Archives

Cinzano Rosso

私には薄いの1杯で十分。

私は昔からアルコールが全然ダメで、若い時にはなんとか強くなろうと努力してみたりもしましたが一向に変わらず、飲み会というのが嫌で嫌で仕方ありませんでした。ある程度年を取ってからは立場的にも社会情勢的にも無理やり飲ませるような人はいなくなって、ソフトドリンクだけで過ごせるようになったので宴会の席自体は楽しむことができるようになりましたが、完全に割り勘負けしてしまうのはいつものことです。まあそれ自体はまったく気にしていないのですが。

しかし私は酒が嫌いなのではなく、アルコールに非常に弱いというだけなのです。飲み慣れていないので焼酎など美味しさを知らない酒類はありますが、受け付けないのはビールくらいでしょう。ビールが駄目なのは若い頃に無理やり飲まされたせいではないかと思います。そんなビールは乾杯だけお付き合いすることもありますが、小さなコップ数センチ分飲んだだけでも顔が真っ赤になるくらいアルコールに弱いのです。

先日の健康診断の際には、血液検査のためにアルコール消毒した箇所が後で真っ赤になっているのを見て、やはり体質的にダメなのだということを実感したりもしました。私の父は今の私くらいの歳になってから嗜む程度に飲めるようになったそうですが、母はまったく駄目なので遺伝的なものもあるのでしょう。父にも母にも酒飲みの兄弟はいるのに不思議なものです。

ウィスキーは昔一人で頑張って飲んでいたこともあり、結構好きです。当時はショットグラスにストレートで飲んでいましたが、今はロックでちびちび飲むのが好みです。そう、量を飲むことができないので、濃いものをちびちびやるのがいいのです。

もう一つ私が好きなのが、チンザノ・ロッソです。イタリア・トリノの特産であるベルモットですが、ハーブが入っていることからちょっと薬っぽい味がするのが好みなようです。これを先日の職場の飲み会の二次会で行ったバーで見つけたので久しぶりに飲んで、とても良かったので自分でも購入してみたというわけです。

チンザノ ロッソ 1000ml [並行輸入品]ベルモット

posted with amazlet at 17.08.13

チンザノ 売り上げランキング: 9,911

Amazon.co.jpで詳細を見る

私は近所の酒屋で購入したので1800円だったと思いますが、Amazonではアルコールまでずいぶん安く買うことができるのですね。今回は自分のためにアルコールを購入するなんて20年ぶりくらいのことですし、次があるとも思えませんが、何かの時にはAmazonで買うことになるかもしれません。

チンザノはバーで飲んだときと同じようにソーダで割って飲んでいますが、やはりプロが作ってくれた時の方が美味しいような気がします。ソーダを注ぐだけのことなのに一体何が違うのかわかりませんが、プロにはプロの技があるのでしょうか。まあおそらくは雰囲気の違いだろうとは思うのですが、それでもそれなりに美味しく飲むことはできているのでいいのではないでしょうか。ただ、調子に乗って飲んでしまうと簡単に二日酔いの頭痛になってしまうので気を付けなければいけません。実はアルコール分のないものがあれば自分にはその方が良いのではないかなとも思うのですが。

セブンイレブン 直巻おむすび すだち香る 真鯛藻塩焼

隠れた逸品…というほどでもないか。

今年の我が家は長男も次男も揃って受験の年なのですが、先日長男は神戸の予備校まで夏期講習を受けに行っていました。その時、昼食にセブンイレブンで買ったおにぎりがとても美味しかったと言っていたのですが、その翌日、すごく美味しいから食べてみてほしいと言って私たちが食べるように1個買って帰ってきました。

それが今回ご紹介する「直巻おむすび すだち香る 真鯛藻塩焼」というもで、自宅から職場までの間に店舗がないせいか私はあまりセブンイレブンは利用しないので知りませんでしたが、調べてみると2015年から発売(PDF)されているようです。余談ですが、このPDFファイルに書かれている日付には2015年4月10日と明記されていますしファイル名も2015041002.pdfなのでそれで間違いないのでしょうが、なぜかブラウザのタイトルに表示されるのは2008年11月25日、URLは2011となっていて一体どういうことなのかわかりません。

それはさておき、半分に割って妻と分けて食べましたが、ご飯を一口かじったところですだちの香りがパーっと鼻に抜けて、とても爽やかです。そして鯛も身がしっかりプリッとしていて、ご飯とのバランスもいい感じでしたが、やはりすだちの柑橘系の酸味がとてもさっぱりしているので、これは夏向きのおにぎりではないかと思いました。

しかし残念なことに、このおにぎりは関西限定ということらしいのです。先のPDFファイルには「関西特有の食文化として、多くの料理にポン酢やすだちを合わせることが知られております。」と書かれているので、これは関西以外では受けないと考えられているのかもしれませんが、決してそんなことはないのではないかと思います。とはいえ、供給の問題も大きいでしょうから、全国津々浦々に行き渡らせるというのは難しいのかもしれません。

と言いながら、実は私もこのおにぎりを見つけることが出来ていません。妻が弁当を作れないという日にわざわざ1kmほど回り道をしてセブンイレブンに寄ってみたりもしたのですが、売られている様子がないのはここ播州が「関西」の範囲に入っていないということなのかもしれません。本当は自分で購入してもう一度食べてみてから投稿したかったのですが、いつになるかわからないので書いてしまうことにしました。このまま幻にならなければよいのですが…

プリッツ パクチー

自然な美味しさ。

プリッツといえば江崎グリコが1963年から発売している、言わずと知れたプレッツェルベースのスティック菓子の一大ブランドです。私は子供の頃から一番プレーンな感じがする「ロースト」が好きでしたが、このたびプリッツの「パクチー」が8月1日からローソンで先行販売されているとのことなので、このためだけにわざわざ行って、このプリッツ パクチーだけを2個買ってきました。といっても、自宅最寄りのコンビニがローソンであり、徒歩3分もかからないくらいのところに帰宅時に立ち寄ってきただけなのですが。

封を切ってみるとパクチーの香りが芳しく立ち上りますが、強すぎてわざとらしい感じはなく、実に自然です。食べてみても印象は同じで、パクチーを無理して入れているような感じはなく、美味しくするためにパクチーを使っているだけ、と受け止められます。実際、パクチー以外にもスターアニス、フェンネル、シナモン、クローブ、山椒といったいろいろなスパイスが使われていて、バランスよく美味しく仕上がっています。

しかしパクチーというのはハマる人はハマるのに、ダメな人はいつまで経ってもダメなのでしょうか。よく一緒にカレーを食べに行っているO君は1年前は苦手だったのに今は全然平気になったと言っていますし、もう一人のF君もちょっとなら食べられると言っていますが、Nさんは以前私がおすそ分けした「パクチーキャンディ」ですら吐き出せないから泣きながら食べたなんて言っています。嫌がる人に無理やり食べろなんていうことは私も言いませんが、美味しいから食べてみればいいのに、というのも通じないものですね。一度慣れれば癖になるのではないかと思うのですが。

ということで、このプリッツ パクチーはとても美味しかったのでリピート確定、と言いたいところですが、定番化するにはちょっと受け皿が小さくて、残念ながら期間限定で終わってしまうのでしょうね。楽しめるうちに精一杯楽しんでおきたいものです。