Archives

Hewlett Packard EnterpriseがCrayを買収

大きくなったり小さくなったり。

スーパーコンピューターといえば、悪夢の民主党政権で行われた「事業仕分け」という茶番の中で「仕分け人」であった蓮舫議員が発した
「2位じゃダメなんでしょうか?」という発言が未だに記憶に残る京が思い浮かびますが、この京も今年8月に計算資源の共用終了予定となっており、2021年頃にはポスト京が動き始めるようです。

この京は2017年まで6期連続でGraph500の1位、3期連続でHPCGの1位を獲得したとのことで、それだけ順位を維持したということ自体も凄いことですが、この分野の競争も非常に激しいものなので今はどうなっているのかと見てみると、Graph500の方では2018年11月のランキングでも未だに1位を維持しているようです。HPCGの方では2018年11月現在で3位となっていて、上位2機はアメリカのもので性能に大きく差をつけられているものの、それらはコア数も京の倍以上となっており、技術の向上だけでなく規模の拡大も必要ということで、資金力が大きく物を言うものであることが明らかです。

しかしもちろん、スーパーコンピューターの開発というのは記録を出すためにやっているわけではなく、様々な分野において技術革新のためにそれだけの計算量が必要とされていて、それに応えるべく開発にしのぎが削られているわけです。2位でいいなんて言っていたらそもそも2位についたとしても一瞬で、あっという間に他国に置いていかれてしまいます。

それはさておき、2015年に分社されたHewlett Packardの企業向け部門であるHewlett Packard Enterpriseが、スーパーコンピューター業界の名門Crayを13億USドルで買収するということが”HPE to accquire supercomputing leader Cray“というプレスリリースで発表されました。Crayといえば「スーパーコンピューターの父」とされるSeymour Crayが創立した、スーパーコンピューターメーカーの代表企業です。上述のGraph500やHPCG、そして計算速度ランキングであるTOP500でも常連と言っていいでしょう。

私が「スーパーコンピューター」と聞いてまず思い浮かべるのが子供の頃に写真で見たCray-1やCray-2の独特な形状です。まるで座ってくれと言っているようなベンチのような形をしていますが、当然それは座るためのものではありません。配線をできるだけ短くするために円筒状になった本体に、フロン冷却システムが組み合わされた結果、このような形になったわけです。しかし、そのような必然性の結果、このような美しい姿になるというのは不思議なものです。このCray-1の姿はカリフォルニア州マウンテンビューにあるコンピュータ歴史博物館で見ることができ、大変感激しました。

この1975年に発表されたCray-1はクロック周波数80MHzで160MFLOPSという性能でした。現在のメインストリームクラスのデスクトップPCで使われているCore i5でも最新の9600Kではベース周波数3.7GHz、445GFLOPSだそうですから、すでに単位がメガからギガに変わってしまっており、40年余りの間の技術革新には驚くばかりです。ちなみに、京の性能は2GHz8コアCPUの88128個で構成されて10PFLOPSとのことで、もう声も出ません。しかし、その礎を作ったのは他ならぬCrayだったわけです。

そのCrayがHPEに吸収されて、今後どのような発展が見られるでしょうか。といっても、Crayもずっと独立企業であったわけではなく、Silicon Graphicsが取得されたり、Tera Computerと合併したりとしてきたわけですが、Silicon Graphicsも2016年にHPEに吸収されているため、結局関係者が一つに戻っただけのことなのかもしれません。となると、わざわざ記事にするまでもなかったような気がしてしまいますが、調べてわかったこともあるので良しとしましょう。

First Cabin

滞在時間はわずかでしたが。

カプセルホテルというと終電を逃したサラリーマンが夜を過ごすためのものというイメージですが、幸か不幸か私は一度も利用したことがありません。地価の高い日本独特の業態ではないかと思いますが、旅館業法的には簡易宿所にあたり、「宿泊する場所を多数人で共用する構造及び設備を主とする施設」ということになっているので部屋に鍵をかけることができないようです。

このカプセルホテルも21世紀になってから進化を遂げていて、最近ではいろいろ高級なタイプのものができているようなのですが、そうした中の一つであるファーストキャビンに先日東京に行った際に宿泊してみることにしました。今回泊まったのは日比谷線築地駅のすぐ上にあるファーストキャビン築地で、銀座まで徒歩5分というようなところに安価に泊まることができるのもカプセルホテルならではでしょう。ちなみに私がここを選んだのは朝食に築地場外市場で海鮮丼を食べるという目論見のためでした。

一般的なカプセルホテルはカプセルが上下2段ズラッと並んでいるイメージですが、ファーストキャビンではそれに近い安価なエコノミークラスキャビンというものの他に、上下方向を専有できるビジネスクラスキャビン、さらに左右方向も広くなってテーブルが備えられたファーストクラスキャビンというものがあります。これらはもはやカプセルという感じではありません。またさらに、鍵のかかる個室タイプのプレミアムクラスキャビンというものもありますが、それでは普通で面白くないので、今回私が選んだのはビジネスクラスキャビンです。

宿泊料金はいろいろ条件により異なりますが、築地のビジネスクラスキャビンは素泊まりでだいたい3600円から5600円くらいの間のようです。他の場所では3000円程度で泊まれるようなので、やはり東京では高くなってしまうのですが、それでも一般のホテルに比べれば格安です。

