Archives

Searching

10年後に観たらどう感じるか…

先週の金曜日は世間では一般的でない文化の日の代休ということで私の勤務先は休みで、その前日は週末扱いで残業禁止日だったのですが、それがちょうど11月1日だったので毎月1日の映画の日だったのでした。8月までは何本も観たい映画の公開が続いていたのに9月に入ってからパッタリと無くなってしまい、2ヶ月ほど映画館から遠ざかってしまっていたのですが、11月からは怒涛のラッシュが続いていて、その先頭として1日には「search/サーチ」を観ることにしました。

この作品が注目されているのは、アジア(韓国)系アメリカ人のJohn Choが主役であるということです。JohnはJ. J. Abramsの「スター・トレック」シリーズでHikaru Suluを演じていてアジア系俳優の中ではかなり存在感がありますが、それでもアメリカ映画はやはり白人中心のものなので、そんな状況でこの作品が高く評価されたという面はあります。

もう一つの特徴はこの作品の映像がすべてPCの画面の中で描かれているという点です。俳優が演じる場面もFaceTimeのビデオ通話だったり、ウェブのニュースサイトの動画だったり、あるいはネットワークカメラの映像だったりと非常に凝ったものになっています。また、iMessageのテキストで会話が進む場面などもあり、現代人には馴染みのある様々なツールが使いこなされています。

使われているPCも最初はWindows XPだったのが今はMacになっていて、FaceTimeやiMessageが使われることになっているのですが、このあたりはSkypeでもいいのかもしれませんがApple製品でないときれいに描けないところだったりするのかもしれません。しかし使われているブラウザはChromeでした。これらの他にも、GoogleやFacebook、Twitter、Instagramなど実在のサービスがそのまま使われているのがまたリアリティがあってよいのではないかと思います。多くの場合何らかの影響を考慮してかよく似た架空のサービスを作って使用されるのではないかと思いますが、それではいかにも作り話のように感じられてしまうものです。ここで実在のものが使われることで、現実との境目が曖昧になってくるのではないでしょうか。

ストーリーの方は観てのお楽しみということにしておいた方が良いと思うので語りませんが、普段インターネットに接する機会の多い人、時間の長い人ほど楽しめるような気がします。私はJohn演じるDavidがうまいことネットを使いこなしているな、と感心してしまって、それも面白かったところです。ただ心配なのは現代のインターネット事情を背景にしているため、陳腐化してしまうのも早いのではないかということですね。したがって、観るなら今のうちに観ておくべきでしょう。

ポッドキャスト

新たな楽しみ。

先日、Bluetoothワイヤレスヘッドセットを購入したという記事で「とあるPodcastを聴き始めた」と書きましたが、その後紆余曲折あって現在中心的に聞いているものが3つあり、それは以下のとおりです。

backspace.fm
Rebuild
Turing Complete FM

そしてこれら3つのポッドキャストには次のような共通点があります。

主宰者がサンフランシスコ・ベイエリア在住のソフトウェアエンジニアである
音質が良い
声が良い

最初に聴くようになったbackspace.fmはYouTuberでもあるdrikin氏を中心に、ITmediaの松尾氏、サンフランシスコ在住の「週末クリエイター」であるYukaさんのレギュラー陣が、一週間分のテック系ニュースにまつわるよもやま話を繰り広げる、基本的に雑談系の番組となっています。本編以外にいくつかのサイドチャンネルがあるのですが、本編だけでも現時点で250回を超えており、2014年1月のスタートからすでに4年半以上続いているようです。私はdrikin氏のYouTubeチャンネルを先に見始めて、そこからポッドキャストも聴くようになったのですが、このdrikin氏を中心とするコミュニティが非常に強固なものになっていて、YouTube、ポッドキャストの他、Mastodonインスタンス「通称グルドン」、Discordチャンネルといくつものチャンネルでクロスオーバー的に交流が行われています。私はあくまで視聴者の一人として傍観的に参加しているだけですが、drikin氏の日本出張の折などに頻繁にオフ会も行われているので、私もいつか参加してみたいと思っています。

次に聴き始めたRebuildはdrikin氏の発言に時々出てきて知ったのですが、聴くきっかけはdrikin氏のゲスト出演でした。Rebuildはソフトウェアエンジニアの宮川氏が毎回ゲストを1人ずつ招いて対談形式で収録されている番組ですが、話題はソフトウェア業界の界隈でのニュースにまつわるものとなっていて、最新の業界関連のニュースと裏話が私には非常に興味深いものとなっています。また、宮川氏の語り口が穏やかで落ち着いていて、聞いていて疲れないのが良いです。このRebuildはbackspace.fmよりも1年ほど早く2013年1月に始まっていますが、当初1エピソード1時間ほどだったものが最近は3時間を超えることもままあって、片道30分の通勤では聴き終わるまで3日もかかってしまいます。しかし内容が豊富なので飽きてしまうようなことはなく、ポッドキャストを聴くのが楽しくて週末も無駄に歩き回ってしまうような状況です。なお、私は基本的に歩くときだけポッドキャストを聴くことにしています。

