Archives

MINI車検

楽しさは変わっていません。

我が家にMINIがやってきてからあっという間に3年が経ち、ついに初回の車検を迎えることになりました。いきなり初回で大きな整備が必要なったりすることはないでしょうが、基本的にはお金がかかるイベントであり、決して嬉しいものではありません。

私は車両の購入時にTender Loving Care (TLC)なるサービスパッケージも5年間分加入しているので、主な消耗品の交換費用は前払いしていることになるのですが、残念ながらブレーキパッドやディスク、バッテリーといった比較的高額なものは対象外なのが残念です。とはいえ、それでも私の走行距離であれば元は取っているようなので文句は言えません。

実はすでに先日、警告灯が点灯したため後輪のブレーキパッドとディスクは交換済みなのでそこそこの出費となってしまったのですが、今回の車検ではバッテリーの消耗が明らかとなり、「この冬を越せるかどうか…」などと言うので交換してもらうことにしました。しかし国産車とは違い、またアイドルストップなどの電力消費も大きいため大型のバッテリーなのでなかなか高額のものです。いつかは交換しなければならないものですし、どこかで立ち往生するのも嫌なので仕方ありません。しかし結局、そのバッテリー以外には特別に費用の必要なものはなく、想定の範囲内には収まったのではないかと思います。

整備にはまる4日必要ということだったので代車を借りたのですが、MINI Cooper SD 3ドアでした。Cooper SDというのは2Lディーゼルのハイパワー仕様で、ガソリンのCooper Sよりも最高出力は低いが最大トルクは大きいというものです。私はこれに乗るのが初めてだったので、せっかくなので大山まで400km超のドライブに行ってしまいましたが、低回転からもりもり加速してスピードに乗るので運転しやすい反面、ポンピングロスがなくハイギアなのでエンジンブレーキが全然効かず、かつ高回転まで回せないので山道ではフットブレーキに頼らざるを得ないこと、回転が上がるとトルクが落ちてくることから、気持ち良さはガソリンの方が上かな、と思いました。しかし、何と言ってもディーゼル最大の長所は燃費で、23km/lほども走る上に軽油自体が安いので相当安上がりですし、ガソリンとタンクの大きさは同じなので航続距離の長さも魅力です。

ということで代車でも楽しませてもらったので今回の車検では特に不満も感じていないのですが、そもそも車検というのは必要なものなのか、ということはあります。アメリカでは州により事情は様々なのですが、私が住んでいたミシガン州には車検のような制度はなく、かなりボロボロの車でも自由に走っていました。しかし、それは自己責任という言葉が通用する社会だからこそ成り立つもので、たとえば気温が-20℃以下になる真冬に街から何十キロも離れたところで車が立ち往生したら、大げさではなく生命の危機に直面します。まともな人ならそうなる前に整備しておこうとなるので、自分の意志で定期的に整備するのですが、日本ではそういう訳にはいかないように思えるので、残念ながら必要な制度なのでしょう。

鹿児島旅行

桜島は姫路市民にとっての白鷺城のようなものなのでしょう。

台風25号はなんとか日本海側に逸れて沖縄、九州以外では気温がかなり上がっているくらいで特に被害はないと思いますが、地震や台風、豪雨など今年は日本中が自然災害に見舞われる大変な年となっています。これだけ連続するようなことがこれまでにあったような記憶はありませんが、一体どうなっているのでしょうか。台風21号「チェービー」も大きな被害をもたらした台風で、死者13名、負傷者912名という人的被害もさることながら、高潮により関西国際空港の滑走路やターミナルビルが浸水し、連絡橋にタンカーが衝突して損傷するなど物的被害も甚大なものでした。

この台風が上陸する本当に直前の9月2日から2日間、私達はよりにもよって飛行機で鹿児島へ行っていました。先日の長崎日帰りツアーと同じくZさんとI君と、神戸空港からスカイマークの直行便に乗って鹿児島空港へ降り立ち、ワンズレンタカーの激安レンタカーを借りてのいつもどおりの弾丸ツアーですが、いつもと違うのは宿泊するということでした。

まずは鹿児島市の観光スポット、島津氏の別邸があった仙巌園を訪れました。私は昨年ブラタモリで紹介されていたので知っていたくらいですが、NHK大河ドラマの西郷どんの舞台となっているので鹿児島の街自体が人気となっているようですね。まずは松風軒のランチで腹ごしらえをしてから園内をじっくりと見て回り、その後鹿児島市の繁華街という天文館へと向かい、鹿児島といえば、の天文館むじゃきの白熊を食べて、西郷隆盛像を見てから宿へと向かいました。

泊まったのは指宿海上ホテルという、外観はうら寂れた感じの温泉宿ですが、接客の評判が非常に高いということでした。実際、従業員はみな大きなホテルにはない暖かさを感じる接客で、とても気持ちよく過ごすことができました。また、台風が接近していたためか日曜日の宿泊だったためか宿泊客が少なかったので、スイートルームのようなかなり広い部屋に割り当ててくれたのも嬉しいポイントでした。ここではホテル内で砂蒸し風呂を楽しむことができるということで、貴重な体験をすることができました。

