「space」タグアーカイブ

ガガーリン 世界を変えた108分

これも冷戦の産物。
🧑🏻‍🚀

ここで何度も書いているとおり、私は子供の頃に家族で見に行った1978年の「宇宙博」で強い影響を受けたことで、宇宙開発には人並み以上の関心を持っているのではないかと思います。しかしながらこの宇宙博が冷戦真っ只中に開催されたもので主にアメリカと日本の宇宙開発をテーマにしたものであったこともあり、またロケット開発自体が軍事機密でもあり東側陣営に関する情報はなかなか得ることができませんでした。最近では情報公開とインターネットの発展により調べることはできるようになりましたが、それでも私の知識は知れたものです。

最近も宇宙をテーマにしたハリウッド映画がいくつか公開されていますが、それらもやはりアメリカのものなのでアポロ計画を描いた「ファースト・マン」やそれより前の「マーキュリー計画」に関わる「ドリーム」などに限られており、どうしても西側からの視点になってしまいます。しかしそんな中、Amazon Prime Videoで「ガガーリン 世界を変えた108分」なるロシア製作の作品を見つけたので、早速観てみることにしました。

「ガガーリン」といえばボストーク1号で世界最初の有人宇宙飛行を果たしたソビエト連邦の宇宙飛行士ユーリイ・ガガーリンに他なりませんが、ボストークの打ち上げ前日から帰還までのガガーリンとそれに関わる人達を描きつつ、ここに至るまでの幼少期から直前までの出来事が回想として綴られたものになっています。

この作品ではボストークロケットの打ち上げの場面なども過度にドラマチックに演出されることもなく、108分とされる地球周回軌道上でも大きな問題が起こるわけでもなく、比較的淡々と描かれているように感じましたが、その分落ち着いて観ることができます。アマゾンのレビューでは「全体的に物悲しい雰囲気に描かれている」といっている人がいますが、当時のソビエトの空気自体がそうしたものだったでしょうし、これでもだいぶ柔らかく抑えて描かれているのではないでしょうか。

しかし、まだテレビも一般には普及していない60年前のソビエトの技術で、一連の宇宙飛行を自動制御で実現することができたということには改めて驚かざるを得ません。ガガーリンが搭乗していたとはいえ、本人には操縦することができず、ただ状況を無線通話で報告していただけのようです。また、ボストーク1号がどこまで事実に忠実に作られたものなのかわかりませんが、船内は私が想像していたよりもかなり空間的な余裕があったようだということがわかりました。座席を離れることはできなかったでしょうが、身動き一つできないというようなものではなかったようです。

なお、本作は字幕版がないようだったので日本語吹替版で観たのですが、作品中でガガーリンが歌うロシア語の歌の歌詞がむりやり日本語に翻訳されているところにかなり違和感がありました。歌詞の意味に重要な意味があるのであればそれも仕方ないかと思うのですが、そういうわけでもなかったようなので、歌の方は原語のまま、歌詞を字幕で表示するなどしてもらえるといいのではないでしょうか。

2020年5月30日のアメリカ

同じ日に同じ国で。
🇺🇸

COVID-19の最大の感染国になってしまったアメリカですが、2020年5月30日は大きなニュースが2つありました。

今月25日にミネアポリス白人警察官Derek ChauvinがGeorge Floydという黒人男性を取り押さえる際に膝で首を長時間押さえつけていたことが原因で死亡するという事件がありましたが、これに対する抗議のデモから暴動に発展し、30日には各地に飛び火することになりました。

アメリカで白人警察官による黒人への人種差別的暴力行動も度々起こることなら、その都度このような暴動も繰り返されていますが、今回はCOVID-19とそれに対応するためのロックダウンなどで人々の鬱憤が蓄積していたこともあってか、かなり規模が大きくなっているようです。しかし一方で、店舗の前で暴動をなんとか鎮めようとする善意の人もいるようで、「アメリカ人」もひとくくりにできるわけではありません。

日本から見ているとアメリカの警官はどうしてこんなことを繰り返してしまうのか、またか、と思ってしまうかもしれませんが、アメリカの警察官は日本よりも命がけで必死なのです。日本でも職務によっては同じようなことはあるかもしれませんが、相手が銃を持っていても不思議ではありませんし、常に死と隣り合わせで仕事に取り組んでいます。警察に車を止められたらハンドルの上に両手を置いて待ち、急な動作はせず、何かを取るときには許可を得てから、というのは私のアメリカ駐在中に言われていたことですが、警察官側も一瞬の判断が命取りになるので躊躇せず発砲するわけです。そのような緊張感が行き過ぎることで今回のような事件に発展してしまうのだと思います。

[2020-06-01 追記]
なお、だからといって今回のChauvinの事件を正当化する意図はまったくなく、なぜこんな愚かな行動を取ってしまう者が続出するのか、そのわけを考えてみたまでです。おそらく相手が白人であったなら起こらなかった事件でしょうが、アメリカの人種差別の問題は深く難しいものなのでここでは述べていません。また、今回全米の多くの警察官の命をさらに危険に晒すことになったという点においても、罪深い一件だと思っています。
[追記ここまで]

ただ、こうした抗議行動が暴動と略奪につながってしまうのは私にも理解のできないことですが、日本以外の国ではそれほど不思議なことではないようで、逆に同調圧力がいい方向に効いて統制の取れた日本のほうが特殊なようだというのは3.11のときにも話題になりましたね。

