Archives

ハリー・ポッター 魔法同盟

歩きスマホは危険です。

「ポケモンGo」は今でも大人気で、街角でスマートフォンの画面を覗き込みながら、あるいはタップしながら立ち止まっている中高年の姿をよく見かけます。私は以前使っていたiPhone 6 Plusではバッテリー消費の大きさに耐えられず、しばらくしてやめてしまっていたのですが、iPhone 8 Plusに買い換えてしばらく経った数ヶ月前に思い出して再度インストールしてみたところ、何とか1日充電せずに済むくらいには持つようになっていたのと、以前やっていた頃よりポケモンの数も大幅に増えていたりしたので再開していました。

この位置情報ゲームというジャンルには多数のゲームがあるのですが、やはりポケモンGoの一人勝ちというのが現在の状況です。しかし、2019年内には「ドラゴンクエストウォーク」というドラクエをテーマにしたゲームが公開されることが発表されていて現在公開βテスト中のようで非常に期待されているところです。

そんな中、先週突然「ハリー・ポッター 魔法同盟」という「ハリー・ポッター」シリーズをテーマにしたゲームが、ポケモンGoやIngressと同じNianticから公開されました。最初の公開はアメリカやイギリスなど数カ国だけで、それから数日ずつずらしながら対応する国を増やしていったので日本は1週間ほど遅れたのですが、私は一足早くアメリカのストアからインストールして、公開を待っていました。

私は本を発売日に買う程度には原作のファンだったので、ハリー・ポッターの世界でゲームができるというのは期待していなかっただけに嬉しい事でした。ゲームの内容はポケモンGoにかなり近くて、自分の周りに出現する魔法の痕跡を魔法で解除したり、塔で魔法を使って戦ったりというように、ゲームの内容をハリー・ポッターの世界に置き換えたものになっています。追加の要素として「職業」や自分が成長する「レッスン」というようなものがあり、ゲームとしてもちょっと進化したものになっているようです。さらに、ストーリー性も高くなっているようですが、私はちょっとめんどくさくて台詞をほとんど読んでいないので、ちょっともったいないことをしているかもしれません。

まだ始まって数日というところなので、これが長続きするかどうかわかりませんが、とりあえず現在レベル12まで上がっているところです。ポケモンGoと同様にレベルが上がるに連れて次のレベルまでが遠くなるのだと思いますが、飽きずに続くものでしょうか。ポケモンや年末登場予定のドラクエとの競合もどうなるのか、ファン層は違うと思うので、それぞれが好きなものを楽しむということになればそれで良いのかもしれませんが、それならば私はスター・ウォーズのものが欲しいですね。どこかが、というよりNianticが作ってくれないものでしょうか。

Pokémon GO

ポケモンはよく知らないのですが。

今日から3日前、7月22日の日本でのリリース直後から爆発的なブームとなっているPokémon GOですが、「車運転中にポケモンGO」というようなニュースもあり社会現象から早くも社会問題へとなりつつあるのではないでしょうか。これは日本より先に公開されている欧米でも同じように問題になっていることですが、ほかにも私有地に無断で踏み入る人がいたり、ポケモンでおびき出して強盗する輩がいたりするようで、日本でのリリース前から内閣サイバーセキュリティセンターが「内閣サイバーセキュリティセンターからポケモントレーナーのみんなへおねがい♪」(PDF) という注意喚起が行われています。ちなみにこのタイトルは子供向けっぽいものですが、Pokémon Goの対象年齢は13歳以上となっていますし、本文には振り仮名もなく内容的には中高生を対象にしたもののようです。

このPokémon GOはGoogleからスピンアウトした、Ingressの開発元であるNiantic Labsと、株式会社ポケモンとの共同開発ということになっています。Niantic LabsのAR (拡張現実)技術を応用したもので、Ingressと同様にGPSによる実際の位置情報や地図と連動し、目の前に本当にポケモンが登場するように見せているところが新しく、受けているところでしょう。

現実世界を歩きまわってポケモンを捕まえて、集めて育てたポケモンを使ってジムでバトルをする、というのがこのゲームの内容となります。バトルに勝つとジムは自分のチームのものになりますが、今のところIngressのような陣取りゲームの要素はないようで、あくまでポケモンを集めて育てるという部分が主要なものとなっているのでしょう。

私は日本でのサービスが始まる前にアメリカのiTunes Storeアカウントでインストールしていたのですが、日本でのリリースはだいぶ遅れそうだという話もあったので一旦アンインストールしてしまっていました。その後予想していたよりは早く日本にも展開されましたが、あとから流行に乗るのが嫌いなので醒めた目で見ていて、

