カテゴリー
net

Clubhouse

百聞は一見に如かず、でした。
👋

今週になって日本の一部界隈で突然話題沸騰になったのがClubhouseというサービスです。シリコンバレーで2020年3月から始まったものですが、「音声版SNS」や「音声版Twitter」という形で紹介されており、それだけを聞くとツイートの代わりにボイスメールのような数秒から数十秒程度の音声で投稿するものなのかと想像してしまいますが、実態としては全く違うもので、それなりに新しさを感じるサービスでした。

少なくとも現在までのところ完全紹介制となっており、既存のユーザーからSMSで招待を受けなければ使用を開始することができません。アプリをインストールして起動すると自分の電話番号を入力し、紹介を待つ間に自分のIDを予約することができますが、そこから先へ進むためには招待コードの入力が必要となります。なお、私はこの予約の時点で自分がTwitterやInstagramで使っているのと同じIDである「@sszk」が「他の人がすでに使用中」となっていたのでちょっと萎えてしまっていたのですが、いざ招待していただいてから念のために試してみると希望通りのIDで登録することができ、予約とは一体何だったのかという感じになっています。ひょっとすると先に予約していた人が別のIDに変更したので空いたということなのかもしれませんが、ほかにも同じ状況だった人がいるので、ただのバグなのかもしれません。

また、今のところiOS用のアプリでしか使用することができず、残念ながらAndroidやPCなどからはアクセスができない状態となっています。これはいずれ解決されるのでしょうが、招待してくれるという人がいるのに参加できないというもどかしい状況の人もいるようです。

さて、幸いにも招待いただくことができたので早速登録してみて、ちょっとばかり使ってみたところですが、想像していたイメージとはだいぶ異なるものでした。確かに「音声版Twitter」という表現も納得できる部分はあるのですが、まず音声はリアルタイムでしか聞くことができないというのが大きな特徴です。タイムラインに相当するのはRoomというものですが、ここでその時行われている会話を聞いたり、発言したりして参加することができます。発言は無秩序にできるものではなく、Roomの主催者であるモデレーターが発言権を管理しているので、発言したければ挙手により要求する必要があり、好ましからざる発言を繰り返せば追い出されることになるでしょう。

Roomは公開・非公開の設定が可能で、非公開のRoomは当事者以外には見えないのでプライベートな会話に電話のような感覚で使うこともできます。逆に公開のRoomは見つけた人が自由に聞くことができるので、公開討論やラジオのような感覚で有名・無名の人の発言や会話を発信したり楽しむことができます。場合によっては一人で文字通りつぶやくこともできるでしょう。このあたりが「音声版Twitter」という言い方につながっているわけです。

このClubhouseに参加するための紹介状は各ユーザーに最初に2名分づつ割り当てられます。完全紹介制のSNSという仕組みは過去にOrkutmixiなどでもあったものですが、招待枠がわずか2名というのはこれまでにない厳しいものではないでしょうか。これによって飢餓感を煽る戦略もあるのかもしれませんが、周囲が盛り上がっているのに紹介を受けられず疎外感を持ってしまっている人がいるようなので、逆効果になる恐れもあり難しいところではないでしょうか。なお、招待の権利は利用実績により追加で割り当てられるとのことです。

「クラブハウス」という名前の所以について、日本語で「クラブ」という文字列からはなんだかキラキラしたものをイメージしてしまうかもしれませんが、本来は会員制の集会所を意味するものなので、興味や価値観を共有する者同士が集う場所というようなことになるでしょう。そういったところでは紹介制であることが多く、「誰の紹介を受けたか」が重要な意味を持つようです。そのため、このClubhouseでもプロフィール欄にはいつ、誰の招待で入会したかが見えるようになっており、その人の背景を窺わせることになっています。

なお、2名だけなのであまり機会は多くないことですが、紹介の仕方がちょっと分かりづらかったので私も調べる必要がありました。結局、招待相手はアプリに共有した連絡先の中からしか選択することができないので、まずアプリに対して連絡先を公開する必要があり、そしてその連絡先に紹介相手の電話番号が登録されていなければなりません。したがって、紹介してもらうためには既存ユーザーの誰かに電話番号を知らせる必要があるので、リアルな知人以外は簡単に紹介しづらい状態になっており、それが会員同士のネットワークを確実で信頼できるものにしているということのようです。

これまで仕組みのことばかり述べてきましたが、実は音声の品質が高く、聞きやすく喋りやすいということも人気を支える重要なポイントではないかと思います。おそらく音声データの帯域はそれほど広くないので音質自体は若干ガサガサした感じに聞こえることもありますが、何しろ遅延がほとんど感じられないほど小さいということが喋りやすさにつながっており、発言者どうしが「お見合い」してしまうことも少なく聞きやすいということになっているのではないでしょうか。普段仕事で利用しているMicrosoft Teamsよりも遅延は明らかに少なく快適です。

ということで、広告が入っているわけでもないので今はまだどのような形で収益化されるのかが見えないサービスですが、昨年5月の時点で評価額は1億ドルと発表されるなどしています。急速にユーザーを増やしているのは現在のコロナ禍で人同士のリアルなコミュニケーションが取りづらくなっていることが一因であることは間違いないでしょうが、果たしてその先はどうなるのか、どうしようとしているのか興味深いところです。

カテゴリー
misc

mioひかりからeo光へ

ライフラインですから。
🌐

先日、自宅のインターネット回線をIIJmioひかりからeo光に変更しました。eo光はk-opti.com改めOPTAGEによるサービスですが、同社は関西電力の100%子会社で、関西電力の電力網を利用しているので低価格で網羅性の高いサービスを実現しているということだったと思います。

