Archives

Super Size Me

食前食中には向きません。

皆さんはファーストフードはどの程度食べるでしょうか。人生も折り返し点を過ぎたかという私は、今後の食事の回数も意識するようになってしまい、つまらないもので空腹を満たさないようにしたいと思っているので、ファーストフードも食事としてはめっきり食べなくなりました。ただ、シナモンメルツはそのあたりのシナモンロールよりもアメリカのものをよく再現しているので、ついついコーヒーと一緒に食べてしまいます。また、日本でもファーストフードの代表であるマクドナルドでは週末の昼時になるとドライブスルーに長い車列ができていて、高い人気があるのがわかります。

そんなMcDonald’sで売られているものだけを30日間3食すべて食べていたらどうなるか、という実験を監督が自分の体でやってみたということで有名な作品「スーパーサイズ・ミー」がAmazon Prime Videoに登場していたので、今のうちにと観てみました。

スーパーサイズ・ミー(字幕版)

posted with amazlet at 19.02.20

Amazon.co.jpで詳細を見る

どんなに体に良いものでも同じものばかり食べ続けるのは良くないということはわかりきったことですが、ファーストフードだけだとどんなことになるのか、この作品以前には実験してみた人はいなかったのではないでしょうか。実験開始時点では健康そのものといった肉体が一体どうなってしまうのか、怖いもの見たさのようなものがありました。

しかし、この作品はそんな面白半分のものではなく、実験の様子と並行してアメリカの食生活を取り巻く問題を提示していきます。作中でも取り上げられていますが、特に公立学校の給食は酷いもので、私の在米中に子供が通っていたミシガン州の学校もピザやチキンナゲット、フレンチフライといったようなジャンクフードばかりでした。ファーストフードでもサラダ代わりにポテトチップスを渡される場合がありますが、そういうことを何とも思わないのもこうした学校生活なら納得してしまうものです。

こうした社会問題に一石を投じた作品ですが、私は観たあとでめっきり食欲を失ってしまいました。本作が話題となったことは、マクドナルドだけでなくファーストフード業界に痛烈な一撃となったかもしれませんが、この作品のあともアメリカの状況は大して変わったように見えないのが残念です。私はこれ以前のアメリカを生で見てはいないので、もしも変わったからこそ今の状況だというのなら、以前はどんなに酷かったのかと予想もできないほどです。

私は在米中にマクドナルドに行ったのは早朝のミーティング前に他に開いているところがなくて仕方なくドライブスルーで朝食を買っただけですが、Wendy’sには行っていたので大して変わりませんね。一応、食べた感じは結構違うのですが、脂肪や塩分が多そうなのは一緒です。まあ、アメリカで外食しようと思うとファーストフード以外でも脂肪や塩分、熱量は多いので、ちゃんと家で手料理を食べなければいけないのでしょうね。当たり前のことでしかありませんが。

MINTIA チョコミント

結局瞬く間に食べてしまう…

この正月には昨年春から東京で一人暮らしを始めている長男が帰省してきていたので、私が実家に帰省するということはなかったのですが、今後しばらくは同じような感じになるでしょう。東京の私の実家にはゴールデンウィークなど他のタイミングで行くしかないのですが、今年のゴールデンウィークは天皇譲位の関係で全国的に長期連休となるためどこへいっても混むでしょうから、東京でも人の集中するところへ行かずにゆっくりするのであればちょうどいいかもしれません。

さて、その帰ってきていた長男が教えてくれたのですが、MINTIAのチョコミント味というものが最近発売されていて、ちょっと美味しいから食べてみな、ということで一粒もらいました。私はMINTIAを食べ始めると止まらない病気を長年患っているので最近はドライブ時以外は極力買わないようにしていて、この製品も知らなかったのですが、どうやらこの「チョコミント味」についてはファミリーマート限定の商品とのことです。

もちろんあくまでMINTIAなのでチョコレートではないのですが、チョコフレーバーチップ配合とのことでしっかりチョコレートの風味がします。ただしあくまで香りだけなので、チョコレートの脂分が口の中に残ったりすることはなく、食べたあとの口の中はサッパリです。しかしやはり、ミントタブレットなのにチョコレートの味がするというのは、ちょっと不思議な感覚ですね。

