Archives

Justice League

二番煎じ感は否めない。

通常1800円の映画を1100円と格安で観ることができるという、映画ファンには嬉しい毎月1日の映画の日ですが、実際には曜日の都合が合わなかったり、その時に観たい作品がなかったりで私が利用できるのは年に数えるほどしかありません。今年も先月までに利用したかどうか怪しいくらいですが、今月はちょうど金曜日だったのと、観てみようと思っていて先週末は時間が合わなかった「ジャスティス・リーグ」がいい時間にあったので、久しぶりに利用してみました。しかし、1日が土日に重なると大変込み合ってしまう映画館も平日では普段よりちょっと多いかもしれないという程度で、映画産業の行く末が心配になってしまいました。

さて、このJustice LeagueというのはMarvelで言うところのAvengersのDC Comics版で、Superman、Batman、Wonder Womanを中心に、Aquaman、The Flash、Cyborgといったスーパーヒーローが集結したものです。今回の作品で登場するのはこの6人までですが、コミックの方ではGreen LanternやSHAZAM!その他、日本では一般に馴染みのないヒーローたちも加わっているようです。まあ、Marvelと比べてもDC Comicsの方が日本ではマイナーですし、そもそもDC自体があまり知られていないので仕方ありませんね。

本作は昨年春に公開された「バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生」の続編にあたり、世界を守るために自らの命を犠牲にしたSuperman亡き後の、失意に覆われた世界が舞台です。大いなる脅威に立ち向かうため、BatmanことBruce Wayneが他のヒーロたちを探し出して同盟を呼びかけ、Justice League (正義の同盟)を結成するというものです。

DC Comicsの各作品はコミック、映画ともダークなところがMarvelとは違い、大人向けな感じがしていましたが、本作ではコミカルなシーンもだいぶ取り入れられて軽くなっているように思います。それが良いか悪いかは人によって評価の異なるところでしょうが、私はDark Knight 3部作の暗さが好きだったのでちょっと残念な感じはします。ちなみに監督は「バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生」の他、「スーサイド・スクワッド」、「ワンダーウーマン」も手掛けたZack Snyderで、これらの作品はみな良かったのですが、彼には「エンジェル ウォーズ」という「前科」があるので要注意かもしれません。まあ私自身は「エンジェル ウォーズ」は大好きなのですが。

ということで私の印象で点数をつけるとすれば100点満点で70点位だったのですが、Bruce Wayneの”I’m rich.”のセリフは面白かったです。なお、Bruceはかなりの大富豪として描かれていますが、彼の資産は70億ほどとされているようなので、Forbesの実際の世界長者番付では100位以内にも入れず、ちょうど200位あたりのSilvio Berlusconi元イタリア首相と同程度のようです。その程度の資産で正義の味方になれるのであれば、200人のうちの誰かは本当にやってみてくれても良さそうなものですが、みな命は惜しいですよね。

Logan

ヒーローだって年を取ります。

LoganといえばX-Menの中心人物の一人であるWolverineですが、アメリカで次男が通っていた小学校がLogan Elemetary Schoolというところで、かつ住んでいたミシガン州の「州の動物」や住んでいたアナーバーにあるミシガン大学のマスコットがWolverine (クズリ)だったりとなんとなく色々関わりがあるのですが、だからと言ってどうというわけではありません。ただそのWolverineを主人公に据えたX-Menシリーズのスピンアウト三部作の最後、映画「LOGAN/ローガン」を観てきたという話です。

舞台は2029年、今から12年後のアメリカ、テキサス州のメキシコとの国境辺りです。近未来の話ではありますが、ちょっと車が未来的なデザインになっていたりするくらいで現代とはほとんど変わりません。ただ、変わっているのは登場するWolverineやProfessor Xが年を取ってしまっているということで、その姿は結構ショッキングです。この時点で25年間新しいミュータントが生まれていないということもあり、かなり絶望的な空気が漂っています。