ポケモンよりも美味しいものハンターとして生きていきます。

— すずきしんすけ (@sszk) 2016年7月22日

なんてことを言っていたのですが、この時には一回アンインストールした後でした。しかし、出張から帰ってきてみると自宅マンション隣の公園にアイテムを入手できるポケストップがあり、家の中からでもアクセスできるというので、とりあえず批判するのは触ってみてからにしよう、と再度インストールしてみました。なお、今日は家で休養していたのですが、そのポケストップのおかげで家から一歩も出ること無く、というどころか自分の机を離れることなくレベル6にまで到達してしまいました。しかし、果たしてそれは楽しいのかと聞かれるとさあどうでしょうか。

このゲームはIngressのようにバッテーリーを著しく消費するので、長時間楽しむためにはモバイルバッテリーが必要と言われています。また、入手した卵を孵すためには卵によって2km、5km、10kmの距離を歩かないといけないのですが、歩くスピードでないといけないというのでアメリカ人も歩くようになった、などという話もありました。私は片道2.5kmの通勤を利用して孵してみようかと思っていますが、さすがにオジサンが歩きながらゲームをしていてはカッコも悪いので、途中でポケモンを見つけたりしても捕まえたりはしないつもりです。

しかしこれだけ勢い良く広まると飽きられるのも早いのではないかと要らぬ心配をしてしまいますが、どの程度続くでしょうか。今はアプリとしては少々荒削りな感じなので、この人気で開発が加速されることを期待します。また、歩きスマホもそうですが、車や自転車の運転中の使用は絶対にやめましょう。今後なにか大きな問題が起きてしまわないことを祈りたいものです。

View-Master

革命的進歩。

私は左右の視力が違ういわゆるガチャ目なのが原因なのか何なのか、昔からランダム・ドット・ステレオグラムの類に成功したことがありません。またそれに関連するのかどうなのかもわかりませんが、3D映画なども自然に見ることが出来ず、あまり好きではありません。このため、3D画像の技術についても関心は高くない方なのですが、一方でGoogleの技術には関心を持ち続けているので、Google Cardboardにはちょっと惹かれるものがありました。

Googleの作ったものが段ボール製であることから英語でボール紙を意味するCardboardという名前が付いていますが、これはデバイスの名前であり技術の名前でもあります。ダンボールを折って作る本体に2つのレンズを取り付けて、対応するアプリケーションをインストールして起動したスマートフォンを組み込んで覗き込むと、立体画像のバーチャルリアリティを体験できるというものです。スマートフォンは画面を2分割して左右の目に対応して視差を付けた画像を表示することで立体視が可能となり、スマートフォンに内蔵された加速度センサーにより頭の動きに合わせて画像も動くというわけです。

私も一度体験してみたいということで調べてみると、このGoogle Cardboardに対応したデバイスはいくつもあって、Googleのものと同様の段ボール製のものから樹脂製のしっかりしたものまでいろいろなタイプのものがあります。見た目がかっこいいのはVR ONE GXというZeissの製品ですが、アメリカ国外への発送が行われていないようなのと、現在バックオーダーとなっていること、さらに$120と高価なので諦めます。その次に見てみたのは玩具メーカーMattelのView-Masterですが、これがしっかりしていそうな割に日本への送料込みでも$30以下でAmazonで購入できたので、これを試してみることにしました(下記は日本のアマゾンなので割高ですが、すぐに届くはずです)。

Mattel マテル ビューマスターヴァーチャルリアリティスターターパック View-Master Virtual Reality Starter Pack[並行輸入]

¥ 6,670

(2016-02-11現在)

もともとView-Masterというのは70年以上前からある玩具のステレオ写真ビューアで、スライド写真が埋め込まれたディスクを本体に差し込んで覗きこむというものでした。これを現代の技術で再発明したのが今売られている最新のView-Masterということになります。さすがに玩具なので子供が多少手荒に扱っても問題ないようにしっかりした作りになっており、値段の割に上質感があります。

iPhoneをケースから取り外さないと装着できないのが面倒ですが、Cardboardアプリをインストールして起動し、View-Masterの内部にあるQRコードを読ませるとビューアの機種が識別されます。この状態でiPhoneをビューア内部に装着し、カバーを閉めて覗き込むともうバーチャルリアリティを楽しむことが出来ます。アプリの操作には入力用のレバーが1つあって、頭の向きでカーソルを合わせてレバーを動かすとクリックできるという仕組みです。

Cardboardアプリでできるのはあくまでデモのレベルのものですが、それでも頭を動かすと画面がそれに追従するというのはなかなか新鮮な体験です。他にもCardboardに対応したアプリはいくつも公開されているので、いろいろ試して遊んでみると良いと思います。ただ、AndroidではYouTubeアプリがCardboardに対応しているらしく、これで立体動画を楽しむことができるようなのですが、iOS版は対応時期未定なので早く対応してほしいところです。

ということで、今のところ実用的な使い方は見つけることが出来ていませんが、非常に可能性を感じさせる技術だと思います。Oculus Riftではさらに凄い世界を体験できそうですが、このCardboardでも新しい世界を垣間見るには手頃でいいのではないでしょうか。