Archives

Alita: Battle Angel

次はいつかな。

予告がいいからと観てみたら本編は全然大したことがなくてがっかりした、ということも何度かありましたが、今回観た「アリータ: バトル・エンジェル」は逆にあまり予告では期待が持てなかったので観ないつもりでいたら前評判がいいので観てみたらとても面白かった、という嬉しい誤算でした。

本作は木城ゆきと氏の「銃夢」という漫画を原作としたものです。現在AmazonではKindle版の1巻を無料で読むことができるので、私も映画を観たあとで読んでみましたが、原作に忠実なところ、設定や物語の順序がちょっと変わっているところ、大きく変わっているところがありました。しかし、全体的な作品のイメージを壊すようなことはなく、しっかり原作を消化して作り上げられたものであるように思います。ある意味最大の違いは主人公の名前で、映画のタイトルでもある「アリータ」は原作では「ガリィ」となっていました。その由来も異なるので仕方ないところもあるのですが、少女の名前としては「アリータ」の方がふさわしいだろうと私も思います。

銃夢

posted with amazlet at 19.02.25

Amazon.co.jpで詳細を見る

原作を読みながら感じたのは非常にボリュームが有る作品だということですが、今回映画化されたのは全9巻のうちの2巻目辺りまでとなっているようです。ということは今のペースで進めれば残り4,5作分ということになりますが、「続く」とは表示されなかったもののいかにも続編に続くという終わり方をしているので、本作は世界的に成功しているようでもあるので続編を楽しみに待っていても良いのではないでしょうか。

Tomb Raider (2018)

オチがちょっと寂しい?

Amazon Prime Videoは結構頻繁に対象作品が変わるので、こまめにチェックしているとちょっと観たかった作品が対象になっていたりします。先日も何気なく確認してみるとまた対象が変わっていて、「トゥームレイダー」シリーズのリブート作品である「トゥームレイダー ファースト・ミッション」がPrime対象に加わっていました。この作品は今年3月に公開されたものなので、1年も経たずにPrime対象になってしまうというのは嬉しい反面、製作側の気持ちも考えてしまって少々複雑な思いになってしまいます。まあAmazonもそれなりの金額で権利を購入しているでしょうから、悪いことではないのでしょうが。

トゥームレイダー ファーストミッション(字幕版)

posted with amazlet at 18.12.30

(2018-07-25)売り上げランキング: 14,762

Amazon.co.jpで詳細を見る

「トゥームレイダー」といえば1996年に発売された第1作に始まる3Dアクションアドベンチャーゲームのシリーズですが、これまでになんと17作も発売されているようです。最初はポリゴン丸出しでそれをプレイヤーが想像力で補完するようなグラフィックスだったものが、最近のものでは実写とも見紛うほどの美しいものになっていますが、本シリーズこそが3Dアクションゲームの先駆けでした。なお、本作は邪馬台国の女王、卑弥呼の伝説をもとにしたものになっていますが、この設定は2013年に発売されたリブート作品のゲームの設定のようです。

今回、主人公のLara Croftを演じているのは「エクス・マキナ」や「リリーのすべて」、「ジェイソン・ボーン」に出演しているAlicia Vikanderです。前のシリーズはAngelina Jolieのはまり役ということでAngieの評価を高めることになったようですが、少々謎めいていてワイルドな雰囲気があったように思います。それに対して本作のAliciaは北欧系の端正な顔つきであるせいかやや上品な感じになってしまっていますが、Lara Croftの最初の冒険ということであればこれでいいのかもしれません。ここから様々な経験を積み重ねて強い女性になっていくということなのでしょう。

実は本作はあまり評価が高くないのですが、私はそんなに悪くないのではないかと思いました。特に、洞窟内に入ってからは往年の「インディ・ジョーンズ」のような演出もあってなかなか楽しめました。しかし、終わり方はいかにもシリーズ化しそうなものになっていましたが、今回の興行成績ではそれも難しいでしょうか。期待は高かったので初動は良かったようなのですが、日本ではプロモーションが弱かったような気もしないではありません。

Ant-Man and the Wasp

質量保存の法則は…?

このブログは映画評論ブログというわけではないのですが、このところ映画の記事が続いてしまっています。観た映画は記録のため、自分が観たかどうかを忘れてしまったときに確認するためにも、本当はすべて記事にしておきたいのですが、さすがにAmazon Prime Videoで観たものまですべてとなると大変なので、これでも最近でもいくつか書いていないものがあります。しかし、やはり映画館で観た最新の映画については機を逸することなく書いておきたいので、ちょっと連続になってしまっていますがご容赦ください。

というわけで今週末公開の「アントマン&ワスプ」です。スーツの力で体のサイズを自由に変えられるAnt-Manが主人公の、前作「アントマン」の続編となる2作目ですが、設定としてはAnt-Manも参戦していた「シビル・ウォー」の数年後ということになっています。シビル・ウォーでCaptain America側に付いたことでFBIの監視下で自宅から出ることを許されない状態になっているところから始まります。スーパーヒーローを軟禁なんてできるものなのかという感じですが。

今作ではDr. Hank Pymの娘、Hope van Dyneもスーツを着てWaspとして活躍します。Hopeは前作でAnt-ManことScottに格闘技を教えていたりしたとおり、むしろAnt-ManよりもWaspの方が強いのですが、スーパーヒーローに必要なのは強さだけではないということでしょうか。一方敵役としてはGhostことAvaが登場しますが、あの不必要に不気味に見えるマスクは何なのでしょうか。あの必然性はよくわかりませんが、あえてそうしているのか、いずれにしても恐怖を感じさせるのに十分な造形です。

私がとても気に入ったのは、Scottの刑務所仲間で出所後の事業のパートナーである、Michael Peña演じるLuisです。彼が早口で「喋る」場面はかなり面白くて、ずっとそれを見ていたいという気にさえなってしまいました。このLuisがいることでこの作品のシリアスさはだいぶ抑えられているような気がしますが、このシリーズはあくまで楽しいコメディとして作っているようで、だからAnt-Manには合わないので「インフィニティ・ウォー」に登場させなかったという話もあるようです。

しかしそれにしても、他のMarvel作品に比べると本作はどうもこぢんまりしてしまっているのですよね。Ant-Manが小さくなるので行動半径が狭くなるということもあるのかどうかわかりませんが、サンフランシスコ・ベイエリアから外に出ていないというのは驚きです。代わりにサンフランシスコで実際に見た観光地がいろいろ見られるのは楽しかったのですが、スーパーヒーローものでなくても今どきの映画には珍しい局地的な作品ではないでしょうか。まあ、だからといって作品に対してネガティブに作用するものではありません。

最後にもう一つ私が気に入ったのはエンドロールです。非常に凝ったものになっていて、私はこういうのが大好きですが、たまにしか使えない手ですね。このシリーズの定番ということにしてしまえば問題ないのでしょうが、ひょっとして前作でも同じだったでしょうか。もう前作のことは全然覚えていないのですよね…