「society」タグアーカイブ

犬猫よけのペットボトル

なぜ廃れないのか。
💩

私の勤務先は4月の半ば頃、COVID-19の緊急事態宣言が出る前から基本的に在宅勤務とせよという命令が出て、それ以来ずっといわゆるリモートワークをしてきて、昨日かなり久しぶりに出社してきたところです。また今月いっぱいは在宅の予定なので、これだけ続くともうこのままでもいいかなという気になってきますが、家族はいいかげん早く会社に行ってくれと思っているようです。

在宅勤務が続いて運動不足で太ってしまったという人はよく聞きますが、私は業務のあとに雨の日以外は欠かさず散歩というかウォーキングに出掛けていて、毎日10000歩以上は歩くようにしています。おかげで自宅にいるとついつい色々つまんでしまうわりには、体重が減るということはないまでも大きく増えてしまうようなことはなく済んでいます。

ところで、今日の散歩の途中でもちょうど置こうとしているところを見かけたのですが、家の周りに水を入れたペットボトルを並べている人がいますよね。数十年前に初めて見たときには何のためのものだか分からず気持ち悪かったのですが、未だに並べられているということはご存知ないのでしょうね。

ニュージーランドのガーデニング師であったEion Scarrowが1989年にエイプリルフールのイタズラとして「水の入ったボトルを置いておくと芝生に犬が糞をしなくなる」とラジオで言ったのが世界中に広まり、後付で「光の反射が」とか「水を汚したくないから」とかいうような理由がこじつけられ、そして日本では犬の他に猫も加えられて未だに信じている人がいるということのようです。言った本人もまさかこんな大事になるとは思わなかったでしょうが、まだインターネットが普及する前なのに、というよりインターネットがなかったからこそなのでしょうか。

しかし私が理解できないのは、仮に本当に効果があるものだったとしても、あんな物をずらっと並べてた状態がみっともないとは思わないのかということです。あまりに頻繁な糞尿に悩まされていた人であれば分からないでもありませんが、そういう状況だったとすれば効果の有無もすぐに分かるはずです。そうでないなら、たまに汚された時に掃除すればすぐに片付くのですから、薄汚れたボトルが常に並んでいるよりよほどいいのではないかと思いますが、そのたまの掃除よりも置いてしまったほうが楽、ということなのでしょうか。

ということで、かなりどうでもいいことでした。

日本国政府配布の布マスク

もっと敬意があってもいいのでは。
😷

防御の役には立たないという意味で「マスクでウイルスは防げない」という記事を書いたのが2月のことですが、COVID-19の感染拡大は当時思っていた以上の事態となってしまい、一時期マスクは極度の品薄状態となり、価格も暴騰して50枚入りの使い捨てマスクが8000円もするようになり、必要な人が入手できないような状況になっていました。今ではそれも落ち着いてきて、平時よりはまだ高いとはいえ、1000円台で購入できるようになっているかと思います。

そんな中、「アベノマスク」などとバカにした呼び方をされているのが私は気に入らないのですが、日本国政府により国内全世帯に配布(PDF)された布マスク2枚が私のところにも届きました。このマスクについてもいろいろな批判があるようですが、少なくとも使えないようなものではないと思いますし、一定の意味はあるのではないかと私は考えています。

お世辞にもかっこいいとは言えないマスクですが、使い捨てマスクの供給に影響を与えないようにするため、布マスクにすることは必然だったわけで、迅速に生産して配布するためには凝ったデザインのものにするわけにも行きませんから、給食用マスクのようになってしまうのは仕方のないことでしょう。小さすぎるとも言われていますが、大きかったら大きすぎると言われるだけではないでしょうか。

なぜ全世帯2枚なのかというのも、細かく世帯ごとの人数に合わせて配布していたら余計な時間と経費が必要になりますし、人の集中を避けるためには郵送にするべきだったので、なるべく簡素な方法にする必要があったのではないでしょうか。

