Archives

S&B 噂の名店 大阪スパイスキーマカレー

スパイス好きにはたまらないはず。

つい先日、Instagramでハッシュタグをフォローすることができるようになり、これにより自分の関心のあるタグをフォローしておくことでプッシュ的に情報を得ることができるようになりました。これまでは自分がフォローしている人がフォローしている相手の中から関心のある写真をよく投稿している人をフォローする…という回りくどいやり方が必要でしたが、これからは自分のタイムラインに自動的に関心のある写真が入ってくるということになり、とても便利な機能ではないかと思います。そのためには適切なハッシュタグが付けられていることが重要になってきますが、私も早速美味しそうなカレーの店を見つけるために #curry というハッシュタグをフォローしてみたところ、カレーの写真に混じってNBAの現役最高のスタープレイヤーの一人、Stephen Curryの写真が入ってくるようになってしまいました。そんなことはありますが、これはなかなか素晴らしい機能追加です。

ところで、そんなカレー好きな私は地元では目ぼしい店はほとんど行き尽くしてしまっているのですが、神戸や大阪に行くとたくさんのカレー店があり、行ってみたい店がいくつもあります。そんな中でも特に優先順位が高いのが大阪は北浜というカレーの激戦区にあるColumbia8というところです。残念ながらまだここに行く機会はないのですが、写真を見ても独特でとても美味しそうなカレーはぜひ一度味わってみなければと思っています。

そんなところで驚いたのですが、ハウス食品と並ぶカレーの巨人、エスビー食品のレトルトカレーで、カレーの有名店の監修でその味を再現した「噂の名店カレー」シリーズの商品の一つとして、噂の名店 大阪スパイスキーマカレー お店の中辛という、まさしくColumbia8監修の商品が発売されたのです。製品パッケージに載せられた写真は紛れもなくInstagramで見たColumbia8のカレーそのもので、評判を聞いてもなかなか再現性は高いということだったのですぐにでも食べてみたいと思いました。しかし、残念ながら8月に発売されたというのに市内のスーパーにはなかなか入荷されず、スーパーを見つけてはカレー売り場をチェックするということを続けること3か月、諦めかけた頃にようやく見つけることができました。まあAmazonでは売っているので、今思えばさっさと買えばよかったのかもしれません。

S&B 噂の名店 大阪スパイスキーマカレー お店の中辛 212g×3個

posted with amazlet at 17.12.17

エスビー食品 売り上げランキング: 3,548

Amazon.co.jpで詳細を見る

ということで今日、ようやく食べることができたのですが、箱の中身は3つの袋に分かれていて、まずライスの上にスパイスの袋をあけ、その上から温めたレトルトのキーマカレーを回しがけ、さらにその上からカシューナッツをまぶすという構成です。このようなちょっと凝った形になっているおかげで、スパイスからは高い香りが立ち上り、ナッツのカリカリした歯ざわりも楽しいというものになっています。

これがどれくらいお店の味に近いのかはわからないのですが、少なくとも300円少々で購入できるレトルトカレーとしてはかなり満足感の高いものになっているのではないかと思います。Columbia8としても店の名前を出すからにはその名に恥じないものでなければ困りますし、エスビー食品としても下手なものを出すわけにいかず、難しい企画なのではないかと思いますが、見事に成し遂げたという感じでしょうか。私はこれで店に行かなくてもよいと思ったかというとそんなことはなく、むしろますます本物を食べたいという気持ちが強くなりました。しかし、同じ関西と言いながら大阪も近いようで100kmほど離れていますので、いつになったら行く機会があるかわかりませんが、近いうちに是が非でもと思っています。

タカキベーカリー 4種のレーズンミニブレッド

パンよりぶどうの方が多そう。

たまに「米とパンとどちらが好きか」という質問があるかと思いますが、それはおかずとともに食べるエネルギー源としての主食についてのものでしょうか。としてエネルギー源として摂取するもので、美味しいからという理由で食べることはあまりありません。ただ、五穀米、十穀米や炊き込みご飯、チャーハンは好きですし、さらにカレーライスとなればもう大好物ですが、それは「米」が好きというのとはちょっと違いますよね。

パンの場合には日本独特の惣菜パンの類を除くとこういったアレンジが効きにくいのではないかと思いますが、それでも私はパンが大好きです。コンビニでおにぎりと惣菜パンのどちらを買うかといえば大抵はパンの方にします。具の入っているパンでなくても、ちょっと味のあるパンならそれだけで食べるのも好きです。特に好きなのはフルーツやナッツが入っているもので、またベースとなるパンではドイツのものが好みです。こんなことなので私には低炭水化物ダイエットは向かないと思っています。

