カテゴリー
movie

Wonder Woman 1984

なんとなく懐かしい映像。
🦸🏻‍♀️

2020年最後の週、勤務先は火曜日までは稼働日となっていたのですが、私は休暇を取得して一足早く仕事納めしてしまいました。かといってこのCOVID-19の第三波が来ている状況なのでどこかに出かけるという予定もなく、ただ唯一の予定といえば18日に公開されていた「ワンダーウーマン 1984」を観に行くということでした。本作も公開早々に観たいとも思ったのですが、密を避けてできるだけ人が少ない平日がいいのではないかと考えたのと、どうせ新作が相次いでいるような状況でもないので慌てる必要もないかと考え直したので、冬休みに入ってからゆっくり観にことにしたのでした。おかげで私が観た月曜日の午前の回は観客は私を含めて4名だけのスカスカの状態でした。

COVID-19が猛威を奮っている本国アメリカでは未だ映画館が開いていない州も多いので、本作ではHBO Maxでのストリーミングと同時公開に踏み切ったため賛否両論というか映画業界からは反発を招いているという話ですが、蓋を開けてみれば興行成績は好調で、すでに続編の製作も決まったとか。なお、日本ではHBO Maxがサービスされていないので、通常通り劇場公開が先行しています。

さて本作は2017年の「ワンダーウーマン」の続編にあたりますが、前作が主に1918年を舞台にしていたのに対し、今回はタイトル通り1984年という設定になっています。今から35年ほど前というと相当昔のことのように思えますが、どこかで見たことがあるようなファッションや時代背景…と思って調べると、なんと「バック・トゥ・ザ・フューチャー」の公開と時代設定が1985年で、なるほど見たことがある感じなわけです。

ちなみに1984年といえば私が父の転勤でロンドンにいた頃になりますが、冷戦末期にあたる緊張感のある時代だったということで選ばれたのでしょう。当時は日本から西ヨーロッパまで直行できる旅客機がなかったため、アラスカのアンカレッジかモスクワを給油のために経由する便か、あるいは3箇所ほど経由する南回りかしかなかったのですが、モスクワ経由の場合は薄暗い空港内でマシンガンを持った警備兵に前後から監視されながら待つ、という貴重な経験をすることができました。まあそんなものは嬉しくもないですが。

しかし本作を観た感じでは、1984年である必然性はあまり感じないというのが率直な印象です。確かに冷戦の緊張はちょっとした要素にはなっていましたが、それほど重要なポイントでもありませんし、ただ観客のノスタルジーを誘う、いわばおっさんホイホイのようなものなのではないかとうがった見方をしてしまいます。まあそれはそれで悪いことではないのでしょうが、もう少しうまく見せてくれると良かったのではないかと感じました。

前作がどうだったかよく覚えていないのですが、本作で素晴らしいのは「誰も死なない」ということです。ハリウッドの多くのスーパーヒーロー物やアクション映画では人の命が虫けらのように扱われているのがとても嫌だったのですが、本作の場合には「現実だったら軽症では済まないのでは…」というものはあるものの、少なくとも殺すつもりではないというところが非常に好感が持てます。前作に続いて監督したPatty Jenkinsの主義的なものなのでしょうか。

なお、本作でも幼少時代のDianaはLilly Aspellが引き続き演じていますが、彼女の勝ち気な感じがとても良いです。もちろんGal Gadotもとても素敵ですが、ちょっと恐れ多くて近寄りがたいところがあります。ひょっとして眉のせいですかね…

カテゴリー
movie

Birds of Prey (and the Fantabulous Emancipation of One Harley Quinn)

Harley Quinnを愛するすべての人に。
🤡

SARS-CoV-2と名付けられたウイルスは良くも悪くも日本の社会を変えていくことになるのではないかと思うのですが、甚大な負の影響を受けているのは飲食産業や旅行・レジャー産業です。特に航空会社はかなり危機的な状況でしょうから、今年以降いくつもの会社の倒産や合併が見られるのではないでしょうか。また身近なところでは個人経営の飲食店も苦しいところが少なくないでしょう。私はできる限り通常通りの生活を送って経済を回していかなければと思ってはいますが、一個人の行動は限られたものですし、そうも行かないものもあります。

だからというわけではありませんが、この週末は次男を連れて映画館へ行ってきました。閉鎖空間は避けるべきと言われていることもあって、地元のシネコンも当日販売のみに絞って無理に来場しないように配慮しつつ、短縮営業でなんとか凌ごうとしているようですが、やはり休日にも関わらず来場者は普段よりだいぶ少ないようでした。しかし、上映中に喋ったり咳・くしゃみをするということは基本的にないはずなので、ウイルス入りの飛沫が撒き散らされるリスクは案外少ないのではないかというのが私の推測です。これで感染してしまっていたら「ホレ見たことか」と言われるだけですが…

今回観てきたのは「ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY」という作品です。2016年に公開された「スーサイド・スクワッド」という作品があり、これはあまり評判は良くなかったものの主人公の一人であるHarley Quinnが素晴らしかったのですが、本作はその続編であり、Harley Quinnを主人公に据えた作品です。「スーサイド・スクワッド」が公開されたのはかれこれ3年半も前のことですが、私はそれ以来iPhoneの壁紙をずっとHarley Quinnにしているくらい惚れ込んでいるので、今回の作品が公開されるに至り、ウイルスなどに構っているわけにはいかなかったのでした。

