Archives

Super Size Me

食前食中には向きません。

皆さんはファーストフードはどの程度食べるでしょうか。人生も折り返し点を過ぎたかという私は、今後の食事の回数も意識するようになってしまい、つまらないもので空腹を満たさないようにしたいと思っているので、ファーストフードも食事としてはめっきり食べなくなりました。ただ、シナモンメルツはそのあたりのシナモンロールよりもアメリカのものをよく再現しているので、ついついコーヒーと一緒に食べてしまいます。また、日本でもファーストフードの代表であるマクドナルドでは週末の昼時になるとドライブスルーに長い車列ができていて、高い人気があるのがわかります。

そんなMcDonald’sで売られているものだけを30日間3食すべて食べていたらどうなるか、という実験を監督が自分の体でやってみたということで有名な作品「スーパーサイズ・ミー」がAmazon Prime Videoに登場していたので、今のうちにと観てみました。

スーパーサイズ・ミー(字幕版)

posted with amazlet at 19.02.20

Amazon.co.jpで詳細を見る

どんなに体に良いものでも同じものばかり食べ続けるのは良くないということはわかりきったことですが、ファーストフードだけだとどんなことになるのか、この作品以前には実験してみた人はいなかったのではないでしょうか。実験開始時点では健康そのものといった肉体が一体どうなってしまうのか、怖いもの見たさのようなものがありました。

しかし、この作品はそんな面白半分のものではなく、実験の様子と並行してアメリカの食生活を取り巻く問題を提示していきます。作中でも取り上げられていますが、特に公立学校の給食は酷いもので、私の在米中に子供が通っていたミシガン州の学校もピザやチキンナゲット、フレンチフライといったようなジャンクフードばかりでした。ファーストフードでもサラダ代わりにポテトチップスを渡される場合がありますが、そういうことを何とも思わないのもこうした学校生活なら納得してしまうものです。

こうした社会問題に一石を投じた作品ですが、私は観たあとでめっきり食欲を失ってしまいました。本作が話題となったことは、マクドナルドだけでなくファーストフード業界に痛烈な一撃となったかもしれませんが、この作品のあともアメリカの状況は大して変わったように見えないのが残念です。私はこれ以前のアメリカを生で見てはいないので、もしも変わったからこそ今の状況だというのなら、以前はどんなに酷かったのかと予想もできないほどです。

私は在米中にマクドナルドに行ったのは早朝のミーティング前に他に開いているところがなくて仕方なくドライブスルーで朝食を買っただけですが、Wendy’sには行っていたので大して変わりませんね。一応、食べた感じは結構違うのですが、脂肪や塩分が多そうなのは一緒です。まあ、アメリカで外食しようと思うとファーストフード以外でも脂肪や塩分、熱量は多いので、ちゃんと家で手料理を食べなければいけないのでしょうね。当たり前のことでしかありませんが。

Searching

10年後に観たらどう感じるか…

先週の金曜日は世間では一般的でない文化の日の代休ということで私の勤務先は休みで、その前日は週末扱いで残業禁止日だったのですが、それがちょうど11月1日だったので毎月1日の映画の日だったのでした。8月までは何本も観たい映画の公開が続いていたのに9月に入ってからパッタリと無くなってしまい、2ヶ月ほど映画館から遠ざかってしまっていたのですが、11月からは怒涛のラッシュが続いていて、その先頭として1日には「search/サーチ」を観ることにしました。

この作品が注目されているのは、アジア(韓国)系アメリカ人のJohn Choが主役であるということです。JohnはJ. J. Abramsの「スター・トレック」シリーズでHikaru Suluを演じていてアジア系俳優の中ではかなり存在感がありますが、それでもアメリカ映画はやはり白人中心のものなので、そんな状況でこの作品が高く評価されたという面はあります。

もう一つの特徴はこの作品の映像がすべてPCの画面の中で描かれているという点です。俳優が演じる場面もFaceTimeのビデオ通話だったり、ウェブのニュースサイトの動画だったり、あるいはネットワークカメラの映像だったりと非常に凝ったものになっています。また、iMessageのテキストで会話が進む場面などもあり、現代人には馴染みのある様々なツールが使いこなされています。

使われているPCも最初はWindows XPだったのが今はMacになっていて、FaceTimeやiMessageが使われることになっているのですが、このあたりはSkypeでもいいのかもしれませんがApple製品でないときれいに描けないところだったりするのかもしれません。しかし使われているブラウザはChromeでした。これらの他にも、GoogleやFacebook、Twitter、Instagramなど実在のサービスがそのまま使われているのがまたリアリティがあってよいのではないかと思います。多くの場合何らかの影響を考慮してかよく似た架空のサービスを作って使用されるのではないかと思いますが、それではいかにも作り話のように感じられてしまうものです。ここで実在のものが使われることで、現実との境目が曖昧になってくるのではないでしょうか。