汚れや虫の混入しているものがあったというのは残念なことでしたが、海外で急遽生産したものだったので品質管理が行き届かなかったのでしょう。これは完全に受託企業の落ち度と言えますが、これについて安倍首相個人を攻撃するというのはまったく理解できません。そんな細かいところまで首相がチェックすることなどできるわけがないのですから、回収して検品すると言っているのですし、適切に対処できればそれでいいのではないでしょうか。

当初予算が466億円というのが高すぎる、もっと有効な使いみちがあるはずなどとも言われていますが、仮に1人1枚配ったとすれば1枚あたり400円程度ということになり、若干高いような気はしますが、緊急処置であり、送料などを考慮すればそれほど高すぎるということはないのではないでしょうか。全国民に10万円が給付されるための12兆円と、それに必要な経費1458億円を考えれば誤差範囲のようにも思えます。また随意契約であることを問題にしているフシもありますが、こんなときに競争入札などしていたら時間を浪費するだけです。

実際に届いたものを見て私が感じたのはかなり丁寧に作られているということで、これなら400円はかかるかもしれないと思えました。このマスク配布のために身を削った人もいるはずですし、それを無駄にするようなことだけはすべきでないでしょう。私は家にあった使い捨てマスクを洗いながら何度も再使用しており、おそらくこの布マスクを使うことはないので、必要な人がいれば譲ってもいいと思っています。マスクの寄付を募っている福祉団体もあるようなので、そちらへ送ることを考えてみます。

井手上漠くんは未来だ。

無理している感じがまったくありません。
🧑🏻

COVID-19のせいで外出がままならない状況なので、自動的にYouTubeを見る時間が長くなってしまっている私ですが、先日なぜかおすすめに出てきた動画を見てすっかり惹かれてしまったのが井手上漠くんという島根県の隠岐に住む男子高校生です。

一年ほど前に出演したテレビ番組だったので今まで私が知らなかっただけである程度有名なのだと思いますが、私の家族も知りませんでした。2018年のジュノン・スーパーボーイ・コンテストでファイナリストとなり、DDセルフプロデュース賞なるものを受賞したことで話題となり、雑誌やテレビ番組に取り上げられたほか、テレビCMに出演したりと活躍しているようです。また、「ご縁の国しまね」という島根県観光振興課のYouTubeチャンネルで地元島根県のPR活動にも協力しているので、こちらで漠ちゃんの姿を見ていただくといいかもしれません。

彼の特徴は中性的な魅力、と言われているのかもしれませんが、普通に見ると女の子にしか見えないというだけでなく、女の子だと思ってもかわいく、声や喋り方、仕草などどれをとっても可愛い女の子にしか見えません。それは彼にとって自然なことであり、素顔であるようなのです。女装している男性によく見られる、やりすぎ感がありません。

しかし、まだ年齢が若いということもあって「まだ恋愛をしたことがないので男性と女性のどちらが対象なのかがわからない」と言っています。男性に男らしさが求められることに違和感を持っているということのようで、男性であることを放棄しているわけでもなく、普通に可愛さを追求しているだけのようです。

彼が悩んでいるとき、自分の好きなようにすればいいと言ってあげたお母さんも素晴らしいと思います。確かに「男はかっこよく、女は可愛らしく」と決まっているのか、かっこいい女性がいるなら可愛らしい男性がいてもいいのではないか、男性が可愛らしさを求めてはいけないのか、というのは私にとっても新しい疑問です。

もちろん、ここへ来て私がなにかに目覚めてしまったというわけではありません。漠ちゃんは私の次男と同い年でもあるので子供を見ているようなものですし、女優やアイドルを「カワイ〜」と見ているときに性的感情を伴っているわけでもないでしょう。喩えは良くないかもしれませんが、子犬や子猫を愛でるような感情とよく似たものなのかもしれません。そもそも可愛ければそれが女の子であろうと、実は男の子であろうと、どうせ身近に接することはないのですから気にする必要はないはずです。可愛い動物の写真を見ていてその性別をいちいち気にするでしょうか。

ということで、早速InstagramTwitterでフォローして応援し、我が子のように見守っていきたいと思います。