カテゴリー
movie

A Film About Coffee

観ているうちにコーヒーが飲みたくなって途中で淹れてしまいました。
☕

未だ終息の見えないCOVID-19の影響でこの4月頃から在宅勤務中心の生活になりましたが、実はそれによって良くなったことが少なくありません。その一つは好きなときにコーヒーを淹れて飲めるようになったということなのですが、平均よりもだいぶコーヒーを飲みたい私にとっては結構意味のあることで、これによって業務に対する集中力も上がっていることは間違いないと思います。

また、週末もお気に入りのカフェでのんびりしたり、美味しいコーヒーを求めてカフェ巡りをしているのですが、そういったカフェの中でも気にいる一つのタイプは「店舗内で焙煎している」ところです。そういうところは間違いなく豆にもこだわっているのでコーヒー自体が美味しいということもあるのですが、それ以上に店内に微かに漂う焙煎時の独特の香りがたまらなく好きなのです。

昨日観た映画「ア・フィルム・アバウト・コーヒー」はそんな香りが今にも漂ってきそうな作品でした。1時間少々の短い作品なので、気負わずにちょっとした隙間時間にも観ることができるのではないでしょうか。

A Film About Coffee(ア・フィルム・アバウト・コーヒー) [DVD]

コーヒーを愛し、コーヒーに人生を掛ける、コーヒーが飲まれるまでの各工程に関わるプロフェッショナルを追ったドキュメンタリー作品で、ニューヨーク、サンフランシスコ、ポートランド、シアトルというアメリカの各都市と、東京のロースターが登場します。本当はコーヒー文化といえばイタリアのバールやパリなどのカフェなども欠かすべきではないところだと思いますが、アメリカ映画なので仕方ないでしょうか。

本作では日米のロースターと同程度に、ルワンダやホンジュラスの生産者の様子も取り上げられています。コーヒーノキを育て、収穫・精製することでコーヒー豆となり、焙煎ができる状態となるのですが、そこまでの工程には多くの人々の手がかかっています。また、1本の木からはおよそ450gのコーヒーが採れるとのことで、逆にそれしか取れないのです。我が家ではだいたい2週間位で800gのコーヒーを消費していますので、年間40本以上のコーヒーの木を必要としているということになり、それを育てるためにも人手が掛かっていることを考えると、これは非常に贅沢なことではないでしょうか。

また、コーヒー豆の販売では「フェアトレード」が謳われることがありますが、本作ではそれを超えた「ダイレクトトレード」の取り組みが紹介されています。フェアトレードとは原材料を適正な価格で継続的に購入することによって生産者の生活改善や自立を目指す取り組みのことですが、ダイレクトトレードはそれをさらに進め、中間業者を省いて生産者と直接取引して購入することによって価格面だけでなく情報の面でもメリットを見出そうとするものです。その代価として産地に直接赴いて交渉しなければならないなどがあり、また消費者にもその品質に見合う負担への理解が求められるでしょう。こうした取り組みは良質なコーヒーの生産そのものを持続可能なものとしていくために必要なものだということで、勉強になりました。

ということで、ますますコーヒーへの関心が高まり、今後1杯1杯を心していただいていきたいという気持ちになりました。

カテゴリー
movie

ガガーリン 世界を変えた108分

これも冷戦の産物。
🧑🏻‍🚀

ここで何度も書いているとおり、私は子供の頃に家族で見に行った1978年の「宇宙博」で強い影響を受けたことで、宇宙開発には人並み以上の関心を持っているのではないかと思います。しかしながらこの宇宙博が冷戦真っ只中に開催されたもので主にアメリカと日本の宇宙開発をテーマにしたものであったこともあり、またロケット開発自体が軍事機密でもあり東側陣営に関する情報はなかなか得ることができませんでした。最近では情報公開とインターネットの発展により調べることはできるようになりましたが、それでも私の知識は知れたものです。

最近も宇宙をテーマにしたハリウッド映画がいくつか公開されていますが、それらもやはりアメリカのものなのでアポロ計画を描いた「ファースト・マン」やそれより前の「マーキュリー計画」に関わる「ドリーム」などに限られており、どうしても西側からの視点になってしまいます。しかしそんな中、Amazon Prime Videoで「ガガーリン 世界を変えた108分」なるロシア製作の作品を見つけたので、早速観てみることにしました。

ガガーリン 世界を変えた108分 [DVD]

「ガガーリン」といえばボストーク1号で世界最初の有人宇宙飛行を果たしたソビエト連邦の宇宙飛行士ユーリイ・ガガーリンに他なりませんが、ボストークの打ち上げ前日から帰還までのガガーリンとそれに関わる人達を描きつつ、ここに至るまでの幼少期から直前までの出来事が回想として綴られたものになっています。

