Archives

Hunter Killer

「潜水艦映画にハズレなし」だそうです。

映画の予告編というのは本編が完成する前に本編のカットを利用して作られるようで、本編のストーリーとは全く違うものになっていたりするのであまりあてにならないものです。予告編を作ったあとで脚本が書き換えられるということもあるでしょうし、あえてネタバレにならないようにカットの順序を入れ替えて完全に別物のように作ってしまう場合もあるでしょう。そんなものなので、予告編を見ただけでその映画を観るべきかどうかを判断するのも難しいものです。

今回観た「ハンターキラー 潜航せよ」については予告ではとても面白そうに見えたのですが、その後日本に先行して公開されたアメリカでの興行成績や評価があまり芳しいものではなかったので、本作を劇場で観るのは見送って、Amazon Prime Videoかなにかで後で観ようと思っていました。しかし最近、高校時代の友人が観てきて面白かったとFacebook等に投稿しているのを見てやっぱり観たくなってしまい、公開から1ヶ月ほど立った昨晩、まだレイトショーのみで上映されていたので劇場へ足を運んでみたのでした。

その結果、心地よい緊張感が持続する、とても面白い映画でした。そんなにうまくいくものか、と思うような場面もありますが、そこはお話として単純に楽しんでおきましょう。あらすじとしてはクーデターで海軍基地内に監禁されたロシア大統領を、アメリカの潜水艦とNavy SEALsの特殊部隊が救出する、という荒唐無稽とも言えるものですが、娯楽映画というのはそういうものでしょう。

Rotten TomatoesのTomatometerは36%ながらAudience Scoreは71%ということなので、専門家受けは良くないけれど一般には楽しめる、ということなのではないでしょうか。批評を見てみると「これまでの潜水艦映画ですでに描かれたものと同じで新しさがない」というのが低評価の理由のようなので、沢山の潜水艦映画を観てきたという人以外には当てはまらない評価と言えそうです。

映画そのものから外れてちょっと面白かったのは、ロシア人同士がロシア語で会話している設定の場面では、ロシア訛りっぽい英語で表現されていたことです。007シリーズなどでちょっとした会話だけのときは実際のロシア語の音声に英語字幕が付けられていることが多く、またほとんどの会話が外国語という設定の場合にはすべて英語に置き換えられているのではないかと思いますが、本作では比較的会話が多く物語にも直接関わっている一方、アメリカとロシアを区別する必要もあったためかもしれません。ただ、これを日本に当てはめたとき、日本人の訛りっぽい英語を他国の俳優が喋っていたとしたら、あまり良い感じはしませんね。

なお、本作ではロシアの潜水艦艦長をMikael Nyqvistが演じていますが、撮影後に公開までの間に亡くなってしまったらしく遺作となっており、本作はMikaelと、同じく亡くなったらしいプロデューサーの一人、John Thompsonに捧げられています。

Vice

良い伴侶を持つことが重要。

昨日「何か観るべき映画はなかったかな」と映画館の上映スケジュールを見てみたところ、どこかで聞いたような気がしてちょっと引っかかったのが「バイス」だったのですが、開演時刻が7時からとちょうど良かったので、あまり深く考えずに観てみることにしました。今になってみると、もしよく考えていたら観なかったのではないかと思えるので、結果的には良かったのではないでしょうか。

この作品はアメリカの第46代副大統領(Vice President)であるDick Cheneyの伝記映画とされていますが、Cheneyを称えるようなものではなく、やや批判的なスタンスでコメディ的に、一部茶化すような感じで描いているものです。したがって、政治家の伝記だからといって退屈なものではなく楽しんで観ることができましたし、世界一の超大国の名目ナンバー2、実質的にはナンバー1であったかもしれない男の姿をドラマティックに描いているので、そういう面でも飽きずに観ることができました。

本作は「本年度アカデミー賞受賞」と大きく謳っているようですが、受賞したのは「メイクアップ&ヘアスタイリング賞」のようです。確かに実在の超大物らを演じている各俳優は本物の姿を彷彿とさせるものになっていましたが、特にCheneyを演じたChristian Baleは驚異的です。そういえば私がこの映画のことを知ったのはこのBaleの役作りのための変身をニュース記事で見たからでした。Baleはもともと「マシニスト」で30kg近くも減量したり、体を張った役作りで以前から知られていますが、本作でも20kg近く増量したということででっぷりしたお腹と禿げ上がった頭となっていて、貫禄十分のCheneyの姿そのままとなっていました。こんなに激しく増量や減量を繰り返して内臓に大きな負担がかかっているのではないかと他人事ながら心配してしまうほどですが、本当に大丈夫なのでしょうか。

師であるDonald RumsfeldはSteve Carell、Cheneyの妻LynneはAmy Adamsがそれぞれ演じていて、彼らも実にそれらしい演技なのはさすがなのですが、このLynneの凄腕ぶりが私には印象的でした。Cheneyがここまでの人物に成り上がったのはLynneの力があったからこそ、しかしLynne一人の力ではどうすることもできず、LynneにとってもCheneyは必要だった、ということこそが私がこの作品から学んだことでした。作品の趣旨はそういうことではなかったかもしれませんが…

ちなみに本作の上映時間は132分あります。エンドロールが流れたときに「もう終わり?」と思ったら、きっとそれはまだ終わりではありません。

Green Book

ひねりはないけれどいい話。

今月の映画の日、3月1日は金曜日で仕事帰りに観に行くことができてとても嬉しいのですが、直前に発表された2019年米国アカデミー賞で作品賞と助演男優賞、脚本賞の3部門を受賞した「グリーンブック」の公開日でもあり、この作品はもともと観たかったということもあり、迷うことなく予約を入れて観てきました。さすがにアカデミー賞の効果もあって、いつもは映画の日でもガラガラの金曜日もなかなかの賑わいでした。

この作品は、ニューヨークのナイトクラブCopacabanaで働いていたイタリア移民のTony Lipと、アメリカの黒人ピアニストDon Shirleyという実在した2人の人物の間に、アメリカ南東部、ディープサウスを巡るツアーを通じて人種を越えた友情が築かれる過程を描いた物語となっています。舞台となっている1962年当時のアメリカはまだ黒人差別も根強く、Tony自身も当初は差別主義者であり、またディープサウスはとくに差別の厳しかったところで、数々の差別的出来事が起こりますが、それらを通じてTonyの考え方も変化していくというわけです。

主演は「ロード・オブ・ザ・リング」のAragornを演じていたViggo MortensenがTonyを演じ、Mahershala Aliが演じるDonは助演ということになっているようです。Viggoはこの映画で大食漢のTonyを演じるために体重を20kg程も増やしたとのことで、立派な太鼓腹を見せています。一方でMahershalaはこの役で「ムーンライト (映画)」に続いて2度目のアカデミー助演男優賞を受賞しているわけですが、つい先日観た「アリータ: バトル・エンジェル」でも重要な役どころを演じており、今が旬の俳優ということになるのでしょうか。

タイトルとなっている「グリーンブック」は当時のアメリカで黒人が宿泊できるホテル、食事できるレストランなどを紹介したガイドブックのことで、創刊したVictor Hugo Greenの名前に因んでいますが、それに合わせて表紙が緑色になっているのはシャレでしょう。しかし、こういうものの存在自体が現代では考えられないことですし、アメリカにとっては恥ずべきことですね。かといって日本は問題ないのかというとそんな事は言えず、むしろ表立っていないだけに質が悪いのではないでしょうか。