ストーリーの方は観てのお楽しみということにしておいた方が良いと思うので語りませんが、普段インターネットに接する機会の多い人、時間の長い人ほど楽しめるような気がします。私はJohn演じるDavidがうまいことネットを使いこなしているな、と感心してしまって、それも面白かったところです。ただ心配なのは現代のインターネット事情を背景にしているため、陳腐化してしまうのも早いのではないかということですね。したがって、観るなら今のうちに観ておくべきでしょう。

「マナー」

本来は各個人が判断すべきことではないでしょうか。

以前から日本で「マナー」というものが履き違えられているような風潮が私は非常に気に入りませんでした。電車の中で携帯電話で話をしてはいけない、エスカレーターで歩かない人は地方によって右側か左側かに寄る、「飛行機の短い昼間のフライトではリクライニングシートを倒してはいけない」なんていうものもあるそうです。これらはどれも最近生まれたものであることは間違いありませんが、一体いつ誰が決めたのでしょうか。

もともと「マナー」という言葉は「行儀・作法」を指す言葉で、テーブルマナーや各種のしきたりのようなものを表していたのではないでしょうか。しかし、上で例に上げたものはどれも意味合いが異なるように思います。電車内での携帯電話については、本当は乗客同士が直接喋るよりうるさいということはないはずなのに、傍で聞いていると話の内容がわからないためにイライラする、というのが問題のはずで、要するに立ち聞きしなければ迷惑でもなんでもないはずなのです。また、エスカレーターについては、メーカーがやめてくれと言っているにも関わらず片側しか使わないことで、無駄に行列が伸びているのが本当にバカバカしいと思います。リクライニングの件は「短い」の判断基準が不明なのと、昼間でも疲れて眠いということはあるはずで、そもそも飛行機の背もたれなんてほんのわずかしか傾かないはずなのでくだらないことに思えてしまいます。

だいたいマナーというのは相手を気遣って自然に振る舞えることであるはずで、それをルールやマニュアルにしてしまい、誰かが決めた「マナー」に従うことが正しくて従わない人は悪い、と決めつけてしまうようなものは本来のマナーとは違うでしょう。電車の中では迷惑にならないように小声で通話すれば良いでしょうし、エスカレーターは立ち止まって乗るものなので混んでいる時に急ぐなら階段を駆け上がるべき、リクライニングシートは後ろに座っている人に迷惑になりそうなら一声かける、というように互いに気遣えば良いことです。

なぜ突然こんな話をするのかといえば、エキレビに「『了解/承知』どっちが正しいとか愚問だからもうやめませんか」という記事が掲載されているのを目にしたためです。私もちょっと前に「『了解』を目上の人に使うのは失礼」ということを聞いて気にしてはいたのですが、これが真っ赤なウソ、デマであったというのです。経緯については「『了解しました』より『承知しました』が適切とされる理由と、その普及過程について」という2016年の別のブログ記事で詳しく述べられているのですが、メール作法などの本を書いているライターの神垣あゆみという人が「『了解しました』よりも『承知しました』の方が『感じが良い』から」という個人的な感情に基づく、とんでもない勝手な理由で自身の著書でマナーとして紹介したというのです。

これは本当にひどいことではないでしょうか。本来失礼でもなんでもなく、受け取った人もこの「マナー」を知らなければなんの違和感も持たなかったはずなのに、これのせいで不愉快に感じてしまうということもあるでしょう。またこの間違った「マナー」について「この差って何ですか?」というテレビ番組で紹介したそうで、その理由について次のように説明しています。

「了=終わらせる」、「解=理解するとなり」、「了解しました」には話を理解して終わらせるという意味がある。終わらせる権限があるのは「目上の人」だから、「了解しました」は「目上の人」が「目下の人」に使う言葉。「承」は、「承る=聞くの謙譲語」で、自分を下げる言葉であるため、「目下の人」が「目上の人」に使うのが正しい。

こんなひどい話があるでしょうか。エキレビにも書かれているとおりですが、ある漢字に複数の意味があることは小学校で教わることですし、日本語の熟語というのはそれぞれの漢字に分解するだけで説明できるような単純なものではありません。「了」という字が終了の了だからといって「終わらせる」だなんて、子供でもしないようななんと子供っぽい理屈でしょうか。

エキレビでは他にも問題点が述べられていますが、そのどれもがまったくもっともな話で、私は完全に同意します。マナーというのは人に押し付けるものではありませんし、それに縛られて窮屈な思いをすべきものでもないでしょう。