一つ目のニュースが長くなってしまいましたが、もう一つはSpaceXCrew Dragonに乗ってNASAの2人の宇宙飛行士が国際宇宙ステーションに向けて飛び立ったということです。打ち上げは3日前に計画されていたものが延期されていたものですが、今回は無事成功し、その様子はYouTubeで同時配信されましたが、日本では発射時刻が未明となってしまったため、私はちょっと遅れてリプレイで視聴しました。

NASAにとっては2011年のスペースシャトル退役以来の約9年ぶりとなる有人ロケットの打ち上げになりましたが、今回は民間企業による有人ロケットの打ち上げであるという点で歴史的なものとなりました。Dragonの打ち上げにかかる費用はスペースシャトルの3分の1程度にまで圧縮されているそうで、かなり効率化が進んでいるようです。

SpaceXのFalconロケットといえば、これまでは打ち上げそのものが見どころであったものに加えて、メインロケットとブースターロケットが帰ってきて垂直に着地する、というのも大きな見どころとなりました。今回はブースターロケットを使用していないためメインロケットのみの帰還となりましたが、これも無事に成功しています。なお、Of Cource I Still Love Youと名付けられたドローン船への着地時はいつも中継画像が途切れてしまうのですが、これはロケットが減速するための噴射で船が揺れ、中継用の衛星を捕捉できなくなってしまうのが原因であり、わずか数秒の中継のためには対策コストが見合わず、仕方がないことのようです。

このほか打ち上げの時に私が感じたのは、他のロケットの打ち上げのときよりすっと上がったな、ということです。実際にロケットの点火はリフトオフの直前でしたし、重量感があまり感じられないような気がしたのはロケット自体がスペースシャトルなどよりだいぶ軽量だからなのかもしれません。また、Crew Dragonの内外装がSFチックで未来的にクリーンな仕上げになっているのも印象的です。特にキャビンはスイッチと計器類で埋め尽くされていたスペースシャトルなどに対し、Crew Dragonではほぼ自動操縦であることもあって液晶タッチパネルが広がっているだけです。宇宙服やヘルメットもかなりスタイリッシュですし、空想していた未来が現実になったかのように感じられます。

ということで、奇しくもアメリカの明るい面と暗い面が同日に見られることになってしまったわけですが、これはどちらもアメリカの現実です。

Star Wars: The Rise of Skywalker

とうとう終わってしまいました。
✨

私の大好きな「スター・ウォーズ」シリーズのいわゆるSequel Trilogyエピソード6「ジェダイの帰還」より後の物語である続三部作は毎回12月後半の公開となっていますが、どういうわけか私の職場の忘年会がその公開初日にぶつけられてしまうことが多くて困っていました。今回もやっぱり忘年会が設定されてしまったのですが、立場上欠席しづらかったので休暇を取得し、朝一番に観に行って夕方から忘年会だけ参加することにしました。まあ、無事に観ることができたので何の問題もありません。ただ、上司にはしっかり「初日だからね」とバレていましたが。

それはともかく、泣いても笑ってもSkywalker家を巡る物語は今回の「スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け」が最後となります。2022年には新しいシリーズの公開が予定されているので、3年待てばまたスター・ウォーズの世界に戻ることはできるのですが、それはこれまでのストーリーからは離れた新しい登場人物によるものになるとのことですので、設定の一部を共有するまた別の物語ということになるのではないでしょうか。ということで、本作は大きな区切りとなる作品となります。

フォースの覚醒」以来、続三部作での実質的な主人公であったReyを中心に今回も物語は進み、最終的には決定的な結末を迎えることになります。これまで謎とされてきて本人も知らなかったReyの出生の秘密がついに明らかになり、彼女が強力なフォースの使い手であることにもきっと納得がいくでしょう。しかしReyのフォースの力は前作までとは桁違いで、恐ろしくも感じられるほどですが、それは敢えてそうしているのでしょう。

本作もスター・ウォーズですから宇宙を舞台にしており、多数の宇宙船も登場するのですが、宇宙船同士の戦闘シーンやその他のアクションはあまり多くありません。その代わりに登場人物個人、特にReyとKylo Renに焦点が当てられ、ドラマ性が強くなっていたように思います。といってもやはりスター・ウォーズですから、感動のストーリーに重点が置かれているというわけでもないのでしょうが、懐かしいあの人が登場したり、ファンとしては感傷に浸るような場面も多々あります。

シリーズのお決まりの一つであるJohn Williamsによる音楽もやはり素晴らしいです。オープニングのテーマ曲は最初のファンファーレの出だしの音だけで鳥肌が立ちますし、フィナーレでは「帝国のマーチ」や各登場人物のテーマを含むこれまでの名曲の数々が取り込まれており、エンドロールを見ながら様々な情景が目に浮かぶようでした。ただ惜しいのは20世紀フォックスのファンファーレがなくて寂しいということですが、こればかりは仕方ないことで、オープニングのファンファーレの前には無音でLucas Filmのロゴが出るだけでディズニーBad Robotのロゴが出ないというだけでもかなり配慮されているのではないでしょうか。

ということで私としては十分楽しめましたし、シリーズの最後を飾る作品としてはまずまずではないかと思っているのですが、どうも批評家の評価は低く、Rotten TomatoesTomatometerは57%で「ファントム・メナス」以来の低評価となっているようです。しかし、一般の観客の評価であるAudience Scoreでは86%と高くなっていますので、単に批評家受けしないだけで、いい映画とは言えないのかもしれませんが、ファンは楽しんで観ることができるということだと思いますので、安心して観ていただければと思います。私は来週あたり、次男を連れてまた観に行きたいと思っています。