「gadget」カテゴリーアーカイブ

TourBox

使い込むほどに良さを感じそう。
🛠️

知らないうちは無くて困るものではなくても、一度知ってしまうと元に戻れない、良いものというのはそういうものだと思いますが、このTourBoxもその一つかもしれません。普通の人にはそんなに必要なものには見えなくても、使ってみると確かに効率が良く、地味に便利という感じです。

これは一体何なのかというと、私が好きなPCのインタフェース機器で、PhotoshopLightroomなどクリエイティブなソフトウェアを物理的なボタンやダイヤルで操作するための入力機器になります。

日本のクラウドファンディングの一つMakuakeでも昨年末にプロジェクトが公開されていたものですが、すでに通常販売も開始されています。私は以前からちょっと気になっていたもののちょっと安っぽいように見えたので保留していたのですが、最近になってあちらこちらのブログに複数のレビュー記事が出ており、「質感が高い」というコメントがあったためそれを信じて購入に踏み切ったという感じです。あえてそう言うからには「実は嘘」ということはないでしょう。注文してからは中国邮政トラッキングを睨みながら、というか何度もリロードしながら到着を待っていたのですが、届くまではちょうど一週間ほどでした。

最初のソフトウェアはやや不安定で、Lightroomを起動して操作しても反応してくれないというようなことがありましたが、たまたま届いて数日後にファームウェアとデスクトップアプリケーションがアップデートされて安定するようになりました。私は不満を持つのが数日で済んだから良かったものの、何ヶ月もあのままだったら失望して使わなくなっていたかもしれません。ソフトウェアの品質というのはやはり重要ですね、とソフトウェアエンジニアの端くれとして自戒しました。

なお、Lightroomのための入力デバイスとしてはLoupedeckが先行していましたが、これはすごくかっこいいし編集が捗りそうではあるのですがちょっと高いですし、あまりにLightroomに特化されているのでいつまで使えるのかというような不安もありました。その点、このTourBoxは汎用性の高いボタン、ダイヤル、ノブなどからなっていて、それをTourBox Consoleというソフトウェアで様々な機能に割り当てることができるので、Lightroomに限らずどんなアプリケーションでも使用することができそうです。

TourBoxを使ったからといってマウスやキーボードの操作が要らなくなるわけではないのですが、これまで画面上のスライダーをピクセル単位で気を使って動かしていたものがつまみを回して調節できるようになるのですから、それだけでも利便性は大きく向上しました。また、各種ボタンに割り当てられた項目に1プッシュで移動することができるのも非常に便利です。このボタンやダイヤルの割付はアプリケーションごとに自由に設定することができますが、今のところ私は初期プリセットの状態で使ってみています。それでも十分に効率が良くなっていることが実感できますが、今後他のユーザーのノウハウが共有されるとさらに手放せないものになるでしょう。

ということで、安くはない買い物ですが、写真の現像やビデオの編集、その他様々なクリエイティブな作業を日常的にしている人ならすぐに元が取れるのではないかと思います。実際に時間イコールお金であるプロフェッショナルの仕事ではなくても、アマチュアの趣味でもとても気分よく作業できるようになりますから、趣味こそそういう事が重要ではないでしょうか。

Amazon Basics モニターアーム

ちょっとしたロマン。
💪🏼

安物にはないようですが、ある程度の価格以上のモニターの背面には一般に「VESAマウント」と呼ばれているFDMI (Flat Display Mounting Interface)というものに対応した10cmないし7.5cm四方のネジ穴が空いています。VESAというのはVideo Electronics Standard Associationというビデオ周辺機器の標準化団体ですが、この団体が定めている、フラットディスプレイを固定するための規格で、このネジ穴に各種マウント器具をネジ止めできるようにするものです。これを利用することでモニターの脚を外して、モニターアームや壁面にスッキリ固定できるようになります。

このモニターアームというのは私にとってはある種の夢のようなもので、高嶺の花だと思っていたのですが、Amazonベーシックのものが案外安く買えて物も良いということを知り、今後も在宅仕事が続くようなのでもっと業務環境に投資してもいいのではないかと思って購入してみました。

本当はまずは試しに1つ買ってみたかったのですが、幸か不幸か単品は売り切れで、2点セットの方は在庫があったのでこちらにしました。これは一つの箱に同じものが2組入ったセットとなっているのですが、やはり2組欲しいという人はそれほど多くはないということなのでしょうか。現在はちょうど特別キャンペーンで10%割引となっていて、ちょっと安く購入することができました。

実はこの製品はモニターアームで定評のあるErgotronのOEMとなっていて、LX デスクマウントアームという製品と完全に同一で、塗装色とAmazonのロゴが入っているくらいの違いしかないそうです。それでありながらAmazonベーシックのほうがだいぶ安価で、塗装色もマットブラックで落ち着いているのでお買い得です。延長アームなどErgotron製のオプションもそのまま使えるそうなので、必要なときはそれだけ買い足せばよいでしょう。

