Archives

キーボード漂白

また気持ちよく使えます。

先日購入したHappy Hacking Keyboard Professional 2 Type-Sには非常に満足していて、こうして記事を書くのもとても気持ちが良いです。一方職場で使用しているHappy Hacking Keyboard 2はいつごろ購入したのかもよく覚えていませんが、キーボード裏にある製造日を見てみると”2000-06″とあります。なんともう19年も前に作られたものということですが、今でも機能的には何の問題もなく、毎日職場でメールや書類の文章入力に使用していて何ら不自由がありません。

とはいえ、キーボードも重ねた年月は隠せるものではなく、ABS樹脂製の筐体とキートップが黄ばんでしまい、いかにも年季を感じさせる見た目になってしまっていました。と、ここまでは先日の記事にも書いたのですが、新しいHappy Hacking Keyboard (HHKB)を購入したことでHHKB愛が高まってきてしまい、なんとか復活させたいということでいろいろ調べてみました。

以前、私がこのブログ(の前身)で2005年に「キーボード掃除」という記事で書いたとおり、キートップを掃除(というか洗濯)するのは簡単です。1個1個外して洗濯ネットに入れて、そのまま洗濯機で回せば表面にこびりついたホコリ等はきれいに取ることができます。筐体の汚れは分解して水洗いする人もいるようですが、メラミンスポンジが効くということなので激落ちくんを使ってみたところ、確かにちょっと擦るだけできれいになりました。

黄ばみについては汚れではなく、ABS樹脂に含まれる酸化防止剤が変性して黄変するというものらしく、この黄ばみを取り除くためには酸化防止剤を過酸化水素と紫外線を用いて還元すれば良いとのことです。あえて難しく書いてみましたが、この過酸化水素は衣類用漂白剤であるワイドハイターEXパワーを使うと良いらしく、これに漬け込んだ状態で数時間日光に当てておけば白くすることができるとのことでした。

ということで、連休に入ったところで職場からHHKBを持ち帰り、ゴールデンウィーク初日に早速やってみることにしました。自宅にはワイドハイターはなかったので近所のショッピングモールで購入し、また漬け込むための容器として透明で蓋のあるものが良いとのことなので同じモール内のダイソーで適当なものを買ってみました。この容器にキートップを並べて、浸るくらいにワイドハイターを原液のまま注げばよいのですが、ただそのまま注ぐとキートップ内の空気で裏返ってしまうので、キッチンペーパーを被せてその上から注ぐと良い、という先人の知恵を見つけたのでその通りにしたところうまくいきました。キッチンペーパーはそのままで天日に晒しますが、その程度なら紫外線は透過するので問題ないようです。

自宅のテラスはやや東向きなので本当は午前中から晒しておけば良かったのですが、始めたのが正午過ぎだったので、5時過ぎまで外に出しておいたものの直射日光が当たっていたのは3時間程度かもしれません。しかしそれでもだいぶ黄ばみは取れたような気がします。ただ、比較対象がないのでどの程度きれいになったのかがよく分からず、また元の黄ばんでいない状態を見たのはだいぶ前のことになるので覚えておらず、もとに戻ったのかどうかは分かりません。しかし、やって見る前は明らかに黄色かったので、今はそう感じないということは効果があったということなのでしょう。

なんともはっきりしない結果になってしまいましたが、少なくとも汚れは落ちてツルツルきれいになったので、連休明けからはまた気持ちよく使うことができます。それにしても20年近く使い続けることができるとは思いませんでした。当時は20代で経済的余裕もなかったのでかなり思い切って購入したものですが、これだけ使うことができれば安い買い物だったのではないでしょうか。

Happy Hacking Keyboard Professional 2 Type-S

だいぶ遠回りしてしまいました。

プログラマーやPCで文章を入力する物書きの人がPCのキーボードにこだわるのは、音楽家が楽器にこだわるのと同じようなものだと思うのですが、ただ入力できればよいというものではありません。弘法筆を選ばずという諺の通り、最初からPCに付属してくるもので何の不満も感じない、全くこだわらない人もいますが、そうでない人にとってはいかにストレスなく、高速に、気持ちよく入力できるか、というのは重要なことではないでしょうか。私は昔から非常にこだわる質で、これまでに何本ものキーボードを購入してみてはどうもしっくりいかず次のものを求めてしまう、ということを続けてきました。

