Archives

Cinzano Rosso

私には薄いの1杯で十分。

私は昔からアルコールが全然ダメで、若い時にはなんとか強くなろうと努力してみたりもしましたが一向に変わらず、飲み会というのが嫌で嫌で仕方ありませんでした。ある程度年を取ってからは立場的にも社会情勢的にも無理やり飲ませるような人はいなくなって、ソフトドリンクだけで過ごせるようになったので宴会の席自体は楽しむことができるようになりましたが、完全に割り勘負けしてしまうのはいつものことです。まあそれ自体はまったく気にしていないのですが。

しかし私は酒が嫌いなのではなく、アルコールに非常に弱いというだけなのです。飲み慣れていないので焼酎など美味しさを知らない酒類はありますが、受け付けないのはビールくらいでしょう。ビールが駄目なのは若い頃に無理やり飲まされたせいではないかと思います。そんなビールは乾杯だけお付き合いすることもありますが、小さなコップ数センチ分飲んだだけでも顔が真っ赤になるくらいアルコールに弱いのです。

先日の健康診断の際には、血液検査のためにアルコール消毒した箇所が後で真っ赤になっているのを見て、やはり体質的にダメなのだということを実感したりもしました。私の父は今の私くらいの歳になってから嗜む程度に飲めるようになったそうですが、母はまったく駄目なので遺伝的なものもあるのでしょう。父にも母にも酒飲みの兄弟はいるのに不思議なものです。

ウィスキーは昔一人で頑張って飲んでいたこともあり、結構好きです。当時はショットグラスにストレートで飲んでいましたが、今はロックでちびちび飲むのが好みです。そう、量を飲むことができないので、濃いものをちびちびやるのがいいのです。

もう一つ私が好きなのが、チンザノ・ロッソです。イタリア・トリノの特産であるベルモットですが、ハーブが入っていることからちょっと薬っぽい味がするのが好みなようです。これを先日の職場の飲み会の二次会で行ったバーで見つけたので久しぶりに飲んで、とても良かったので自分でも購入してみたというわけです。

チンザノ ロッソ 1000ml [並行輸入品]ベルモット

posted with amazlet at 17.08.13

チンザノ 売り上げランキング: 9,911

Amazon.co.jpで詳細を見る

私は近所の酒屋で購入したので1800円だったと思いますが、Amazonではアルコールまでずいぶん安く買うことができるのですね。今回は自分のためにアルコールを購入するなんて20年ぶりくらいのことですし、次があるとも思えませんが、何かの時にはAmazonで買うことになるかもしれません。

チンザノはバーで飲んだときと同じようにソーダで割って飲んでいますが、やはりプロが作ってくれた時の方が美味しいような気がします。ソーダを注ぐだけのことなのに一体何が違うのかわかりませんが、プロにはプロの技があるのでしょうか。まあおそらくは雰囲気の違いだろうとは思うのですが、それでもそれなりに美味しく飲むことはできているのでいいのではないでしょうか。ただ、調子に乗って飲んでしまうと簡単に二日酔いの頭痛になってしまうので気を付けなければいけません。実はアルコール分のないものがあれば自分にはその方が良いのではないかなとも思うのですが。

Steven Rhodes

まだ何枚も欲しい。

私がいつもチェックしているThe Awesomerというウェブサイトがあるのですが、ここはネット上のいろいろなイカした商品を紹介してくれる、非常に危険なところです。ここで見つけてついつい購入してしまったものが実はいくつかありますが、先日私の目に留まってしまったのはPyrokinesis for Beginners Shirtsという記事で紹介されたシャツです。なんというかレトロなタッチのイラストでパイロキネシス(念力着火)というオカルトなテーマが私の琴線に触れてしまいました。私はこういうのが非常に好きです、というか今まであまり意識していませんでしたが好きなようです。

Steven Rhodesというデザイナーの作品とのことで、記事にあるリンクから販売サイトを見てみると、様々なデザインをTシャツやスウェットシャツからポスターやマグまで様々なものにプリントしてくれるようです。Tシャツなどの場合は地の色や生地も選ぶことができるので、とりあえず私は色を変えて3枚ほど購入してみることにしました。今は送料無料のセールをやっているようですが、私が購入した時には$15ほど送料が必要だったので、ついついまとめ買いして見かけの送料を安くしようとしてしまいます。まあ送料無料は$80以上購入時ということなので、結局はまとめ買いせざるをえないようですが。

