UNIQLO +J ライトダウンボリュームパーカ

いい買い物ができたのでしょうか。
🪶

今や世界的にもある程度知られるブランドとなったUNIQLOがこのご時世に大混雑になったというのがつい先日ニュースになっていましたが、その原因となった+Jというラインの発売に今回は私も乗っかってみました。「流行は乗るのではなく作ってこそカッコいい」と子供の頃から信じている私なので、話題だからといって飛びつくのは本意ではありません。しかし、だいぶ傷んでしまったということで昨年まで着ていたダウンジャケットを処分してしまっており、いずれにしても購入する必要があったところで+Jが発売されると聞いたため、タイミングが良かったというわけです。

「+J」というのはデザイナーブランドJil Sanderとのコラボレーションで実現したコレクションですが、2009年から2011年までで終了していたものがこの秋復活したということで話題になっており、ファッションにはまったく疎い私の耳にも入ってきたのでした。

発売当日は一部店舗での大混雑もあったようですが、オンラインストアも繋がりにくい状態が暫く続いていました。こういうときはウェブブラウザよりも公式アプリがいいだろうと思って、目当ての商品を「お気に入り」に登録し、ユーザー情報やクレジットカード情報もあらかじめ登録して数タップで購入できるよう待ち構えていたのですが、それでも通信の混雑から挙動が不安定になっていました。私は売り切れてしまったらそれまでの縁だと割り切っていたので時々試してみるくらいだったのですが、結局午後2時くらいになってようやく落ち着いてきたようで、すんなりとは行かないまでも処理が進むようになり、まだ在庫も残っていたので目当ての商品を注文することができました。

ということで購入したのはライトダウンボリュームパーカ(ブラック)です。フード周りと袖口のデザインに特徴があるほかはそれほど特別な感じはしませんが、機能的に良いのがわかっていてもシームレスダウンが好きになれないので、普通に縫い目のあるところも良いと思っています。また、色をブラックにしたのは裏地がワインレッドになっているところが気に入ったためですが、他の色も裏地との組み合わせはそれぞれ悪くないと思います。ロングコートもありましたが、ハーフのほうが着る機会がありそうなのと、そもそも私が注文するときには既に売り切れてしまっているようでした。

他のガジェット系の予約販売に慣れてしまっていたので意外に感じてしまいましたが、注文してから数日で手元に届きました。早速羽織ってみるととても軽く、ゆったりしていて着心地はなかなか良かったです。実店舗で試着するということもできなかったのでサイズ感など若干の不安はありましたが、袖丈などもまったく問題ありません。ちょっと暖かい日が続いているので防寒性能などはまだわかりませんが、家の中で着ているとすぐにポカポカしてきたのでちょっと期待しています。

「なんだかんだいっても結局ユニクロだから」なんていう声も聞こえてきましたが、ユニクロの品質と価格にJil Sanderのデザインであればいいとこ取りで素晴らしいことではないでしょうか。それがもし逆だったりしたら酷いことですが、そんな事はあるはずもないでしょう。1万円少々のダウンジャケットとしては非常に高品質に見えますし、デザインとして派手さはありませんが機能と見栄えは両立されているのではないかと思います。

商品ページのレビューを見ると買えなかった人が星1つの評価で色々書いていたり、ボリューム感がないと言ったあとで無理にコロナに絡めている人などもいたりで、まったく商品の参考にはなりませんが、話題性だけで買おうとするとそんなものなのでしょうか。そもそも既に完売した商品のレビューは表示する必要もないでしょうし、URLを知っていたりググったりせず普通に閲覧しているだけではたどり着かないのですが。

iPhone 12

現代の必需品。
🍎

今や人間らしい生活には欠かせない品となったと言っても過言ではないスマートフォンですが、私は最初のスマートフォンとしてiPhone 3GSを購入して以来、6 Plus8 Plusと3台のiPhoneを使ってきました。なぜAndroidではなくiPhoneを使い続けているのかというのは、買い替え時のデータ移行が簡単確実であるということ、購入したアプリや使い慣れたアプリをそのまま使い続けられるということ、そしてMacとの連携が便利であること、といったことが理由になっていて、実はiPhoneそのものの性能やデザインが気に入っているからというわけではなかったりします。とはいえ、デザインで選ぶならやはり洗練されているiPhoneだろうなあとは思いますし、性能も価格が高めなだけあって十分以上だと思います。