Gotham Cityを仕切るJokerと別れた直後、思いを吹っ切ろうとするHarleyのもとに、これまでの恨みを晴らすチャンスとばかりに数多くの刺客が現れるもののなんとか難を逃れ…と思ったら…という感じの出だしですが、全体的にダークでありながらコミカルなタッチになっています。しかしながら本作のレーティングは何故か日本ではPG12となっているものの、アメリカではRとなっており、かなり惨い描写もあるので特に私のようにいろいろ想像してしまう人は要注意です。まあアメリカではFワードを連発するだけでもレーティングが上がってしまいますけどね。

また、本作では基本的に「女対男」の構図となっています。Roman Sionisが仕切るGotham Cityに立ち向かう女達をHarleyがまとめ、最後に対決することになるので、どうも男性が観ていると居心地の悪さを感じずにいられません。とはいえ、善人はほとんど登場しないので、自分とは関係のない世界で起こっていることだと思えばいいのかもしれません。

Harleyを演じているのはもちろん前作に引き続きMargot Robbieですが、やはり相変わらず素晴らしいです。今回は製作にも回っており、本作へはかなり入れ込んでいるようですが、このぶっ飛んだ役柄のHarleyをMargot以外の誰かが演じるというのはもう想像できません。一方、敵役のRomanを演じるのはEwan McGregorで、さすがの迫真の演技なのですが、The Huntressを演じているMary Elizabeth Winsteadとの写真が原因で離婚したとのことで…その辺は一流のプロなので問題ないのでしょうかね。

ということでバイオレンスアクション満載の本作でなかなか楽しめましたが、「スーサイド・スクワッド」の続編である”The Suicide Squad“も来年公開予定ということで、ウイルスの影響でずれ込む可能性もありますが楽しみにしたいと思います。ちなみに”bird of prey“とは猛禽、つまり他の動物を食べる鳥類のことで、生態系の頂点に立つ者ですが、そこまで支配的で絶対的な強さはないような気がします。そこが「猛獣」との違いなのでしょうか。

カテゴリー
movie

Joker (2019年の映画)

現実とそうかけ離れてもいないような気がするのが怖い。
🃏

これまでにここでも何度も書いていることですが、同じアメリカンコミックでもMarvel ComicsとDC Comicsではだいぶカラーが異なっていると思います。今、Marvel Cinematic Universeの作品群がすでに一つのジャンルと言ってもいいほど市場での地位を確立していますが、それに対してSupermanBatmanを擁するDC陣営はあまりうまく行っていると言えない状況ではないでしょうか。日本でもSupermanシリーズやBatmanシリーズはそれぞれ歴史や知名度があって知らない人はいないのでしょうが、Wonder Womanは最近の映画がそれなりにヒットしたとはいえ、その他のキャラクターが弱すぎます。

とはいえ、別にMarvelと同じようにする必要はありません。私自身の幼い頃のヒーローはSupermanでしたし、Batmanシリーズのダークで大人っぽい雰囲気も脳天気なMarvelよりも好みです。また、3年前に映画化されて2021年には続編が予定されているSuicide Squadもディズニー傘下のMarvelではとてもありえないような破天荒な作品で、私は大好きです。特にMargot Robbie演じるHarley Quinnがとても気に入っていて、今でもiPhoneの壁紙はHarleyにしているくらいなのですが、このHarley Quinnが主役の「ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 Birds of Prey」という作品も来年3月に公開が予定されていて、今から非常に楽しみにしているところです。

ということで前置きが長くなりましたが、このHarleyを狂気の世界に引きずり込んだ張本人であり、Batmanの宿敵の一人であるThe Joker がいかにして誕生したかを描いた作品「ジョーカー」がこの週末に公開されたので、こちらも早速観に行ってきました。

しかし実は、上映が始まって最初の30分ほどまでは観に来たことを後悔していました。というのは、この作品があまりにリアルなタッチで精神的に病んでいるThe JokerことArthur Fleckの状況を描いたものであり、とても痛々しいものだったからで、できるだけ気楽に生きていきたいと思っている私にとっては重すぎると感じたのです。しかしながら、それを乗り越えて観ているとThe Jokerについての理解を深めることができたと思います。

本作でArthurを演じているのはJoaquin Phoenixですが、この作品で生活に困窮するArtherを演じるために23kgほども減量したとのことで、演技も真に迫るものだったと思います。あまりに急激な減量は精神にも影響するということですから、もしかするとそれも寄与したのかも…なんていうことはあって欲しくありません。2008年の「ダークナイト」ではその公開直前に亡くなってしまったHeath Ledgerが主役を食う存在感の怪演を魅せていたのですが、本作のJoaquinの演技もArthurがThe Jokerに至る過程として決して劣るものではなかったと思います。

舞台となっているのはニューヨークをモデルとした架空の都市Gotham Cityですが、撮影がニューヨークで行われていることもあって紛れもなくニューヨークの出来事のように感じてしまいます。時代としては1981年の景気が悪く世の中が暗い頃なので、現代のニューヨークとは雰囲気は違うのですが、それでも非常に現実的に感じられてしまい、今でもニューヨークの街角ではArthurのような苦境に喘いでいる人がいて、現実のJokerが生まれてしまうのではないかと不安に…というのは言いすぎですね。しかし、ハイテクメカが登場するわけでもなく、荒唐無稽なところは一切ないので、設定さえ整ってしまったらこの狂気が現実のものとなってもおかしくないのではないかと思ってしまうのです。