2020年5月30日のアメリカ

同じ日に同じ国で。
🇺🇸

COVID-19の最大の感染国になってしまったアメリカですが、2020年5月30日は大きなニュースが2つありました。

今月25日にミネアポリス白人警察官Derek ChauvinがGeorge Floydという黒人男性を取り押さえる際に膝で首を長時間押さえつけていたことが原因で死亡するという事件がありましたが、これに対する抗議のデモから暴動に発展し、30日には各地に飛び火することになりました。

アメリカで白人警察官による黒人への人種差別的暴力行動も度々起こることなら、その都度このような暴動も繰り返されていますが、今回はCOVID-19とそれに対応するためのロックダウンなどで人々の鬱憤が蓄積していたこともあってか、かなり規模が大きくなっているようです。しかし一方で、店舗の前で暴動をなんとか鎮めようとする善意の人もいるようで、「アメリカ人」もひとくくりにできるわけではありません。

日本から見ているとアメリカの警官はどうしてこんなことを繰り返してしまうのか、またか、と思ってしまうかもしれませんが、アメリカの警察官は日本よりも命がけで必死なのです。日本でも職務によっては同じようなことはあるかもしれませんが、相手が銃を持っていても不思議ではありませんし、常に死と隣り合わせで仕事に取り組んでいます。警察に車を止められたらハンドルの上に両手を置いて待ち、急な動作はせず、何かを取るときには許可を得てから、というのは私のアメリカ駐在中に言われていたことですが、警察官側も一瞬の判断が命取りになるので躊躇せず発砲するわけです。そのような緊張感が行き過ぎることで今回のような事件に発展してしまうのだと思います。

[2020-06-01 追記]
なお、だからといって今回のChauvinの事件を正当化する意図はまったくなく、なぜこんな愚かな行動を取ってしまう者が続出するのか、そのわけを考えてみたまでです。おそらく相手が白人であったなら起こらなかった事件でしょうが、アメリカの人種差別の問題は深く難しいものなのでここでは述べていません。また、今回全米の多くの警察官の命をさらに危険に晒すことになったという点においても、罪深い一件だと思っています。
[追記ここまで]

ただ、こうした抗議行動が暴動と略奪につながってしまうのは私にも理解のできないことですが、日本以外の国ではそれほど不思議なことではないようで、逆に同調圧力がいい方向に効いて統制の取れた日本のほうが特殊なようだというのは3.11のときにも話題になりましたね。

一つ目のニュースが長くなってしまいましたが、もう一つはSpaceXCrew Dragonに乗ってNASAの2人の宇宙飛行士が国際宇宙ステーションに向けて飛び立ったということです。打ち上げは3日前に計画されていたものが延期されていたものですが、今回は無事成功し、その様子はYouTubeで同時配信されましたが、日本では発射時刻が未明となってしまったため、私はちょっと遅れてリプレイで視聴しました。

NASAにとっては2011年のスペースシャトル退役以来の約9年ぶりとなる有人ロケットの打ち上げになりましたが、今回は民間企業による有人ロケットの打ち上げであるという点で歴史的なものとなりました。Dragonの打ち上げにかかる費用はスペースシャトルの3分の1程度にまで圧縮されているそうで、かなり効率化が進んでいるようです。

SpaceXのFalconロケットといえば、これまでは打ち上げそのものが見どころであったものに加えて、メインロケットとブースターロケットが帰ってきて垂直に着地する、というのも大きな見どころとなりました。今回はブースターロケットを使用していないためメインロケットのみの帰還となりましたが、これも無事に成功しています。なお、Of Cource I Still Love Youと名付けられたドローン船への着地時はいつも中継画像が途切れてしまうのですが、これはロケットが減速するための噴射で船が揺れ、中継用の衛星を捕捉できなくなってしまうのが原因であり、わずか数秒の中継のためには対策コストが見合わず、仕方がないことのようです。

このほか打ち上げの時に私が感じたのは、他のロケットの打ち上げのときよりすっと上がったな、ということです。実際にロケットの点火はリフトオフの直前でしたし、重量感があまり感じられないような気がしたのはロケット自体がスペースシャトルなどよりだいぶ軽量だからなのかもしれません。また、Crew Dragonの内外装がSFチックで未来的にクリーンな仕上げになっているのも印象的です。特にキャビンはスイッチと計器類で埋め尽くされていたスペースシャトルなどに対し、Crew Dragonではほぼ自動操縦であることもあって液晶タッチパネルが広がっているだけです。宇宙服やヘルメットもかなりスタイリッシュですし、空想していた未来が現実になったかのように感じられます。

ということで、奇しくもアメリカの明るい面と暗い面が同日に見られることになってしまったわけですが、これはどちらもアメリカの現実です。

大統領失踪

さすがのスペクタクル。
🇺🇸

第44代アメリカ合衆国大統領であるBarack Obamaが47歳の若さで大統領に就任した当時あれだけ黒々としていた髪が、何年かするとかなり白くなってしまい、すっかり老け込んでしまったように見えたものですが、アメリカ大統領というのはのしかかる責任が重大であるというだけでなく、一般人には想像を絶する激務でもあるのではないでしょうか。まあ、現在48歳の私もだいぶ白髪が増えていますので頭髪については歳相応なのかもしれませんが、なんと言っても世界の大統領、地球上で最も重要な人物に暇というものは無さそうです。


