「company」タグアーカイブ

Fortnite開発元Epic GamesによるAppleとGoogleの提訴

いい方向には行かない気がします。
📱

昨日、ある方面では話題で持ちきりとなったのが、人気ゲームFortniteAppleApp StoreGoogle Play Storeから削除され、これを受けて開発元のEpic GamesがAppleとGoogleを提訴した、というニュースです。

ゲームに疎い方はご存じないかと思いますが、Fortniteというのはオンライン上で100人が同時に撃ち合い最後に残った人が優勝というバトルロイヤルモードが人気のいわゆるサードパーソン・シューティングゲームです。人気の理由はポップでカラフルなコスチュームやステージのデザインと、ダンスやポージングなどのコミカルなエモートでしょうか。

スマートフォン以外にPS4、Xbox、Nintendo SwitchやPCなど各種プラットフォームでプレイ可能なマルチプラットフォームゲームであり、iOSやAndroidというのはそのプラットフォームの一部に過ぎません。しかし、これらのプラットフォームの間で相互に通信して同じゲームを楽しむクロスプレイが可能というのも一つの特徴です。

ゲームプレイ自体は完全に無料となっていて、課金要素は上述のコスチュームやエモートのみであり、武器や能力などといったゲームの勝敗に影響するような要素を金銭で良くすることは一切できないというのも特徴でしょう。この課金に使われるのがVinderbucks、略してV-Bucksと呼ばれる仮想通貨です。

今回の騒動はまず、Epicが一昨日発表した「フォートナイト メガプライスダウン – 最大20%の永久割引」から始まったと言えるでしょう。この割引は期間限定のものではなく「永久」ということなので、普通に言えば値下げということになりますが、条件としてiOSとAndroidではプラットフォーム公式のストアではなくEpic direct paymentを使用して支払う必要があり、これについて次のように説明しています。

現在AppleとGoogleの支払いオプションを使用すると、AppleとGoogleは30%の手数料を徴収するので、最大20%のプライスダウンは適用されません。AppleまたはGoogleが将来支払いにかかる手数料を引き下げた場合、Epicはその引き下げ分をお客様に還元します。

要するにプラットフォーマーによる中抜きを回避することでその差額の2/3をユーザーに還元します、ということなのですが、当然こんなことがプラットフォーマーに認められるわけはなく、規約違反としてストアから削除されてしまったというのが昨日のことです。そしてそれを受けてEpicは両者を提訴し、#FreeFortniteという記事とともにNineteen Eighty-Fortniteという周到に作られた動画も投稿しています。つまりEpicは当然こうなるとわかっていたわけです。

この対立についてはいろいろな意見・見解がありますが、私としてはプラットフォームを利用する以上、規約に従う必要があり、その規約に問題があると思うならばそれを改善するための行動というものがあるだろうと思います。実際にはここに至るまでの間にEpicとAppleの間で協議が行われたものの、物別れに終わったために外部の力を利用しようと今回の行動に至ったということなのでしょうが、それにしても強引すぎるように感じてしまいます。

また、「マクドナルドやスターバックスは独自のアプリ内課金が必要なのに」と言っている人もいるようですが、これらの会社がサービスを提供しているのはプラットフォームの外側にある実在する店舗であり、プラットフォームの上で完結しているゲームとはまったく別の話で、同列に語るべきではないのではないでしょうか。

このような動きに出てしまったEpicは今後どうやって矛を収めるでしょうか。AppleやGoogleが30%というレートを少しでも引き下げれば妥協することができるかもしれませんが、それもちょっと想像しづらいように思います。当然あらゆる着地点も考えた上での行動であるはずですが、素人の私にはあまり良い結果をイメージすることができません。

Amazonの置き配

リスクの考え方。
📦

最近Amazonでは荷物の配達時に「置き配」を指定できるようになりました。今のところ地域限定になっていますが、対象地域は徐々に拡大されていっているようで、来年中には全国どこでも対応できるようになるようです。置き配を指定すると、在宅/不在に関わらず、指定した場所に荷物を置いていくため、サイン不要で荷物を受け取れるようになるとされています。また、荷物が置かれた状態の写真をメールやアプリで確認できます。

