「diary」タグアーカイブ

シャワーホース交換

自分でやれば早い、安い、美味い?
🚿

私は20年ほど前に購入した中古マンションに今でも住んでいるのですが、竣工したのがバブル直前なので建物本体はしっかりしているものの、さすがにところどころで雨漏りなどの問題が起こってきているそうで、これを維持していくのも大変になってきていることは管理組合の理事長をしていた昨年も痛感したところです。居室内は入居時に全面リフォームしたのでだいぶマシですが、それでも20年も経つと細かいところでボロが出てくるものです。

浴室も入居時にTOTOのユニットバスに交換していたのですが、ちょっと前からシャワーホースから水漏れするようになってしまいました。チョロチョロ漏れているうちは騙し騙しでしばらく使っていたのですが、さすがに勢いがよくなってくると冷たかったりストレスになるので、昨日ようやくホームセンターに足を運んでホースを買ってきて交換しました。店頭には数社の製品が並んでいて価格もいろいろでしたが、「TOTOだから安心!」と大きく書かれているのはやはり説得力があるのであまり迷わず、色だけちょっと考えて現状より明るめのものにしました。

交換自体は簡単なもので、ホース両端のネジを緩めて古いものを外し、新しいものに替えるだけです。新しいものを付ける際にはパッキンも新しいものにしますが、シャワーヘッド側のパッキンはもともと付いていたものと同じ厚みのものにする必要があるとのことで、これがほぼ唯一の注意点となります。水栓側のネジは固いのでレンチが必要でしたが、シャワーヘッド側は樹脂ですし、そもそもレンチを掛けるところもないので簡単に手で回りました。

ということで新しくなったシャワーホースもこれまでのものと色が違うくらいで特に変わったことはないのですが、水漏れのストレスから開放されたのと、長年の汚れが付いていたものからきれいになったのはなかなか気持ちのいいものです。作業としては数分のものですが、これでも業者に依頼したら出張料と技術料とでそれなりの金額になるでしょうから、それが節約できたというのも晴れ晴れした気分になります。まあ節約しすぎるのも経済を回すためにはいいことばかりではないのですが。

mioひかりからeo光へ

ライフラインですから。
🌐

先日、自宅のインターネット回線をIIJmioひかりからeo光に変更しました。eo光はk-opti.com改めOPTAGEによるサービスですが、同社は関西電力の100%子会社で、関西電力の電力網を利用しているので低価格で網羅性の高いサービスを実現しているということだったと思います。

以前も2007年にeo光を導入してから4年ほどは利用していて特に不満はなかったと思うのですが、アメリカ駐在から帰国したときに何を血迷ったか、携帯電話にみおふぉんを使うことにしたため多少割引があるかと思ってIIJmioひかりにしたのでした。それも当初は不満を感じていなかったのですが、いつからか夜間の速度低下が著しいことに苛立ちを感じるようになっていました。これには次男も不満を口にするようになっていたので、思い切って変更することにしたわけです。

実は速度に定評のあるNURO光も昨年から近畿圏でサービスを開始したので早速調査を申し込んだのですが、残念ながら私のマンションにはすでにフレッツ光とeo光が引かれているため、すでにある穴にケーブルを通すことができず、大掛かりな工事が必要になってしまうとのことで利用不可との結果になってしまったのでした。集合住宅ではどうしてもこういう事がありますが、諦めるほかありません。

回線の変更というのはウェブで申し込んですぐに切り替えられる、というものではなく、申込み自体はウェブでできるものの電話でのやり取りと現地工事が必要で、結構な時間がかかってしまいます。私はダウンタイムをなくしたかったので契約をオーバーラップさせて、工事日の小一時間だけ使えない、という状態にしたのですが、NTTの局内工事の日程が限られているとかで、mioひかりの方は使わなくなってからもしばらく解約されない状態になっていました。なお、宅内工事は開通確認だけなのでほとんど自分でやってしまいましたが、マンションの配線の切り替えが必要ということで配電盤の方で作業が行われたようです。

eo光に出戻ってからまたしばらく使ってみた感じでは、夜間もスピードが落ちるような感覚はなく、至って快適です。変更前後にスピードテストをしておけばよかったのですが、それに気づいたのは工事の日だったので、土曜日の午前の速度しかわかりません。でも、その比較でもわずかにeo光の方が高速だったので、「やっぱり変えなければよかった」と後悔するようなことはなさそうです。契約の切り替えにはいくらか費用が発生していますが、工事費自体はキャンペーンで無料でしたし、3000円分の商品券が送られてきたりもしているので、実質的に負担はなかったのではないでしょうか。最初からeo光にしておけば面倒もなかったのですが、直接比較して決められるものではないので難しいですね。

「人身事故」

こんな経験はしなくていい。
🚃

先日の日曜日は父の日で天気もいい日でしたが、家族はみな仕事や遊びに出かけてしまったので、久しぶりに大阪に行ってみようと、珍しく電車に乗っていくことにしました。私は通勤も徒歩なので、電車に乗るのは月に一度あるかないかというくらいのことです。

姫路から大阪へはJR神戸線新快速のルートと、山陽電車から神戸高速鉄道経由で阪神電鉄に乗り入れる阪神梅田駅までの直通特急に乗るという2つの経路があります。もっと急ぐ人には新幹線で新大阪まで行くという富豪的なルートもありますが、それは別格として時間的には100分程度かかる私鉄ルートに対してJR新快速では60分と圧倒的に有利です。しかし、JRでは姫路ー大阪間が片道1490円、往復2980円かかる一方、「阪神・山陽 シーサイド1dayチケット」という一日乗車券を利用すると途中下車自由で2000円で済んでしまい、所要時間と料金が反比例するようなイメージとなっています。このため、この日は特に急ぐ必要もなかったため、山陽電車を利用して行くことにしたのでした。しかしこれが運の尽きというものです。

乗っていた電車がおそらく100km/h以上のスピードで山陽魚住駅を通過したところで、「ドーン」という衝撃音に続いてバラストが飛び跳ねて床下に当たっているような音がするのが聞こえたかと思うと、緩やかに減速してそのまま停止してしまいました。明らかに何かを巻き込んだのだと即座に思ったのですが、その「何か」が何であるのかはおそらく一つしかないということに気づくのもすぐでした。そしてその後間もなく車内放送で人身事故発生と伝えられたのでした。

滅多に電車に乗らない私なのでこのような経験は初めてでしたが、よくあるようなことなのでしょうか。しかしこのとき自分が不思議と落ち着いていることに、我ながら意外に思いました。ただ、亡くなった方のことよりも、運転士と車掌さん、そして事故処理に当たる消防署と警察署の方々が非常に気の毒に思えて、特にその瞬間を目の当たりにした運転士さんの精神的ショックを思うと本当にいたたまれない気持ちになり、私自身の気分も沈んでしまいました。車内放送では繰り返し迷惑を詫びていましたが、関係者の皆さんに比べれば私自身の迷惑などというものはたかが知れていて、憤りのようなものはまったくありませんでした。

なお、私が乗っていたのは3両目だったと思いますが、それでもはっきり音が聞こえるほどですから、相当な衝撃だったはずです。詳しいことはよくわからないものの、人が亡くなっていることは確かなのですが、本当に純粋な事故なのであればもっと大問題になるはずのことがそうなっていないということは、やはり自死なのでしょうか。その方には事情があってということは分かりますが、他に選択肢はなかったのかと大変残念に思います。