Archives

ハクバ カメラグリップLH

微妙に進化。

皆さんはカメラのストラップにはどのようなものを使っているでしょうか。こだわらない人はカメラを買った時に同梱されてくるメーカー名やモデル名の入った純正ストラップを使うかと思いますが、気に入ったものを使いたいとか、オシャレなものがいいとか、それぞれの理由で好みのストラップを購入して使っている人も少なくないでしょう。私はおそらく若かりし頃のジェットダイスケ氏のこの動画を見てだったと思いますが、ハクバのピクスギア グリップストラップという製品を使用していて、大変気に入って使っていました。

しかし、購入してからすでに8年ほど経ってしまったということで、人工皮革の外装部分が劣化して破けてみすぼらしくなってしまったのでした。これがあるので私は人工皮革や樹脂部品が嫌いで、多少高くなっても本皮や金属を使用して耐久性を持たせてほしいと思ってしまうのですが、かといって1000円前後で購入できる製品が例えば5000円もするようなものになってしまうと売れ行きも全然違うものになってしまうでしょうから諦めるしか無いのでしょうね。

それはともかく、まだ使う上では問題ないと言っても見た目がよろしくないので、そう高いものではないので買い換えることにしました。Amazonで見ても類似品はピンからキリまでいろいろあって、別メーカーのものにしてみようかとも思ったのですが、同じくハクバからカメラグリップLHなる後継品らしきものが発売されていたのでこれを使ってみることにしました。価格の方はほとんど変わらず1000円ちょっとですが、従来品も併売されているようなのがちょっと謎です。

HAKUBA カメラグリップLH KGP-02

posted with amazlet at 17.11.23

ハクバ 売り上げランキング: 47,223

Amazon.co.jpで詳細を見る

昨日届いたので早速私のカメラに装着してみましたが、これまでとの違いはカメラの底の三脚穴に止める樹脂のベース部分がちょっと長くなっていることと、ベース部分にカメラの背面に引っかかる爪がついていることで、これらによってより安定したグリップが期待できるようです。実際に握ってみてもこれまでの撚れるような感じが減っていて、また新しいためかパッドの内側の手の滑りが良くさっと握ることができるような印象で上々です。これまで以上に快適に写真を撮ることができそうでちょっとワクワクします。

これらのグリップストラップが良いのは撮影時にカメラを握る手が安定するということもあるのですが、持ち歩く時に片手で持っていても落としてしまう心配がないというのもあります。これまでもカメラを落としてしまったことはありませんが、落とすまいとしっかり握るので手が疲れてしまうということから開放されるのと、何より精神的に心の平安が得られます。おかげで歩きまわっている間も片手で握っておいて、サッと構えてサッと撮れるのでとても快適です。

なお、私はこのグリップストラップの他にKickstarterで出資して入手したCustom SLRのAir Strapという長さの変えられて通気性の良いストラップも一緒につけて愛用しているのですが、このCustom SLRからもHand Strapという似たような製品が発売されています。こちらは約$19ということでハクバのもののちょうど倍ほどの価格となっていますが、グリップの上の方、握った時にちょうど人差し指の付け根あたりにストラップホールがあるので、カメラを横向きに吊ることができるという長所があるようです。ただ私はカメラが縦になってしまっても特に問題は感じていませんし、使用例を見るとアメリカ人の大きな手に合わせたサイズになっているように見えるのでやめておきました。同社のC-Loopなどは使ってみたいと思っているのですが。

オムロン手首式血圧計 HEM-6324T

健康であれば本来必要ないものなのですが。

8年前に職場の健康診断で高血圧と診断されて以来、毎朝の服薬を続けなければいけないのがとても負担です。年齢にしては高め、というくらいで絶対的な血圧はそれほど高くなく軽度なもので、薬の価格も大したことはないのですが、最長でも2ヶ月に一度診察を受けて処方してもらわなければいけないというのが非常に面倒です。アメリカでは1年分の処方を受けることができて、3ヶ月に一度ネットで薬局に連絡すれば店頭で追加分を受け取ることができたのですが、この面倒臭さはなんとかならないものでしょうか。もちろん病気によっては急な症状の変化もあるので1年も放っておけないというのはわかりますが、なんでも一律2ヶ月までという融通の効かなさと、これが当たり前と思って甘受してしまうところは日本のダメなところだと思います。といっても私も何も行動を起こしているわけでなく、またアメリカにもダメなところはいくらでもあるのですが。

それはともかく、習慣的に血圧を測りなさいと言われて、8年前にはオムロン自動血圧計 HEM762というものを購入しました。それからしばらくの間はほぼ毎朝測定して、データをGoogle Spreadsheetに入力してかかりつけ医の診察時に見せるということをしていたのですが、アメリカに行って生活パターンがちょっと変わってしまって測定するタイミングを失ってしまったため、帰国後も薬が残り少なくなって診察が近づいてくると思い出したように測るだけになってしまいました。これではダメだと頭ではわかっていても、一度失った習慣を再び身につけるためにはきっかけが必要です。

ということでやって来たきっかけは、血圧計の故障でした。また薬がなくなってきたので先日診察を受けたのですが、その前に測定しておこうと血圧計を出してみると、液晶パネルが正常に表示できず、7セグメント表示の数字が読めなくなっていました。測定そのものができてもそれが読めないのではまったく意味がなく、まさかこういう形で壊れるものだとは思っていませんでした。仕方がないので買い換えることになるのですが、これまでの反省から選んだのが同じくOMRONの手首式血圧計 HEM-6324Tというものです。

