Archives

Ant-Man and the Wasp

質量保存の法則は…?

このブログは映画評論ブログというわけではないのですが、このところ映画の記事が続いてしまっています。観た映画は記録のため、自分が観たかどうかを忘れてしまったときに確認するためにも、本当はすべて記事にしておきたいのですが、さすがにAmazon Prime Videoで観たものまですべてとなると大変なので、これでも最近でもいくつか書いていないものがあります。しかし、やはり映画館で観た最新の映画については機を逸することなく書いておきたいので、ちょっと連続になってしまっていますがご容赦ください。

というわけで今週末公開の「アントマン&ワスプ」です。スーツの力で体のサイズを自由に変えられるAnt-Manが主人公の、前作「アントマン」の続編となる2作目ですが、設定としてはAnt-Manも参戦していた「シビル・ウォー」の数年後ということになっています。シビル・ウォーでCaptain America側に付いたことでFBIの監視下で自宅から出ることを許されない状態になっているところから始まります。スーパーヒーローを軟禁なんてできるものなのかという感じですが。

今作ではDr. Hank Pymの娘、Hope van Dyneもスーツを着てWaspとして活躍します。Hopeは前作でAnt-ManことScottに格闘技を教えていたりしたとおり、むしろAnt-ManよりもWaspの方が強いのですが、スーパーヒーローに必要なのは強さだけではないということでしょうか。一方敵役としてはGhostことAvaが登場しますが、あの不必要に不気味に見えるマスクは何なのでしょうか。あの必然性はよくわかりませんが、あえてそうしているのか、いずれにしても恐怖を感じさせるのに十分な造形です。

私がとても気に入ったのは、Scottの刑務所仲間で出所後の事業のパートナーである、Michael Peña演じるLuisです。彼が早口で「喋る」場面はかなり面白くて、ずっとそれを見ていたいという気にさえなってしまいました。このLuisがいることでこの作品のシリアスさはだいぶ抑えられているような気がしますが、このシリーズはあくまで楽しいコメディとして作っているようで、だからAnt-Manには合わないので「インフィニティ・ウォー」に登場させなかったという話もあるようです。

しかしそれにしても、他のMarvel作品に比べると本作はどうもこぢんまりしてしまっているのですよね。Ant-Manが小さくなるので行動半径が狭くなるということもあるのかどうかわかりませんが、サンフランシスコ・ベイエリアから外に出ていないというのは驚きです。代わりにサンフランシスコで実際に見た観光地がいろいろ見られるのは楽しかったのですが、スーパーヒーローものでなくても今どきの映画には珍しい局地的な作品ではないでしょうか。まあ、だからといって作品に対してネガティブに作用するものではありません。

最後にもう一つ私が気に入ったのはエンドロールです。非常に凝ったものになっていて、私はこういうのが大好きですが、たまにしか使えない手ですね。このシリーズの定番ということにしてしまえば問題ないのでしょうが、ひょっとして前作でも同じだったでしょうか。もう前作のことは全然覚えていないのですよね…

Incredibles 2

Pixar史上最高傑作か。

もともとコンピューターグラフィックス制作のためのコンピューターハードウェアを製造・販売していた会社だったPixarですが、今やアニメーション映画制作で右に出るものはいないのではないでしょうか。Pixarの作品が素晴らしいのは映像技術だけではなく、そのシナリオが非常に優れていることですが、1作品のシナリオを練り上げるために2〜3年もの期間をかけると言われており、アニメーションにしっかりと魂が込められているということだと思います。

このため、見かけは子供向けの作品でありながら、しっかりと大人も楽しめものになっているのがPixar作品で、私はその点でかなり信頼しています。今週公開された「インクレディブル・ファミリー」も観るつもりでいたのですが、公開がちょうど毎月1日の映画の日に設定されており、さらにそれが水曜日の定時退社日だったので非常に都合が良かったので、夏休みの子供達に混じって一人でいそいそと見てきました。