宅配便全体の再配達率は2割ほどにもなるとのことで、これはかなり無駄なものですので、これが少しでも減るというのはほぼ誰にとっても良いことではないでしょうか。心配されるのは配達後の荷物の盗難ですが、万一配送済みとされているのに荷物が届いていないという際にはAmazonが補償してくれるということなので、利用者にとって面倒ではありますが、経済的な損失にはなりません。Amazonは補償リスクに見合う価値のあるサービスだと判断したのでしょう。

実は置き配というのは諸外国ではかなり一般的なもので、私がアメリカに住み始めた2012年でも不在の際には大抵の場合玄関先に置いていってくれました。大抵、というのは配達業者によるもので、UPSUSPSは置いていってくれるのですが、DHLだけはなぜか手渡しで受け取ることが必要でした。アメリカで玄関先に置かれていて大丈夫なのかと思われるでしょうが、盗られてしまうようなことは一度もありませんでした。日本は治安が良いものと思い込まれていますが、実はよほど日本の方が軽い犯罪はちょくちょくあるのではないかと思っています。

なお、日本のAmazonの置き配と異なるのは、まずドアベルを押してすぐに出れば手渡しして、しばらく待って出てこなければ置いていくというところです。待っている時間は配達員によって違い、1秒も待たずに置いていくような人もいましたが、届いたことはわかるので玄関を開けて置いてあるものを取るだけのことです。日本のAmazonの場合には黙って玄関先などに置かれていくので、私の外出中の家族にとっては知らないうちに置かれているということになってしまい、これは日本でも同じようにしてくれるといいのにと思っているところです。

ということで私はほとんど手放しで歓迎しているこの「置き配」サービスですが、日本ではあまり受け入れられていないというのが不思議です。どうも日本の社会は不寛容で、完璧でないものは受け入れられない傾向にあるのではないかと思っていますが、それではどうしてもコストが掛かってしまいます。ある程度のリスクを受け入れることで総合的な利益が高まるのであれば、それを受け入れるべきではないでしょうか。

mioひかりからeo光へ

ライフラインですから。
🌐

先日、自宅のインターネット回線をIIJmioひかりからeo光に変更しました。eo光はk-opti.com改めOPTAGEによるサービスですが、同社は関西電力の100%子会社で、関西電力の電力網を利用しているので低価格で網羅性の高いサービスを実現しているということだったと思います。

以前も2007年にeo光を導入してから4年ほどは利用していて特に不満はなかったと思うのですが、アメリカ駐在から帰国したときに何を血迷ったか、携帯電話にみおふぉんを使うことにしたため多少割引があるかと思ってIIJmioひかりにしたのでした。それも当初は不満を感じていなかったのですが、いつからか夜間の速度低下が著しいことに苛立ちを感じるようになっていました。これには次男も不満を口にするようになっていたので、思い切って変更することにしたわけです。

実は速度に定評のあるNURO光も昨年から近畿圏でサービスを開始したので早速調査を申し込んだのですが、残念ながら私のマンションにはすでにフレッツ光とeo光が引かれているため、すでにある穴にケーブルを通すことができず、大掛かりな工事が必要になってしまうとのことで利用不可との結果になってしまったのでした。集合住宅ではどうしてもこういう事がありますが、諦めるほかありません。

回線の変更というのはウェブで申し込んですぐに切り替えられる、というものではなく、申込み自体はウェブでできるものの電話でのやり取りと現地工事が必要で、結構な時間がかかってしまいます。私はダウンタイムをなくしたかったので契約をオーバーラップさせて、工事日の小一時間だけ使えない、という状態にしたのですが、NTTの局内工事の日程が限られているとかで、mioひかりの方は使わなくなってからもしばらく解約されない状態になっていました。なお、宅内工事は開通確認だけなのでほとんど自分でやってしまいましたが、マンションの配線の切り替えが必要ということで配電盤の方で作業が行われたようです。

eo光に出戻ってからまたしばらく使ってみた感じでは、夜間もスピードが落ちるような感覚はなく、至って快適です。変更前後にスピードテストをしておけばよかったのですが、それに気づいたのは工事の日だったので、土曜日の午前の速度しかわかりません。でも、その比較でもわずかにeo光の方が高速だったので、「やっぱり変えなければよかった」と後悔するようなことはなさそうです。契約の切り替えにはいくらか費用が発生していますが、工事費自体はキャンペーンで無料でしたし、3000円分の商品券が送られてきたりもしているので、実質的に負担はなかったのではないでしょうか。最初からeo光にしておけば面倒もなかったのですが、直接比較して決められるものではないので難しいですね。