「science fiction」タグアーカイブ

AKIRA 4K デジタルリマスター版

「さんをつけろよデコ助野郎!」
🐻

1988年7月に新型爆弾が使用される第三次世界大戦が勃発し、そこからの復興を果たし翌年にはオリンピック開催を控える2019年のネオ東京を舞台に、金田をリーダーとする暴走族の一団が巻き込まれた軍事機密をめぐるアーミーとゲリラの争いと奇妙な展開を描いたSFアニメ映画の金字塔「AKIRA」は物語の設定と同じ1988年の作品ですが、当時高校生だった私も友人に連れられて観に行ったものの、原作マンガを読んでいなかったこともあって内容があまり理解できなかったように記憶しています。というよりも、ただダイナミックな映像に圧倒されてしまったような気がします。

それから実に30年以上の月日が経過し、もちろん第三次世界大戦は起こりませんでしたし、東京湾のほとんどが埋め立てられるようなことにはなっていませんが、物語を追い越して2020年を迎えてしまいました。あの「金田のバイク」のようなハイパワーな電動二輪車もまだ実現していませんが、大きく進化した映像技術で蘇らせた「AKIRA 4K デジタルリマスター版」が劇場公開されているということで、高校時代を懐かしみながら…というわけではありませんが、私も観に行ってきました。

地元シネコンの中でも特に大きなスクリーンでの上映となっていましたが、当時の35mmフィルムを元にリマスターしたものということで、さすがに最近のフルCGアニメのような解像感はなかったものの、30年も前の作品とは思えない鮮やかな映像でした。おそらく今のAI技術などを駆使すれば、金さえかければもっとパリッとした映像にできるのではないかと思いますが、それはまたオリジナルに手を加えた別のものになってしまうので、あまり歓迎されないかもしれません。

内容について改めて語ることはないかもしれませんが、当時の記憶はすっかり抜け落ちていたので新鮮な気持ちで楽しむことができましたし、自分も成長したのかストーリーもしっかり理解できたように思います。また、内容的に古さを感じるようなところはほとんどありませんでしたが、強いて言えば人々がスマートフォンを使っていないということくらいですが、未来に生まれるものは予見できなかったとしても、廃れるであろうものは予想できたということなのでしょうか。まあSFですから基本ですね。

実は私は数年前にブックオフで原作単行本のセットを大人買いしたのですが、ありがちなことに買ったことに満足してまだ読んでいません。この単行本が大判サイズで小口が着色されていたりして、なんともかっこいいのですよね。しかし、映画は単行本の4巻までの時点で製作されていて、エンディング部分は映画オリジナルらしいので、原作の方も読む必要があるということが今回調べてわかりました。

なお、本作は昨年一度ハリウッドで実写映画化が発表されたものの、脚本とキャスティングに難航して無期限保留となってしまったようなので、なんとか再開にこぎつけてもらいたいものです。しかしAKIRAをAKIRAとして出すためには、登場人物は日本人か日系人、もしくは東アジア系の俳優にしておかないと昨今の情勢が許さないのでしょうね。確かに日本人俳優でとなるとキャスティングは難航どころか遭難してしまいそうです。

Star Trek: Picard

“Engage!”
🚀

私も最近色々なジャンルの映画を見るようになりましたが、そう入っても一番好きなのはやはりSFです。中でもスター・ウォーズスタートレックは別格ですが、スター・ウォーズ エピーソード9も終わってしまって寂しい思いをする間もなく、今年1月から新しく「スタートレック: ピカード」というシリーズが始まって、また気分が盛り上がっているところです。

このシリーズはアメリカのCBS系で放送されているテレビドラマですが、日本などではAmazon Prime Videoで独占配信されているので、おかげさまで私も無料で観ることができます。言うまでもなく「スタートレック」シリーズの最新テレビドラマシリーズとなりますが、私が一番馴染みがあって好きなTNGこと「新スタートレック」シリーズに続くものとなり、TNGでUSS Enterpriseの艦長であったJean-Luc Picardがタイトルロールであり、主人公となっています。

嬉しいのはインターネット社会らしく全世界同時公開となっているのか、新しいエピソードが日本でもアメリカ本国と同時に観られるようになっているということです。シーズン1はエピソード10までとなっているらしく、今日現在ではエピソード3「終わりの始まり」(“The End is the Beginning”)までが公開されており、毎週1本ずつなのでまだ2ヶ月ほど楽しむことができることになります。現時点ではちょうど起承転結の「起」が終わったところになり、これからさらに、どんどん面白くなってくるのではないでしょうか。