私自身はチョコミントの味がもともと好きなので、この商品もとてもいい感じですでに何個も買ってしまっていますが、やはり例の病気のせいで一旦食べ始めると止まらず、50粒も入っているのにそれが1日でなくなってしまうというのは問題です。値段も安いので経済的な問題があるわけではなく、また低カロリーなので健康面でも問題はないのでしょうが、なんとなく罪悪感のようなものを感じてしまいます。と言いながらまた買ってしまって、またすぐに食べてしまうということを繰り返しそうなのですが。

シャンカワカーン

ちょっとした覚悟が必要です。

「美味しい食べ物の美味しそうな写真を撮るために旅をする」というのが近年の趣味になっている私ですが、個別の飲食店についてはあまり記事にしていません。特に理由があって避けているわけではなく、一つの記事にできるほど文章で描写する力がないだけなのですが、先日訪問した「シャンカワカーン」というレストランについてはなんとかなりそうなほど面白かったので書いてみることにしました。

この変わった店名についてちょっと一生懸命調べてみたところ、アメリカ先住民のラコタ語の言葉で”shanka”が「馬もしくは犬」、”wakan”が「神聖な」を意味するようなので、「神聖な馬」という意味の言葉から取っているのではないかと思われます。ただ、これはあくまで私の推測に過ぎないので、また次に行ったらぜひ聞いてみたいと思います。

さて、このレストランの何が特筆すべきなのかというと、その立地です。福山市街の北に位置するのですが、それは中国山地の山の中、南北に走る国道182号線からちょっと逸れたところにあり、藤尾ダムという農業用ダムのダム湖に囲まれた半島状の土地にあります。凄いのは国道からここに至るまでの道で、途中からは舗装されておらずすれ違いもできない細い道を進まなければならず、知らなければ絶対にたどり着くことのない場所です。

そのたどり着いた先で待っている店主は少々気難しげに見え、こちらの方が気を使ってしまう感じですが、敬意を払って接すれば良いだけのことでしょう。しかし、私とほぼ同時に入った学生グループは冒険のつもりで来たのかちょっと不躾な発言(「高い」とか?)をしたらしく店主の機嫌を損ねてしまったようですが、そうなると互いに不幸なだけですね。

こちらで提供されるのはワイルドなカウボーイ風ステーキで、厚みのある赤身肉にかぶりつくことができます。しっかりとしたボリュームのある肉なのでお値段もそれなりにしますが、こんなところまでやってきてファミレス価格のはずはありません。客の方もそれなりの品質を期待してやってくるはずですから、お店の方もそれに応えてくれているわけです。

しかしステーキもさることながら私が素晴らしいと思ったのは、セットに付くチリスープが日本では珍しい本物のチリの味であったことです。あくまでスープなので本当のチリとは違うのですが、味付けはまさにチリです。ちょっと聞いてみると「アメリカの人に教えてもらった」とかで、まさしく本物の、私にはちょっと懐かしい味でした。

またこちらではテラスにも席が設けられているので、気候のいい時期にはここがおすすめです。湖に突き出た半島という立地なので、必然的にちょっとした高台になっており、目の前180度に緑の木々が広がっていました。紅葉の時期であればさぞかし見事であろうという感じでしたが、市街地よりも何度か気温は低いようだったので、その時期を誤らないようにしなければなりません。

なお、店の横の車庫にはベントレーが駐車されていたのですが、こんな山の中でベントレーに乗っているというのはちょっと普通ではありません。この店自体もベントレーが買えるほど儲かっているというようにはとても見えませんでしたので、言い方は悪いですが金持ちの道楽というか、すでにひと財産築いたあとの趣味としてやっているという感じなのかもしれません。しかしだからといって手を抜いているわけではなく、むしろ随所にこだわりを感じさせるお店だったのは儲けに走る必要もないということなのでしょうか。まあ当人から聞いたわけでもなく、私の憶測に過ぎないのですが。