Archives

Captain Marvel

最初はなんて名前かと思いましたが。

Marvel Comicsの多くの作品の原作を手がけ、現在の映画界におけるMarvelの存在感の最大の功労者であるStan Leeが亡くなったのは昨年11月のことです。彼は目立ちたがり屋だったそうで、多くの映画にカメオ出演していますが、地下鉄の乗客として出演した「キャプテン・マーベル」がその最後の作品となりました。日本では今週末公開となったこの作品を私も早速観てきましたが、冒頭のMarvelロゴがStanの生前の出演シーンで構成する特別版になっているなど、本作は彼に捧げるものとされています。

原作コミックとも設定が異なっているようなのですが、主人公Captain MarvelことVersの生い立ちというか、成り立ちは予想とは異なっていました。予告で描かれている範囲で言えば、ハラという星に住む、高度に発達した科学技術を持つクリー人の特殊部隊Star Forceの隊員であるVersは記憶を失っていて、いつも不思議な夢を見る、という妙に人間臭いキャラクターです。このVersがどうして地球に来ることになるのかがわからなかったのですが、作品を観てその謎が解けました。

Versを演じるBrie Larsonは戦士らしい演技を見せるために役作りとして9ヶ月にも及ぶトレーニングで筋肉を付け撮影に臨んだそうです。その甲斐あって作中ではキレのあるアクションを見せていますが、昨今はスタントダブルとデジタル技術で済ませてしまう場合が多い中、こうして本物にこだわる姿勢は非常に好感が持てるものです。

本作の舞台は1995年となっているため、BGMには90年代の音楽がたくさん使われていたり、Versが地球に来るときに落ちるのがかつて全米に存在したビデオレンタルチェーンBlockbusterだったり、Versが地球で着ているのが当時流行ったNine Inch NailsのロゴのTシャツだったりと小ネタが散りばめられていて、往年を知る私には楽しいところでした。しかし、ミシガンに住んでいる時に近所にあったBlockbusterはすでに潰れたあとの空き家でしたし、私の子どもたちには何とも感じられないのでしょう。

本作には後にS.H.I.E.L.D.の長官となるNick Furyやその右腕Phil Coulsonがその若かりし頃の姿を見せており、これはSamuel L. JacksonとClark Greggが演じたものをデジタル処理によって若返らせたものだということですが、全く違和感はなく若々しさの感じられるものになっています。また、Furyがなぜ左目を失うことになったのかも本作を見ればわかりますが、それはコメントを避けておきます。

ということで、原作を読んでCaptain Marvelを知っていたという人はよほどのマニアでしょうから私が何か言うまでもないと思いますが、そうでないライトなアベンジャーズファンの人は次回作「エンドゲーム」に登場するCaptain Marvelを知っておくためにも観ておくべきでしょう。Google画像検索で見るとむっつりした表情の写真ばかりでどうなのかと思ってしまいましたが、本編では魅力的な笑顔も見ることができます。本作もできれば予備知識は持たないほうが楽しめるでしょう。

Venom

言うほどダークでもない。

先日はなぜかだいぶ前から次男が観たがっていた「ヴェノム」を二人で一緒に観に行ってきました。今年高校生になった次男ですが、一緒に行けばチケットは買ってあげると言うとついてくるのでまだ可愛いものです。しかしVenomといえばもともとスパイダーマンの強敵として登場したキャラクターなので、あまり穏やかな映画にはならないだろうと思っていましたが、さすがにレーティングがPG12となっているだけあって必要以上にどぎつい描写はなく安心してみていられました。ちなみに、子供に見せられるかどうかを心配していたわけではなく、単に自分が得意でないだけです。子供といってもさすがに高校生ですからね。

それはさておき、この映画ではVenomらSymbioteが地球にやってくるところから、VenomがEddie Brockに寄生することになる経緯、そして地球を守るための戦いが描かれています。宇宙からやってきた寄生生命体であるSymbioteたちはいかにもおどろおどろしい姿となっていますが、こんなものに寄って来られたらと思うだけで私は鳥肌が立ちそうです。

