カテゴリー
food & drink

もへじ 小倉あんバター

付け過ぎ注意。
🍞

皆さんはトーストに何を塗って食べますか。私は最近はほとんどバターだけを塗って食べるようになりましたが、子供の頃はハチミツやイチゴジャムとバターをたっぷり塗って食べるのが好きでした。私が住んでいる姫路ではご当地B級グルメとして「アーモンドトースト」というものがあり、アーモンドパウダーとアーモンドチップとマーガリン、砂糖を練ったものをパンに塗って焼いたものが喫茶店のモーニングでの定番メニューとなっています。

一方、名古屋あたりでは「小倉トースト」が有名ですが、最近ではコメダ珈琲の全国展開もあってかなり一般的なものになったのではないでしょうか。最初は「トーストにあんこなんて」と思ってしまいましたが、ちょっと考えればジャムやハチミツとの違いは大してありません。というより、日本にはアンパンという素晴らしいものがありました。

ちなみに日本人にとっては馴染み深い小倉あんですが、東アジア以外では豆を甘く煮て食べるというのは一般的なものではありません。アメリカ人に小倉あんのことを説明するときにはbean jam (豆のジャム)と言っていましたが、ぎょっとされることが多かったです。そしてそういう人が実際に食べてみても、やっぱり塩味という先入観があって受け付けられないようでした。

さて、その小倉トーストが自宅でも簡単に食べられる、小倉あんバターというものがカルディコーヒーファームのプライベートブランドであるもへじから発売されているということを知ったので、先日コーヒーを買いにカルディに行った際に探して購入してみました。

主要原材料は粒あん、砂糖、バターということなので、粒あんさえ買ってくれば自分でも簡単にできてしまう気がしますが、バターと混ぜられていることで保存性が上がっているのではないでしょうか。保存料のようなものは添加されていないようなので、そういうものが気になる人も安心していただけるかと思います。

焼きたてのトーストに塗ってみましたが、冷蔵しているとちょっと固めなのでスプーンよりもバターナイフなどのほうが塗りやすいのではないでしょうか。食べた感じは良くも悪くも予想通りですが、甘さはやや控えめで、小豆の味を楽しむ感じかもしれません。自分でもできるとは思いましたが、このバランスがぶれないようにするのは難しいのではないでしょうか。また、バターの塩分も控えめなので甘じょっぱいのが好みの人はバターも塗るとより美味しいと思います。

ということで、いろいろ便利なものが次々生まれてきますが、入れ替わりに無くなっていくものもあるのが哀しいところです。つい最近も、かなり気に入っていたイカリスパイスカレーとんかつソースが打ち切りになってしまっているのを知ってショックを受けていたところなので…あれ美味しかったのに。

カテゴリー
food & drink

かぼちゃプリン

着手してみれば案外簡単でした、が残念な結果に。
🍮

せっかくのゴールデンウィークだというのにCOVID-19緊急事態宣言(PDF)により外出自粛要請されているという、ここまで楽しくない連休もなかなかないだろうというような状況となってしまいましたが、皆さんいかがお過ごしでしょうか。私はどこにも行かずにおとなしくしているにしても、毎週通っていた図書館も休館となってしまい、散歩の途中で立ち寄るテラスのあるカフェも休みになってしまい、ただひたすら散歩するくらいしかなくなってしまいました。それでも免疫力を維持するためにも運動不足は良くないと思い、毎日10000歩は歩くよう心がけています。

とはいえ、家にいる間ずっとYouTubeAmazon Prime Videoを見てばかりで時間を浪費するのももったいないので、いつもやらないことをやってみようということで、たまにはカレー以外の料理を作ってみることにしました。その第一弾は単なる思いつきですが、昔から大好きなかぼちゃプリンです。

作り方はいろいろなウェブサイトやYouTubeにある動画を見てみましたが、レシピが色々あって結構ばらつきが大きかったので、なんとなく感覚でやってしまいました。これは料理下手だという人がやってしまう典型的なダメな例なのはわかっているのですが、人の好みもあるでしょうし、ある程度幅があるのだろうと勝手に判断しました。

