Fortnite開発元Epic GamesによるAppleとGoogleの提訴

いい方向には行かない気がします。
📱

昨日、ある方面では話題で持ちきりとなったのが、人気ゲームFortniteAppleApp StoreGoogle Play Storeから削除され、これを受けて開発元のEpic GamesがAppleとGoogleを提訴した、というニュースです。

ゲームに疎い方はご存じないかと思いますが、Fortniteというのはオンライン上で100人が同時に撃ち合い最後に残った人が優勝というバトルロイヤルモードが人気のいわゆるサードパーソン・シューティングゲームです。人気の理由はポップでカラフルなコスチュームやステージのデザインと、ダンスやポージングなどのコミカルなエモートでしょうか。

スマートフォン以外にPS4、Xbox、Nintendo SwitchやPCなど各種プラットフォームでプレイ可能なマルチプラットフォームゲームであり、iOSやAndroidというのはそのプラットフォームの一部に過ぎません。しかし、これらのプラットフォームの間で相互に通信して同じゲームを楽しむクロスプレイが可能というのも一つの特徴です。

ゲームプレイ自体は完全に無料となっていて、課金要素は上述のコスチュームやエモートのみであり、武器や能力などといったゲームの勝敗に影響するような要素を金銭で良くすることは一切できないというのも特徴でしょう。この課金に使われるのがVinderbucks、略してV-Bucksと呼ばれる仮想通貨です。

今回の騒動はまず、Epicが一昨日発表した「フォートナイト メガプライスダウン – 最大20%の永久割引」から始まったと言えるでしょう。この割引は期間限定のものではなく「永久」ということなので、普通に言えば値下げということになりますが、条件としてiOSとAndroidではプラットフォーム公式のストアではなくEpic direct paymentを使用して支払う必要があり、これについて次のように説明しています。

現在AppleとGoogleの支払いオプションを使用すると、AppleとGoogleは30%の手数料を徴収するので、最大20%のプライスダウンは適用されません。AppleまたはGoogleが将来支払いにかかる手数料を引き下げた場合、Epicはその引き下げ分をお客様に還元します。

要するにプラットフォーマーによる中抜きを回避することでその差額の2/3をユーザーに還元します、ということなのですが、当然こんなことがプラットフォーマーに認められるわけはなく、規約違反としてストアから削除されてしまったというのが昨日のことです。そしてそれを受けてEpicは両者を提訴し、#FreeFortniteという記事とともにNineteen Eighty-Fortniteという周到に作られた動画も投稿しています。つまりEpicは当然こうなるとわかっていたわけです。

この対立についてはいろいろな意見・見解がありますが、私としてはプラットフォームを利用する以上、規約に従う必要があり、その規約に問題があると思うならばそれを改善するための行動というものがあるだろうと思います。実際にはここに至るまでの間にEpicとAppleの間で協議が行われたものの、物別れに終わったために外部の力を利用しようと今回の行動に至ったということなのでしょうが、それにしても強引すぎるように感じてしまいます。

また、「マクドナルドやスターバックスは独自のアプリ内課金が必要なのに」と言っている人もいるようですが、これらの会社がサービスを提供しているのはプラットフォームの外側にある実在する店舗であり、プラットフォームの上で完結しているゲームとはまったく別の話で、同列に語るべきではないのではないでしょうか。

このような動きに出てしまったEpicは今後どうやって矛を収めるでしょうか。AppleやGoogleが30%というレートを少しでも引き下げれば妥協することができるかもしれませんが、それもちょっと想像しづらいように思います。当然あらゆる着地点も考えた上での行動であるはずですが、素人の私にはあまり良い結果をイメージすることができません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

スパム対策のため日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください