カテゴリー
misc

Duolingoでフランス語

五十の手習い?
🇫🇷

このコロナ禍で外出しにくくなったりリモートワークになったりで、自宅で過ごす時間が長くなっているという人が多いのではないかと思いますが、そうしてできた時間を有意義に活用されているでしょうか。料理や工作など新しい趣味を見つけたという人も少なくないようですが、私の場合はどういう風の吹き回しかフランス語なんぞを学び始めてしまいました。

どうしてフランス語なのかというのは大したきっかけがあるわけではないのですが、英語はもうある程度できるようになったし、新しい外国語でもと思ったときに役に立ちそうなのは中国語ですが、感じを覚えるのが大変だしちょっとありきたりだし、英語に近いほうが覚えやすいかなということと、なんとなくオシャレだし、というくらいです。

どうやって学習しているのかというと、もちろん語学教室に通っているというわけでもなく、本で勉強するというのもなかなか頭に入ってこないので、Duolingoというインターネット上のサービスを利用しています。これはウェブサイトやスマホアプリを通じて利用できるもので、もちろん有料会員サービスもあるのですが、広告を見ることで無料でも一通りの学習はできてしまいます。有料会員になると広告が表示されなくなる他に、追加のレッスンやレッスンのスマートフォンへのダウンロードなどの特典があるようです。私は今のところ無料で利用しているのですが、だいぶ気に入っているので料金を支払ってもいいとは思っているものの、年末の大幅割引セールで入会し損ねたので二の足を踏んでいるところです。

このDuolingoというのはCarnegie Mellon UniversityDr. Luis von Ahnが初めたプロジェクトだということで、様々な言語で様々な言語を、先に書いたとおり無料で学習することができます。残念ながら日本語では今のところ英語と中国語しか学習できないのですが、英語からだと36もの言語を学ぶことができ、その中にはクリンゴン語まで含まれています。したがって私も英語でフランス語を学習しているわけですが、学んでいるといかにこの2つの言語が近いかが実感され、非常に学びやすいように思います。

Duolingoでは英文のフランス語訳やその逆、フランス語の聞き取りなどを、低いレベルでは選択式、高いレベルではタイプ入力で回答したり、マイクで実際に発音したりと様々なタイプの問題が、単元ごとにシチュエーションに合わせた単語で出題され、また単元が進んでいくと文法も高度になっていくようになっています。

良くできているのは講座をこなすごとにもらえるポイントによって学習している人同士が競い合うようになっていることから、毎日少しずつでも続けていけるような工夫がされていることで、語学は継続することで身につくものですから、これは非常に重要なポイントだと思います。私はこれまでに2ヶ月ちょっと続けているのですが、今のところ毎日欠かさず少しでも進めていっています。

また、一度やったらそれで終わりということではなく、日が経つとまた同じ単元の復習を促すような仕組みになっているところも良くできていて、忘れそうになった頃に繰り返し学習することでしっかり身につくようになっているのも良くできているところです。

最初に講義のようなものはなくいきなり問題から始まるので最初はわけがわかりませんが、習うより慣れろ方式で少しずつ身についていくのが不思議なもので、しばらく経って振り返ってみると、ちょっと前にはさっぱりわからなかったはずのフランス語の文がいつの間にか読めるようになっていることに気づきます。この年になっていきなり新しい言葉が覚えられるのだろうかと思いながら試しに始めてみたのですが、やはり単語を覚えるのは苦労しますがしばらくやってみる気になりました。

フランス語に関していえば英語以外の印欧語族で悩まされるのがですが、ドイツ語のように中性がないだけまだ覚えやすくて助かります。ただ、動詞などの変化はやはり複雑で、忘れがちなのが二人称単数の動詞にsが付くことです。しかもこのsは発音しないことが多いので覚えにくく、私はこれで不正解になることが多いです。ほかにも母音のない文字は発音されないことが多いので聞き取りが難しかったり、音は4つくらいしかない文なのに書いてみると20文字くらいあってびっくりすることがあるというのが私が今のところ感じるフランス語の特徴です。しかし実はまだ現在形しか学んでいないので、この先どんどん複雑になっていくはずなのですが、大丈夫でしょうか。

