Archives

Bohemian Rhapsody

改めて聴いてその偉大さを再認識。

私の観たい映画ラッシュの11月、上旬にして早くも3本目に観たのは「ボヘミアン・ラプソディ」です。QueenとそのリードシンガーであるFreddie Mercuryの伝記的作品となっており、Queenの前身であるSmileにFreddieが加わるところからLIVE AIDへの登壇で絶頂を迎えるところまでを描いたものです。

この作品ではフォックス映画の冒頭に必ず登場するあの有名な20th Century Foxロゴのファンファーレがギターで演奏されていてとても良いです。これはサントラ盤にも収録されており、Queenの演奏となっているということはBrian Mayのギターということなのでしょう。非常に気分が盛り上がります。

序盤に本作のタイトルでもある楽曲”Bohemian Rhapsody“にまつわる件がありますが、この曲はまさにQueenを象徴する唯一無二といっていいものであると思います。演奏時間が5:55と長いために当時のラジオでは放送されないと言われていたそうですが、現在では5分程度の曲などザラにありますが、その障壁を崩したのも彼らだということになるのかもしれません。

Freddieを演じているのはRami Malekです。若い頃のFreddieとして最初に彼が現れたとき、正直なところあまり似ているとは思えず不安を感じてしまったのですが、単に私が見慣れない髪型や髭がないせいだったのか、あるいは観ているうちに慣れてしまったのか、終盤ではかなりそっくりにしか見えなくなってしまいました。不思議なものです。

終盤はLIVE AIDでのステージをかなり忠実に再現したものになっています。YouTubeでは実際の映像を見つけることができるので私も観て比べてみましたが、かなり細かいところまで作り込んであるのではないかと思います。もうこれなら本物の映像を差し込んでしまってもいいのではないかと思えるほどです。もちろん映画に出演しているのはRamiをはじめとする俳優らですが、その彼らも本人らの振る舞いや雰囲気をとてもうまく演じていると思います。

実はLIVE AIDが行われたときには私もロンドンに住んでいたので、親に頼んで行こうと思えば行けたはずなので、実に惜しいことをしたものです。それどころかテレビで見ることもしなかったので、当時の愚かしさを呪いたくなるほどです。中学生だった私には個性的すぎてなかなか受け入れることができなかったのがその一つの理由で、Queen以外の出演者は大人好みの大物ばかりだったということもありますので、致し方ないのかもしれませんが…

それにしても1991年にFreddieがAIDSによる気管支肺炎によって亡くなったのは45歳の時ということで、今の私よりも若くして亡くなってしまったということになります。まだ存命なら今年72歳ということになりますが、このような才能が短命で終わってしまうというのは本当に惜しいものです。Freddie一人の伝記映画ではないのですが、それを思わずにはいられませんでした。

Begin Again

自分にも楽器の一つでもできたら。

今年の盆休みは前半にちょっとした旅行に行っていたということもあり、その後は自宅からあまり出かけずにおとなしく過ごしているのですが、Amazon Prime Videoで立て続けに何本もの映画を観ています。連休前に「ミッション:インポッシブル/フォールアウト」を観たので、これまでのシリーズ1作目から5作目までを続けて観たり、これまでに観たことのある映画を振り返ってみたりもしているのですが、1作目の「ミッション:インポッシブル」がさすがに20年以上前の作品なのでTom Cruiseもかなり若くて驚いたり、内容もほとんど覚えていないので結構楽しめます。

また、Amazon Prime Videoは基本的に無料なので、ちょっとでも関心を持った作品をつまみ食い的に観てみて、好みでなかったら途中でやめてしまうということも気兼ねなくできてしまうので、映画の楽しみ方もだいぶ変わるような気がします。新作のプロモーションのために関連作品が加わったり、プライム会員特典で無料で観られる作品は結構入れ替わるので、映画そのものが嫌いにならない限り見飽きてしまうというようなこともないでしょう。

ということで、今回観たのは「はじまりのうた」という2013年の作品(日本公開は2015年)で、ニューヨークの街で落ち目の音楽プロデューサーと失恋の痛手で故郷へ帰ろうとするシンガーソングライターとが出会い、自分たちのアルバムを作り上げるまでを描いた物語です。

