iPhone 12

現代の必需品。
🍎

今や人間らしい生活には欠かせない品となったと言っても過言ではないスマートフォンですが、私は最初のスマートフォンとしてiPhone 3GSを購入して以来、6 Plus8 Plusと3台のiPhoneを使ってきました。なぜAndroidではなくiPhoneを使い続けているのかというのは、買い替え時のデータ移行が簡単確実であるということ、購入したアプリや使い慣れたアプリをそのまま使い続けられるということ、そしてMacとの連携が便利であること、といったことが理由になっていて、実はiPhoneそのものの性能やデザインが気に入っているからというわけではなかったりします。とはいえ、デザインで選ぶならやはり洗練されているiPhoneだろうなあとは思いますし、性能も価格が高めなだけあって十分以上だと思います。

3GSと6Plusの間は結構空いているのですが、これはこの間に勤務先で支給されたWindows PhoneHTC Trophyという機種を使用していたためです。これは当時のWindows 8あたりと統一された独特なUIデザインで一見スタイリッシュではあったのですが、対応しているアプリが少なかったこともあって特に末期は寂しいものでした。

それはさておき、先日iOS 14にアップデートしたら文鎮化してしまったということがあって、その後復活はできたもののこの後は新しいバージョンが出ても怖くてアップデートできず、このままセキュリティ的に不安な状態で使い続けるというもの精神的に良くないので、下取り価格の高いうちに潔く買い換えることにしました。

今回のiPhoneはiPhone 12iPhone 12 Proがそれぞれサイズの違う2種類ずつ、計4機種も発売されることになっていて、ちょっとずつ価格が違うこともあってなかなか悩ましいものでした。一番小さいminiが持ちやすくていいようにも思えますし、高級感のあるProも捨てがたく、Pro Maxの大画面もそれはそれで魅力的です。12と12 Proの主な違いは望遠カメラがあるかどうかですが、iPhoneではほとんど写真を撮らない私にはそこはどうでもよく、それよりRAM容量が1.5倍あるということの方が気になるくらいです。ただ、店頭で展示されていた12と12 Proを持ってみたところ、アルミとステンレスというフレームの材質の違いのせいでProの方が明らかにずっしりとしていて、良く言えば高級感はあるものの、やはり無駄に重いように思えてこの時点で選択肢から消えました。またminiにするかどうかという点は、これまでのPlus系の大きさに慣れきっているということと、発売日が2週間違うということから待ちきれず12無印という、結果として一番無難な選択肢に落ち着きました。

あとはストレージ容量と色ですが、ストレージはこれまで使っていたのが256GB版だったのでそのまま、色はブルーがいいかなとは思ったものの人気色なので納期が遅いこととありふれているのは嫌なのと、どうせカバーを付けるからこだわっても仕方ないということでホワイトにしました。

ただし、私は回線にMVNOIIJmioを使用しており、今回のiPhoneは5G対応したことから若干不安があったので、発売日に検証予定とされていた動作確認の結果を待ってから満を持して購入することとしました。まあ動作しなかったとしてもそのままずっと使えないままということはないでしょうが、8 Plusの方を下取りに出す必要があったので、手元に使える端末がなくなってしまうというのは困ります。なお、下取りは満額なら26000円ということですが、まだ発送していないため結果は不確定です。

さて、ここまでが長くなりましたが、届いた新しいiPhoneのセットアップは基本的に旧端末のバックアップから復元するだけなので1時間程度で終わります。ただ、アプリによってログインし直す必要があったり、モバイルSuicaは簡単ながら移行手続きが必要だったり、微妙に面倒なものがあります。そして忘れがちなのがIIJmioのプロファイルのインストールで、それまでWi-Fiで使用していたため翌朝玄関を出て初めて気づき、慌てて戻って設定するということをやってしまいました。まあこれも簡単なことではあるのですが、MVNOのちょっと面倒なところです。

私にとっては初めてのFace IDでしたが、慣れるも慣れないもないくらいのもので、認識も一瞬なので普段は非常に便利です。ただ、このご時世でマスクをしていると認識されないのはやはり不便で、特にApple Payを使うときにいちいちマスクを外すか、PINを入力するかというのはだいぶ面倒なので、これはやはりTouch IDの方がかなり有利でした。ホームボタンが無い事自体はだいぶ慣れてきましたが、やはりあんなボタン一つでもちょっと便利だったなと感じることはあります。ボリュームボタンの下くらいにもう一つボタンがあったら親指で押せそうですが、今さら追加はしないのでしょうね。

他には新機能というようなものは特にありませんが、やはりCPU性能が大幅に向上しているのでこれまで感じていたもたつきやカクつきがないのは快適ですし、バッテリーの持ちも良くなっているのではないでしょうか。また、有機ELのディスプレイパネルも非常に美しく、明るいところでもクリアに見えます。表面いっぱいに画面が広がったベゼルレスデザインで外寸が若干大きいPlus系と比べても画面はだいぶ大きくなっており、当初散々言われていた「ノッチ」も特に気にならず、どちらかといえばカメラ等の周囲まで画面が広がっている、とポジティブに捉えればいいように思えます。ということで、今のところほぼ全面的に満足しています。

なお、これまで私は6 Plus以来ずっといわゆる手帳型ケース、主にTwelve Southの製品を使ってきましたが、今回はとりあえずiFace First Classを使ってみることにしました。オジサンが使うにはちょっとポップな気もしますが、持ちやすそうですし、落下したときの保護も強そうなので、当面これでいってみようかと思います。ただ、手帳型では社員証や図書館のカードなどを入れられるのが便利だったので、そのうち戻ってしまいそうな気もしますが。