まだ新しいということもあるのでしょうが、キャビン内も共用部分も非常に清潔で快適です。風呂はシャワーブースも大浴場もあるので、好きな方を利用すると良いでしょう。洗面所やトイレが共用なのは民宿などと同じように考えれば何ら問題はないでしょう。大きな荷物を持っている場合にはそれを広げる場所がないのが問題になりますが、今回私は事情によりスーツケースを持っていたものの、幸い廊下の末端の部屋を利用できたのでスーツケースを廊下に広げてしまいました。人通りのある部分だった場合にはどこか別のスペースで広げなければならなかったでしょう。なお、荷物をおいておく部分は別のところにあり、フロントでワイヤーロックを借りて固定しておくことができます。

私が気になったのは自分が音を立ててしまわないようにどうしても気を使ってしまうことです。チェックインが深夜になってしまったため、それから着替えたりするためにビニール袋をガサガサいわせたりするのも気になってしまって、ちょっと落ち着かないのが難点です。もう一つは空気の循環がないので風呂上がりの体がなかなか冷ませないことでしょうか。キャビン内の空調の調節はあるのですが、体に当たるほどの風は出てきませんでした。

結局深夜にチェックインして早朝に築地市場に遊びに行き、翌日もう一泊するつもりだったのに台風のせいで30分ほどでチェックアウトしてしまったので、全然ゆっくり過ごすことができなかったので堪能したとは言えないのですが、思っていた以上に快適でしたし、費用対効果としては悪くないと思います。ただ、やはり落ち着かないのであまり気が休まらないような感じはしましたが、とりあえず体は休めることができるので良いのではないでしょうか。

なお、ファーストキャビンはファーストクラス、ビジネスクラスという名前からわかるように飛行機がテーマになっているようなのですが、鉄道がテーマになったファーストキャビン・ステーションというのもあるようです。こちらは今のところ大阪天王寺と和歌山という関西のみの展開となっているようですが、内装が木目調になっていたりカーテンの柄が違っていたりして、また中には「トワイライトエクスプレス」の内装を再現したコンセプトルームなんていうものもあるようで、これは1泊16000円となかなかの値段ですがちょっと楽しげです。

The Continuing Evolution of C++ by Dr. Bjarne Stroustrup

まさしく勉強になりました。

先日、「東京に行って台風のせいで帰ってくるのが大変だった」という記事を書きましたが、いったい何のために東京に行ったのかは書きませんでした。実家へ行ったり長男に会ったりというのは実はあくまで「ついで」であって、本当の目的は東京大学で行われた「Special Lecture: “The Continuing Evolution of C++” by Dr. Bjarne Stroustrup, the inventor of the C++ language」という講演を聞きに行くことだったのです。

これは東京大学大学院情報理工学系研究科が講義の一環として開催したもので、学内向けの講演会ながら一般の参加も受け付けるということだったので申し込んでみたものです。参加登録は6月25日の正午12時からということだったのですが、私は勤務先の昼休みが12:15からなので休憩時間に入るやいなやアクセスしたところ、その時点で100名の枠で50番目ということだったので、人気のほどが伺えます。受付は先着順でしたが、最終的には定員の倍ほどの申し込みがあったようです。

会場は本郷キャンパスの講義室の一つでしたが、私は初めて訪問したのでお上りさんらしく東大の代名詞である赤門やら大学紛争で知られた安田講堂やら、写真でしか見たことのなかったものを見られたのも良かったです。一般に公開されているものなので誰でも自由に見られるのですが、私はこれまで機会がなかったのです。

さて講演の方へ話を移すと、知っている人なら知っていて当然ですが、講師はC++言語を開発したDr. Bjarne Stroustrupです。私にとってはこんな凄い人を肉眼で見られて、話を生で聞けるというだけで大興奮なのですが、知らない人にそれを伝えるのは難しいかもしれません。ちょっと違う分野で言えばBill Gatesのプレゼンが聞ける、というような感じでしょうか。まあ、Dr. Stroustrupは大富豪でもVIPでもないかもしれませんが、それくらい特別な人だということです。

とはいえ、私は実はC++を日頃使っているわけではないので、当初はそんな私にはもったいようにも思えました。大学の卒業論文はC++のクラスブラウザをC++で作るというものだったのですが、卒業後の仕事ではCをずっと使っていて、C++を使わないままちょうど25年も経ってしまっていたのです。しかし、今回の講演はそんな私にもってこいだったとも言えます。そのテーマが「C++のこれまでとこれからの進化」というようなものだったので、C++がどう良くなってきて、今後どうなっていくのかがわかり、結局は非常に有益なものとなったと思います。

講演はもちろん英語で通訳もありませんでしたし、Q&Aセッションでも時間いっぱいまで活発に質問が(英語で)行われていてさすが東大生と思ったのですが、博士のコメントで印象的だったのは、「C++はオブジェクト指向言語ではない」「CよりC++が非効率という場面はない」というようなことです。前者はC++はオブジェクト指向プログラミングを支援する機構を備えてはいるが、それを前提にしたものではないということ、後者はC++は高度な最適化を支援するようになっているのでC以上に効率的なコードを出力することができるはずだということでした。

これを聞いて私は業務に直接活かすことができるのではないかと思い、早速コードの一部をC++に書き換えてビルドできるようにしてみました。Cよりも厳密な型付けが必要なのでいい加減なプログラムはエラーになってしまい多くの人が苦労するのが目に見えるようですが、その分コードの品質は上がるはずです。出力されるコードの効率も博士が言っていた通り心配するようなことはなさそうです。いまだに私の業界ではCが主流ですが、環境も整いつつあり今後C++化の流れも遅ればせながらあるので、その先陣を切っていくのも良いのではないかと思いました。