ということで、フランスに遊びに行けるのはいつになるのか、今の状況ではさっぱりわかりませんが、その時までにちょっとは使えるくらいになっているといいのですが…

カテゴリー
net

さよならFlickr

長いお付き合いでした。
📷

もう今や知る人ぞ知る、というかよく知っているのはインターネット老人会の人々だけではないかと思いますが、2000年代中頃に一斉を風靡して、一応今も続いているFlickrという写真共有サービスがあります。ちょうど空前のブログブームだった頃に登場して、ブロガーの間で話題となり広まったサービスですが、当時流行った”e”抜きサービス名の先駆けでもあるかと思います。livedoor PICSが丸パクリしたほどのものでもあります。

しかし、あちこちに売られて迷走してしまっているのか、一向に進化しないユーザー体験でどんどん陳腐化しているように感じます。有償のProアカウントでは当初から容量無制限でしたが、Proユーザーの数は減少の一途だったのではないでしょうか。そのProアカウントも徐々に値上げされてきて、気づけば年間プランでも毎月6ドルということで、私もふとこれだけの価値があるだろうかと考えて、解約に踏み切ることにしました。もういつから契約していたのかわかりませんが、10年以上になるのは間違いありません。

Flickrが良かったのは今としては写真に特化しているのでEXIF情報を抽出してくれるということと、ライセンスを選択して明記できることくらいでしょうか。登場した当時は写真を共有するサービスがほかにあまりなく画期的でもあり、写真を撮る人どうしのSNSとしても機能していました。しかし、他社からも類似のサービスが続々提供されるようになり、スマートフォンの普及でさらにカジュアルに写真を撮るようになった現在では写真の共有といえばInstagramには敵わないでしょう。

いつからか日本語には対応しない状態になっていて、日本でのiOSアプリの提供もなしということで、日本でまともに商売する気はないようでしたし、実際私自身も単なるバックアップ先の一つとして使っているだけで、自分でFlickrのウェブサイトを見ることも本当にたまにしかありませんでした。解約したことで気になるのはこのブログでも写真置き場として使っていたのでリンク切れになってしまう記事が少なからずあることですが、それに縛られるのも馬鹿らしいので追々なんとかすることにします。

結局なんだかんだでサブスクリプションサービスはほかにもたくさんあって、Twitterクライアントとして愛用しているTweetbotもつい先日公開されたTweetbot 6からサブスクリプションに移行してしまったところです。一つ一つは大きな金額ではないのですが、積もり積もると馬鹿にならない金額になってしまうので、冷静な判断で切っていかないといけませんね。私は今のところ音楽や動画のサブスクリプションは利用していないのでまだたかが知れているかと思いますが。

カテゴリー
net

Clubhouse

百聞は一見に如かず、でした。
👋

今週になって日本の一部界隈で突然話題沸騰になったのがClubhouseというサービスです。シリコンバレーで2020年3月から始まったものですが、「音声版SNS」や「音声版Twitter」という形で紹介されており、それだけを聞くとツイートの代わりにボイスメールのような数秒から数十秒程度の音声で投稿するものなのかと想像してしまいますが、実態としては全く違うもので、それなりに新しさを感じるサービスでした。

少なくとも現在までのところ完全紹介制となっており、既存のユーザーからSMSで招待を受けなければ使用を開始することができません。アプリをインストールして起動すると自分の電話番号を入力し、紹介を待つ間に自分のIDを予約することができますが、そこから先へ進むためには招待コードの入力が必要となります。なお、私はこの予約の時点で自分がTwitterやInstagramで使っているのと同じIDである「@sszk」が「他の人がすでに使用中」となっていたのでちょっと萎えてしまっていたのですが、いざ招待していただいてから念のために試してみると希望通りのIDで登録することができ、予約とは一体何だったのかという感じになっています。ひょっとすると先に予約していた人が別のIDに変更したので空いたということなのかもしれませんが、ほかにも同じ状況だった人がいるので、ただのバグなのかもしれません。