先日読んだ「大統領失踪」(原書: The President Is Missing)という本は、なんとObamaの2代前、第42代大統領であるBill Clintonと人気小説家James Pattersonとの共著による、アメリカ大統領を主人公とした政治スリラー小説となっており、Clintonの大統領としての経験を活かした、というよりその経験がなければ不可能なようなリアルな姿を描いたものになっています。アメリカでも日本でも昨年出版されていますが、その当時そんな話を聞いたような気がするものの、私はそこまで関心がありませんでした。しかし、図書館の「話題の本」のコーナーに置かれているのを見つけ、読んでみることにしたのでした。

大統領失踪 上巻
大統領失踪 上巻

posted with amazlet at 19.07.27
ビル クリントン ジェイムズ パタースン
早川書房
売り上げランキング: 89,316
大統領失踪 下巻
大統領失踪 下巻

posted with amazlet at 19.07.27
ビル クリントン ジェイムズ パタースン
早川書房
売り上げランキング: 94,436

本書はClintonの「共著」ということになってはいるものの、実際のところ彼がどこまで担当したのかはわかりません。実態はPattersonがClintonに相談しながらアイデアをまとめ、ストーリーを書き上げ、Clintonがレビューした、というような形ではないかと想像しますが、これもまったく根拠のない私の推測・憶測でしかありませんので、本当はClintonが草案くらいは書いていたりするのかもしれません。いずれにしても、Pattersonという相当な実力を持つ人が小説としての体裁をまとめ上げているので、ストーリーの破綻や矛盾、あるいはダラダラしているようなところはなく、読みやすい作品となっています。

しかし、冒頭から主人公のDuncan大統領は弾劾の訴追を受けそうになっているのですが、無罪判決とはなったものの実際に訴追を受けたClintonにとっては随分自虐的ではないでしょうか。ただし、その訴追事由はClinton本人とはだいぶ違っているのですが、どのような思いでこのような設定にしたのか、ちょっと興味のあるところです。

なお、Clintonが大統領に就任したのは46歳のときで、Obamaより少しだけ若かったのですね。そして、現在の私の年齢よりも下だったことに気づくと、自分はこんなのでいいのだろうかと思ってしまいますね。まあ世の中のほとんどの人は平凡な暮らしをしていくのでしょうから、必要以上に気にすることはないのだと思いますが。

Hunter Killer

「潜水艦映画にハズレなし」だそうです。
⚓

映画の予告編というのは本編が完成する前に本編のカットを利用して作られるようで、本編のストーリーとは全く違うものになっていたりするのであまりあてにならないものです。予告編を作ったあとで脚本が書き換えられるということもあるでしょうし、あえてネタバレにならないようにカットの順序を入れ替えて完全に別物のように作ってしまう場合もあるでしょう。そんなものなので、予告編を見ただけでその映画を観るべきかどうかを判断するのも難しいものです。

今回観た「ハンターキラー 潜航せよ」については予告ではとても面白そうに見えたのですが、その後日本に先行して公開されたアメリカでの興行成績や評価があまり芳しいものではなかったので、本作を劇場で観るのは見送って、Amazon Prime Videoかなにかで後で観ようと思っていました。しかし最近、高校時代の友人が観てきて面白かったとFacebook等に投稿しているのを見てやっぱり観たくなってしまい、公開から1ヶ月ほど立った昨晩、まだレイトショーのみで上映されていたので劇場へ足を運んでみたのでした。

その結果、心地よい緊張感が持続する、とても面白い映画でした。そんなにうまくいくものか、と思うような場面もありますが、そこはお話として単純に楽しんでおきましょう。あらすじとしてはクーデターで海軍基地内に監禁されたロシア大統領を、アメリカの潜水艦とNavy SEALsの特殊部隊が救出する、という荒唐無稽とも言えるものですが、娯楽映画というのはそういうものでしょう。

Rotten TomatoesTomatometerは36%ながらAudience Scoreは71%ということなので、専門家受けは良くないけれど一般には楽しめる、ということなのではないでしょうか。批評を見てみると「これまでの潜水艦映画ですでに描かれたものと同じで新しさがない」というのが低評価の理由のようなので、沢山の潜水艦映画を観てきたという人以外には当てはまらない評価と言えそうです。

映画そのものから外れてちょっと面白かったのは、ロシア人同士がロシア語で会話している設定の場面では、ロシア訛りっぽい英語で表現されていたことです。007シリーズなどでちょっとした会話だけのときは実際のロシア語の音声に英語字幕が付けられていることが多く、またほとんどの会話が外国語という設定の場合にはすべて英語に置き換えられているのではないかと思いますが、本作では比較的会話が多く物語にも直接関わっている一方、アメリカとロシアを区別する必要もあったためかもしれません。ただ、これを日本に当てはめたとき、日本人の訛りっぽい英語を他国の俳優が喋っていたとしたら、あまり良い感じはしませんね。

なお、本作ではロシアの潜水艦艦長をMikael Nyqvistが演じていますが、撮影後に公開までの間に亡くなってしまったらしく遺作となっており、本作はMikaelと、同じく亡くなったらしいプロデューサーの一人、John Thompsonに捧げられています。