ASUS RT-AX56U

何かが劇的に変わるわけではありませんが。
🖥️

いわゆるテレワークが急激に普及したことで品薄になったものがいろいろありましたが、どうやらWi-Fiルーターもその一つだったようです。私の自宅にはすでに、記事にしなかったようなのでいつ購入したのかもよく覚えていないAirPort (AirMac) Extremeのおそらく第5世代があって、それなりに使えていたので慌てて購入する必要はありませんでしたが、自宅のWi-Fi環境が十分でなかったような人が快適に仕事するためにと買い求めたため、一時的に在庫が減っていたようです。

AirPortというのはかつてAppleが販売していたWi-Fiルーターですが、MacやiPhoneから専用アプリで楽に設定できる、というのが私にとっては最大にしてほぼ唯一の長所でした。しかし、このルーターは2.4GHz帯と5GHz帯の両方に対応しているのに、どういうわけかiPhoneからはうまく5GHz帯で接続することができない状態になっていて、Windows PCでは問題なく接続できるのに不可解でした。これがどういう問題なのかというと、Bluetoothと周波数帯が重なっているため、Bluetoothイヤホンを使用しているときにWi-Fiの接続が非常に不安定になり、特にYouTubeはすぐに切断されてしまうのです。

これはせっかくAnkerのBluetoothイヤホンを購入した次男にとっては残念な話で、仕方なく有線のイヤホンを使っているかわいそうな状態だったので、私としてもなんとかしてあげたいと思っていました。また、私自身もBluetoothレシーバーを使っているときに調べものができなくて困ったので、やっぱりなんとかしようと新しいWi-Fiルーターに更新することにしました。

最近はゲーミングルーターなんていうものものあるのですが、たしかに応答性が重要なネットワークゲームでは帯域が不十分なせいで遅延するような状態では満足にゲームを楽しむことができません。とはいえ、私はネットワークゲームなどはしませんし、そもそも古いマンション住まいで建物までは光ファイバーが来ているものの、階下の分電盤からの接続はVDSLなのでそこがボトルネックになっているので大した性能は必要ありません。

ということで私が選んだのはASUSRT-AX56Uという、同社のWi-Fi 6対応製品群の中では最も基本的な機種になります。

設定はiPhoneやAndroidのアプリでも行うことができ、ルーターのSSIDに接続してアプリを起動すると、基本的な設定を簡単に行うことができます。また、アプリでは機器の接続状態やネットワークの負荷状況などもモニターすることができます。

基本モデルとはいっても仕様としては1201+574Mbpsを謳っており、VDSLの制約で実測80Mbps程度までしか出ないので、十分すぎる性能です。実際、性能面ではまったく不満はありません。また、期待していた5GHz帯での接続もまったく問題なく、非常にスムーズに接続できました。

ということで、重要な目的は達成してくれましたし、設定も簡単だったのでとりあえずは満足です。ただ、性能を活かしきれていないのがもったいないように感じてしまうのですが、それは贅沢なのでしょうか。一戸建てだったり最新のマンションだったりすればもっと高速なインターネット接続が利用できるのに、と思うとなんだか悔しいのですが、それでも海外の状況に比べれば十分かもしれません。ただ、4K動画のストリーミングには足りないだろうな、と思ってしまうんですよね…4Kモニタなんて持っていないのに。

iPhoneが文鎮から復活

2日で済んでよかった。
📱

つい先日、iOS 14へのアップデート中に電源が落ちたまま二度と入らなくなったかに見えた私のiPhone 8 Plusでしたが、ちょうど2日後になんと復活しました。

某SNSでアドバイスをいただいたのがApple非公式のDFUモード(Device Firmware Update mode)という特殊操作を利用する方法で、これを使ってiOS 13.7に戻すことでほぼ元の状態に復旧することができたのです。iPhoneをMacなりPCに接続してUp – Down – Side 10秒 – Side+Down 5秒 – Down10秒という順序でボタンを押すことでFinderやiTunesに認識されてモードに入り、ファームウェアをダウンロードできるようになるというものなのですが、そもそもMacに認識されるような状態になっているようには見えなかったので、認識された時点で小躍りしたいところでした。

しかし、DFUモードで最新のファームウェア、すなわちiOS 14をダウンロードしてみると、当初の問題が起こったときと同様にインストール中に一旦電源が入り直すところでそのままになってしまいます。そこでさらに調べてみると、「iPhoneを復元」のボタンを押すときにCommand+Optionを押しながらクリックするとファームウェアが選択できるようになり、古いバージョンのものをウェブサイトからダウンロードしておいて選択するとダウングレードできるのでした。それを使って13.7に戻してみると、無事にインストールされて問題なく使えるようになったのでした。

なお、この状態からまたiOS 14にアップグレードを試みると、前回と同じ状態になってしまうので、これは間違いなくiOSのソフトウェアに問題があるということになります。他の人が同じような状況になっているということはあまり聞こえてこないので稀なケースなのだと思いますが、iOSの今後のバージョンでは修正されることを願いたいものです。また、Apple正規サービスプロバイダもこういうときには頼りにならないものだということもわかりましたが、それは仕方ないのでしょうね。

ということで私のスマホ断ちは思いのほか短いものになったのですが、この2日の間だけでもいかにスマートフォンに依存した生活をしていたかを再認識することになりました。また、普段は無頓着にバックアップを取らずにアップグレードしてしまう私も、なぜか今回は虫の知らせかしっかりバックアップを取っていたので、完全に元の状態に戻すことができて本当に助かりました。バックアップは重要です。