組み立てとデスクへの取り付けはいたって簡単で、クランプ部をデスクに固定したあと中間アームの穴に差し込み、先端アームをモニターのVESA規格のネジ穴に手回しネジで止めたあとでそのアームの穴に中間アームを差し込むだけです。取り付けの際の注意点はクランプを取り付けるにはデスクの縁に10mmから60mmの厚さの平面が必要ということくらいでしょうか。私のデスクはIKEAGALANTというものですが、裏面に鉄のフレームがあるので取り付けられない部分があり、これがちょっとした制約となりましたが、アームの長さでカバーできる範囲で無事に取り付けることができました。

アーム自体はしっかりした作りで安心感があり、安価なAmazonベーシックブランドの製品ですがまったく安っぽさはありません。黒いアームで良いならErgotronのオリジナル製品を選ぶメリットは特にないのではないでしょうか。

私はもともとデュアルモニターで使用していたのですが、先日購入した新しいMac miniが3画面まで対応できるということなので、これまで寝かせていた古いDell 2001FPという20インチのUXGAモニターを繋いでみようと思ったものの、脚が大きくて邪魔なのでどうしようかと考えていたところでした。なので今回はこの2001FPとIiyama X3291HS-B1という31.5インチのモニターにアームを付けたので、もう1台のASUS PB278Qという27インチモニターにも取り付けたいところです。これは単品の在庫ができて安くなったときですかね。

ドアクローザー交換

工業製品には耐用年数というものがあります。
🚪

私の自宅はいわゆるマンションの一室なのですが、無駄に広いルーフバルコニーがあって、リビングルームからバルコニーに出入りするためのドアがあります。このドアには適切な速度で自動的にドアを閉めるための「ドアクローザー」が付いているのですが、最近このクローザーのダンピングが効かなくなってきて、勢いよく閉まるようになってしまいました。築30年近くになるマンションなのでこういう事があちこちで起こってくるのでしょうが、今までよく持ったとも言えるかもしれません。

何も考えずに扉から手を放してしまうとバタンと大きな音を立てて閉じることになるのですが、ガラスが入ったドアなのでいつか割れてしまうのではないかという心配もあり、逆に中途半端に気を使って手を挟まれるようなことにもなっていて、なによりかなり大きな音を立てるので、家族がみな結構なストレスを感じていました。クローザーを見ると本体から油が漏れてきているのでそれが原因と思われるため、クローザーを交換すればいいはずで、それなら自分でもできるのではないかということで、時間を持て余し気味のこのゴールデンウィークにピッタリの作業でもありますし、得意のAmazonで購入して交換してみることにしました。

もともと付いていたのは本体カバーの印字によるとリョービドアマンという製品らしく、調べてみると玄関・勝手口用のS-102Pというものが該当するもののようなので早速注文し、今朝届いたので交換してみました。

なお、Amazonでは色によって1000円ほどの幅で価格が異なっていますが、これまで付いていたのが最も安いアイボリーだったので助かりました。また、交換後に近所のホームセンターで参考までに見たところ、アイボリーは在庫しておらずチョコのみで、価格はAmazonとほぼ同じでした。

これまでのものを外して見比べてみるとあちらこちらで改良や原価低減されていて違いがありましたが、基本的には互換性のある製品なので交換はいたって簡単です。本体付属の説明書は新規に取り付ける場合の説明になっているので、型紙を当てて取り付け用の下穴を空けたりと工程が多くなっていますが、交換するだけであればドライバーでネジを5本外して取り外し、新しいものを元通り取り付けるだけなので、ものの数分で終わる作業でした。また、一部部品は従来のものをそのまま使っています。

閉じる速度は前半と後半を独立して調整できる機構になっていますが、とりあえず初期状態のままで試してみたところ、特に問題ないようなのでそのまま行くことにしました。交換後はもちろんダンピングが効いて最後はゆっくりと閉まるようになり、これまでのストレスが一気に解消されました。まだ慣れないので思わず手を添えて締めてしまいますが、すぐにそんなことは忘れてしまうことでしょう。ということで、5000円足らずの出費と僅かな時間でかなり快適になりました。

ちなみにこの製品は1981年度のグッドデザイン賞と1996年度のロングライフデザイン賞を受賞しているとのことです。ロングライフデザイン賞というものの存在は寡聞にして知りませんでしたが、

これから生まれるデザインの手本となりうる、時代を超えてスタンダードであり続ける商品・建築・コンテンツ・サービスなどを表彰します。

ということだそうで、この受賞からさらに20年以上の長きに渡って使われ続けているというのはまたすごいことではないでしょうか。なお、過去の受賞作品を見ると馴染みのある製品が多数並んでいますが、その中には私も20年ほど愛用しているHHKBも含まれていてちょっと嬉しくなりました。