しかし個体としてのVenomは悪く描かれておらず、地球人に対して残忍ではありますが宿主であるEddieの言いつけを守っているようですし、本作では基本的に悪者だけを殺していっているので、このあとSpider-manを苦しめるヴィランになるために何が起こるのかがあまり想像できません。このVenomの物語にも続編があるようなので、それを楽しみにしておきましょう。

なお、この作品では音楽もかっこいい曲がいろいろ採用されていますが、特に良いのがエンディングテーマのEminemによるタイトル曲”Venom“です。この曲は以前から次男が聴いているのを耳にしていましたが、映画を観て初めてサントラだったということを知りました。Eminemならではの格好良さで、私も早速購入して繰り返し聴いているところです。

Ant-Man and the Wasp

質量保存の法則は…?

このブログは映画評論ブログというわけではないのですが、このところ映画の記事が続いてしまっています。観た映画は記録のため、自分が観たかどうかを忘れてしまったときに確認するためにも、本当はすべて記事にしておきたいのですが、さすがにAmazon Prime Videoで観たものまですべてとなると大変なので、これでも最近でもいくつか書いていないものがあります。しかし、やはり映画館で観た最新の映画については機を逸することなく書いておきたいので、ちょっと連続になってしまっていますがご容赦ください。

というわけで今週末公開の「アントマン&ワスプ」です。スーツの力で体のサイズを自由に変えられるAnt-Manが主人公の、前作「アントマン」の続編となる2作目ですが、設定としてはAnt-Manも参戦していた「シビル・ウォー」の数年後ということになっています。シビル・ウォーでCaptain America側に付いたことでFBIの監視下で自宅から出ることを許されない状態になっているところから始まります。スーパーヒーローを軟禁なんてできるものなのかという感じですが。

今作ではDr. Hank Pymの娘、Hope van Dyneもスーツを着てWaspとして活躍します。Hopeは前作でAnt-ManことScottに格闘技を教えていたりしたとおり、むしろAnt-ManよりもWaspの方が強いのですが、スーパーヒーローに必要なのは強さだけではないということでしょうか。一方敵役としてはGhostことAvaが登場しますが、あの不必要に不気味に見えるマスクは何なのでしょうか。あの必然性はよくわかりませんが、あえてそうしているのか、いずれにしても恐怖を感じさせるのに十分な造形です。

私がとても気に入ったのは、Scottの刑務所仲間で出所後の事業のパートナーである、Michael Peña演じるLuisです。彼が早口で「喋る」場面はかなり面白くて、ずっとそれを見ていたいという気にさえなってしまいました。このLuisがいることでこの作品のシリアスさはだいぶ抑えられているような気がしますが、このシリーズはあくまで楽しいコメディとして作っているようで、だからAnt-Manには合わないので「インフィニティ・ウォー」に登場させなかったという話もあるようです。

しかしそれにしても、他のMarvel作品に比べると本作はどうもこぢんまりしてしまっているのですよね。Ant-Manが小さくなるので行動半径が狭くなるということもあるのかどうかわかりませんが、サンフランシスコ・ベイエリアから外に出ていないというのは驚きです。代わりにサンフランシスコで実際に見た観光地がいろいろ見られるのは楽しかったのですが、スーパーヒーローものでなくても今どきの映画には珍しい局地的な作品ではないでしょうか。まあ、だからといって作品に対してネガティブに作用するものではありません。

最後にもう一つ私が気に入ったのはエンドロールです。非常に凝ったものになっていて、私はこういうのが大好きですが、たまにしか使えない手ですね。このシリーズの定番ということにしてしまえば問題ないのでしょうが、ひょっとして前作でも同じだったでしょうか。もう前作のことは全然覚えていないのですよね…