そんな状態からどのように物語が進むのかということですが、終わってみると心温まるところもある、なかなかいい映画だったと思います。ただ、日本ではR15、アメリカではRのレイティングとなっており、結構な残虐描写が含まれています。これによって特にアメリカでは観客をかなり制限することになってしまっているのでしょうが、これは登場人物らの残忍性をしっかり表現するためには必要なものなのではないかと私も思います。

主人公のWolverine/LoganことJames Howlettはこれまで通りHugh Jackmanが演じていますが、Wolverine役で大当たりとなった彼にとって年老いて衰えたLoganを演じるというのはどういう思いだったでしょうか。また、Professor Xを演じているのはPatrick Stewartで、彼ら二人とも実年齢よりも20歳ほど老けた役となっていますが、二人ともこの作品がX-Menシリーズでの見納めとなってしまうようです。また、謎の少女Lauraの役で存在感を示しているのはDafne Keenという12歳の少女です。実年齢相応のかわいさのある彼女ですが、イギリスとスペインのハーフらしくラテン系の顔立ちをしているのでメキシコ人の役でもまったく違和感はありません。また今後が楽しみな子役が出てきたのではないでしょうか。

ということで、今作ではWolverineらもかなり酷い目に遭ったり、衝撃的なシーンも多々あるので観ていて辛いところもあったのですが、終盤にはとても美しいシーンもあり、とても見応えのある作品になっているのではないかと思います。少なくとも、アメコミものにありがちなヒーローがやたら強い薄っぺらいものとは一線を画した、ドラマとして観られるものになっているのではないでしょうか。

Fantastic Four (2015)

うまくいかない場合もあるようです。

他の映画の時に予告で見て「あれ? またやるの?」という感じだったのが「ファンタスティック・フォー」でした。というのは、このシリーズではすでに2つ作られていますが、番号やサブタイトルが付いていませんし、予告の内容を見ても1作目の「ファンタスティック・フォー[超能力ユニット]」とだいぶ似ていたからです。結局調べてみるといわゆるリブート、焼き直しであることが分かりました。これまでシリーズが進んでいたのにわずか10年前の作品をどうして作りなおさなければならなかったのか分かりませんが、新しいキャスト、スタッフで仕切り直しということのようです。

予告を見た時点では「まあMarvelだし観るか」という感じだったのですが、いざ公開となるとRotten TomatoesのTomatometerが8%というなかなかない低さで怯んでしまいました。しかし、それならそれでどんなにダメなのか、自分の審美眼(?)を試すためにも結局観てみることにしたのでした。

前シリーズではFantastic Fourのメンバーは宇宙での実験で宇宙線を浴びて超能力を得たことになっていましたが、今回はそれが平行世界へ行って不思議な現象にあって影響を受ける、という一層よくわからないことになってしまいました。しかしそこに至るまでの過程は妙に丁寧に描かれていて、Mr. FantasticとなるReed RichardsとThingことBen Grimmの少年時代から物語が始まりました。

これは私は悪くないと思いました。ヒーローたちに感情移入するためにはこうした背景を丁寧に描くことも重要です。しかしどうしても説明的になってしまうので、ドラマチックな展開、スリルや感動を求める人にとっては退屈に感じてしまうのでしょう。なんだかよくわからないけれど凄そうな装置を作って、それにでたらめながらもっともらしい説明をつけられると私はわけもなくワクワクしてしまいますが、そういう人は多くないのかもしれません。

本作の評判や興行成績からすると続編の制作は難しいようにも思えますが、明らかに次に繋がるストーリー、というよりこれから始まるという感じなので、スタッフを一新して2作目に賭けるということになるのかもしれません。ちなみにこの「ファンタスティック・フォー」は20世紀フォックスが映画化権を持っているのでディズニーが権利を持つ他の作品との連携ができないというのも辛いところでしょうね。