UNIQLO +J ライトダウンボリュームパーカ

いい買い物ができたのでしょうか。
🪶

今や世界的にもある程度知られるブランドとなったUNIQLOがこのご時世に大混雑になったというのがつい先日ニュースになっていましたが、その原因となった+Jというラインの発売に今回は私も乗っかってみました。「流行は乗るのではなく作ってこそカッコいい」と子供の頃から信じている私なので、話題だからといって飛びつくのは本意ではありません。しかし、だいぶ傷んでしまったということで昨年まで着ていたダウンジャケットを処分してしまっており、いずれにしても購入する必要があったところで+Jが発売されると聞いたため、タイミングが良かったというわけです。

「+J」というのはデザイナーブランドJil Sanderとのコラボレーションで実現したコレクションですが、2009年から2011年までで終了していたものがこの秋復活したということで話題になっており、ファッションにはまったく疎い私の耳にも入ってきたのでした。

発売当日は一部店舗での大混雑もあったようですが、オンラインストアも繋がりにくい状態が暫く続いていました。こういうときはウェブブラウザよりも公式アプリがいいだろうと思って、目当ての商品を「お気に入り」に登録し、ユーザー情報やクレジットカード情報もあらかじめ登録して数タップで購入できるよう待ち構えていたのですが、それでも通信の混雑から挙動が不安定になっていました。私は売り切れてしまったらそれまでの縁だと割り切っていたので時々試してみるくらいだったのですが、結局午後2時くらいになってようやく落ち着いてきたようで、すんなりとは行かないまでも処理が進むようになり、まだ在庫も残っていたので目当ての商品を注文することができました。

ということで購入したのはライトダウンボリュームパーカ(ブラック)です。フード周りと袖口のデザインに特徴があるほかはそれほど特別な感じはしませんが、機能的に良いのがわかっていてもシームレスダウンが好きになれないので、普通に縫い目のあるところも良いと思っています。また、色をブラックにしたのは裏地がワインレッドになっているところが気に入ったためですが、他の色も裏地との組み合わせはそれぞれ悪くないと思います。ロングコートもありましたが、ハーフのほうが着る機会がありそうなのと、そもそも私が注文するときには既に売り切れてしまっているようでした。

他のガジェット系の予約販売に慣れてしまっていたので意外に感じてしまいましたが、注文してから数日で手元に届きました。早速羽織ってみるととても軽く、ゆったりしていて着心地はなかなか良かったです。実店舗で試着するということもできなかったのでサイズ感など若干の不安はありましたが、袖丈などもまったく問題ありません。ちょっと暖かい日が続いているので防寒性能などはまだわかりませんが、家の中で着ているとすぐにポカポカしてきたのでちょっと期待しています。

「なんだかんだいっても結局ユニクロだから」なんていう声も聞こえてきましたが、ユニクロの品質と価格にJil Sanderのデザインであればいいとこ取りで素晴らしいことではないでしょうか。それがもし逆だったりしたら酷いことですが、そんな事はあるはずもないでしょう。1万円少々のダウンジャケットとしては非常に高品質に見えますし、デザインとして派手さはありませんが機能と見栄えは両立されているのではないかと思います。

商品ページのレビューを見ると買えなかった人が星1つの評価で色々書いていたり、ボリューム感がないと言ったあとで無理にコロナに絡めている人などもいたりで、まったく商品の参考にはなりませんが、話題性だけで買おうとするとそんなものなのでしょうか。そもそも既に完売した商品のレビューは表示する必要もないでしょうし、URLを知っていたりググったりせず普通に閲覧しているだけではたどり着かないのですが。

#FightLyme with Avril Lavigne + Friends

正直期待はずれではありましたが…
🎤

音楽といえば基本的に洋楽ばかり聴いている私ですが、好きなアーティストの一人がAvril Lavigneです。Avrilは容姿も美しいのですが、それ以上に彼女の書く歌と声が非常に素敵です。私は特にバラード系の歌が素晴らしいと思っていて、一番好きなのは2013年にリリースされた、当時の夫Chad Kroegerとのデュエット曲”Let Me Go“です。

このAvrilが久しぶりのワールドツアーで日本にも来る、ということでぜひ行きたいと思っていたもののチケットを取ることができず見送っていたのですが、その後COVID-19のせいでツアー自体がキャンセルになってしまいました。これは他のアーティストも同様なので仕方のないことだとは思いますが、その後オンラインライブをやるということが発表され、それならばと私もチケットを購入して視聴しました。それが日本時間の今日開催された”#FightLyme with Avril Lavigne + Friends”という名前のイベントです。

そもそも、Avrilは2014年から2015年にかけて表に出てきていなかったのですが、その原因となったのが「ライム病」という病気で、5ヶ月もの間寝たきりになっていたとのことです。野外でダニによって媒介される病気で、日本でも発生することがあるということなので、決して他人事ではありません。軽いものから深刻なものまで様々な症状が見られるようですが、ダニに咬まれることでそんな大変なことになるとは私も思っていませんでした。