Turing Complete FM (TCFM)を聴くようになったきっかけはそのパーソナリティであるRui Ueyama氏がdrikin氏の次の回でRebuildにゲスト出演したことでした。当時はTCFMは1エピソード公開されたまま1年以上放置されたような状態になっていたのですが、Rebuild出演後まもなくエピソード2が公開され、その後は週1エピソード程度のいいペースで継続されています。

TCFMはその名前になっている「チューリング完全」という言葉にピンとくる人には面白いはずです。これは計算機科学の用語で、乱暴に言えば「原理的にどんな問題でも解ける」というような事を指しますが、このポッドキャスト自体はチューリング完全なわけではなく、単に名前として持ってきたというだけでしょう。このポッドキャストではコンピューターのソフトウェアに関する様々な話題、特に学問的なものについてゲストを招いて語るというもので、その分野で活躍する現役大学生など若手ゲストが比較的多いので、今まさに注目されている分野を知ることができるという点でも非常に面白いと思います。

これらのポッドキャスト以外にもいろいろ試してみてはいるのですが、やはり音質と声の聴きやすさというのは非常に重要だと思います。どんなに興味深い内容であっても雑音が多かったり滑舌が悪かったりして聴きにくいものは長続きしません。声質というのは持って生まれたものもあるので、それだけで切り捨てるのはもったいないかもしれませんが仕方ありません。これら3つのチャンネルはみな無料配信されているのですが、それぞれサポータープログラムやPatreonなどでの支援も受け付けており、私は今後も末永く聞いていきたいので、サポートしていきたいと思っています。

Amazon Prime Reading

入門編ということ?

ヤマト運輸の配送能力が限界に達していてAmazon.co.jpの要求に耐えきれない、というようなことが話題になって「配送業者を酷使するAmazon」というような印象を持ってしまった人もいて、また日本で法人税を納めていないという話もあって、一部ではAmazon離れというのが起こっているようです。しかし私はAmazon.co.jpが始まる前からAmazon.comを利用していて、今やAmazonで買えるものはなんでもAmazonで買うという状態に近く、なかなか他へ移るということは考えづらいです。Amazonの何がそんなに良いかというと、安いとか送料無料だとかいうことではなくて、欲しいものがすぐ確実に見つかるということです。ヨドバシカメラもいい線いっているので乗り換えの第一候補ですが、楽天の検索は最悪なので、楽天を利用するのは買う店が決まっているときだけです。

Amazonから離れがたい理由のもう一つはKindleの存在でしょうか。私は2年前に購入したKindle Paperwhiteを利用していますが、ちょうど今もクーポンを利用すると7000円弱で購入できてしまうKindle発売5周年記念セールというのをやっているようですが、この端末のおかげで電子書籍を読むのが非常に快適になったように思います。電子ペーパーが目に優しいとか、バッテリーが1か月以上持ついうだけでなく、コンテンツを自動的に同期してくれるWhisperSyncも秀逸です。

Kindle Paperwhite Wi-Fi 、ブラック、キャンペーン情報つき

posted with amazlet at 17.10.22

Amazon (2015-06-30)売り上げランキング: 4

Amazon.co.jpで詳細を見る

このAmazonが最近始めたのがPrime Readingという、プライム会員なら誰でも対象の書籍が無料で読み放題になるというサービスです。これまでもKindle Unlimitedという似たようなサービスはありましたが、こちらは月額980円の利用料が必要でした。Prime ReadingではAmazonプライムの会費の中で賄ってしまうという太っ腹なサービスで、ただでさえアメリカのPrimeの年会費$99に対して3900円と格安なのに無理がないのか心配してしまうほどです。

しかし、実はそんな美味しい話は簡単にないわけで、今日現在でKindle Unlimitedでは174,326タイトルが対象となっているのに対し、Prime Readingではたったの699タイトルとなっているのです。単純計算で実に250倍の差がありますが、1000冊足らずでは自分の興味のあるものがどれだけあるでしょうか。まあ、対象のタイトルはたびたび入れ替えられていくでしょうから、うまく巡り会えればラッキーくらいのものかもしれません。これくらいの数だと全部確認できてしまいますが、とりあえず読んでみたのは「奇跡のリンゴ 「絶対不可能」を覆した農家 木村秋則の記録」です。

無料だという以外に特別なことはなく、いつもどおりに読むことができるのですが、これはあくまでレンタルなので読み終わったら返却が必要です。期間や冊数の制限はないようですが、持ち続けているとどうなるのかもよくわかりません。この返す手間さえ気にならなければ、手当たり次第に借りてみてもいいかもしれません。しかし実はこれはKindle Unlimitedに客を導くための仕掛けなのでしょうね。タイトル数が圧倒的に違うのでKindle Unlimitedの方では読みたい本がいくつもあることは間違いありませんし、毎月1冊以上本を買っているような人であればすぐに元が取れるでしょう。私もおそらく毎月平均1000円以上の本は買っているでしょうから、利用しようかな…と思ったのですが、それは読みたいと思った本が対象になっているかどうかを確認してからですね。対象の中から本を選ぶというのは自分の意志を制限されているようで、ちょっといい気がしません。