私が購入したのはPyrokinesis For Beginners、Let’s Summon Demons、Welcome to Twin Peaksの3枚です。いずれもTriblendというソフトな生地のものにしたので色数はちょっと少なめですが、普通のTシャツにするとPyrokinesis…の場合は23色もの中から選ぶことができます。デザインによって選べる色が違うということは、イラストとの組み合わせで細かい調整が行われているということでしょうから、しっかりこだわったものと言えそうです。

商品の到着は最近あまりないくらい待ち遠しかったのですが、届いたものを見て大変満足しました。どのデザインも品質が高く、実際の生地の色も私のイメージ通りで、文句の付け所がありません。子供達にも見せたところ、次男もLet’s Summon Demonsは欲しいとのことなので、次に注文する時には買ってあげようと思っています。だって、Sell Your SoulとかLet’s Sacrifice Tobyとか、凄くないですか? Stevenにはファンレターでも書きたいくらいです。

AVOIN colorlife スポーツボトル

語るほどのものではありませんが。

周りから見たらあまり信じられないかもしれませんが、私はアメリカにいた4年弱の間にだいぶ増えてしまった体重を少しでも減らしたい、ということもあって緩やかなダイエットを心掛け程度にしています。その一環として、清涼飲料水というのは驚くほどカロリーが高いので、仕事中にできるだけそういったものを飲まずに済むようにと、毎朝家で淹れるアイスコーヒーと、浄水器の水を水筒に入れて職場に持っていくようにしています。

つい先日までは、昨年秋の出張時に購入したMOBOTというブランドの40oz (1.2L弱)入るBig Berthaという大きめで非常に厳ついものを使用していたのですが、ある日いつも通り水を入れて通勤していると、バックパックを背負っている背中の下の方が濡れてきたのに気づきました。慌ててカバンを開けてみると中がビショビショになっており、水筒を出してひっくり返してみると蓋の辺りからポタポタと水が垂れてきました。よく見ると、どうも飲み口を閉じたときに通気口を塞ぐパッキンのようなものが無くなっているようで、それがないとその通気口から漏れてきてしまうのです。何かの拍子に外れてしまったらしく、妻に聞いてもそのようなものは落ちていなかったということで、この水筒はあえなくゴミとなってしまいました。他のものが壊れるようなことはなかったのは不幸中の幸いですが、$46ほどで購入しているのにわずか8ヶ月ほどで捨てる羽目になるとは高くつきました。

そのまま水筒がないと職場の自販機や近くのコンビニで毎日飲み物を買うことになってしまい、その代金も積もり積もるとばかにならないので、急いでAmazonで探して注文したのがAVOIN colorlifeというブランドのプラスチック製スポーツボトルというものです。

AVOIN colorlife プラスチック製 スポーツボトル Tritan ウォーターボトル 500ml & 1000ml カラバリも豊富 直飲み BPA FREE

posted with amazlet at 17.07.02

AVOIN

Amazon.co.jpで詳細を見る

プラスチック製で1Lのものが1999円というのは割と高いのではないか、もっと安いものもあるのではないかと思いますが、すりガラス風の加工になっていて見た目はオシャレで高級感があるので、なんとなく持っていて満足感があります。手で持った感じもサラサラしていて涼しげです。色はピンク、ブルー、シルバーグレイの3種類がありますが、私が選んだシルバーグレイは落ち着いていてとても良い感じです。

製品が入っていた箱の横の説明には「商品素材:Eastman Tritan (アメリカ製)」と誇らしげに書いてあるのですが、普通は材料の生産地なんて表示しませんよね。そして箱の底にはResponsibly Made in Chinaと書かれていて、正真正銘の中国製であるようです。ただし、だからといって中国製が粗悪だなんていうことはもうないと思いますので、もっと自信を持って表示しても良いのではないかという気もします。ただ人口が多いせいもあって品質がピンからキリまであるというだけのことのはずですが、やはりマーケティング的にはこの方が良いのでしょうか。実際に製品を手にして使ってみた私としては、今のところ何の不満もありません。

このAVOIN colorlifeというブランドは中国企業のもののようですが、この他にもデザイン性の高いウォーターボトルをいろいろ取り揃えているようです。その多くが洗練されたデザインでなかなか魅力的ですが、価格もそれなりに高いので、やはり中国のものだから安かろう悪かろうだなんていう先入観はもう捨てるべきなのではないでしょうか。ちなみに今回の製品、定価は3999円で50% OFFということになっていますが、そんな定価はあってないようなものだと思うので、中国企業の側もこういうことはやめるべきでしょうね。