今回のイベントはその収益のすべてが、Avrilが自身の経験から設立したThe Avril Lavigne Foundationに送られるチャリティーコンサートとなっています。このため、曲の合間合間にライム病や支援団体などの説明が入っており、またイベント自体が1時間弱で終わってしまい、さらに”+ Friends”とあるようにAvril以外にRob Thomas, Alessia Cara, OneRepublicといったアーティストも1, 2曲ずつ披露していて、結局Avril自身の歌は4曲(Girlfriend, My Happy Ending, Head Above Water, We Are Warriors)だけというかなり物足りないものになってしまいました。

とはいえ、チケット代金は$25とコンサートとしては安く、最初からチャリティーイベントであると言われていたので、これは仕方のないことでしょう。それでも4曲ともすべてギターかピアノによるアコースティックな演奏で、Avrilの歌もアルバムでは聴けないものだったので、これはこれで相応の価値はあるかもしれません。動画は48時間以内ならくり返し観ることができるのですが、2回目以降は飛ばし飛ばし観ればいいかな、と思ってとりあえずもう一度観ておきました。

ということで、やはり本物のコンサートにはまったく及ばないものだったので、いつか生のAvrilをこの目で見て、生の歌声を聴いてみたいものです。早く安心してライブを開き、聴きに行ける世界が来るといいのですが…

ASUS RT-AX56U

何かが劇的に変わるわけではありませんが。
🖥️

いわゆるテレワークが急激に普及したことで品薄になったものがいろいろありましたが、どうやらWi-Fiルーターもその一つだったようです。私の自宅にはすでに、記事にしなかったようなのでいつ購入したのかもよく覚えていないAirPort (AirMac) Extremeのおそらく第5世代があって、それなりに使えていたので慌てて購入する必要はありませんでしたが、自宅のWi-Fi環境が十分でなかったような人が快適に仕事するためにと買い求めたため、一時的に在庫が減っていたようです。

AirPortというのはかつてAppleが販売していたWi-Fiルーターですが、MacやiPhoneから専用アプリで楽に設定できる、というのが私にとっては最大にしてほぼ唯一の長所でした。しかし、このルーターは2.4GHz帯と5GHz帯の両方に対応しているのに、どういうわけかiPhoneからはうまく5GHz帯で接続することができない状態になっていて、Windows PCでは問題なく接続できるのに不可解でした。これがどういう問題なのかというと、Bluetoothと周波数帯が重なっているため、Bluetoothイヤホンを使用しているときにWi-Fiの接続が非常に不安定になり、特にYouTubeはすぐに切断されてしまうのです。

これはせっかくAnkerのBluetoothイヤホンを購入した次男にとっては残念な話で、仕方なく有線のイヤホンを使っているかわいそうな状態だったので、私としてもなんとかしてあげたいと思っていました。また、私自身もBluetoothレシーバーを使っているときに調べものができなくて困ったので、やっぱりなんとかしようと新しいWi-Fiルーターに更新することにしました。

最近はゲーミングルーターなんていうものものあるのですが、たしかに応答性が重要なネットワークゲームでは帯域が不十分なせいで遅延するような状態では満足にゲームを楽しむことができません。とはいえ、私はネットワークゲームなどはしませんし、そもそも古いマンション住まいで建物までは光ファイバーが来ているものの、階下の分電盤からの接続はVDSLなのでそこがボトルネックになっているので大した性能は必要ありません。

ということで私が選んだのはASUSRT-AX56Uという、同社のWi-Fi 6対応製品群の中では最も基本的な機種になります。

設定はiPhoneやAndroidのアプリでも行うことができ、ルーターのSSIDに接続してアプリを起動すると、基本的な設定を簡単に行うことができます。また、アプリでは機器の接続状態やネットワークの負荷状況などもモニターすることができます。

基本モデルとはいっても仕様としては1201+574Mbpsを謳っており、VDSLの制約で実測80Mbps程度までしか出ないので、十分すぎる性能です。実際、性能面ではまったく不満はありません。また、期待していた5GHz帯での接続もまったく問題なく、非常にスムーズに接続できました。

ということで、重要な目的は達成してくれましたし、設定も簡単だったのでとりあえずは満足です。ただ、性能を活かしきれていないのがもったいないように感じてしまうのですが、それは贅沢なのでしょうか。一戸建てだったり最新のマンションだったりすればもっと高速なインターネット接続が利用できるのに、と思うとなんだか悔しいのですが、それでも海外の状況に比べれば十分かもしれません。ただ、4K動画のストリーミングには足りないだろうな、と思ってしまうんですよね…4Kモニタなんて持っていないのに。