前作「Mr. インクレディブル」からすでに13年半も経っているとは驚きですが、これだけ時間が経っていると当時の小学生のほとんどが成人を迎えていることになります。したがって、さすがに前作のストーリーを知らないとよくわからない、などということは全く無く、主要登場人物の設定を引き継いでいるだけということになります。実際、私も前作はほとんど忘れてしまっていましたが、それでも何ら支障なく楽しむことができました。なお、劇中では時間が経過しておらず、前作終了から間もなくの話ということになっています。

ストーリー自体はファミリー向け作品ということであえてシンプルなものになっており、どんでん返しも大人であれば予想できる範囲のものかと思います。しかし、かと言って決して単純なものではなく、また手に汗握るアクションが繰り広げられ、子供だましのようなことは全くありません。Rotten TomatoesでもTomatometer 93%という非常に高い数値になっていますし、興行収入でも北米で歴代アニメ作品最高記録を達成したというニュースもありました。それどころか、PG-13以外のどの映画よりも高い成績となったとのことで、これは映画好きなら見ておかなければならない作品になったということではないでしょうか。

このシリーズは全体的に原色系でフラットなトーンが印象的な画作りになっていると思いますが、実はクローズアップシーンでは非常にリアルなテクスチャが用いられています。もはや実写以上にリアルな質感を表現しており、CG技術もとんでもない所まで来てしまっているようです。誰もこの作品にそこまでのものを求めてはいないように思いますが、そういったところでも手を抜かず、あくまで技術の粋を極めるということが完成度を高めるためには必要なことなのでしょう。

ということで、ちょうど今日前作のテレビ放映が行われていたのでご覧になった方もいると思いますが、それで面白かったと思ったならぜひ本作もご覧になることをおすすめします。

Batman Ninja

外国人には難しいような。

Marvel Cinematic Universeと呼ばれるMarvel Comics原作の実写映画化作品はすっかり映画の一つのジャンルを築き上げてしまったように見えますが、DC Comicsの方はSupermanやBatmanは古くから映画化されてヒットしていたにもかかわらず、その後の展開では遅れを取ってしまっているようです。だから奇策を取って、というわけではないでしょうが、「ニンジャバットマン」というアニメ映画が日本で製作されて公開されました。

「え? 忍者?」とだいぶゲテモノ臭が漂っていたこともあり、私は観るべきかどうかだいぶ迷ってしまったのですが、「スーサイド・スクワッド」で見てずっと以来iPhoneの壁紙にしているほど好きになったHarley Quinnも活躍(?)するようなので、仕事の後に観に行ってみることにしました。

本作はBatmanが主役でメインの敵はJokerと付き従うHarley Quinn、その他Cat WomanやPenguin、Two Faceなど諸々のキャラクターが登場するという、それだけ見ればオーソドックスなバットマンシリーズなのですが、ただ舞台が中世日本、戦国時代というところが特徴です。もちろんバットマンが戦国時代の日本に現れるという時点で荒唐無稽な話なのですが、その先にはそれどころでないバカバカしい話が繰り広げられ、ダークナイト三部作や「ジャスティス・リーグ」のシリアス路線とは全く別物と考えなければいけません。まあ、スーパーヒーロものという時点でまったく非現実的ではあるのですが。

しかし、ストーリーや設定はともかく、映像としてはとても面白いものでした。BatmanとJokerの直接対決シーンはかなりスピード感があって見応えがありましたし、Batmanが状況を分析する説明的な場面では多彩な演出が使われて、退屈させられるようなこともありませんでした。やはりアニメの映像表現については日本の技術は今でも世界をリードしているのでしょうか。

なお、本作は日本では劇場公開となっていますが、アメリカではネット配信とBlu-ray/DVDの販売のみとなっているようです。さすがにテーマ的に日本以外の国では無理があるので仕方ないでしょう。日本で常識的に知られているような戦国武将の名前を知らないと、どういう意味なのかわからないようなところも多々あるはずです。せっかくDC Comicsを元にしているのにこうして市場を限定してしまったというのは大変もったいないことのように思えますが、まあ仕方ないでしょう。