Archives

超リアル 食品サンプル展2018 〜世界各地の料理〜

また来年以降も見てみたい。

今年のゴールデンウィークは妻のアルバイトの都合などもあって帰省も旅行もせずに自宅にいて、せっかくの9連休だったのに日帰りでちょこっと出かけただけになってしまったのですが、最終日の5月6日には大阪に行ってみることにしました。私の住む姫路から大阪までは車で行くと時間がかかりますが、JR神戸線新快速という、営業キロ87.9kmを61分で走るかつて日本一の表定速度を誇った快速列車に乗って行けるので、時間的には首都圏の感覚で言えば藤沢、千葉、川越あたりから都内に出るような感じでしょうか。とはいえ、乗車券は1490円とそこそこかかってしまいますし、大抵のことは姫路で済んでしまい、また間に神戸もあるので、私が大阪まで行くことはあまりありません。

ではなぜ今回大阪に行くことにしたのかというと、超リアル 食品サンプル展2018 〜世界各地の料理〜という食品サンプルの展示会が大阪南港のATCにあるエイジレスセンターというところで行われるということを知ったためです。南港に行くのもいったい何年ぶりか、ATCなんてそれこそ20年ほど行っていないのではないかという感じで、こういうことでもなければ行くこともないので良い機会ということで足を運んでみました。

このイベントは食品サンプル製作を主な業務とする株式会社いわさきが、社内の技術向上を目的として毎年行っている「製作スキルコンペ」の作品を展示するというものです。毎年テーマを決めて行われているこのコンペの今回のテーマは「世界各地の料理」ということで、様々な個性的な料理のサンプルが出展されていましたが、やはり普段見慣れていたり作り慣れているものでないと難しいためか、あまり知られていないような珍しい料理というのは僅かだったように思います。しかしそのどれもが非常に精巧で、リアルな質感を持っていて、とても美味しそうに見えました。会場がイベントスペースに会議用のテーブルを並べただけで、照明も蛍光灯だったのですが、これをもっと工夫してレストラン風の雰囲気にされていたとしたらさらに美味しそうに見えたことでしょう。

食品サンプルといえば私が子供の頃などは食堂の前に必ずと言っていいほど展示されていたものですが、最近はだいぶ減っているのではないでしょうか。しかし一定の需要はあるようですし、日本独特のものでもあるので、こうした技術を維持向上するために努力が行われているというのは素晴らしいことだと思います。違うテーマであればまた様々な料理のサンプルが見られると思うので、ぜひまた見に行きたいと思います。

なお、株式会社いわさきは1960年に分社して東西で棲み分けているイワサキ・ビーアイとともに全国シェアの7割ほどを握っているとのことですが、その他の食品サンプル会社も関西圏にいくつかあり、そのうちの一つは私の自宅近く、毎日の通勤路のすぐそばにあるということがわかりちょっと驚きました。普段関わることのない業界なので知りませんでしたが、思わぬ企業も身近にあるものですね。

「ウナギは食べていいのか」って?

だいたいワシントン条約で規制されているものを食べるなんてどうかしていませんか。

アレルギーで食べられないという方は除くとして、日本人でうなぎの蒲焼が嫌いだという人はそうそういないのではないでしょうか。実は私は海外で冷凍だか真空パックだかの美味しくないものを食べていたせいで子供の頃は嫌いだったのですが、帰国後に美味しいものを食べてからは「これが本当のうなぎか」と好物の一つになりました。現在では別に土用の丑の日でなくとも食べたいと思いますが、今は食べるべき時ではないでしょう。

それはもちろん言うまでもなく、ニホンウナギが国際自然保護連合の絶滅危惧種に指定され、まさに種の存続の危機に瀕しているからです。環境省のレッドリスト2017でも同じく絶滅危惧IB類(EN)に指定されており、「IA類ほどではないが、近い将来における野生での絶滅の危険性が高いもの」とされています。IA類(CR)とは「ごく近い将来における野生での絶滅の危険性が極めて高いもの」というものなので、IB類はまだ多少の猶予はあるけれども積極的な保護が必要とされていることは間違いないでしょう。

今年はじめには「ウナギ稚魚、極度の不漁=過去最低更新の恐れ」と報道されました。鹿児島では漁獲高が前年同期の1%程度、などとされていますが、私にしてみれば「まだ獲っていたのか」というような驚きです。「養殖業者らは危機感を強めている。」なんて言っている場合ではないでしょう。いえ、このまま進めばシラスウナギの絶滅は間近ですから、産業としてのウナギ漁と養殖も成り立たなくなることは間違いなく、その点に関して危機感を強めていただいて、どうすればこれまで通りウナギが穫れる状態に戻せるのか真剣に考えてもらわなければなりません。

私がどうしてこんな記事を急に書くのかといえば、ITmediaのねとらぼに「結局“絶滅危惧種”ウナギは食べていいのか 水産庁と日本自然保護協会に聞いてみた」という記事が掲載され話題となっているためです。記事のタイトル通り、素直に水産庁と日本自然保護協会に質問してみたところ、全く正反対の回答が得られたということです。「消費者が購入を控えることに意味はありますか」という質問に対して「あまり意味はないと思います。」と回答してしまっていますが、「水産物は持続的に利用してくことが重要」という文言からも分かる通り、ウナギをあくまで水産物としてしか考えていないのです。結局のところ、水産庁というのは漁業関係者の利益を代表している役所なので、これはこの役所の立場としては正しい回答なのかもしれませんが、これを一般市民が聞けば単純に「ああ、食べてよかったのか」となってしまうでしょう。

