Archives

Once Upon a Time in Hollywood

古き佳き時代。

Sharon Tateという女優と、そのSharonがManson Familyというカルト集団に惨殺されてしまった事件というのは日本ではどの程度知られているのでしょうか。事件が起こったのが今からちょうど50年前の1969年という私が生まれる直前であることもあり、私は何一つ知らなかったのですが、現代のようにインターネットで世界中の情報がリアルタイムに得られるような環境ではありませんでしたし、わたしの両親の世代であれば知っていることなのでしょうか。Sharon Tateについても26歳という若さで、これからというところで亡くなってしまったため、この事件を知らなければ知られていないのではないかと思いますが、映画監督Roman Polanskiの当時のだったとのことです。

というようなことなのですが、この事件を背景とし、SharonやRoman Polanskiも登場するQuentin Tarantino監督の作品「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」が昨日封切られたため、初日のレイトショーで早速観てきました。この日は夏休み最後の週末であったためか、それとも地元の姫路城が舞台となっている「引っ越し大名!」の公開初日だったためか、普段はレイトショーならガラガラの映画館の駐車場に長蛇の列ができていて、並んでいては開演に間に合わないようだったので仕方なく近隣のコインパーキングに停めざるを得ないという状況でした。そうとわかっていれば徒歩かバスかで行ったのですが仕方ありません。

それはさておき、本作ではピークを過ぎてやや落ち目の、かつてのテレビスター俳優Rick Daltonと、スタントダブルと友人としてRickを公私ともに支えるCliff Boothという二人を主人公としてハリウッドを舞台に起こる出来事を描いた話となっています。主人公らはそれぞれLeonardo DiCaprioとBrad Pittという現代の映画スターが存在感たっぷりに演じており、特にLeoの劇中劇の演技にまで魅せられてしまうほどです。そしてSharon Tateを演じるのは「スーサイド・スクワッド」でのHarley Quinnがとても良かったMargot Robbieです。本作中のSharonはちょっと頭が足りない感じに描かれているように感じましたが、超ミニスカートで闊歩する姿はとてもキュートでした。

本作の論評を見ると「ストーリーがない」というようなことを言う人が多いようなのですが、確かにカット間の関係が非常に希薄で、一見不要なシーンが多々あり、一体どういう話なのか、どこへ向かっているのかということはわかりにくいかもしれません。しかし私が驚嘆したのは、それぞれのなんでもないカットが非常にかっこよく撮られているということで、おそらく様々な定石を踏まえて、巧妙に計算し尽くされているということなのでしょう。本当にただの移動シーンでも「うわっ」と思うようなカッコ良さで、映画オタクのTarantino監督ならではではないでしょうか。

なおTarantinoといえば過剰なバイオレンス描写も特徴ですが、それも最後にしっかりあります。なにしろ「シャロン・テート殺害事件」がテーマですから…

大統領失踪

さすがのスペクタクル。

第44代アメリカ合衆国大統領であるBarack Obamaが47歳の若さで大統領に就任した当時あれだけ黒々としていた髪が、何年かするとかなり白くなってしまい、すっかり老け込んでしまったように見えたものですが、アメリカ大統領というのはのしかかる責任が重大であるというだけでなく、一般人には想像を絶する激務でもあるのではないでしょうか。まあ、現在48歳の私もだいぶ白髪が増えていますので頭髪については歳相応なのかもしれませんが、なんと言っても世界の大統領、地球上で最も重要な人物に暇というものは無さそうです。


先日読んだ「大統領失踪」(原書: The President Is Missing)という本は、なんとObamaの2代前、第42代大統領であるBill Clintonと人気小説家James Pattersonとの共著による、アメリカ大統領を主人公とした政治スリラー小説となっており、Clintonの大統領としての経験を活かした、というよりその経験がなければ不可能なようなリアルな姿を描いたものになっています。アメリカでも日本でも昨年出版されていますが、その当時そんな話を聞いたような気がするものの、私はそこまで関心がありませんでした。しかし、図書館の「話題の本」のコーナーに置かれているのを見つけ、読んでみることにしたのでした。

