Archives

Vice

良い伴侶を持つことが重要。

昨日「何か観るべき映画はなかったかな」と映画館の上映スケジュールを見てみたところ、どこかで聞いたような気がしてちょっと引っかかったのが「バイス」だったのですが、開演時刻が7時からとちょうど良かったので、あまり深く考えずに観てみることにしました。今になってみると、もしよく考えていたら観なかったのではないかと思えるので、結果的には良かったのではないでしょうか。

この作品はアメリカの第46代副大統領(Vice President)であるDick Cheneyの伝記映画とされていますが、Cheneyを称えるようなものではなく、やや批判的なスタンスでコメディ的に、一部茶化すような感じで描いているものです。したがって、政治家の伝記だからといって退屈なものではなく楽しんで観ることができましたし、世界一の超大国の名目ナンバー2、実質的にはナンバー1であったかもしれない男の姿をドラマティックに描いているので、そういう面でも飽きずに観ることができました。

本作は「本年度アカデミー賞受賞」と大きく謳っているようですが、受賞したのは「メイクアップ&ヘアスタイリング賞」のようです。確かに実在の超大物らを演じている各俳優は本物の姿を彷彿とさせるものになっていましたが、特にCheneyを演じたChristian Baleは驚異的です。そういえば私がこの映画のことを知ったのはこのBaleの役作りのための変身をニュース記事で見たからでした。Baleはもともと「マシニスト」で30kg近くも減量したり、体を張った役作りで以前から知られていますが、本作でも20kg近く増量したということででっぷりしたお腹と禿げ上がった頭となっていて、貫禄十分のCheneyの姿そのままとなっていました。こんなに激しく増量や減量を繰り返して内臓に大きな負担がかかっているのではないかと他人事ながら心配してしまうほどですが、本当に大丈夫なのでしょうか。

師であるDonald RumsfeldはSteve Carell、Cheneyの妻LynneはAmy Adamsがそれぞれ演じていて、彼らも実にそれらしい演技なのはさすがなのですが、このLynneの凄腕ぶりが私には印象的でした。Cheneyがここまでの人物に成り上がったのはLynneの力があったからこそ、しかしLynne一人の力ではどうすることもできず、LynneにとってもCheneyは必要だった、ということこそが私がこの作品から学んだことでした。作品の趣旨はそういうことではなかったかもしれませんが…

ちなみに本作の上映時間は132分あります。エンドロールが流れたときに「もう終わり?」と思ったら、きっとそれはまだ終わりではありません。

Green Book

ひねりはないけれどいい話。

今月の映画の日、3月1日は金曜日で仕事帰りに観に行くことができてとても嬉しいのですが、直前に発表された2019年米国アカデミー賞で作品賞と助演男優賞、脚本賞の3部門を受賞した「グリーンブック」の公開日でもあり、この作品はもともと観たかったということもあり、迷うことなく予約を入れて観てきました。さすがにアカデミー賞の効果もあって、いつもは映画の日でもガラガラの金曜日もなかなかの賑わいでした。

この作品は、ニューヨークのナイトクラブCopacabanaで働いていたイタリア移民のTony Lipと、アメリカの黒人ピアニストDon Shirleyという実在した2人の人物の間に、アメリカ南東部、ディープサウスを巡るツアーを通じて人種を越えた友情が築かれる過程を描いた物語となっています。舞台となっている1962年当時のアメリカはまだ黒人差別も根強く、Tony自身も当初は差別主義者であり、またディープサウスはとくに差別の厳しかったところで、数々の差別的出来事が起こりますが、それらを通じてTonyの考え方も変化していくというわけです。

主演は「ロード・オブ・ザ・リング」のAragornを演じていたViggo MortensenがTonyを演じ、Mahershala Aliが演じるDonは助演ということになっているようです。Viggoはこの映画で大食漢のTonyを演じるために体重を20kg程も増やしたとのことで、立派な太鼓腹を見せています。一方でMahershalaはこの役で「ムーンライト (映画)」に続いて2度目のアカデミー助演男優賞を受賞しているわけですが、つい先日観た「アリータ: バトル・エンジェル」でも重要な役どころを演じており、今が旬の俳優ということになるのでしょうか。