3GSと6Plusの間は結構空いているのですが、これはこの間に勤務先で支給されたWindows PhoneHTC Trophyという機種を使用していたためです。これは当時のWindows 8あたりと統一された独特なUIデザインで一見スタイリッシュではあったのですが、対応しているアプリが少なかったこともあって特に末期は寂しいものでした。

それはさておき、先日iOS 14にアップデートしたら文鎮化してしまったということがあって、その後復活はできたもののこの後は新しいバージョンが出ても怖くてアップデートできず、このままセキュリティ的に不安な状態で使い続けるというもの精神的に良くないので、下取り価格の高いうちに潔く買い換えることにしました。

今回のiPhoneはiPhone 12iPhone 12 Proがそれぞれサイズの違う2種類ずつ、計4機種も発売されることになっていて、ちょっとずつ価格が違うこともあってなかなか悩ましいものでした。一番小さいminiが持ちやすくていいようにも思えますし、高級感のあるProも捨てがたく、Pro Maxの大画面もそれはそれで魅力的です。12と12 Proの主な違いは望遠カメラがあるかどうかですが、iPhoneではほとんど写真を撮らない私にはそこはどうでもよく、それよりRAM容量が1.5倍あるということの方が気になるくらいです。ただ、店頭で展示されていた12と12 Proを持ってみたところ、アルミとステンレスというフレームの材質の違いのせいでProの方が明らかにずっしりとしていて、良く言えば高級感はあるものの、やはり無駄に重いように思えてこの時点で選択肢から消えました。またminiにするかどうかという点は、これまでのPlus系の大きさに慣れきっているということと、発売日が2週間違うということから待ちきれず12無印という、結果として一番無難な選択肢に落ち着きました。

あとはストレージ容量と色ですが、ストレージはこれまで使っていたのが256GB版だったのでそのまま、色はブルーがいいかなとは思ったものの人気色なので納期が遅いこととありふれているのは嫌なのと、どうせカバーを付けるからこだわっても仕方ないということでホワイトにしました。

ただし、私は回線にMVNOIIJmioを使用しており、今回のiPhoneは5G対応したことから若干不安があったので、発売日に検証予定とされていた動作確認の結果を待ってから満を持して購入することとしました。まあ動作しなかったとしてもそのままずっと使えないままということはないでしょうが、8 Plusの方を下取りに出す必要があったので、手元に使える端末がなくなってしまうというのは困ります。なお、下取りは満額なら26000円ということですが、まだ発送していないため結果は不確定です。

さて、ここまでが長くなりましたが、届いた新しいiPhoneのセットアップは基本的に旧端末のバックアップから復元するだけなので1時間程度で終わります。ただ、アプリによってログインし直す必要があったり、モバイルSuicaは簡単ながら移行手続きが必要だったり、微妙に面倒なものがあります。そして忘れがちなのがIIJmioのプロファイルのインストールで、それまでWi-Fiで使用していたため翌朝玄関を出て初めて気づき、慌てて戻って設定するということをやってしまいました。まあこれも簡単なことではあるのですが、MVNOのちょっと面倒なところです。

私にとっては初めてのFace IDでしたが、慣れるも慣れないもないくらいのもので、認識も一瞬なので普段は非常に便利です。ただ、このご時世でマスクをしていると認識されないのはやはり不便で、特にApple Payを使うときにいちいちマスクを外すか、PINを入力するかというのはだいぶ面倒なので、これはやはりTouch IDの方がかなり有利でした。ホームボタンが無い事自体はだいぶ慣れてきましたが、やはりあんなボタン一つでもちょっと便利だったなと感じることはあります。ボリュームボタンの下くらいにもう一つボタンがあったら親指で押せそうですが、今さら追加はしないのでしょうね。

