Archives

A Star Is Born (2018)

Gaga本人の実話ではないかと思えるほど。

先日の「ボヘミアン・ラプソディ」に続いて音楽に関する映画になりますが、今日は「アリー/スター誕生」を観てきました。この作品は1937年の映画「スタア誕生」の3回目のリメイクになるとのことですが、1937年版と1954年版はハリウッドの映画界を舞台としていたのに対し、1976年版と今作は音楽界に舞台を移したものとなっています。そしてもちろん細かい設定は現代的なものにアレンジされているので、原案程度のものなのだろうと思います。ちなみに1937年版はすでにパブリックドメインとなっていてYouTubeなどでも全編を観ることができるようになっているので、近いうちに観てみたいと思っています。

本作は人気歌手Jackson MaineとAllyが偶然の出会いから惹かれ合い、Allyの歌に惹かれたJacksonが彼女を自分の舞台に上げてAllyの作った歌をデュエットさせたことがマネージャーの目に止まって、トントン拍子でAllyもグラミー賞の新人賞を取るまでになり…という成功と苦悩と悲しい愛の物語です。

Jacksonを演じているのはBradley Cooperですが、本作はBradleyの初監督作品でもあります。主役を演じながら自ら監督するというのがどういうものなのか私には想像もできませんが、この作品ではさらに主題に深く関係する歌を歌っているのですから凄いことです。Bradley Cooperって歌手でもあったかな、と思うほどに歌も上手いのですが、天は二物をなんとやらというのは何だったのでしょうか。

そしてもうひとりの主役Allyを演じるのがLady Gagaであるということで本作は話題になっているのではないかと思います。もちろんGagaは歌手なので歌唱力を大いに発揮しているわけですが、演技の方もかなりのものではないでしょうか。複雑な感情の表現が求められる役柄であるのに、実に見事かつ自然に演じきっていました。批評家からも高い評価を得ているようで、本作自体はRotten TomatoesのTomatometerは90%ということですから、これはもう絶対的な傑作と呼んでも良いはずです。ただ、Gaga自身の映画出演はこれが初めてではなく、これまではそう目立った活躍でもなかったことを考えると、本作の役柄が本人に上手く合ったということなのかもしれません。とはいえ、本作での演技については私も手放しで称賛したいと思います。

ということで、長い年月をかけて4回もリメイクされるというのも凄いことですが、これだけ成功したリメイクもなかなかないのではないでしょうか。なお、今回のリメイクにあたって当初はBeyoncéの主演が予定されていたそうですが、それが実現していたとしたらまた違ったものになっていたでしょうね。それもまた観てみたかったような気がしますが、それは叶わぬ夢ということで夢想するに留めるしかありません。

The Nutcracker and the Four Realms

Mackenzieが可愛いだけで私の目的は果たされていますが…

この11月に入ってからのワタシ的期待作ラッシュの4作目となる映画はディズニー作品「くるみ割り人形と秘密の王国」です。いい年してディズニーのお姫様映画というのも何ですが、それにはちょっとした訳があります。と言っても全く大したことはないのですが、主人公のClaraを演じるMackenzie Foyです。

18歳になったばかりのMackenzieですが、ハリウッドデビューとなったのは私も好きで観ていたトワイライト・サーガの最終章で主人公BellaとEdwardの間に生まれるRenesmeeで、これを演じていたのは6年前の12歳のときということになります。原作でも非常に美しいということになっていたので、一体どんな子役が演じるのかと思っていたらMackenzieだったというわけで、実はそれ以来ちょっと気にしていたのですが、本作ではいよいよMackenzieが主演ということだったので見逃すわけには行かなかったということです。

しかし、Rotten TomatoesのTomatometerは34%、Audience Scoreも37%という有様なのでやめておけば良かったのかもしれませんが、腐ってもディズニーだからと思っていたのに本作にはちょっと失望しました。せっかくの主演作なので応援したいのですが、残念ながら完全な失敗作となってしまっているようで、興行収入だけでは製作費の回収も危うい状況のようです。何が一体ダメなのかと言うと、いろいろ中途半端で退屈な作品になってしまっているのです。脚本の問題なのでしょうか。

タイトルで分かる通りこの作品はチャイコフスキーの有名なバレエ作品「くるみ割り人形」をベースにしてはいますが、設定のごく一部を流用しているだけでストーリーは大きく異なるようです。ただ、劇中にバレエのシーンを取り込んだり、チャイコフスキーの音楽を取り入れたりしてかなり意識して関連を持たせようとしているような感じがありました。ただ、それもなんだか中途半端で徹底されていないのが残念なのです。

天下のディズニーの王道的作品でもこういう事があるのだなと意外でしたが、黒歴史として闇に葬られるようなことがないことを祈ります。

Bohemian Rhapsody

改めて聴いてその偉大さを再認識。

私の観たい映画ラッシュの11月、上旬にして早くも3本目に観たのは「ボヘミアン・ラプソディ」です。QueenとそのリードシンガーであるFreddie Mercuryの伝記的作品となっており、Queenの前身であるSmileにFreddieが加わるところからLIVE AIDへの登壇で絶頂を迎えるところまでを描いたものです。

この作品ではフォックス映画の冒頭に必ず登場するあの有名な20th Century Foxロゴのファンファーレがギターで演奏されていてとても良いです。これはサントラ盤にも収録されており、Queenの演奏となっているということはBrian Mayのギターということなのでしょう。非常に気分が盛り上がります。

序盤に本作のタイトルでもある楽曲”Bohemian Rhapsody“にまつわる件がありますが、この曲はまさにQueenを象徴する唯一無二といっていいものであると思います。演奏時間が5:55と長いために当時のラジオでは放送されないと言われていたそうですが、現在では5分程度の曲などザラにありますが、その障壁を崩したのも彼らだということになるのかもしれません。

Freddieを演じているのはRami Malekです。若い頃のFreddieとして最初に彼が現れたとき、正直なところあまり似ているとは思えず不安を感じてしまったのですが、単に私が見慣れない髪型や髭がないせいだったのか、あるいは観ているうちに慣れてしまったのか、終盤ではかなりそっくりにしか見えなくなってしまいました。不思議なものです。

終盤はLIVE AIDでのステージをかなり忠実に再現したものになっています。YouTubeでは実際の映像を見つけることができるので私も観て比べてみましたが、かなり細かいところまで作り込んであるのではないかと思います。もうこれなら本物の映像を差し込んでしまってもいいのではないかと思えるほどです。もちろん映画に出演しているのはRamiをはじめとする俳優らですが、その彼らも本人らの振る舞いや雰囲気をとてもうまく演じていると思います。

実はLIVE AIDが行われたときには私もロンドンに住んでいたので、親に頼んで行こうと思えば行けたはずなので、実に惜しいことをしたものです。それどころかテレビで見ることもしなかったので、当時の愚かしさを呪いたくなるほどです。中学生だった私には個性的すぎてなかなか受け入れることができなかったのがその一つの理由で、Queen以外の出演者は大人好みの大物ばかりだったということもありますので、致し方ないのかもしれませんが…

それにしても1991年にFreddieがAIDSによる気管支肺炎によって亡くなったのは45歳の時ということで、今の私よりも若くして亡くなってしまったということになります。まだ存命なら今年72歳ということになりますが、このような才能が短命で終わってしまうというのは本当に惜しいものです。Freddie一人の伝記映画ではないのですが、それを思わずにはいられませんでした。