Archives

Spider-Man: Far From Home

なにか違和感を覚えたら注意しましょう。

ハリウッド映画の多くは字幕や吹き替えに時間がかかるためなのか、アメリカでの公開から数ヶ月以上遅れて日本での公開となる場合が多いものですが、これは仕方のないことなのでしょう。しかし、時折配給会社の戦略によって日本の方が早くなる場合もあり、今回観た「スパイダーマン: ファー・フロム・ホーム」もこの金曜日、6月28日に日本では公開されましたが、アメリカでは独立記念日に合わせて来週7月2日の公開予定となっているようです。ちょっとでも早いとなんだか得をした気分になりますね。

この作品は一昨年に公開された「スパイダーマン: ホームカミング」の続編となる、Tom Hollandが主役Peter Parker、ヒロインはZendayaが演じるMichelle “MJ” Jonesというシリーズの作品です。このシリーズではPeterらの高校生時代が描かれていますが、本作では彼らが学校の旅行でヨーロッパを回っている間に事件に巻き込まれるというものになっています。

いかにTom Hollandが若々しいとはいえ彼もすでに23歳になっていますので、高校生役というのはちょっと無理があるのではないかという気もしてしまいますが、大して違和感がないというのも不思議なものです。Zendayaも22歳、親友Ned役のJacob Batalonも23歳ながら彼らもまったく高校生らしかったので、なにかそれらしく見えるような加工がされているのでしょうか。本作では青春らしさが大事な要素になっていますので、ここは重要なところだと思います。

しかし、そんな細かいことは置いておいても、私には先日の「アベンジャーズ/エンドゲーム」よりも本作の方がずっと楽しめました。アベンジャーズは必要以上に重いような気がしてしまい、観ていて疲れるところがありますが、スパイダーマンは単純に娯楽として楽しむことができます。スーパーヒーローではなく、あくまでFriendly Neighborhood Spider-Man、親愛なる隣人と謳っているだけのことはあり、親しみやすさがあります。

一つ驚いたのは冒頭のMarvelロゴの音楽です。なぜこの曲が…と思ってしまいましたが、それは観てのお楽しみ…と言うほどでもありませんか。それよりも、本作も最後にワンシーンあります。Marvelのお約束ですが、これは中でも重要なシーンとなっているのではないかと思います。さすがに本編が始まる前にその旨説明があったのでエンドロールで席を立ってしまう人はほとんどいませんでしたが、こうまでしてエンドロールというのは見てもらいたいものなのでしょうか。

Dark Phoenix

リブートってちょっと便利。

Marvel Comicsを原作とするスーパーヒーローものの映画作品は大変な人気を博していますが、Spider-manやDeadpoolという例外はあるものの基本的にそれはAvengersに参加しているキャラクター、言い換えればWalt Disneyが配給するシリーズのみで、20th Century Foxの配給によるX-MenやFantastic Fourはあまり芳しくないようです。しかし、X-MenをFantastic Fourと一緒にするなという話はあるかもしれませんが、伝統ある20th Century Foxも今年Disneyによる買収が完了し傘下に入ったことで、今後テコ入れがあるかもしれません。

そんな映画「X-Men」シリーズの最新作にして独立したFoxによる最後の作品である「X-MEN: ダーク・フェニックス」が公開されたので、日本での公開初日に早速観に行ってきました。実は私自身はAvengersよりもX-Menの方がちょっとシリアスな感じがあって好きなのです。

本作の主役はサイコキネシスとテレパシーの能力を持つJean Greyで、本作はJeanの物語となっています。幼い頃に自分の能力の爆発により両親を失い、Charles Xavierの「恵まれし子らの学園」に引き取られて育てられたJeanは大きくなってX-Menの一員となりますが、そのミッションとしてスペースシャトルEndeavourのクルーを救出する際、太陽フレアのようなエネルギーを受け…というあたりにしておきましょうか。

