「auto」タグアーカイブ

MINI 2回目の車検

まだまだ乗ります。
🔧

我が家にMINI Cooper Sがやってきてからもうすぐ5年が経とうとしています。運転していて非常に楽しい車なので、最初の3年は通勤に使っているわけでもないのに毎月2000kmも走ってしまったりしていましたが、その後はこのペースで乗っていたらあっという間に寿命が来てしまうということに気づき、特に今年に入ってからはCOVID-19のせいで出かけられなかったこともあってかなりペースが落ちて、結局走行距離は60000km弱という平均的なところで2回目の車検を迎えることとなりました。

この5年の間に故障らしい故障もなく、とても調子よく走っているのは嬉しい誤算です。しかし消耗品が高額なのは輸入車の宿命ですが、5年の間にバッテリーを1回、前後ブレーキパッドとディスクを交換してなかなかの金額がかかりました。さらに今回の入庫時にも前ブレーキが規定レベルに近いということだったのですが、ちょうど今はブレーキの割引キャンペーン中なので、ということでまた交換することにしました。とはいえ、今回の検査の結果でも走行に影響するような故障や異常は他になく、まだ想定の範囲内でホッとしました。

整備には休業日込みで6日かかったのですが、その間は代車として走行距離3000kmほどのMINI Victoriaが貸し出されました。ベースがMINI Oneという最廉価車なので自分のCooper Sと比較するのもかわいそうではあるのですが、それでもさすがにオプション込みで300万円を超えるので安っぽさはありません。ただ、エンジンが非力なのは仕方ありませんが、最も不満だったのは私の年式では設定のなかった7速DCTです。電動モーターで制御する乾式DCTですが、油圧制御の湿式よりも安価な反面、制御がシビアなのでショックやもたつきが出やすく、スポーティーでもないので運転していて気持ちのいいものではありませんでした。私もこれだったら購入しなかったかもしれないと思い、熟成されたトルコンATの良さを再認識してしまいました。

車検が終わって自分の車を引き取ってみて、発進の滑らかさと加速の良さで改めて満足したのですが、乗り比べてみて気づいたのはサスペンションが少々ヘタってきているのではないかということです。良く言えばしっとりした感じではあるのですが、まだ新しい代車はダンパーがもっとしっかり効いていたような気がして、もう少ししたらビルシュタインにでも換えるかな、なんて考えてしまったりしました。少なくともあと5年は乗るつもりでいるので、悪くない投資ですよね。

MINIタイヤ交換 – TIREHOOD

今後もこれでいいかと。
🚗

私はMINIに乗り始めて4年半ほどになりますが、1年半前の1回目の車検の際に「そろそろタイヤを交換したほうがいい」と言われました。しかし、そんなに早く必要なのかと思いながらもまだ溝はあるし、と思って乗り続けていて、昨年10月の12ヶ月点検のときには「冬は越せないと思ったほうがいい」などと言われ、なんだかんだでそのまま半年経ってそろそろ換えないとまずいだろうとつい最近思い立ったのでした。実は最初に言われた車検の時にはすでに48000kmほど走行していたので、そのままのペースで乗り続けていたら確かに1年は持たなかっただろうと思うのですが、その後「このままではあっという間に寿命を迎えてしまう」と気付いてペースを落としたので、今現在でも走行距離は55000kmに留まっているのでした。

昨年のディーラーでの点検の際に一応タイヤの見積もりも取ったのですが、20%割引されていてもやはり割高で、特にいいタイヤでもないのに4本交換で10万円を超える見積もりとなっていました。ディーラーに任せてしまうのが楽とはいえ、それではちょっともったいないのでオートバックスあたりで交換すればいいかと思ったのですが、ネットで調べてみるとTIREHOODというところで購入すると自宅の近所の提携整備工場に送付してくれるうえ、交換作業の予約までできるということがわかり、しかも価格もオートバックスなどより安価だったので利用してみることにしました。

タイヤの方はMichelinPrimacy 4という17インチ車の純正装着品の後継モデルにしました。Michelinのタイヤは安くはありませんが、高いところでバランスの取れた性能を持っているので、価格に見合う価値があると思っています。ホイールをCooper S標準の16インチからあえて大きくしなかったので、195/55R16という今の基準では高めの扁平率に収まっているおかげで、むやみに高いタイヤにせずに済むので助かります。というより、タイヤが高くなるのも嫌で大きなホイールにしなかったのですが。なお、もともと装着されていたのはEnergy Saverというもっと安い低燃費タイヤだったのですが、たまたま在庫がなかったようで選択肢に出てこなかったのですが、それには特にこだわっていませんでしたし、ディーラーよりもかなり安かったので問題ありません。