翌朝はまだ暗いうちに一旦ホテルを出て薩摩半島南端の長崎鼻にある薩摩長崎鼻灯台へ行き、日の出を見てきました。ここでは背後に美しい形の開聞岳を見ることもできますが、当日はやはり台風上陸の前日ということで雲が多く、水平線からの日の出は拝むことができませんでした。ホテルへ戻る前にはこの近くにあるJR最南端の駅、西大山駅にも立ち寄ってみましたが、残念ながら列車が通るのは1時間に1本以下という寂しい路線なので、My旅切手のように列車と一緒に写真に収めるというわけには行きませんでした。

ホテルに戻って朝食を食べてチェックアウトしたあとは指宿スカイラインを通って鹿児島市街へ戻り、桜島フェリーに乗って桜島へと渡りました。ここで乗ったのが1日1便のよりみちクルーズという、
まっすぐ桜島へ渡るのではなくちょっと南側に回り道をしてくれるというもので、普通は15分のところを50分乗っていられるのです。旅客運賃はわずか500円で、通常運賃が160円と非常に安いので割合としては大きいですが、車両は4m未満なら1150円と1490円の差だけなのでほとんど誤差です。これでゆっくり遊覧航行が楽しめるというのですから、時間が合えば、というより合わせてでもぜひ乗るべきだと思います。

桜島ではいくつかの展望所を回っていろいろな角度から桜島を眺めてきました。ここでは日常茶飯事なのでしょうがこの日はちょうど噴火が起こっていて、山頂付近から黒っぽい噴煙が黙々と湧き出ているのをはっきりと見ることができ、こんな活火山のすぐそばにこんなに大きな街があるというのが改めて不思議に感じられました。黒神埋没鳥居などもみるとそれはなおさらです。

そのあとは霧島神宮を見てから空港へと向かい、帰路へと就きました。しかし台風が来ているというのに飛行機で行くというのも無茶でしたが、特に問題なく帰って来れたのは幸いでした。もしもこれで足止めを食らっていたら、翌日にも戻ることはできなかったかもしれず、いったい皆にどう言い訳すればよいやら…まあ何事もなく本当に良かったですし、旅行自体大変楽しむことができました。

2018年 正月

明けましておめでとうございます。

皆さんは2018年のお正月をどのように過ごされているでしょうか。我が家は今年2人の受験生を抱えているため、600kmほど離れた東京にある私の実家への帰省は取りやめて、地元でゆっくり過ごすこととなりました。また一方、妻の実家へは車で30分ほどの距離なので当然の如く行くつもりでいたのですが、同居している甥っ子が年末からおたふく風邪にかかってしまったということで、義母の方から「受験生にうつしたら大変だから来ないでくれ」と言われてしまい、それももっともなので家族水入らずの正月となったのでした。

といっても大学受験を控えた長男は毎日どこかへ行って黙々と勉強していますし、高校受験前の次男も塾へ行ったり自宅で机に向かったりという状況なので、のんびりした正月という風情ではありません。妻も子供達の世話を焼いて気ぜわしくしていますので、私だけがただひとり気ままに過ごしているような状況です。こういう時に私にできることはほとんどないので仕方ありません。

ということで、元日の今日は自宅のすぐ裏にある、標高173mの小さな山に登って初日の出を見るという初めての試みをしてみました。日の出時刻は7時8分でしたが、山頂までは1時間位かかるのではないかと家族が言うので早朝5時半過ぎに家を出て、真っ暗な中を懐中電灯の明かりを頼りに登っていったところ30分程度で山頂に到着してしまいました。その時点で日の出までちょうど1時間というところでしたが、ちょっと前に着いたらしい高校生3人組の先客がいました。

小さいとは言っても市街地の中にある山なので山頂からは街の光がなかなか綺麗です。その夜景の写真を撮りながら日の出を待ちましたが、その後続々と高校生がやって来て、最初の15人ほどはみな私以外は高校生でした。大人の姿が見えてきたのは日の出20分前くらいからで、最終的には100人以上の人が集まっていたのではないかと思いますが、登り慣れているのかうまく調整していたようです。天気は良く風もなかったのでだいぶ助かりましたが、さすがに1時間も経つとすっかり体も冷え込んでしまい、なんとか日の出まで持ちこたえたという感じです。

今日は東の方角に低い雲があったので、山の陰から登ってくる太陽というのは見ることができませんでしたが、日の出時刻を5分ほど過ぎた頃にようやく雲の上に眩しい太陽が顔を出しました。待った時間が長かったこともありますが、日の出というのはいつ見ても気持ちの良いものです。これで一年のスタートを清々しく迎えることができました。なお、今日はこのあと家族でちょっとしたごちそうを食べに行く予定ですが、日差しも暖かいのでその前にブラブラと散歩でもしてこようかと思っています。こんなのんびりした正月もたまには良いものですね。

ということで、今年も一年よろしくお願いします。