オムロンヘルスケア 手首式血圧計 HEM-6324T

posted with amazlet at 17.11.19

オムロンヘルスケア 売り上げランキング: 6,067

Amazon.co.jpで詳細を見る

発売当初からだいぶ安くなってもそれでも1万円前後と血圧計としてはだいぶ高価な商品になりますが、最大の特徴はBluetoothを内蔵していてOMRON connectというアプリを介してiPhoneやAndroid phoneと同期できるということです。OMRON connectはそのアプリ上でデータを見ることができるのはもちろんですが、iOSではヘルスケアアプリでも表示することができます。これにより、ヘルスケアと連携できる他の健康関連データと一緒に総合的に管理することができます。

血圧計自体は上腕式の方が正確と言われていますし、OMRON connect対応の上腕式血圧計もありますが、多少の誤差があっても億劫にならずに毎日測定できる方が大事と考えて手首式を選びました。上腕式では特に冬場に上着を脱がなければいけないというのが億劫になる一因だったので、手首式では袖をちょっとまくるだけで良いのでこれは正解だったと思います。また、手首を通すカフと一体になっているため、コンパクトなケースに収めることができて机の上に置いておいても邪魔にならないというのも、サッと計測することができて良いところです。手首に巻いてしまったあとは「測定/停止」ボタンを1回押すだけで電源が入って測定が開始され、終わったらもう一度押すと電源が切れるので、操作も非常に簡単です。

2人分のデータが記録できるということの他に、バックライト付きで見やすいというのが下位機種HEM-6323Tとの差になりますが、単4電池2本で駆動するので持ち時間が若干心配になります。しかし、公称300回なので1年近く持つことになりますし、私はeneloopを使用するので電池のコスト自体はほとんど負担になりません。また、動作音はほとんどせず本当に静かで、自宅以外の場所で使用するという人にはとても良いのではないでしょうか。なお、手首は心臓と同じ高さにして測定する必要がありますが、その適切な高さを教えてくれる機能があり、慣れるまではこれもとても使いやすいです。他に、カフが正しく巻かれているか、測定中に体が動いてしまったか、ということも教えてくれます。

OMRON connectには血圧計の他に体重体組成計や活動量計にも対応したものがあります。活動量計はiPhoneとPebble 2で代用できるので不要ですが、体重体組成計はちょっと欲いという気持ちも湧いてきます。しかし、今でも普通の体重計で入浴前に毎日測定してPopWeightというアプリで入力できて、ヘルスケアにも同期できるので問題はありません。ちなみに、このPopWeightのユーザーインタフェースは非常に快適で素晴らしく、このUIで血圧も記録できていれば実はBluetoothでの同期も必要なかったのですが、これを発明した当初の開発元は会社を売却してしまったらしく、それ以来機能向上などのアップデートがほとんど行われておらず、現在の開発元で類似のアプリもリリースされていないようなので期待はできません。誰かが似たようなUIを使えば訴えられてしまうでしょうし、まったく残念です。

木屋 爪切り

まさに逸品。

私の記憶が正しければ学生時代に渋谷の東急ハンズで購入したので、かれこれもう25年ほど前ということになりますが、何気なく購入した小さな爪切りが私は今でも手放せません。妻も気に入って使用しているのですが、未だに切れ味が落ちず、しっかりした作りと小ささがとても使いやすいのです。それが日本橋木屋の爪切りです。

木屋 爪切り 黒(小サイズ)

posted with amazlet at 17.09.06

木屋 売り上げランキング: 2,291

Amazon.co.jpで詳細を見る

この爪切りには大きいものもあって、こちらの方が良いかもしれないと買ってみたのですが、この場合「大は小を兼ねる」とは行きませんでした。湾曲した爪を切るには小さいものの方が小回りが利いて使いやすいのです。単に真っ黒で小さいので凝縮された感じに惹かれて買っただけなのに、その小ささが非常に重要だったわけです。また、25年たっても切れ味がまったく衰える様子がないのも驚きです。買った当初からスパッと気持ちよく切れて、切り口で引っかかるようになることもないのでヤスリも特に必要になりません。

木屋の歴史やWikipediaによると刃物の木屋が創業したのは1792年、実に200年以上も前のことです。それから長らくの間刃物を作り続けているのですから、蓄積された技術があるということなのでしょう。今でも伝統的な手法で作られているというわけではないでしょうが、刃物作りにおける重要なポイントがきっと何かあるに違いありません。

ということなのですが、この製品の素晴らしさに気付いているのは私だけではなく、つい先日TABI LABOで紹介されてしまったのでもともと書くつもりだったこの記事を慌てて書いているようなわけで、おそらく知る人ぞ知る逸品ということなのではないかと思います。そんな素晴らしいものが800円足らずで売られていて良いのかと思いますが、ただ安いものが欲しければそれこそ百均でも買えるのでしょうから、それなりのこだわりがあって買われるものなのでしょう。ただ、これより高いものはいくらでもあるのですが、それらのどこがこの木屋の爪切りより良いのかが気になってしまいます。