作業は近所のホリデー車検の整備工場にお願いしましたが、指定した時間の数分前に到着するとすでに待ち構えていて、すぐに作業に入りました。車検整備のほうが優先なのか1時間ほどかかりましたが、待合スペースで本を読んでいる間にすんなり終わり、支払いもすでに済んでいるので伝票などもなく、スッと帰ることができました。タイヤの確認などはあってもいいような気はしますが、特に問題があったわけではありません。

かかった金額の方はタイヤと送料・工賃など全て込みで71500円ということで、ディーラーの見積とは5万円以上の開きがあります。タイヤのグレードの違いを考えると、倍半分ほどの違いということになるのではないでしょうか。ディーラーもボロ儲けしているわけではないでしょうから、ユーザー体験としてはディーラーの方が上質なものを提供しているということなのでしょうが、それが自分の求めているものと違うのであれば意味がありません。今回私自身はまったく不満を感じるところがありませんでしたし、ディーラーに比べて劣っていると感じることもなかったばかりか、ウェブですべて済んでしまうので楽ちんでした。ディーラーに予約の電話を入れるというのが結構めんどくさいのですが、そこは改善されないのでしょうかね。

Ford v Ferrari

世のモータースポーツ好きに。
🏁

この年末年始は帰省もしなかったので、私は自宅でAmazon Primeの多くの映画を観て過ごしました。あまりハラハラしたり考えさせられたりして疲れたくなかったので、ほとんどが邦画の軽いものばかり、しかも青春ものを中心に1日に何本も観てしまいました。まあそれはそれで楽しめはしたのですが、あまり心に残るものもないのでここで紹介もしませんが、テレビを見ているのと変わらないような感じですね。

一方、2019年の劇場での映画は大晦日に次男と観た2回目の「スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け」で締めくくることとなりましたが、2020年最初の1本となったのは「フォードvsフェラーリ」です。あまり前情報はなかったのですが、最近になって予告で目にするようになって気になっていたものです。

1963年にフェラーリの買収に失敗したフォードがそれに立腹し、ル・マン24時間レースでフェラーリを打ち負かす過程を描いたものです。中心となっているのはレーサーとしてのル・マンでの経験を買われてレース活動を担当することとなったCaroll Shelbyと、その友人でレーシングカー開発の才能を持つKen Milesの二人で、それぞれMatt DamonChristian Baleが演じるダブル主演となっています。

Christian Baleといえば昨年私も観た「バイス」で主人公のDick Cheneyを演じていてびっくりしたところでしたが、このとき20kg程も増量していた体重を一気に絞ってかなり細身になっています。さすがに本人も健康に良くないということはわかっているようですが、精神的にも良くないのではないでしょうか。今回のKen Miles役では気難しいを通り越してちょっと病的な印象もありましたが、これはKen Miles本人もそうだったのか、あるいはBaleがそう感じさせてしまっているだけなのか、どちらなのでしょうか。

物語としてはフォードがフェラーリを打ち破るという史実に基づいたものではあるのですが、決して企業としてのフォードのイメージが良くなるような作品にはなっていません。かと言ってフェラーリの宣伝になっているわけでもなく、むしろ茶化されるような形になっています。この作品で活躍するのはShelby Americanであり、美しく描かれているのはShelbyとMilesの友情です。

フォードがル・マンのために開発したのはGT40と呼ばれる車で、またShelbyが乗り回しているのはShelby Americanの代名詞的な名車である427 Cobraですが、これらの車が今でも売られているようなのは驚きです。GT40は180,995USDからとスーパーカー的な価格ですが、427 Cobraの方はFRP製であれば95,995USDからとまだ現実的…かと思いましたが、よく見るとエンジンとトランスミッションは含まずということなので、やはり金持ちの道楽ですね。ちなみに現行MustangベースのGT350GT500といったモデルはフォードから購入できるようになっているようで、そこまで現実離れしたものでもないようです。

ということで、車好き、モータースポーツ好きな人ならきっと楽しめる作品なのではないかと思います。ただ、アメリカの自動車事情もある程度知っている人のほうがより面白いと思えるかもしれません。