「diary」タグアーカイブ

iPhoneが文鎮から復活

2日で済んでよかった。
📱

つい先日、iOS 14へのアップデート中に電源が落ちたまま二度と入らなくなったかに見えた私のiPhone 8 Plusでしたが、ちょうど2日後になんと復活しました。

某SNSでアドバイスをいただいたのがApple非公式のDFUモード(Device Firmware Update mode)という特殊操作を利用する方法で、これを使ってiOS 13.7に戻すことでほぼ元の状態に復旧することができたのです。iPhoneをMacなりPCに接続してUp – Down – Side 10秒 – Side+Down 5秒 – Down10秒という順序でボタンを押すことでFinderやiTunesに認識されてモードに入り、ファームウェアをダウンロードできるようになるというものなのですが、そもそもMacに認識されるような状態になっているようには見えなかったので、認識された時点で小躍りしたいところでした。

しかし、DFUモードで最新のファームウェア、すなわちiOS 14をダウンロードしてみると、当初の問題が起こったときと同様にインストール中に一旦電源が入り直すところでそのままになってしまいます。そこでさらに調べてみると、「iPhoneを復元」のボタンを押すときにCommand+Optionを押しながらクリックするとファームウェアが選択できるようになり、古いバージョンのものをウェブサイトからダウンロードしておいて選択するとダウングレードできるのでした。それを使って13.7に戻してみると、無事にインストールされて問題なく使えるようになったのでした。

なお、この状態からまたiOS 14にアップグレードを試みると、前回と同じ状態になってしまうので、これは間違いなくiOSのソフトウェアに問題があるということになります。他の人が同じような状況になっているということはあまり聞こえてこないので稀なケースなのだと思いますが、iOSの今後のバージョンでは修正されることを願いたいものです。また、Apple正規サービスプロバイダもこういうときには頼りにならないものだということもわかりましたが、それは仕方ないのでしょうね。

ということで私のスマホ断ちは思いのほか短いものになったのですが、この2日の間だけでもいかにスマートフォンに依存した生活をしていたかを再認識することになりました。また、普段は無頓着にバックアップを取らずにアップグレードしてしまう私も、なぜか今回は虫の知らせかしっかりバックアップを取っていたので、完全に元の状態に戻すことができて本当に助かりました。バックアップは重要です。

iPhone文鎮化

人生には3つの坂があります。上り坂、下り坂、そして…
📱

今週のApple EventではApple WatchiPadの更新が発表されたものの、例年9月に発表されてきたiPhoneについては発表がありませんでした。しかし、翌日にあたる今日からiOS 14の配信が始まるということで、新しもの好きな私は今回の大型アップデートを非常に楽しみにしていて、今朝早速インストールしてみたのですが…インストール途中に画面が真っ暗になったまま何分経っても何時間経っても復帰せず、いわゆる「文鎮」と化してしまいました。すぐにAppleのサポートウェブサイトから修理を予約して、夕方持っていってみましたが、リカバリーモードに入れることもできず手が出せないとのことで、5万円ほどかかる交換修理しかないと聞いて諦めて帰ってきました。

これまで2年半ほど前に購入したiPhone 8 Plusを使用してきて、処理能力やバッテリー容量に若干不満を感じつつあったものの動作としては安定していたので、いきなり動作しなくなってしまうとは思いもよりませんでした。新しいiPhoneに買い換える場合には2万円以上で下取ってくれるはずだったのに、起動しないものはタダでリサイクルという扱いになってしまうので、2万円以上の価値が一瞬にしてゼロになってしまったという感じです。

また、新しいiPhoneは来月発表されることがわかっているので、今このタイミングで新しいものを購入するというのは時期的に最悪ともいえます。本当はこの1ヶ月の繋ぎに中古の安いiPhoneでも買ってしまいたいところではあるのですが、それもなんだかもったいないし、いい機会なので一時的にスマホ断ちしてみるのもいいかな、などと思っています。

しかしスマートフォンがないと困ることがいろいろあるものです。本来の電話としての通話はほとんど使わないのですが、固定回線もないのでいざというときの連絡手段もないというのは、そこはかとなく不安です。朝夕の散歩時に聴いていたポッドキャストを聴くことができませんし、歩くモチベーションになっていたドラゴンクエストウォークを楽しむこともできません。また、iDSuicaなどの電子マネーも使えませんし、LINETwitterInstagramなどのSNSを使うこともできません。

これまでスマートフォンにいかに依存していたかということですが、1ヶ月間のスマホ断ちではたして何かが変わるでしょうか…

MINI 2回目の車検

まだまだ乗ります。
🔧

我が家にMINI Cooper Sがやってきてからもうすぐ5年が経とうとしています。運転していて非常に楽しい車なので、最初の3年は通勤に使っているわけでもないのに毎月2000kmも走ってしまったりしていましたが、その後はこのペースで乗っていたらあっという間に寿命が来てしまうということに気づき、特に今年に入ってからはCOVID-19のせいで出かけられなかったこともあってかなりペースが落ちて、結局走行距離は60000km弱という平均的なところで2回目の車検を迎えることとなりました。

この5年の間に故障らしい故障もなく、とても調子よく走っているのは嬉しい誤算です。しかし消耗品が高額なのは輸入車の宿命ですが、5年の間にバッテリーを1回、前後ブレーキパッドとディスクを交換してなかなかの金額がかかりました。さらに今回の入庫時にも前ブレーキが規定レベルに近いということだったのですが、ちょうど今はブレーキの割引キャンペーン中なので、ということでまた交換することにしました。とはいえ、今回の検査の結果でも走行に影響するような故障や異常は他になく、まだ想定の範囲内でホッとしました。

整備には休業日込みで6日かかったのですが、その間は代車として走行距離3000kmほどのMINI Victoriaが貸し出されました。ベースがMINI Oneという最廉価車なので自分のCooper Sと比較するのもかわいそうではあるのですが、それでもさすがにオプション込みで300万円を超えるので安っぽさはありません。ただ、エンジンが非力なのは仕方ありませんが、最も不満だったのは私の年式では設定のなかった7速DCTです。電動モーターで制御する乾式DCTですが、油圧制御の湿式よりも安価な反面、制御がシビアなのでショックやもたつきが出やすく、スポーティーでもないので運転していて気持ちのいいものではありませんでした。私もこれだったら購入しなかったかもしれないと思い、熟成されたトルコンATの良さを再認識してしまいました。

車検が終わって自分の車を引き取ってみて、発進の滑らかさと加速の良さで改めて満足したのですが、乗り比べてみて気づいたのはサスペンションが少々ヘタってきているのではないかということです。良く言えばしっとりした感じではあるのですが、まだ新しい代車はダンパーがもっとしっかり効いていたような気がして、もう少ししたらビルシュタインにでも換えるかな、なんて考えてしまったりしました。少なくともあと5年は乗るつもりでいるので、悪くない投資ですよね。