私が使った材料とその分量は以下のような感じです。

  • カボチャ 600g
  • 牛乳 200ml
  • 生クリーム 200ml
  • 卵 4個
  • 砂糖 大さじ4
  • シナモンパウダー 適量(お好みで)

作り方はいたって簡単です。まず最初にカボチャを適当な大きさにカットして、少量の水と一緒に容器に入れて電子レンジで10分程度加熱し、柔らかくなったら皮を剥きます。その後、材料をすべてブレンダーに投入して滑らかになるまで混ぜ、それを耐熱容器に移します。カラメルが欲しい人はカラメルを先に容器に入れておけばいいようですが、私は面倒だったのとカラメル無しのさっぱりしたタイプが食べたかったので入れていません。

容器に移したプリン液を予熱した170℃のオーブンに入れて50分程度湯煎します。この温度や加熱時間もレシピによってばらつきがありましたが、これは容器の大きさや深さにもよるでしょうから、適当に時間を見計らうしかないでしょう。焼き加減も表面がプルプルしていて生なのかどうかわかりにくいのですが、中央付近が盛り上がってきて、竹串を刺して何も付いてこなければ焼き上がりと判断しました。その後は粗熱を取ってから冷蔵庫で冷やせば出来上がりです。

ということで一晩冷やして今日食べようと取り分けるときに失敗が明らかになりました。焼き加減を見るときに竹串を刺した場所が悪く端の方だったので、周辺部は焼けていたものの中央よりはまだトロトロの状態だったのでした。カボチャ以外に生で食べられないものは入っていないので仕方なくそのまま食べることにしましたが、味の方はなかなか良い加減で美味しかっただけに非常に残念です。この連休の間に再度挑戦して、次こそは中央付近に竹串を指すことを忘れないようにしたいと思います。まあこういう経験も必要ですよね。

[2020-05-07 追記]
2度めのチャレンジで同じ配合と手順のまま、焼き時間をのべ90分まで伸ばした結果、期待通りのしっとり柔らかいかぼちゃプリンに仕上げることができました。最初の50分というのは小さな容器に小分けした場合の時間で、一つの大きな容器で作る場合にはもっと長くする必要があるようですね。一つ勉強になりましたが、これでかぼちゃプリンはマスターできたのではないかと思います。焼き加減さえ見極められればあとは何も難しいことがないので、ぜひお試しください。

カテゴリー
food & drink

桃屋 しびれと辛さががっつり効いた麻辣香油

好きな人は好きなはず。
🌶️

私もちょうど3年ほど前に「S&B 四川風ラー油」というものを紹介していますが、ちょっと前に日本には「花椒ブーム」「シビ辛ブーム」が到来していたようです。今はだいぶ落ち着いているようですが、そのブームの名残でいろいろ花椒も一般化したようで、その中に桃屋の「しびれと辛さががっつり効いた麻辣香油」という製品があります。他社からも類似品が色々出ているようですが、自宅近くのスーパーで見かけるのはこの桃屋の製品のみなので、これが先駆者なのか覇者なのかということでしょう。

ちょうど10年前には「辛そうで辛くない少し辛いラー油」というものが大流行して売り場の棚から消えるほどでしたが、今では潤沢にあるので、日本の人の流されやすさに呆れつつもそれなりに定着しているということなのかと思っています。この製品は「辛そうで辛くない〜」で確立された「食べる調味料」というジャンルのものですが、オリジナルに対し花椒を加えて唐辛子の辛さも増したものということのようで、名前に「がっつり効いた」とある通りなかなか辛く、花椒のシビレも結構効いています。実を言うと「辛そうで辛くない」には物足りなさを感じていたので、この麻辣香油には大変満足しています。今のところ朝食時にご飯に乗せて食べるというのが主な使い方になっていますが、もちろん麻婆豆腐などに混ぜても美味しいでしょう。ただ、そのまま食べたときに美味しいようになっているので、なにかに混ぜるのはもったいないような気もします。

なお、今の時点でオンライン価格463円とありますが、私が先日店頭で購入したときには安売りで200円を切る価格になっていて、入れ替えのためなのかもしれませんが仕入れ価格はいったいいくらなのかと勘ぐってしまいます。まあ安く買えるに越したことはありませんが。