この作品ではボストークロケットの打ち上げの場面なども過度にドラマチックに演出されることもなく、108分とされる地球周回軌道上でも大きな問題が起こるわけでもなく、比較的淡々と描かれているように感じましたが、その分落ち着いて観ることができます。アマゾンのレビューでは「全体的に物悲しい雰囲気に描かれている」といっている人がいますが、当時のソビエトの空気自体がそうしたものだったでしょうし、これでもだいぶ柔らかく抑えて描かれているのではないでしょうか。

しかし、まだテレビも一般には普及していない60年前のソビエトの技術で、一連の宇宙飛行を自動制御で実現することができたということには改めて驚かざるを得ません。ガガーリンが搭乗していたとはいえ、本人には操縦することができず、ただ状況を無線通話で報告していただけのようです。また、ボストーク1号がどこまで事実に忠実に作られたものなのかわかりませんが、船内は私が想像していたよりもかなり空間的な余裕があったようだということがわかりました。座席を離れることはできなかったでしょうが、身動き一つできないというようなものではなかったようです。

なお、本作は字幕版がないようだったので日本語吹替版で観たのですが、作品中でガガーリンが歌うロシア語の歌の歌詞がむりやり日本語に翻訳されているところにかなり違和感がありました。歌詞の意味に重要な意味があるのであればそれも仕方ないかと思うのですが、そういうわけでもなかったようなので、歌の方は原語のまま、歌詞を字幕で表示するなどしてもらえるといいのではないでしょうか。

カテゴリー
movie

ママは日本へ嫁に行っちゃダメと言うけれど (2017年の映画)

ますます台湾に行きたくなりました。
🇹🇼

今、関東地方では台風19号が猛威を奮っていて、気象庁も「これまでに経験したことのないような大雨」「何らかの災害がすでに発生している可能性が極めて高く」という特別警報を出すほどの大変な状況になっているようです。私の長男と両親や弟家族は東京に住んでいるのでちょっと心配ですが、私の住む播州地方はかすめていった程度で夕方まで雨が降り続けたものの特に大きな被害はなかったと思います。とはいえ、さすがの私も出歩く気にはならないような雨だったので日中は自宅で映画を観ておとなしく過ごすことにしました。こういうときにはAmazon Prime Videoは気軽に観られて本当に便利です。

今日は軽く観られるものが良いと思って邦画を中心に探してみたのですが、ふと目に留まったのがなぜかおすすめに出てきた「ママは日本へ嫁に行っちゃダメと言うけれど」という作品でしたが、軽くあらすじやレビューを読んでみるとちょっと面白そうだったので観てみることにしました。

ママは日本へ嫁に行っちゃダメと言うけれど。
(2017-09-13)
売り上げランキング: 101,898

この作品はFacebookで公開されている実話を元にしたものだそうで、日本の文化が好きで大学の日本語科で学ぶリンちゃんこと林薏涵(リン・イーハン)と、日本の会社員モギさんこと茂木洋路という国際カップルの馴れ初めを描いたものになります。作品中でもSNSを通じたやり取りが重要な役割を果たしていますが、今はSNSによって出会いや恋愛も国の垣根を容易に越えられるようになってきました。国内で出会い系サイトやアプリなどで結ばれることが一般的になってきたのであれば、言葉の壁さえ越えられるならそれは国内に限る必要がありませんからね。この話の場合には日本語を勉強しているということでしたが、今なら最初は機械翻訳でもなんとかなってしまうでしょう。

ストーリー的にはそれほどドラマティックな展開があるというわけではないのですが、本作では何しろリンちゃんが可愛いのです。演じているのは簡嫚書(ジエン・マンシュー)という台湾の女優さんですが、その彼女自身の大きな目とくるくる変わる表情の魅力もさることながら、どことなく素朴な感じと、中国語独特な台詞まわしが容姿とギャップがあっていいのではないかと思います。彼女のほかはモギさんの父親役として蛭子能収が出演しているものの、それ以外は日本の有名俳優は出演していませんが、そんなことは作品の出来にはまったく影響ないようです。むしろ作品にその俳優の色が付いてしまわない分良かったかもしれません。

撮影は台湾と日本の様々な有名観光地で行われていて、日本人にとっても台湾人にとっても互いに訪れたくなるような映像になっているのではないでしょうか。私も何年も前から台湾には行ってみたいと思っていながら未だ叶っていないので、ぜひとも近いうちに訪問したいという気持ちがますます高まりました。リンちゃんのような女の子との出会いを期待しているわけではありませんが。