タイトルとなっている「グリーンブック」は当時のアメリカで黒人が宿泊できるホテル、食事できるレストランなどを紹介したガイドブックのことで、創刊したVictor Hugo Greenの名前に因んでいますが、それに合わせて表紙が緑色になっているのはシャレでしょう。しかし、こういうものの存在自体が現代では考えられないことですし、アメリカにとっては恥ずべきことですね。かといって日本は問題ないのかというとそんな事は言えず、むしろ表立っていないだけに質が悪いのではないでしょうか。

The Hateful Eight

つくづく、こんな時代に生まれなくて良かった。

「キル・ビル」などのヒット作で知られる映画監督Quentin Tarantinoの作品はバイオレンス描写がえげつないということでも知られており、それが苦手なので私は今まで興味を持ちつつも一度も観たことがありませんでした。しかし、今回観た「ヘイトフル・エイト」については予告で観て興味を惹かれたのを覚えており、レビューを見ると私の好きな伏線回収もののように書かれていたので、意を決して観てみたというわけです。

ヘイトフル・エイト(吹替版)

posted with amazlet at 19.02.24

(2016-08-16)売り上げランキング: 68,262

Amazon.co.jpで詳細を見る

物語の舞台は南北戦争集結の数年後のアメリカ中西部、ワイオミング州の山の中です。日本で暮らす普通の人にはワイオミング州といってもアメリカのどこなのかピンとこないと思いますが、州境が直線4本で描かれるほぼ完全な長方形の州で、その北西の角にイエローストーン国立公園を含んでいます。また、現在全米50州の中で最も人口が少なく、南北450km、東西550kmという広大な面積の中に50万人余りしか住んでいないということですから、今でも相当な田舎であり、当時はさらに相当な僻地だったということは間違いないでしょう。

南北戦争が終わったのは1865年ということですから、今からおよそ150年前のこと、日本で言えばちょうど幕末から明治維新の時期にかけての頃の話ということになります。日本の長州征討とアメリカの南北戦争がほぼ同じ時期の出来事だったということは私も知りませんでしたが、日本史と世界史とを完全に分けて教えられてきた弊害ですね。まあ、私は歴史の授業が非常に苦手で全く頭に入っていないだけなのかもしれませんが。

そんな時期のアメリカは全く野蛮な社会だったようです。昨年ヒットした「レッド・デッド・リデンプションII」というゲームが1899年のアメリカを舞台にしたオープンワールドゲームですが、この映画より若干あとにはなりますが同じような世界観で、一時期このゲームの実況プレイを観ていたのでちょっと馴染みのある感じでした。

Samuel L. Jackson演じる主人公のMarquis Warrenは元北軍少佐の賞金稼ぎで、いきなり3人分の死体を携えて登場します。そこへ通りがかったO.B. Jacksonの馬車に乗るKurt Russel演じるJohn Ruthと、Johnが連れた賞金首のDaisy Domergueらが物語に加わることになり、その後も加わって互いに信用できない者どうし合計8人となって駆け引きが繰り広げられるというものです。このストーリーが合計6章に区切られているというのは、小説を読んでいるような感じで面白い仕掛けではないでしょうか。

ストーリーは非常に面白かったのですが、やはり特に終盤の残虐描写が私にはキツかったです。もしも本で読んでいたとしたら、仮に同じような情景を頭に浮かべるのだとしても、きっとその方が純粋に楽しむことができたのではないかと思います。結局、Tarantinoを避けてきたのは正解だったということなのかもしれませんが、直接的な残虐描写を除けばとても素晴らしい監督なのだと思うので、なんだか大変残念です。

しかしこんな野蛮な時代に生まれなくて本当に良かったと思いますが、アメリカには未だに賞金稼ぎという職業が存在するということが驚きです。世界最高の文明社会のような面をしていますが、古いものやその名残もたくさん残っているのがアメリカなのですよね。