Archives

本能寺ホテル

もっと日本史に興味を持っておくべきだとは思いました。

先日友人らと訪れた書寫山圓教寺は映画や大河ドラマの撮影に使われているということなのですが、実は今までそれらの作品は観たことがありませんでした。「ラストサムライ」ぐらいの大作は観ておくべきだろうと思いながらなかなかその機会がなかったのですが、先日「本能寺ホテル」がAmazon Prime Videoで無料で観ることができるようになっているのを見つけたので、まずはこれから観てみることにしました。

本能寺ホテル

posted with amazlet at 19.06.12

(2017-08-02)売り上げランキング: 15,181

Amazon.co.jpで詳細を見る

この作品は、現代の京都のホテルのエレベーターがなにかのきっかけで本能寺の変前日の本能寺に繋がってしまい、綾瀬はるか演じる主人公が森蘭丸や織田信長を救うべきか歴史を変えないようにすべきか選択を迫られながら奮闘する、というようなコメディ作品です。信長役は堤真一
が演じていますが、威厳があってなかなかそれらしい感じでした。

この作品の中で圓教寺が使われているのは家臣らが振々毬杖(ブリブリギッチョウ)という遊びに興じる場面と、少年時代の信長が庶民の子どもたちと振々毬杖を楽しむ場面との2つのシーンだったと思います。さすがについ最近目で見てきたところなので、すぐに気づきました。ちなみにどちらも同じく振々毬杖の場面だったというのは小道具の運搬の都合などでしょうか。

なお、本能寺の建物には同じく姫路市内にある亀山本徳寺というお寺が使われているそうです。私は実際に行ってみたことはありませんが、Google Mapsで写真を見てみると確かに映画に写っていたそのままの様子です。それほど有名なわけではないと思いますが、立派なお寺のようなので近いうちに見に行ってみたいと思います。

ところで映画そのものがどうだったのかというと、タイムトラベルを題材にしたコメディ要素の強いSF作品として、すごくというわけではないにしてもそこそこ面白い作品であったと思います。映画館で1800円払う価値があったかというと微妙ですが、まあ週末に自宅で気軽に楽しむには良いのではないでしょうか。

サマータイムマシン・ブルース

確かに気持ちいい。

先日、早くもというか話題性が無くなってしまう前にということか、昨年日本の映画界に一大旋風を巻き起こした「カメラを止めるな!」が金曜ロードショーで放映されました。私は放送を見ていないのですが、ぜひ妻にも観てもらいたいと思っていたもののBlu-rayを購入するタイミングを逃していたため、とりあえず録画はしてありますので私ももう一度楽しみたいと思っているところです。

この放送のだいぶ前に読んだ誰かのブログに掲載されていた本作の記事だったと思うのですが、伏線回収ものの代表作のように挙げられていたのが本広克行監督の「サマータイムマシン・ブルース」という2005年の作品でした。普段ほとんど邦画を観ない私なのと、当時はまだ私もあまり映画を観ていなかったということでこの作品については全く知らなかったので、是非観てみたいと思っていたところAmazon Prime Videoで観られるようになっていたため、先日ようやく時間ができたので観てみたのでした。

サマータイム・マシン・ブルース

posted with amazlet at 19.03.21

(2014-09-24)売り上げランキング: 77,509

Amazon.co.jpで詳細を見る

もう10年以上前の作品なので今さらネタバレもなにもないかもしれませんが、「カメラを止めるな!」と同様に本作もあまり予備知識を持たずに観たほうが楽しめることは間違いないと思うので、私も多くは語らないことにします。ただ、タイトルからタイムマシンが登場するであろうことはわかりますので、タイムマシンということはタイムトラベルを題材にしたSF的作品であることは容易に想像できますし、まさにその通りのものです。

しかし、最初はなんだか訳のわからないドタバタコメディのようなものにしか見えず、そのまま観続けるべきなのかどうか、もしも事前に「伏線回収ものの傑作」であるということを知らなかったら迷っただろう、というよりおそらく迷わずに中断してしまっただろうと思います。しかし、その訳のわからなかったものが中盤以降に全てきれいに回収されていくので、その気持ちよさは体験すべきものだと言えます。

なお、「カメラを止めるな!」は当初上田監督が観た「GHOST IN THE BOX!」という舞台作品に着想を得たとしてこの舞台を「原案」としてクレジットしていて、これを不服とする劇団側と権利を巡って争った結果、「共同原作」としてクレジット表記することで合意に至ったという経緯がありますが、この作品ももともと舞台作品として作られたものを映画化したというものながら、あるべき手順を踏んで作られたというところに大きな違いはありそうです。とはいえ、ここから思うのは「実は舞台演劇も面白いのでは?」ということなのですが、残念ながら大都市圏に住んでいないと舞台を観に行くのはなかなか難しいですね。

Alita: Battle Angel

次はいつかな。

予告がいいからと観てみたら本編は全然大したことがなくてがっかりした、ということも何度かありましたが、今回観た「アリータ: バトル・エンジェル」は逆にあまり予告では期待が持てなかったので観ないつもりでいたら前評判がいいので観てみたらとても面白かった、という嬉しい誤算でした。

本作は木城ゆきと氏の「銃夢」という漫画を原作としたものです。現在AmazonではKindle版の1巻を無料で読むことができるので、私も映画を観たあとで読んでみましたが、原作に忠実なところ、設定や物語の順序がちょっと変わっているところ、大きく変わっているところがありました。しかし、全体的な作品のイメージを壊すようなことはなく、しっかり原作を消化して作り上げられたものであるように思います。ある意味最大の違いは主人公の名前で、映画のタイトルでもある「アリータ」は原作では「ガリィ」となっていました。その由来も異なるので仕方ないところもあるのですが、少女の名前としては「アリータ」の方がふさわしいだろうと私も思います。

銃夢

posted with amazlet at 19.02.25

Amazon.co.jpで詳細を見る

原作を読みながら感じたのは非常にボリュームが有る作品だということですが、今回映画化されたのは全9巻のうちの2巻目辺りまでとなっているようです。ということは今のペースで進めれば残り4,5作分ということになりますが、「続く」とは表示されなかったもののいかにも続編に続くという終わり方をしているので、本作は世界的に成功しているようでもあるので続編を楽しみに待っていても良いのではないでしょうか。