Archives

転売

いわゆる嫌儲というやつ?

私は以前ヤフオクで何度も嫌な思いをして懲りたこともあり、交渉するのが面倒なので自分ではやる気にならないのですが、メルカリというのはなかなか便利なものです。自分には不要であったとしても他の人には価値のあるものであったりするもので、不用品をただ捨ててしまうよりも誰かの役に立った方が良いでしょうから、儲けようと思わなければ良いようです。ただ、やはりアホみたいな値下げ要求もあるようなので、そういうのを相手にするのが私には面倒くさすぎてダメですが、妻は細々したものを処分したり、ちょっとしたものを入手するために活用しています。

しかし、老舗ヤフオクを含め、このような便利なプラットフォームがあるおかげで世の中も少しずつ変わるものですが、ついていけない人たちがいろいろ物言いを付けているようです。

最近、出勤前に眺めている「めざましテレビ」でも伝えていた2つのニュースがあります。一つは仙台市が無料で配布している「仙台巡り」というガイドブックが、羽生結弦を案内人に据えて作成されたためにファンの間で人気となり、これを転売している人がいるということでした。もともと無償配布のものが700円から3000円ほどの値段で売られているということですが、これについて問題視する人がいるようです。もう一つは京都祇園祭のちまきをネットで転売している人がいる、というものです。関係者が「罰当たりなこと」と言っているそうですが、500円から1000円で販売されているものが2000円程度で売られているということです。

しかし、私にはこれらのどこが問題なのかがよくわかりません。もともと数量限定で販売されているものを転売目的で購入する人がいて、本当に欲しい人が入手できず仕方なく転売屋から購入している、というような状況とはまったく違うのではないでしょうか。そういう問題については転売屋以外は誰にも利益がないので良いことではないと私も思いますが、今回の2つの件についてはどちらも仙台や京都に行かなければ入手できないものを送ってもらえる、という点で購入する側にも利益があるわけで、その利益への対価として1000〜2000円程度であれば支払っても良いと考える人がいるのであればそれで良いのではないでしょうか。

結局の所、人が楽して儲けているというのが気に入らないだけなのではないでしょうか。それが嫌なのであれば公式にネットで配布申込みなり購入なりできるようにすればよいわけで、それは経費がかかるからできないというのであれば、それを代行してくれていると考えても良いのではないかと思います。何でもネットを悪にするようなマスメディアの風潮もあって、今回の騒ぎはどうも素直に賛成できません。

#KimOhNo

ともかく一件落着。

先週から突然一部界隈を賑わしたのがKim Kardashianでした。6月25日に矯正下着のブランドとして”Kimono”という名前を発表し、それとともに”Kimono”とそれを含む熟語を商標登録したのですが、これに対しcultural appropriation、日本語では「文化の盗用」と呼ばれる行為だとして日本内外の人々から非難の動きがありました。これに対して特にTwitterなどでは#KimOhNoというハッシュタグが付けられていたのですが、これはなかなか秀逸だと思いました。最終的には1日にKimが「慎重に考えた結果、ブランドは新しい名前で販売する」と発表し、このブランド名を撤回することとなったのですが、京都市長が再考を訴えるなどということもあったようです。

Kimはただ自分の名前を含むダジャレ的な考えで深く考えずに名付けたのでしょう。これは日本人が初めてcultural appropriationを実感することになる事態となったなどとも言われていましたが、実際には本当に一部の人だけが問題視していて、日本の多くの人はこの問題が解決を迎えるまで知りもしなかったのではないでしょうか。

私自身もどうしてKimがそんなに大きな影響力を持つようになったのか、知ってはいても理解はしていないのですが、現実としてInstagramでは1億4千万以上、日本の人口ほどのフォロワーを持っているわけで、これはまさしく大変な影響力でしょう。これでもしKimonoという名前の矯正下着が発売されていたとしたら、おそらくそれなりに認知されるブランドとなるでしょうから、そうしたときに少なくともアメリカではKimonoといえばKimの下着ブランド、ということになってしまうことは間違いないでしょう。アメリカでそうなったとすれば、他の国でも次第にそうした認識が広がってしまうはずです。

キモノといえば日本の伝統的な衣装という認識は揺らぐはずもない、というのは甘いでしょう。実際にはすでにkimonoというのは着物風のガウンのようなものも指すようになっています。今回の問題はそれとは違い、着物とはまったく違うものに対して、よりによって下着だったために侮辱されたように感じてしまったのでしょうが、Kimonoという名前は別に日本人のものでもないのでなかなか難しい問題ですね。

「人身事故」

こんな経験はしなくていい。

先日の日曜日は父の日で天気もいい日でしたが、家族はみな仕事や遊びに出かけてしまったので、久しぶりに大阪に行ってみようと、珍しく電車に乗っていくことにしました。私は通勤も徒歩なので、電車に乗るのは月に一度あるかないかというくらいのことです。

姫路から大阪へはJR神戸線の新快速のルートと、山陽電車から神戸高速鉄道経由で阪神電鉄に乗り入れる阪神梅田駅までの直通特急に乗るという2つの経路があります。もっと急ぐ人には新幹線で新大阪まで行くという富豪的なルートもありますが、それは別格として時間的には100分程度かかる私鉄ルートに対してJR新快速では60分と圧倒的に有利です。しかし、JRでは姫路ー大阪間が片道1490円、往復2980円かかる一方、「阪神・山陽 シーサイド1dayチケット」という一日乗車券を利用すると途中下車自由で2000円で済んでしまい、所要時間と料金が反比例するようなイメージとなっています。このため、この日は特に急ぐ必要もなかったため、山陽電車を利用して行くことにしたのでした。しかしこれが運の尽きというものです。

乗っていた電車がおそらく100km/h以上のスピードで山陽魚住駅を通過したところで、「ドーン」という衝撃音に続いてバラストが飛び跳ねて床下に当たっているような音がするのが聞こえたかと思うと、緩やかに減速してそのまま停止してしまいました。明らかに何かを巻き込んだのだと即座に思ったのですが、その「何か」が何であるのかはおそらく一つしかないということに気づくのもすぐでした。そしてその後間もなく車内放送で人身事故発生と伝えられたのでした。

滅多に電車に乗らない私なのでこのような経験は初めてでしたが、よくあるようなことなのでしょうか。しかしこのとき自分が不思議と落ち着いていることに、我ながら意外に思いました。ただ、亡くなった方のことよりも、運転士と車掌さん、そして事故処理に当たる消防署と警察署の方々が非常に気の毒に思えて、特にその瞬間を目の当たりにした運転士さんの精神的ショックを思うと本当にいたたまれない気持ちになり、私自身の気分も沈んでしまいました。車内放送では繰り返し迷惑を詫びていましたが、関係者の皆さんに比べれば私自身の迷惑などというものはたかが知れていて、憤りのようなものはまったくありませんでした。

なお、私が乗っていたのは3両目だったと思いますが、それでもはっきり音が聞こえるほどですから、相当な衝撃だったはずです。詳しいことはよくわからないものの、人が亡くなっていることは確かなのですが、本当に純粋な事故なのであればもっと大問題になるはずのことがそうなっていないということは、やはり自死なのでしょうか。その方には事情があってということは分かりますが、他に選択肢はなかったのかと大変残念に思います。