しかし実はその答えは知っていたのです。ただなぜかそれとは違う別の解があるような気がして、わざわざ避けてきたのかもしれません。それはその筋の人は皆知っている、PFUのHappy Hacking Keyboard Professional 2 Type-Sというものです。

PFU Happy Hacking Keyboard Professional2 Type-S 英語配列/白 PD-KB400WS

posted with amazlet at 19.04.21

PFU (2011-06-15)売り上げランキング: 3,260

Amazon.co.jpで詳細を見る

このキーボードは私にとっては3本目のHappy Hacking Keyboard (HHKB)になります。これまでの2本は一体いつ購入したものだったか、このブログを始める前のことなのではっきりしないのですが、2004年の「HHKかな配列かな印字なし版」という記事の時点ですでに「家でも職場でも愛用している」と書いていますので、これより数年以上前のはずです。この内の1本、Happy Hacking Keyboard 2 (HHK2)はP/S2端子の製品なのですが、これにUSB変換アダプターを接続して現在でも職場で使用しています。製品自体は1997年に発売、2005年で販売終了となったものですが、20年近く経った今でも何の故障もなく使用できているというのは驚くべきことではないでしょうか。さすがに樹脂の表面は黄ばんでしまって年季を感じさせますが、機能・性能面では本当に何も問題がありません。

さておき今回購入したProfessional 2 Type-Sですが、静電容量無接点方式のスイッチを採用して快適な操作感と長寿命を実現しているなど主な特徴はProfessional 2と同一で、それに対してキーストロークを4mmから3.8mmに変更、衝撃吸収材を加えて静粛性を向上、というような変更が加えられています。また、HHKBシリーズ共通の特徴としてコントロールキーがAキーの左側にあるUNIX配列、60個というキー数に抑えた省スペース性など、私にとって無くてはならないものももちろん兼ね備えています。

また、写真を見て分かる通り、今回はキートップをカスタマイズしています。これはMassdropという共同購入サイトで知って購入したものですが、このようなHHKB用のキートップが作られているくらい、海外でも知る人ぞ知る存在になっているようです。このキートップにはキリル文字が印字されていますが、もちろん私はロシア語などは全くわかりませんので、単なる飾りとして、この色使いがカワイイと思って購入したまでのことです。ただ、実はこのキートップこそがHHKB Pro 2購入に二の足を踏んでいた私の背中を押してくれたとも言えます。

HHKBのキートップはまっすぐ引っ張れば抜けるようにできているので、これまでに何度か洗濯するときなどに抜き差ししてきました。しかし、これまではゼムクリップを曲げたものをキーの下に差し込んで引っ張ったりしていたのですが、これは効率がよくありませんし、新品のキーボードを傷つけてしまう恐れもあります。そこで今回使用したのは別のキーボードメーカーFILCOのKeyPullerという製品です。これは針金の部分を広げてキーの上からかぶせるとキートップの下に回り込んで、とても容易に引き抜くことができるようになる優れものでした。

FILCO Keypuller キーボードメンテナンス用キーキャップ引き抜き工具 ブラック FKP01

posted with amazlet at 19.04.21

FILCO 売り上げランキング: 392

Amazon.co.jpで詳細を見る

もう一つ一緒に購入したのがバード電子の吸振マットHGというもので、HHKBの裏に貼り付けて使用する振動吸収マットです。これを使用することでキーボードが机に密着してずれずに安定し、キーを打ったときの指への反発が小さくなり、タイプ時の音も小さく静かになるというもので、HHKB Pro 2専用の形状になっているのでぴったりフィットします。実際に使用してみて、もともと静音タイプのType-Sが更に静かになり、タイプ音がカタカタというよりコトコトと落ち着いた感じになって、隣の寝室で寝る妻に気を使う必要も無くなりそうです。そこそこいい値段の製品ですが、Pro 2を使用するならぜひ一緒に購入したい必需品と言ってもいいかもしれません。

