに1000円」というと高く感じてしまうとは思いますが、とても落ち着いた空間が提供されているので、その雰囲気を楽しみ気分をリラックスさせることができるなら決して高すぎることはないと思いました。アルコールの飲めない私にはよくわかりませんでしたが、大人向けの落ち着いたバーというのはこういうものなのかもしれませんね。

なお、このナイトロコールドブリューコーヒーは6月1日(今日)から札幌、京都、大阪、神戸の4店舗でも提供開始とのことですが、これらの店舗ではスターバックス リザーブのコーヒー豆を使用していないので、トールサイズでも520円ということなので私が飲んだものの半額程度となり、試しやすくなっています。その代わり、店舗も通常のスターバックスなので上に書いたような落ち着いた空間は提供されないので、同じような満足感が得られるかどうかはわかりません。それぞれは別のものと思ったほうが良いかもしれませんね。