以前も2007年にeo光を導入してから4年ほどは利用していて特に不満はなかったと思うのですが、アメリカ駐在から帰国したときに何を血迷ったか、携帯電話にみおふぉんを使うことにしたため多少割引があるかと思ってIIJmioひかりにしたのでした。それも当初は不満を感じていなかったのですが、いつからか夜間の速度低下が著しいことに苛立ちを感じるようになっていました。これには次男も不満を口にするようになっていたので、思い切って変更することにしたわけです。

実は速度に定評のあるNURO光も昨年から近畿圏でサービスを開始したので早速調査を申し込んだのですが、残念ながら私のマンションにはすでにフレッツ光とeo光が引かれているため、すでにある穴にケーブルを通すことができず、大掛かりな工事が必要になってしまうとのことで利用不可との結果になってしまったのでした。集合住宅ではどうしてもこういう事がありますが、諦めるほかありません。

回線の変更というのはウェブで申し込んですぐに切り替えられる、というものではなく、申込み自体はウェブでできるものの電話でのやり取りと現地工事が必要で、結構な時間がかかってしまいます。私はダウンタイムをなくしたかったので契約をオーバーラップさせて、工事日の小一時間だけ使えない、という状態にしたのですが、NTTの局内工事の日程が限られているとかで、mioひかりの方は使わなくなってからもしばらく解約されない状態になっていました。なお、宅内工事は開通確認だけなのでほとんど自分でやってしまいましたが、マンションの配線の切り替えが必要ということで配電盤の方で作業が行われたようです。

eo光に出戻ってからまたしばらく使ってみた感じでは、夜間もスピードが落ちるような感覚はなく、至って快適です。変更前後にスピードテストをしておけばよかったのですが、それに気づいたのは工事の日だったので、土曜日の午前の速度しかわかりません。でも、その比較でもわずかにeo光の方が高速だったので、「やっぱり変えなければよかった」と後悔するようなことはなさそうです。契約の切り替えにはいくらか費用が発生していますが、工事費自体はキャンペーンで無料でしたし、3000円分の商品券が送られてきたりもしているので、実質的に負担はなかったのではないでしょうか。最初からeo光にしておけば面倒もなかったのですが、直接比較して決められるものではないので難しいですね。

カテゴリー
news

7pay

さっさと淘汰されてほしい。
📱

中国ではAlipay
Wechat Payなどのバーコード決済が普及していて現金を持ち歩く必要がない、というのは何年も前から言われていたことで、露店や個人間の授受にまで使えるというのは確かに便利なように見えます。日本の経済産業省はこれが羨ましく見えたのか、私には隣の芝生が青く見えただけなのではないかと思えますが、日本でも2020年の東京オリンピックまでにキャッシュレス決済を普及させようと、消費税増税と絡めて「キャッシュレス・消費者還元事業」なるものを始めました。

しかし、中国で普及したのには偽札が多く現金が信用できないという特殊な事情もあり、貨幣に対して絶対的な信頼を置くことができる日本にはこのようなモチベーションがありません。またすでにコンビニや交通機関、一部の自動販売機などではすでにFelicaによる電子マネーが普及しており、わざわざアプリを起動してバーコードを表示させなければならないようなものが広く使われるようになるとは思えません。また、オリンピックの観戦に来るような外国人に日本でしか使えないようなサービスに加入させるような必要はなく、単にクレジットカードを使えるようにすればいいだけではないでしょうか。

それはともかく、経産省からの補助金に釣られたのかどうかは知りませんが、あちこちからうようよと新しいサービスが乱立して消費者には余計に不便になっているのではないでしょうか。ソフトバンクPayPayはお得意のバラマキ作戦で登録者を集め、メルペイLINE Payがそれに追従するという形になっていますが、大手コンビニもそれぞれ独自のシステムを構築するなど、社会全体としては無駄なことこの上ありません。

そんな中で、セブン・イレブン・ジャパン7payはサービス開始直後にセキュリティ上の大きな問題が発覚し、その後の対応の不味さもあって消費者の信頼を失い、結局わずか1ヶ月後にサービス廃止を発表、開始からたったの3ヶ月で消えてしまうことになりました。同日スタートとなったファミリーマートファミペイに遅れを取らないように突貫工事となったツケなのでしょうが、サービス構築にかかった莫大な費用も含めて大きな損失となってしまいました。

しかし、このサービス廃止のニュースリリースによれば、被害者はのべ808人、総額3800万円以上に及ぶということです。会員登録を受け付けていたのはわずか3日、ログインを停止したのはその1週間後という短期間でこの被害です。小口の決済手段なので企業としてはそれほど大きな金額でなかったとしても、失ったものはそれだけではありません。今後は安全性を確保した新しいサービスにも意欲を見せているようですが、果たして消費者は受け入れてしまうものでしょうか。

なお、ホームセンターのコーナンまでコーナンPayなるものを始めていたようなのですが、不正ログインと見られる事案が発生したとのことでサービスが一時停止されており、現在はコーナンPayの公式ページが削除されているようです。しかし、こちらの方は「登録されていないメールアドレスを用いてログインを試みた際に自動送信されるメール」が不特定多数に届いている、というのがきっかけのようであり、実際に不正ログインされたというのもおそらく簡単なパスワードを設定していて破られてしまっただけなのかもしれません。二段階認証(2要素認証)が使われていなかったというような弱さはあったのかもしれませんが、7payのような問題があったというわけでは無さそうですし、金銭的被害も確認されていないようなので少々敏感に反応したということなのかもしれません。それくらいの方が安全だと思いますが、それ以前に通貨を取り扱うことに対してはもっと覚悟を持って臨む必要があるのではないでしょうか。