はじまりのうた BEGIN AGAIN(字幕版)

posted with amazlet at 18.08.19

(2016-02-10)売り上げランキング: 6,537

Amazon.co.jpで詳細を見る

本作では主人公のシンガーソングライターGretta JamesをKeira Knightley、プロデューサーDan MulliganをMark Ruffaloがとてもいい感じで演じていて、この二人のおかげで落ち着いた作品になっているのではないかと思います。また、話題性があるのはMaroon 5のボーカリスト・ギタリストであるAdam LevineがGrettaの元恋人Dave Kohl役で映画初出演しているということでしょう。演技は若干素人っぽいところがないでもありませんでしたが、歌う場面はさすがです。なお、この作品で象徴的な役目を担って歌われているLost StarsはMaroon 5のアルバム「V」のデラックス盤にボーナストラックとして収録されていました。

この作品の監督John CarneyももともとロックバンドThe Framesでベーシストをやっていたということらしく、音楽をテーマにした作品を多く手がけているようです。本作でも音楽に対する愛情はひしひしと伝わってくるものがありました。また、舞台となっているニューヨークの街角の風景をとても格好良く切り取って映像にしていましたが、監督自身はアイルランド出身ということなので、ダブリンを舞台にした「ONCE ダブリンの街角で」ではどのように描かれているのか興味が湧いてきました。この作品も現在Prime Videoの対象となっているので、今のうちに観ておきたいと思います。

ONCE ダブリンの街角で (字幕版)

posted with amazlet at 18.08.19

(2013-11-26)売り上げランキング: 39,302

Amazon.co.jpで詳細を見る

宇多田ヒカル – 初恋

「もう」なのか「まだ」なのか。

つい1ヶ月ほど前に宇多田ヒカルの7枚目のアルバム「初恋」が発売されました。前作「Fantôme」は私には今ひとつしっくり来なかったのですが、今度の作品は非常に気に入っていて、連続して何度も聞いてしまっています。

初恋

posted with amazlet at 18.07.22

宇多田ヒカル ERJ (2018-06-27)売り上げランキング: 4

Amazon.co.jpで詳細を見る

このアルバム制作の様子は7月16日に放送されたNHKの「プロフェッショナル 仕事の流儀 『宇多田ヒカル スペシャル』」(NHKオンデマンド)で特集され、ロンドンの自宅での作曲の様子や、スタジオミュージシャンらと音作りに悩む様子などが描かれており、この番組を見て一層彼女の作品に惹かれるようになりました。また演奏する人達の顔を見たことで、曲を聴きながら彼らの演奏する様子が浮かぶようになり、各パートの旋律にも注意を払うようになった気がします。

宇多田ヒカルは1998年末の「Automatic」での鮮烈なデビューから今年で20周年ということになりますが、デビュー時点で15歳という若さだったため、現在でも35歳という若さです。その若さですでに人生の半分以上を日本有数の歌手として過ごしているわけで、彼女と音楽とは切っても切り離せないものでしょう。そんな中での2010年の突然の「人間活動宣言」には驚かされましたが、確かにそのまま「外の世界」を知らないままでは本人の人間性にも音楽的な広がりにも支障をきたしていたはずですね。15歳のデビューからは周囲の大人に腫れ物に触るように接せられることも多々あったでしょうから、そのような状況でずっと過ごしてきた人の気持ちはなかなか理解できませんが、精神的な苦しみも一般人の想像を超えるものがあるのではないでしょうか。

それはさておき、私が普段聞く音楽はほとんどがいわゆる洋楽です。しかし、宇多田ヒカルの曲だけは例外的に以前からよく聞いていたのですが、今回のNHKの特集を見て理解したのは彼女の曲はすでにいわゆる邦楽ではないということです。日本人が作詞作曲し歌っている日本語の曲ではありますが、その曲の音を作っているのは外国のミュージシャンらであり、彼らの解釈のもとに演奏されているものなのです。私はこれまで日本人歌手の海外スタジオでのレコーディングの意味がよく理解できずにいましたが、少なくとも宇多田ヒカルのケースについては非常に意義のあるものであるということがわかりました。

ということで、彼女が最後まで苦労して作りあげた「夕凪」にも込められた思いを噛み締めながら聴いていきたいと思います。