他には新機能というようなものは特にありませんが、やはりCPU性能が大幅に向上しているのでこれまで感じていたもたつきやカクつきがないのは快適ですし、バッテリーの持ちも良くなっているのではないでしょうか。また、有機ELのディスプレイパネルも非常に美しく、明るいところでもクリアに見えます。表面いっぱいに画面が広がったベゼルレスデザインで外寸が若干大きいPlus系と比べても画面はだいぶ大きくなっており、当初散々言われていた「ノッチ」も特に気にならず、どちらかといえばカメラ等の周囲まで画面が広がっている、とポジティブに捉えればいいように思えます。ということで、今のところほぼ全面的に満足しています。

なお、これまで私は6 Plus以来ずっといわゆる手帳型ケース、主にTwelve Southの製品を使ってきましたが、今回はとりあえずiFace First Classを使ってみることにしました。オジサンが使うにはちょっとポップな気もしますが、持ちやすそうですし、落下したときの保護も強そうなので、当面これでいってみようかと思います。ただ、手帳型では社員証や図書館のカードなどを入れられるのが便利だったので、そのうち戻ってしまいそうな気もしますが。

日傘

ローテクでも有効です。
☂️

COVID-19の影響で外出が減ったことで「コロナ太り」をしてしまったという人も少なくないようですが、平常時は会社まで徒歩で通勤していた私も在宅勤務中心になったことでその危険性は大いにありました。しかし、在宅勤務を始めたのとほぼ同時に終業後の散歩というかウォーキングを習慣化したので、出社時と同じ程度の歩数を歩くことができており、体重の増加もなんとか抑えることができています。

ただ、この夏の間の炎天下はただ歩くのも危険で、夕方とはいえまだ日が照っている時間帯はなるべく日陰が多くなるようなコースを選んで歩いていました。ここで最近になってようやく気づいたのですが、日差しがきついなら日傘を差せば楽になるのではないか、ということで早速買ってみることにしました。

私の妻も以前から外を歩くときには日傘を常用していてそれを見ていたのですが、これは日焼けをしたくないからだろうと思いこんでいたのでした。しかし、日陰に入れば楽になるのだから、日傘でも同じような効果は得られるはずで、それはまさしく事実でした。実際に強い日差しの日に日傘を差してみると、遥かに楽になります。

ただ、どうしてもなれないせいか人目を気にしてしまう自分がいます。しかし、もともと日本には男性が日傘を差す文化があったものの、江戸時代や太平洋戦争中に贅沢として禁じられてしまったという経緯があるようです。この辺はあまり確かな出典元がないのですが、男性が日傘を差すことがおかしいということは特にないはずで、仮に今までおかしいものとされていたとしてもこれだけ気候が変化しているのだから習慣の方を変えてもいいはずです。

また、私は晴雨兼用の日傘を購入したのですが、これは日傘として使用するときに雨傘とは違う物理的な問題が一つあるということに気づきました。それは風の強い日のことで、雨傘の場合は雨も風に乗って降り掛かってくるので傘を風上に向ければ良いのですが、日傘の場合はあくまで太陽の方に向けなければならず、傘の内側に風が当たるような方向になってしまうことがあり、傘の構造的に強くないため反対側に反ってしまうことがあるのです。晴天時専用の日傘であれば風を逃がすような構造にできるはずなので、兼用というのは良いことばかりではなかったようです。

とはいえ、それ以外には特段の問題はなく、非常に軽量コンパクトで私がこれまで持ち歩いていた折りたたみ傘より小さく軽いので、小さなかばんにも収まり荷物になりません。普段から持ち歩くことができないと使う機会もなくなってしまいますから、これは重要なポイントですね。またいざというときには雨傘として使えるというのも良いですが、さすがに雨傘としては小さいのでゲリラ豪雨には耐えられそうになく、あくまで一時しのぎですね。