描かれているのはPicardが惑星連邦宇宙艦隊の提督を引退した後の時代で、今のところPicardの他にTNGから登場したのはDataくらいですが、このあと他にも各シリーズから人気キャラクターが何人か、そのままの配役で登場するようなのでそれも楽しみです。もちろんTNGのテレビシリーズが終わったのは1994年、映画でも「スタートレック: ネメシス/S.T.X」が2002年の作品なので、それから20年近くも経っていてキャストも相応に歳を取っているわけですが、作中でも同様に年月が経過している設定なので問題はないでしょう。ただ、アンドロイドで歳を取るはずのないDataだけは、70歳のBrent Spinerにはちょっと厳しかったのではないでしょうか。

主人公のJean-Luc Picardを演じるのはもちろんPatrick Stewartですが、まだ矍鑠とはしているものの、さすがにもう79歳ともなるとすっかり老人なので、これで宇宙に冒険に出掛けていっても大丈夫なのかと余計な心配をしてしまいます。このシリーズもすでにシーズン2が決まっているとのことですが、あまり延々とは続けられないのではないかなどとも考えてしまいますが、できることなら頑張って続けてほしいものです。

ということで、シーズン1が終わるとまたシーズン2までの間がとても待ち遠しいことになりそうですが、とりあえずしばらくは大きな楽しみができて嬉しい限りです。

Star Wars: The Rise of Skywalker

とうとう終わってしまいました。
✨

私の大好きな「スター・ウォーズ」シリーズのいわゆるSequel Trilogyエピソード6「ジェダイの帰還」より後の物語である続三部作は毎回12月後半の公開となっていますが、どういうわけか私の職場の忘年会がその公開初日にぶつけられてしまうことが多くて困っていました。今回もやっぱり忘年会が設定されてしまったのですが、立場上欠席しづらかったので休暇を取得し、朝一番に観に行って夕方から忘年会だけ参加することにしました。まあ、無事に観ることができたので何の問題もありません。ただ、上司にはしっかり「初日だからね」とバレていましたが。

それはともかく、泣いても笑ってもSkywalker家を巡る物語は今回の「スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け」が最後となります。2022年には新しいシリーズの公開が予定されているので、3年待てばまたスター・ウォーズの世界に戻ることはできるのですが、それはこれまでのストーリーからは離れた新しい登場人物によるものになるとのことですので、設定の一部を共有するまた別の物語ということになるのではないでしょうか。ということで、本作は大きな区切りとなる作品となります。

フォースの覚醒」以来、続三部作での実質的な主人公であったReyを中心に今回も物語は進み、最終的には決定的な結末を迎えることになります。これまで謎とされてきて本人も知らなかったReyの出生の秘密がついに明らかになり、彼女が強力なフォースの使い手であることにもきっと納得がいくでしょう。しかしReyのフォースの力は前作までとは桁違いで、恐ろしくも感じられるほどですが、それは敢えてそうしているのでしょう。

本作もスター・ウォーズですから宇宙を舞台にしており、多数の宇宙船も登場するのですが、宇宙船同士の戦闘シーンやその他のアクションはあまり多くありません。その代わりに登場人物個人、特にReyとKylo Renに焦点が当てられ、ドラマ性が強くなっていたように思います。といってもやはりスター・ウォーズですから、感動のストーリーに重点が置かれているというわけでもないのでしょうが、懐かしいあの人が登場したり、ファンとしては感傷に浸るような場面も多々あります。

シリーズのお決まりの一つであるJohn Williamsによる音楽もやはり素晴らしいです。オープニングのテーマ曲は最初のファンファーレの出だしの音だけで鳥肌が立ちますし、フィナーレでは「帝国のマーチ」や各登場人物のテーマを含むこれまでの名曲の数々が取り込まれており、エンドロールを見ながら様々な情景が目に浮かぶようでした。ただ惜しいのは20世紀フォックスのファンファーレがなくて寂しいということですが、こればかりは仕方ないことで、オープニングのファンファーレの前には無音でLucas Filmのロゴが出るだけでディズニーBad Robotのロゴが出ないというだけでもかなり配慮されているのではないでしょうか。

ということで私としては十分楽しめましたし、シリーズの最後を飾る作品としてはまずまずではないかと思っているのですが、どうも批評家の評価は低く、Rotten TomatoesTomatometerは57%で「ファントム・メナス」以来の低評価となっているようです。しかし、一般の観客の評価であるAudience Scoreでは86%と高くなっていますので、単に批評家受けしないだけで、いい映画とは言えないのかもしれませんが、ファンは楽しんで観ることができるということだと思いますので、安心して観ていただければと思います。私は来週あたり、次男を連れてまた観に行きたいと思っています。