「net」カテゴリーアーカイブ

メール添付ファイルの暗号化

サラリーマンの悲しさ。
📧

日本の情報処理分野の学会として、その名も「情報処理学会」というものがあり、私自身は会員ではないのですが、大学時代に近いところにいて、それからかれこれ30年以上も関連する仕事をしているので常に関心を持っています。その学会誌である「情報処理」の2020年7月号(61巻7号)で「さようなら,意味のない暗号化ZIP添付メール」という小特集が組まれていることを知りました。

タイトルだけで思い当たる人はいると思いますが、日本の企業でなぜか広まっている、メールに添付ファイルを付けるときは暗号化ZIPファイルで送信する、という文化をなんとかやめさせようというものです。このようなことが行われているには次のような理由があるようです。

  1. 情報漏洩対策
  2. コンプライアンス対応ポーズ
  3. セキュリティ資格対策

上記2と3はバカバカしくて話をする気にもなれないので、ここでは1についてのみ取り上げますが、これも内訳としては次のようなものになると思います。

  1. 盗聴対策
  2. 誤送信対策
  3. 誤転送対策

aの盗聴対策というのは送信相手のPCやメールサーバー、伝送経路上のサーバーから不正アクセスによってメールが読み取られた場合の対策ということです。しかし、ファイルが添付されたメールにアクセスできるのであれば、たとえ別のメールに書かれていたとしてもパスワードを読み取ることも容易なはずで、まったく意味をなしていないのではないか、というのは反対派からよく言われていることですし、私自身もこれに同意です。

bの誤送信対策というのがおそらく唯一、わずかながらも意味のありそうな理由だと思っているのですが、間違った相手に添付ファイルを送ってしまったとしても、次のメールでパスワードを送ってしまうまでは相手が内容を見ることはできないので、まだ挽回できるということです。普通にメールを書いていて、本文の誤記や送信先の過不足に気づくのはなぜか送信ボタンをクリックした直後だったりするので、ある程度の効果はあるのではないかと思っています。ただ、それも確実なものではなく、「気づいたらラッキー☆」というくらいのものではないでしょうか。

なお余談ですが、私の勤務先でも最近はFAXを使うことはなくなりましたが、以前はFAXの誤送信が問題になったことがありました。FAXの場合は電話番号で送信先が決まりますし、チェックディジットのようなものもないので単純な番号の押し間違いでまったく関係のない相手に送信してしまうことになります。間違った先がFAXに繋がっていればそのまま情報漏えいにつながってしまいますし、そうでない場合には一般の電話に対して再送信を繰り返すことになって迷惑電話となってしまいます。対策としては基本的に短縮ダイヤルを利用し、登録されていない相手に送信する場合は2名でダブルチェックして送信すること、というルールになりました。これも労力の無駄遣いですが、それがFAXの退陣を促進したかもしれません。

cの誤転送対策というのは、自分が送信した相手がそのメールを別の人に誤って転送してしまった時に、自社の機密情報が漏れてしまうのを防ぐということです。自分の手を離れた後のことなので完全な対策は不可能ですし、本来は送信相手が注意すべきことなので、アメリカなどでは万一の場合には訴えられるということが抑止力のようになっているのではないでしょうか。そこまで気をつけなければいけないような情報なら、メールで送るべきではないようにも思えます。

機密情報をメールでやり取りするためにはS/MIMEPGPといったものがあるので、本当はこれらを使えばいいはずなのですが、それがあまり使われていないのはなぜなのでしょうか。また、そもそも添付するのはやめてクラウドストレージインスタントメッセージなどなにか別のセキュアな手段を利用するというのも良いでしょうが、そこから情報漏洩するということも考えられるため、私の勤務先もストレージサービスやインスタントメッセージはブロックしていて利用できないというのも問題です。とにかく、暗号化ZIPファイルというのはほとんど効果がないのに手間だけが増えているので、なんとかしてほしいものです。偉い人が「情報処理」を見て考えを改めてくれないものでしょうか。

DeepL

未来にまた一歩近づいたようです。
📝

最近は英単語の意味を調べるときなどに辞書を引く機会というのはだいぶ減っているのではないでしょうか。私自身はすっかりウェブに頼るようになってしまっていて、アルク英辞郎 on the WEBLEXICOのオックスフォード英英辞典、Thesaurus.comの類義語辞典を使うことが多くなっています。文章全体をGoogle翻訳に突っ込んでいるという人も多いのではないかと思いますが、Google翻訳もどんどん進化して良くなっているとはいえ、未だあまり自然な文章にはならず、時々おかしな結果になるというのが実情でしょう。

しかし、先日のbackspace.fmの「#335:DeepL翻訳がすごいので在米10年のドリキンは英語を学ぶのをやめるって」という回で話題になっていたDeepLというのが本当に凄いので、私も改めて紹介したいと思います。どんなに凄いかというのは実例を見れば一目瞭然だと思います。

たとえばDetroit Free PressMichigan workers are losing paychecks reminiscent of the Great Depressionという記事の以下のような文章を翻訳してみると、

The recently signed $2 trillion stimulus bill contained rescue measures for businesses and workers, but even that record-size bailout may not be enough to counter the economic effects of coronavirus. President Donald Trump has since talked about a possible $2 trillion more in infrastructure spending to keep people working.