また、今のところiOS用のアプリでしか使用することができず、残念ながらAndroidやPCなどからはアクセスができない状態となっています。これはいずれ解決されるのでしょうが、招待してくれるという人がいるのに参加できないというもどかしい状況の人もいるようです。

さて、幸いにも招待いただくことができたので早速登録してみて、ちょっとばかり使ってみたところですが、想像していたイメージとはだいぶ異なるものでした。確かに「音声版Twitter」という表現も納得できる部分はあるのですが、まず音声はリアルタイムでしか聞くことができないというのが大きな特徴です。タイムラインに相当するのはRoomというものですが、ここでその時行われている会話を聞いたり、発言したりして参加することができます。発言は無秩序にできるものではなく、Roomの主催者であるモデレーターが発言権を管理しているので、発言したければ挙手により要求する必要があり、好ましからざる発言を繰り返せば追い出されることになるでしょう。

Roomは公開・非公開の設定が可能で、非公開のRoomは当事者以外には見えないのでプライベートな会話に電話のような感覚で使うこともできます。逆に公開のRoomは見つけた人が自由に聞くことができるので、公開討論やラジオのような感覚で有名・無名の人の発言や会話を発信したり楽しむことができます。場合によっては一人で文字通りつぶやくこともできるでしょう。このあたりが「音声版Twitter」という言い方につながっているわけです。

このClubhouseに参加するための紹介状は各ユーザーに最初に2名分づつ割り当てられます。完全紹介制のSNSという仕組みは過去にOrkutmixiなどでもあったものですが、招待枠がわずか2名というのはこれまでにない厳しいものではないでしょうか。これによって飢餓感を煽る戦略もあるのかもしれませんが、周囲が盛り上がっているのに紹介を受けられず疎外感を持ってしまっている人がいるようなので、逆効果になる恐れもあり難しいところではないでしょうか。なお、招待の権利は利用実績により追加で割り当てられるとのことです。

「クラブハウス」という名前の所以について、日本語で「クラブ」という文字列からはなんだかキラキラしたものをイメージしてしまうかもしれませんが、本来は会員制の集会所を意味するものなので、興味や価値観を共有する者同士が集う場所というようなことになるでしょう。そういったところでは紹介制であることが多く、「誰の紹介を受けたか」が重要な意味を持つようです。そのため、このClubhouseでもプロフィール欄にはいつ、誰の招待で入会したかが見えるようになっており、その人の背景を窺わせることになっています。

なお、2名だけなのであまり機会は多くないことですが、紹介の仕方がちょっと分かりづらかったので私も調べる必要がありました。結局、招待相手はアプリに共有した連絡先の中からしか選択することができないので、まずアプリに対して連絡先を公開する必要があり、そしてその連絡先に紹介相手の電話番号が登録されていなければなりません。したがって、紹介してもらうためには既存ユーザーの誰かに電話番号を知らせる必要があるので、リアルな知人以外は簡単に紹介しづらい状態になっており、それが会員同士のネットワークを確実で信頼できるものにしているということのようです。

これまで仕組みのことばかり述べてきましたが、実は音声の品質が高く、聞きやすく喋りやすいということも人気を支える重要なポイントではないかと思います。おそらく音声データの帯域はそれほど広くないので音質自体は若干ガサガサした感じに聞こえることもありますが、何しろ遅延がほとんど感じられないほど小さいということが喋りやすさにつながっており、発言者どうしが「お見合い」してしまうことも少なく聞きやすいということになっているのではないでしょうか。普段仕事で利用しているMicrosoft Teamsよりも遅延は明らかに少なく快適です。

ということで、広告が入っているわけでもないので今はまだどのような形で収益化されるのかが見えないサービスですが、昨年5月の時点で評価額は1億ドルと発表されるなどしています。急速にユーザーを増やしているのは現在のコロナ禍で人同士のリアルなコミュニケーションが取りづらくなっていることが一因であることは間違いないでしょうが、果たしてその先はどうなるのか、どうしようとしているのか興味深いところです。