まあ単に聞く相手が違えば答えも違うというだけの話で、「ウナギを絶滅させてはならない」という前提であれば環境省に聞くべき質問であり、水産庁に聞けばこういう回答になるのは仕方のないことです。質問を変えれば「ウナギを絶滅させるべきか、それともウナギ漁とうなぎ料理を絶やすべきか」ということになり、いずれにしても滅びるしかない食文化なのであればニホンウナギという種を犠牲にして守ったところで意味は無いわけで、他の魚などで代用するか、そうでなければ廃業・業種転換でもするしかないのではないでしょうか。いま水産庁としてすべきことは、そのサポートなのではないかと思います。

そして我々がすべきことは、天然/養殖、国産/中国産などにかかわらず、うなぎを食べることを諦めることです。

アートの島・犬島と日生のカキオコ

程よく充実。

先日、デイリーポータルZのデジタルリマスター版(2007年の記事を写真画像を大きくして再掲載)として公開された「日生のカキお好み焼きを食べてきた」という記事を見つけ、以前食べに行ってとても美味しかったので「年明けにでも食べに行こう」とFacebookでシェアしたのですが、この時会社のZさんから食いつきがあり、この正月休みの間に一緒に食べに行こうということになりました。自宅から日生までは一般道でも1時間強で着いてしまう距離なのですが、せっかくなのでどこか寄るところはないだろうかと考えたところ、前からちょっと気になっていた犬島がいいのではと思いつき、行ってみようということになりました。

犬島へは宝伝港から高速船に乗って渡ることになりますが、10分足らずで着いてしまいます。また車で渡ることはできませんが、とても小さな島なので歩いて回っても十分なので、宝伝港周辺にある有料駐車場に停めていくことになります。フェリーの代金は300円、往復とも宝伝港で係の方に現金で支払うことになりますので、小銭を用意しておいた方が良いようです。

犬島には何があるのかというと、有名な直島とあわせてベネッセが運営するアートの島となっており、島内に現代美術作品が点在しています。作品は瀬戸内国際芸術祭の一環で製作・展示されているものですが、トリエンナーレ形式で3年に一度開催されるもので前回は2016年、次回は2019年なので今はちょうど端境期であり、また直島ほど有名ではなく規模も大きくないので落ち着いている状況です。

私も特に現代美術に造詣が深いわけではありませんが、芸術などというものは個人個人が思いのままに楽しめば良いものだと思っているので、難しいことは考えず直感で捉えるようにしており、「これはなんかいいな」くらいで楽しんでいます。当日は天気も良かったのでブラブラと散歩がてらアートを鑑賞するという感じで島内を回りましたが、私が特に気に入ったのはF邸「Biota (Fauna/Flora)」です。館内では撮影禁止とのことなので写真に収めることはできませんでしたが、「Fauna」の部分がなんとも言えない優しい雰囲気を持っていて好きです。

また、最も大規模なのが犬島精錬所美術館という、20世紀の初め頃に稼働していた銅の製錬所の遺構を利用したもので、美術館全体が「ヒーロー乾電池」という一つの作品になっています。三島由紀夫をモチーフにした作品で、三島作品をちゃんと知っていればもっと楽しめたのだろうと悔やまれますが、そうでなくともなかなかグッと来るものがあり、見に行った甲斐があったと思います。なお、作品のタイトルである「ヒーロー乾電池」の箱が書棚の上にひっそりと置かれているのを発見しました。

週末に限り、美術館では犬島で生まれ育ったおばあちゃんが島の歴史などについて解説してくれるということだったのですが、本土に戻る船の便数が少なくタイミングを逃すと1時間以上待たなければならず、作品を見終わったところでちょうど船の出発10分前だったので急いで港に戻って本土に渡りました。このため夕食までにちょっと時間ができたので近くの西大寺観音院を軽く見学し、その後満を持して日生のカキオコに挑むことにしました。

私は2年ほど前にも一度、カキオコを食べに行ったことがあり、その時に入った「タマちゃん」でもとても美味しくて満足したのですが、今回はまた別の店に行ってみようということで、「カキオコ発祥の店」を謳うほりに行ってみることにしました。ここも有名店の一つなので週末の昼時には長い列ができるようですが、午後4時頃という中途半端な時間に入ったためすぐに座ることができました。しかし、地元の方々に親しまれているらしく、そんな時間でも満席に近い状態でした。

私たちはカキオコのカキ増量玉とカキモダン焼を注文してシェアすることにしたのですが、最初に私があえてカキオコと違うものにしようとしてカキちゃんぽん焼をお願いすると「お好み焼きじゃなくていいのか」と言われてしまい、お勧めなのであればということでモダン焼きに変更したのでした。地元民ではないのでよくわかっていないと思われたのでしょうが、親切心で教えてくれたことはわかったので悪い印象はありません。

焼いているところを目の前で見ながらしばらく待っていると、私たちの前にカキオコとモダン焼がやってきました。お好み焼きの上にたっぷり10粒の牡蠣が載り、その上に塗られたソースの照りがさらに食欲をそそる美しさです。何枚でも写真を撮っていたくなりますが、そうも言っていられないのでできたての美味しいうちにさっさといただくことにします。カキオコの素晴らしいのは、牡蠣を焼く時にお好み焼きの生地で蒸し焼き状態になるため、牡蠣が縮まずぷりぷりした状態で焼き上がっているということです。今回は増量したことで1人10粒もの牡蠣をいただくことができて、腹持ちのいい粉物でもあり、質量ともに大満足で帰路に就くことができました。

ということで、播磨地方からの日帰り旅行の理想的なプランとなったわけですが、カキオコだけであれば会社帰りにも行けないことはない距離なので、この冬の間にでももう一度、また別の店を試してみたいと思います。また、犬島の方は今回の旅でほぼ網羅できたので、今度は直島の方へ足を伸ばしてみたいところです。