バード電子 HHKB吸振マットHG(Professional用) KMG-PRO PZ-KBKMG-PRO

posted with amazlet at 19.04.21

バード電子 売り上げランキング: 57,426

Amazon.co.jpで詳細を見る

ということで長くなりましたが、これまで散々メカニカルキーボードを買ってきて、このブログに書いていないものもいくつもあるのですが、結局はHHKBが一番自分に合っているということがわかりました。ようやくたどり着いた結論ですが、これからは末永く使っていきたいと思います。この記事もHHKBで入力していますが、流れるようにタイプすることができて最高です。

Philips S5050/05

価格と使い勝手は比例するのか。

ほとんどの男性の毎朝の嗜みであるひげ剃りですが、私は一時期T字カミソリを使っていたりもしたものの、電動シェーバーはこれまで30年ほどPhilips一筋で使ってきました。昔のことでブログに書いていないことはほとんど覚えていないのですが、ブログ記事によれば2007年に購入したHQ9160というのが3代目で、そのあと2014年に購入した1250Xが4代目のようです。この4代目は使い始めてちょうど5年というところだったのですが、一度交換した剃刃の切れ味が悪くなっていていい加減交換が必要だったのと、バッテリーもだいぶへたってきたので、本体ごと買い換えることにしたのでした。なにしろ、剃刃だけでも何千円もしますし、バッテリーはどうにもならないので、どうせ買い換えるなら気分良く、というわけです。

例によってPhilipsのシェーバーもたくさん種類があって、一体どれを選んだら良いのかはさっぱりわからないのですが、最近は海外出張の機会もめっきりなくなりましたので、30日もバッテリーが持つ必要はありませんし、そんなに深剃りでなくても良いだろうと思って、今回は比較的安いタイプのS5050/05というものを選びました。

フィリップス 5000シリーズ メンズ 電気シェーバー 27枚刃 回転式 お風呂剃り & 丸洗い可 S5050/05

posted with amazlet at 19.03.31

PHILIPS(フィリップス) (2017-09-01)売り上げランキング: 151

Amazon.co.jpで詳細を見る

見た目は鮮やかな青が若々しさを感じさせますが、人前で使うものではないので50歳目前のおじさんが使っても問題はないでしょう。金属的な外観のものよりもチープさはあるかもしれませんが、平坦な樹脂の外装も清潔感があって悪くないと思います。

廉価版なので剃刃の可動方向が限られていますが、普通に顔を剃る分には問題なさそうに思います。剃り心地はさすがに刃が新品なので良いですが、あまり深剃りはできないような気がします。なお、これまで使っていた1250Xのヘッドを試しに取り付けてみましたが、全く問題なく使えそうです。交換用のヘッドもなかなか高価なのでそれならいっそ本体ごと買い直した方がいいような気もしますが、そういう選択肢もないわけではないようです。

安い理由はもう一つ、バッテリーの容量と充電時間ですが、8時間の充電で40分、約13回使うことができるということになっていますが、毎週末にでも充電すればいいのではないでしょうか。また、5分間の充電で1回分使用可能ということなので、万が一切らしてしまった場合でもちょっと待てばなんとかなりそうです。ちなみに、これまで使っていた1250Xは1時間の充電で17回使えるということだったので、海外出張時も充電器を持ち運ばなくても不安にならないというのが良かったのですが、本体に直接充電コードを挿すことができず充電台に置く必要があったので、バッテリーがへたってきてからはちょっと不便に感じていました。その点このS5050はバッテリー容量こそ若干小さくなっていますが、コードは直接挿すことができるのが地味ながら良い点です。また、充電器は他のPhilipsの製品と共通で使うことができます。

なお、現在は「5,000円キャッシュバック」というキャンペーンが実施されていて、2019年5月31日までに購入したレシートや領収書を添付すれば抽選で1000名にキャッシュバックがあるということで、この製品の場合だと当選すればほとんどタダになってしまうようです。どうせそんなの当たるわけがない、と思ってしまいがちですが、応募してみると意外に当たることもあるものなので、期間中に購入された方は私と一緒に運試ししてみてはいかがでしょうか。