大統領失踪 上巻

posted with amazlet at 19.07.27

ビル クリントン ジェイムズ パタースン 早川書房 売り上げランキング: 89,316

Amazon.co.jpで詳細を見る

大統領失踪 下巻

posted with amazlet at 19.07.27

ビル クリントン ジェイムズ パタースン 早川書房 売り上げランキング: 94,436

Amazon.co.jpで詳細を見る

本書はClintonの「共著」ということになってはいるものの、実際のところ彼がどこまで担当したのかはわかりません。実態はPattersonがClintonに相談しながらアイデアをまとめ、ストーリーを書き上げ、Clintonがレビューした、というような形ではないかと想像しますが、これもまったく根拠のない私の推測・憶測でしかありませんので、本当はClintonが草案くらいは書いていたりするのかもしれません。いずれにしても、Pattersonという相当な実力を持つ人が小説としての体裁をまとめ上げているので、ストーリーの破綻や矛盾、あるいはダラダラしているようなところはなく、読みやすい作品となっています。

しかし、冒頭から主人公のDuncan大統領は弾劾の訴追を受けそうになっているのですが、無罪判決とはなったものの実際に訴追を受けたClintonにとっては随分自虐的ではないでしょうか。ただし、その訴追事由はClinton本人とはだいぶ違っているのですが、どのような思いでこのような設定にしたのか、ちょっと興味のあるところです。

なお、Clintonが大統領に就任したのは46歳のときで、Obamaより少しだけ若かったのですね。そして、現在の私の年齢よりも下だったことに気づくと、自分はこんなのでいいのだろうかと思ってしまいますね。まあ世の中のほとんどの人は平凡な暮らしをしていくのでしょうから、必要以上に気にすることはないのだと思いますが。

Hunter Killer

「潜水艦映画にハズレなし」だそうです。

映画の予告編というのは本編が完成する前に本編のカットを利用して作られるようで、本編のストーリーとは全く違うものになっていたりするのであまりあてにならないものです。予告編を作ったあとで脚本が書き換えられるということもあるでしょうし、あえてネタバレにならないようにカットの順序を入れ替えて完全に別物のように作ってしまう場合もあるでしょう。そんなものなので、予告編を見ただけでその映画を観るべきかどうかを判断するのも難しいものです。

今回観た「ハンターキラー 潜航せよ」については予告ではとても面白そうに見えたのですが、その後日本に先行して公開されたアメリカでの興行成績や評価があまり芳しいものではなかったので、本作を劇場で観るのは見送って、Amazon Prime Videoかなにかで後で観ようと思っていました。しかし最近、高校時代の友人が観てきて面白かったとFacebook等に投稿しているのを見てやっぱり観たくなってしまい、公開から1ヶ月ほど立った昨晩、まだレイトショーのみで上映されていたので劇場へ足を運んでみたのでした。

その結果、心地よい緊張感が持続する、とても面白い映画でした。そんなにうまくいくものか、と思うような場面もありますが、そこはお話として単純に楽しんでおきましょう。あらすじとしてはクーデターで海軍基地内に監禁されたロシア大統領を、アメリカの潜水艦とNavy SEALsの特殊部隊が救出する、という荒唐無稽とも言えるものですが、娯楽映画というのはそういうものでしょう。

Rotten TomatoesのTomatometerは36%ながらAudience Scoreは71%ということなので、専門家受けは良くないけれど一般には楽しめる、ということなのではないでしょうか。批評を見てみると「これまでの潜水艦映画ですでに描かれたものと同じで新しさがない」というのが低評価の理由のようなので、沢山の潜水艦映画を観てきたという人以外には当てはまらない評価と言えそうです。

映画そのものから外れてちょっと面白かったのは、ロシア人同士がロシア語で会話している設定の場面では、ロシア訛りっぽい英語で表現されていたことです。007シリーズなどでちょっとした会話だけのときは実際のロシア語の音声に英語字幕が付けられていることが多く、またほとんどの会話が外国語という設定の場合にはすべて英語に置き換えられているのではないかと思いますが、本作では比較的会話が多く物語にも直接関わっている一方、アメリカとロシアを区別する必要もあったためかもしれません。ただ、これを日本に当てはめたとき、日本人の訛りっぽい英語を他国の俳優が喋っていたとしたら、あまり良い感じはしませんね。

なお、本作ではロシアの潜水艦艦長をMikael Nyqvistが演じていますが、撮影後に公開までの間に亡くなってしまったらしく遺作となっており、本作はMikaelと、同じく亡くなったらしいプロデューサーの一人、John Thompsonに捧げられています。