カテゴリー
movie

Ex Machina

もっと早く観ればよかった。
🧠

私は自分でも嫌になるくらい怖がりというか、驚かされるのが嫌いで、血を見るのも苦手で、ホラー映画など以ての外ですが、そうでない普通の映画でもこの先痛い目に遭いそうというシーンではついつい再生を停めてしまったりします。映画館で観ているときにはそういう事もできませんし、目を背けるというのはもったいないような気になるため頑張って観るので、そういう意味でも映画館で観る価値があったりします。

今回観た「エクス・マキナ」は日本での公開が決まる前から面白いらしいと聞いて観たいと思っていたので、日本での公開前のアメリカ出張の際にBlu-rayで購入していたのですが、ちょっと観始めたところで怖くなって停めてしまっていたのでした。しかし、たまたま今朝聞いていたポッドキャストRebuildエピソード147で話題に出てきて、やはり観たほうがいいかなという気になって意を決してみてみたら、実は特に怖くはなかったのでした。まあ、おどろおどろしい音楽で雰囲気を盛り上げているシーンはありましたし、流血もあるのでまったくなんともないということはなかったのですが、観てしまえばどうということはなかったという感じです。

内容は、ネット検索の世界シェア90%以上を握るBlue Bookなる企業でプログラマとして働くCaleb Smithが、社内の抽選で当選して創業社長Nathan Batemanの自宅で一週間滞在することになります。しかしそこでCalebはNDAへのサインを求められたのち、Nathanが極秘で開発した人工知能に対するチューリングテストを任せられることになるのですが…というようなものです。

この作品の主な登場人物は4人しかいないのですが、Calebを演じているのはDomhnall Gleesonというアイルランド人俳優で、どこかで見たと思ったらスター・ウォーズ新三部作のGeneral Huxでした。そしてNathanを演じているのはOscar Isaacで、こちらも言うまでもなく同三部作のPoe Dameronということで、あちらでは敵対する二人だったというわけです。

もう二人の出演者は本作が出世作となったAlicia Vikanderで、この後に出演したどの作品でも素敵でしたが、本作でもとても魅力的です。またもう一人はそれなりに存在感はあるものの設定上まったく喋らないのですが、本作が映画デビュー作だった日系イギリス人のSonoya Mizunoです。Sonoyaはこのあと「ラ・ラ・ランド」でMiaの同居人役で出ていたり、このあと「ゲーム・オブ・スローンズ」の前日譚に出演することにもなっているようです。

この4人の出演者で落ち着いた雰囲気で進行していくストーリーがハリウッド物とは違っていて、ヨーロッパの作品らしくてなかなか良いです。物語の方はここまで高度なAIが実際に開発されたとしたら、こういう結末も予想しなければならないのだろうな、というような空恐ろしさを感じるものです。

なお、スタジオの他に撮影が行われたのはノルウェイのJuvet Landscape Hotelという非常にオシャレなホテルで、ここをNathanの邸宅として利用しています。見事な自然に囲まれて、大きな窓やテラスからそれを感じながらゆっくりと過ごせたらどんなに素晴らしいでしょうか。相当に贅沢な時間を過ごすことができそうですが、一生の間に行くのも難しそうですね。

カテゴリー
movie

The Map of Tiny Perfect Things

思わぬ拾い物でした。
⏳

昨日、いつものようにニュース記事をフィードリーダーで見ていたときに、ふと目に止まったのがシネマトゥデイの「間違いなしの神配信映画『明日への地図を探して』Amazon Prime Video」という記事でした。これは「間違いなしの神配信映画」という、各種動画配信サービスで配信されている映画の中からおすすめの作品を紹介するシリーズの1つのようですが、ほとんどタイトルしか見ていないはずなのになぜ目に止まったのかはわかりません。

この記事で紹介されているのはタイトルの通りAmazon Prime Videoのオリジナル作品「明日への地図を探して」というもので、記事にも書かれている通りタイムループものです。ループものの映画といえば「恋はデジャ・ブ」や「オール・ユー・ニード・イズ・キル」が思い出されるところですが、どちらの作品も私はとても好きですし、後者は特に好きで既に10回以上繰り返し見ています。主人公らだけの意識が残るなんていうことはどう考えてもありえないので、Sci-Fiというよりはファンタジーだと思って観ていますが、それでも楽しめればいいのです。

この作品でループしてしまうようになった原因も、そのループから脱出する方法もストーリーの核心なのでここでは触れませんが、「まさかそんなこと!?」というようなちょっとびっくりするようなことでした。やはりSci-Fiではなくあくまでファンタジーだと思って、深くは考えないほうがいいでしょう。しかし、だからつまらないというようなことはまったく無くて、とても愛おしい気持ちにさせてくれる素晴らしい作品だと思います。