Google翻訳では

最近署名された2兆ドルの刺激法案には、企業と労働者のための救済措置が含まれていましたが、そのレコードサイズの救済策でさえ、コロナウイルスの経済的影響に対抗するには十分ではない場合があります。 ドナルド・トランプ大統領はそれ以来、人々が働き続けるためにインフラストラクチャへの支出がさらに2兆ドル増える可能性があることについて話しました。

というような結果になりました。これでも意味を掴むには問題ないかもしれませんが、一部の単語が翻訳されずに「レコードサイズ」というようなカタカナ語になっていたり日本語としては不自然で、ネイティブな日本語話者が書くような文章にはなっていません。これをそのまま転記して人に読ませるのは明らかに問題のあるレベルです。

しかし一方DeepLの翻訳ツールでは

最近署名された2兆ドルの景気刺激法案には、企業や労働者のための救済措置が含まれていたが、その記録的な規模の救済措置でさえ、コロナウイルスの経済効果に対抗するのに十分ではないかもしれない。ドナルド・トランプ大統領は、それ以来、人々が働き続けるためのインフラ支出でさらに2兆ドルの可能性について話している。

というような恐ろしく自然で正確な文章になっています。若干読点が多いようにも思いますが、普通の日本人でももっとたくさん読点を打つ人はざらにいるでしょう。社内文書などであればこのままでもまったく問題なく使える、ストレスなく読める文章になっているのではないでしょうか。

実は私の場合、英語はあまり困らないのであまり使わないように思うのですが、これは凄いと実感したのはイタリア語から翻訳してみたときでした。イタリア人の友人がFacebookでシェアしていた記事の写真に興味を持ったものの、文章がイタリア語だったのでこれまでならスルーしてしまっていたのですが、DeepLを知ったあとだったので試しに翻訳させてみたところ、驚くほど自然でわかり易い文章になったのでした。

このDeepLが日本語に対応したことはつい先日、3月19日のブログで発表されていますが、日本語、英語、イタリア語のほかフランス語、ドイツ語、スペイン語、ポルトガル語、オランダ語、ポーランド語、ロシア語、中国語に対応しているとのことです。いわゆる先進国を中心に対応していっているということかと思いますが、これほどの性能のものがあらゆる言語に対応したとしたら、SFに出てくるような自動翻訳機ももう夢ではなくなってきますね。このペースなら私が生きているうちに実用化してしまうのではないでしょうか。

はーちゃんねる

やっぱり格が違う。
📺

最近の私は諸事情により週末もあまり遠出をすることがなくなったので、自然と家にいる時間が長くなりましたが、家にいるときに何をして過ごしているのかというとだいたいAmazon Prime Videoで映画やTVドラマを観るか、YouTubeを見るかという感じです。最近になって邦画も観るようになって、特に青春恋愛ものが観ていて疲れないので多くなっていて、一日に3本くらい観るときもあります。先日記事にした「ほんだのばいく」の本田翼が主演の「アオハライド」なんていうのも観たりしていますが、そういえば共演は最近騒ぎになっていた東出昌大でしたね。

好きっていいなよ。」「にがくてあまい」「一週間フレンズ。」といった作品も観たのですが、これらの作品はすべて漫画が原作になっているという共通点もあるのですが、いずれも川口春奈が主演しています。

そしてその川口春奈も今年1月に突然YouTubeで「突然ですが、生配信!!!」というライブで「川口春奈オフィシャル はーちゃんねる」というチャンネルを始めることを宣言し、その後五島の実家への里帰りの様子をVlogとして収めたものを公開しました。このVlogがとても自然な川口春奈の様子が見られて人気となりました。その後も毎週1本のペースで動画を公開していて、今日は親友の岡本あずさと二人で飲んでいる様子を自撮りした「女優ふたりのマル秘女子会!」という動画を公開していますが、いずれもとても素晴らしいです。だいたい毎回10分前後の動画ですが、毎週の楽しみの一つとなっています。

さすがに編集は事務所のスタッフがやっているのでしょうが、撮影自体は基本的に本人が一人でやっているようです。おそらくコンパクトカメラを使っているのではないかと思われ、画質もとてもきれいです。また、躊躇なく自分をどアップにすることがあるのですが、どんなに寄っても美しいのはさすがです。これまでYouTubeで活動してきた一般の人にしてみれば勘弁してくれという感じではないでしょうか。

他にも最近は多くの芸能人がYouTubeに進出するようになっていますが、今のところはテレビとは棲み分けができているように見えるものの、徐々に存在感が薄まってきているテレビからYouTubeに限らずネットメディアへのシフトは今後どんどん進んでいくのでしょう。テレビ局はどの程度危機感を持っているのでしょうか。

特にドラマなどはNetflixHuluのようなサブスクリプション型でオンデマンドのメディアが今後の主流になっていくことは間違いないでしょうね。私は今のところAmazon Primeしか契約していませんが、いずれ他の何かも契約することになるだろうと思います。テレビ局側に決められたスケジュールで送られてくるものを観るという受動的なものはもうすでに時代遅れですよね。