Jeanを演じているのは前作「X-MEN: アポカリプス」に続いてSophie Turnerです。もともとFamke Janssenが演じていたリブート前のシリーズからJeanの能力は他のX-Menメンバーに比べても強すぎるのではないかと思っていたのですが、さらに強力になった本作での人類のレベルを超越した存在感を感じさせる演技だったのではないかと思います。なお、WIREDは「『X-MEN:ダーク・フェニックス』の完成度はともかく、手の演技は注目に値する」というレビューを掲載していますが、確かに彼女の優雅な手の動きは印象的かもしれません。あとはおなじみのメンバーがおなじみの通り、という感じでしょうか。

まあそれほど特筆すべきことはなく、お約束どおりということですが、それは期待を裏切ることもないということです。シリーズのファンにとっては自分の望むとおりにストーリーが進むということに近いので、それ以上のものを望まなければ十分に楽しめるのではないでしょうか。ただ、ファンでない人にとっては面白みがないということになってしまうのも仕方のないことなのかもしれません。私はどうだったかというと、これで終わってしまうなんて寂しい、続きを作ってほしい、ということになります。

Pokémon: Detective Pikachu

思っていた以上にポケモン。

今でも町を歩いているとスマートフォンを片手に何人もの人が立ち止まっていることがありますが、そこには「ポケモンGo」のポケモンジムがあって、強いポケモンのレイドバトルに参加しているということが多いようです。そうした人たちの多くは中高年の方のようですが、時間があって健康のために歩くことをいとわないような人にジャストフィットしているようです。

しかし、もともとポケットモンスターが始まったのは1996年のゲームボーイ版のゲーム「ポケットモンスター 赤・緑」からですので、今「ポケモンGo」に熱心な人々はもともとあまりポケモンには関心がなかったのではないでしょうか。しかし、「ポケモンGo」は特にポケモンに関する知識がなくてもそれほど支障なくゲームを進めることができますし、遊んでいるうちに自然と覚えてくるので問題はないのでしょう。

ポケモン自体はもちろん日本発祥のものですが、その人気は世界中に広がっており、このたびハリウッドのスタジオにより実写版の映画「名探偵ピカチュウ」が公開されました。私も当初は特に関心がなかったのですが、予告を見ていると案外子供向けというわけでもないのではないかという気になり、妻に「そんなのまで観るの?」と言われながらも観に行ってきました。私が観たのは夜9時過ぎに上映開始のレイトショーの字幕版でしたが、ゴールデンウィーク中ということもあり多くのシートが埋まっていました。なお、アホらしいことに兵庫県では青少年愛護条例 (PDF) により、たとえ保護者同伴であっても「23時以降に18歳未満の者を外出させないようにしなければならない」と定められているため、レイトショーは18歳以上でないと観ることができず、観客はすべて大人でした。保護者が一緒ならそれは家庭の問題だろうと思うのですけどね。

それはともかく映画について、違和感なくポケモンを実写化するというのは難しいだろうと思うものですが、ゲームやアニメに出てくるそのままのポケモンが画面に登場しているにもかかわらず、不思議とそれなりに画面に馴染んでいたように思います。もちろん非現実的なものですし、マンガっぽいキャラクターなので違和感がないわけではありませんが、実際にそこにポケモンがいるようには見えました。そもそも人間以外の動物はすべてポケモン、というその設定自体に無理があるというか、地球ではないどこかの星の話と思うほかありません。

思っていた以上に沢山のポケモンが登場するということもあり、予想以上に子供向けな感じだったのですが、先日公開された「シャザム」なども吹替版しか上映しないような劇場なのですから、字幕版やレイトショーがあるということは劇場としては大人が観ることも想定しているはずです。しかしそれはどの要素からそう判断したのか、結局よく分かりませんでした。もともと私がこの映画に興味を持ったのは、予告の中で主人公の名探偵ピカチュウがRyan Reynoldsの声で毒っぽく喋っていたからなのですが、すべてのポケモンが特定のパートナーとは会話ができるという設定なのかと思ったらそうではなかった、というのがちょっと意外だったというか、残念なところでした。