ところで、先日妻が駅前のスーパーマーケットで買ってきたのが今回ご紹介するタカキベーカリーの4種のレーズンミニブレッドというパンです。その名の通りカレンズ、モハベレーズン、ミゼットレーズン、サルタナレーズンという4種類のレーズンがふんだんに使われたぶどうパンなのですが、袋ごと持った時にそのずっしりとした重みにびっくりしました。断面を見るとパン生地の部分とレーズンとの部分の比率が普通ではなく、まるで高級なフルーツケーキのようです。ミニサイズの薄切り食パン4枚だけなのですが、半分でもかなりの満足感がありますので一人で一気に食べ切ることはないでしょう。妻は私のために買ってきてくれたわけではないのですが、全部食べてしまいたいくらいですし、また自分でも買いに行きたいくらい気に入りました…というか、実際に買いに行ってみたのですが、その日は売り切れなのか入荷しなかったのか、店頭で見つけることができなかったので、それを妻に伝えたところまた別の日に買ってきてくれました。

タカキベーカリーといえば広島のパン屋さんですが、東京などではアンデルセンの名前の方が知られているでしょうか。私は若い頃はアンデルセンのビスケットドーナツが大好きでよく買っていたのですが、今はもう売られていないのでしょうか。いくら好きでもそう言っているだけではダメで、実際に買い続けないといけませんね。そういえば、駅前にあったはずのアンデルセンの店舗もなくなってしまったようですが、大した人口ではないのにDONQ、ローゲンマイヤー、ポンパドウルなどが揃っている激戦区なので仕方ありません。

ちなみに、私にはちょっと意外なことだったのですが、アメリカのパンは美味しくありません。日本人がやっている、日本にあれば特別美味しいわけでもないごく普通のパン屋が成り立っているくらいなのです。私は郷に入れば郷に従えということでこのパン屋も避けてきましたが、現地の人にもファンはいるようでした。パンの美味しさについてはヨーロッパがとても羨ましかったのですが、もちろんニューヨークやシカゴ、ロサンゼルス、サンフランシスコなどの大都市は別で、そういうところには世界中から一流の人が集まってくるので、とても美味しいパンが食べられるはずです。ミシガンはちょっと田舎なので仕方ないということですね。

ハクバ カメラグリップLH

微妙に進化。

皆さんはカメラのストラップにはどのようなものを使っているでしょうか。こだわらない人はカメラを買った時に同梱されてくるメーカー名やモデル名の入った純正ストラップを使うかと思いますが、気に入ったものを使いたいとか、オシャレなものがいいとか、それぞれの理由で好みのストラップを購入して使っている人も少なくないでしょう。私はおそらく若かりし頃のジェットダイスケ氏のこの動画を見てだったと思いますが、ハクバのピクスギア グリップストラップという製品を使用していて、大変気に入って使っていました。

しかし、購入してからすでに8年ほど経ってしまったということで、人工皮革の外装部分が劣化して破けてみすぼらしくなってしまったのでした。これがあるので私は人工皮革や樹脂部品が嫌いで、多少高くなっても本皮や金属を使用して耐久性を持たせてほしいと思ってしまうのですが、かといって1000円前後で購入できる製品が例えば5000円もするようなものになってしまうと売れ行きも全然違うものになってしまうでしょうから諦めるしか無いのでしょうね。

それはともかく、まだ使う上では問題ないと言っても見た目がよろしくないので、そう高いものではないので買い換えることにしました。Amazonで見ても類似品はピンからキリまでいろいろあって、別メーカーのものにしてみようかとも思ったのですが、同じくハクバからカメラグリップLHなる後継品らしきものが発売されていたのでこれを使ってみることにしました。価格の方はほとんど変わらず1000円ちょっとですが、従来品も併売されているようなのがちょっと謎です。

HAKUBA カメラグリップLH KGP-02

posted with amazlet at 17.11.23

ハクバ 売り上げランキング: 47,223

Amazon.co.jpで詳細を見る

昨日届いたので早速私のカメラに装着してみましたが、これまでとの違いはカメラの底の三脚穴に止める樹脂のベース部分がちょっと長くなっていることと、ベース部分にカメラの背面に引っかかる爪がついていることで、これらによってより安定したグリップが期待できるようです。実際に握ってみてもこれまでの撚れるような感じが減っていて、また新しいためかパッドの内側の手の滑りが良くさっと握ることができるような印象で上々です。これまで以上に快適に写真を撮ることができそうでちょっとワクワクします。

これらのグリップストラップが良いのは撮影時にカメラを握る手が安定するということもあるのですが、持ち歩く時に片手で持っていても落としてしまう心配がないというのもあります。これまでもカメラを落としてしまったことはありませんが、落とすまいとしっかり握るので手が疲れてしまうということから開放されるのと、何より精神的に心の平安が得られます。おかげで歩きまわっている間も片手で握っておいて、サッと構えてサッと撮れるのでとても快適です。

なお、私はこのグリップストラップの他にKickstarterで出資して入手したCustom SLRのAir Strapという長さの変えられて通気性の良いストラップも一緒につけて愛用しているのですが、このCustom SLRからもHand Strapという似たような製品が発売されています。こちらは約$19ということでハクバのもののちょうど倍ほどの価格となっていますが、グリップの上の方、握った時にちょうど人差し指の付け根あたりにストラップホールがあるので、カメラを横向きに吊ることができるという長所があるようです。ただ私はカメラが縦になってしまっても特に問題は感じていませんし、使用例を見るとアメリカ人の大きな手に合わせたサイズになっているように見えるのでやめておきました。同社のC-Loopなどは使ってみたいと思っているのですが。