ループにとらわれている主人公らが男女高校生2人だというのがいいのでしょう。舞台はアメリカなので日本の高校生活とは似ても似つかないところはありますが、そうはいってもやはりティーンエイジャーなので微笑ましいものです。演じているKyle AllenKathryn Newtonの二人の実年齢はもう少し上なので余計に大人びて見えてしまいますが、そこは目をつぶるしかないでしょう。

最近はAmazonだけでなく各配信サービスともオリジナル作品に力を入れていて、当然ながらそれらの作品はそれぞれのサービスに加入しなければ見られないというのが残念というか、もったいないように感じてしまいます。この作品も心温まる傑作なので、多くの人に観てもらいたいところですが、Prime会員になっていなければ観られませんし、Prime会員になっていてもPrime Videoは観ていないという人も少なくないのではないでしょうか。それどころか比較的Prime Videoを観ている私でも、シネマトゥデイの記事で紹介されていなければこの作品は知りもしなかったので、今回の記事にはとても感謝しています。今後このシリーズの記事は見逃さないようにしなければと思いますし、過去の記事もしっかり読んで、見逃している作品は一つずつ観ていきたいと思います。

カテゴリー
movie

Tenet

もう一度観たい。
⌚

COVID-19の影響で撮影の中断や上映の休止など大きな影響を受けた産業の一つが映画ですが、なんとなくほとぼりが冷めてきたということなのか徐々に新作の公開が再開されるようになってきました。それには座席を間引くという映画館としては非常に苦しいであろう対策もあってのことですが、なんとか劇場にもまた従来どおりの賑わいが戻るようになってほしいものです。

さて、私もまた久しぶりに劇場へ足を運ぶことになったのはChristopher Nolan監督作品の「TENET テネット」が公開されたためです。これまでは、たとえばSteven Spielbergであれば外れということはないだろう、という程度にしか映画監督を意識することもありませんでした。しかし、Nolan監督についてはフィルモグラフィーを見ると「バットマン ビギンズ」以来のダークナイトトリロジーを始めとするDCコミックシリーズの多くを監督・製作していたり、「インセプション」、「インターステラー」というハードSF作品、重厚な「ダンケルク」という、私が良いと思った作品ばかりが上がっており、今後もこの監督の作品を追っていけば間違いないだろうと思えます。

ということで公開初日に観に行ってきたわけですが、まったく期待に背くことのない素晴らしい作品でしたが、今回もハードなSF作品であり、終映後に後ろの方の席から「全然わからなかった」という声が聞こえてきたとおり、SFに馴染みのない人にとっては非常に難解なものであったろうと思います。私もあえて予備知識をまったく入れずに観てきたとおり、皆さんにもネタバレすることのないようにしたいので、ストーリーについては一切触れないことにしますが、一種のタイムトラベルものとも言えるでしょうか。

タイムトラベルものに付き物なのは伏線回収の醍醐味ですが、この作品でもそれはしっかり意識して作られているので、伏線回収ものが好きな人にも楽しめるのではないでしょうか。私自身も大好物なので、その点でもとても楽しく見ることができました。

映像としてはフィルムでの撮影にこだわっているというNolan監督が、あのクライマックスの複雑な戦闘シーンをどのように作ったのか、非常に興味が湧きます。見ている方もあまりの複雑さに混乱してしまい、私も1回観ただけではすべてを把握することはできなかったのですが、撮影する側の困難はそれを遥かに上回るもののはずです。コンピューターグラフィックスとコンピューターシミュレーションを活用すればまだなんとかなりそうな気もしますが、あくまで実写でとなるとその複雑さは私の想像力の限界を超えてしまいます。

その名もProtagonist (主人公)という主役を演じるのはJohn David WashingtonであのDenzel Washingtonの長男ですが、NFLLos Angeles Ramsの元選手だったという人なので、その肉体も生かされた役になっています。敵役のAndrei SatorはKenneth Branagh、Satorの妻でヒロインのKatはElizabeth Debickiが演じていますが、Elizabethの191cmという長身はすごく存在感があります。主人公の相棒となるNeilの役は「トワイライト」サーガでEdward Cullenを演じていたRobert Pattinsonですが、彼もとてもいい歳のとり方をしたようで、個性のある俳優になったのではないでしょうか。なお、Nolan監督作品ではお約束のMichael Caineもイギリス貴族のちょい役で出演しています。

ということで、いろいろな面で楽しむことができましたし、ストーリーも完全に理解したかどうか自信もなく、伏線も100%回収できたかどうかもわからないので、できればもう一度映画館で観てみたいと思っています。ちょっと時間をおいて2週間後くらいがいいでしょうか。今度はネタバレもなにもないので、それまでの間に見るべきところを調べておいてから臨むのも悪くないかもしれません。