Archives

うな次郎

やっぱり無理している感じは否めない。

今年の夏も土用の丑の日が近づいてきて、スーパーやコンビニでもウナギの売出しが盛んになってきました。しかし、ちょっと前にも「『ウナギは食べていいのか』って?」という記事を書きましたが、ウナギというのは絶滅危惧種に指定されており、このまま今までどおりに食べ続けていると絶滅してしまい、食べたいと思っても食べられないということになってしまう可能性があります。

最近はTwitterのウナギ絶滅キャンペーンというアカウントがちょっと話題になっています。真に受けて噛み付いている人もいるようですが、これはもちろん皮肉で、プロフィールで「絶滅危惧IB類(絶滅する危険性が高い絶滅危惧種)を食べ尽くそうとする現代日本を見つめる。」と言っているとおり、反語的にウナギを守ろうとしているわけです。このやり方が上手いのは、槍玉に挙げられた企業も「絶滅に向けて応援ありがとうございます」と言われるだけなので文句を言うこともできず、しかし周囲の人には絶滅推進企業であるということがわかってしまうという点です。

なお、ウナギも完全養殖ができるようになったので食べても問題ないと思いこんでいる人もいるようですが、それはあくまで実験レベルの話であって、商業化に向けてはまだ高いハードルがあるはずです。水産庁は2020年頃の商業化を目指しているそうですが、今までどおりに消費し続けていたらそれまでの間に取り返しのつかない状況になってしまう可能性もないとは言えないのではないでしょうか。

それでもうなぎ(のようなもの)を食べたいという人の一つの選択肢として、一正蒲鉾のうな次郎という製品があります。

【6個セット】【ケース】一正蒲鉾 うなる美味しさ うな次郎55g×2枚入(たれ・山椒付)

posted with amazlet at 18.07.16

一正蒲鉾 売り上げランキング: 3,206

Amazon.co.jpで詳細を見る

これは魚のすり身でできたうなぎの蒲焼風の食品なのですが、見た目はウナギの皮の方もうまく再現されています。しかし残念ながらあくまですり身なので、箸でつまんでもポロポロと崩れてしまうというのが難点です。また、実はうなぎエキスも使われているらしく、うなぎの犠牲がゼロでないという点も残念です。

しかしそれよりも、問題なのは食べてみた感じです。缶詰でイワシやサンマの蒲焼きが売られていますが、あちらの方が美味しいのではないでしょうか。というより私はあれが割と好物で、ウナギよりも好きとまでは言いませんが、十分美味しいと思います。どうも我慢して鰻風のものを食べているという感じになってしまい、無理している感じがよくありません。そこまでして鰻風のものを食べたいか、というとそうではないでしょう。

ということで、今のままではおそらく私が買うことはもうないでしょうが、さらに技術が進歩して食感までもっと近づけることができればまだわかりません。完全養殖の商業化に成功するのが早いか、うな次郎の進化が早いか、果たしてどうなるでしょうか…

超リアル 食品サンプル展2018 〜世界各地の料理〜

また来年以降も見てみたい。

今年のゴールデンウィークは妻のアルバイトの都合などもあって帰省も旅行もせずに自宅にいて、せっかくの9連休だったのに日帰りでちょこっと出かけただけになってしまったのですが、最終日の5月6日には大阪に行ってみることにしました。私の住む姫路から大阪までは車で行くと時間がかかりますが、JR神戸線新快速という、営業キロ87.9kmを61分で走るかつて日本一の表定速度を誇った快速列車に乗って行けるので、時間的には首都圏の感覚で言えば藤沢、千葉、川越あたりから都内に出るような感じでしょうか。とはいえ、乗車券は1490円とそこそこかかってしまいますし、大抵のことは姫路で済んでしまい、また間に神戸もあるので、私が大阪まで行くことはあまりありません。

ではなぜ今回大阪に行くことにしたのかというと、超リアル 食品サンプル展2018 〜世界各地の料理〜という食品サンプルの展示会が大阪南港のATCにあるエイジレスセンターというところで行われるということを知ったためです。南港に行くのもいったい何年ぶりか、ATCなんてそれこそ20年ほど行っていないのではないかという感じで、こういうことでもなければ行くこともないので良い機会ということで足を運んでみました。

このイベントは食品サンプル製作を主な業務とする株式会社いわさきが、社内の技術向上を目的として毎年行っている「製作スキルコンペ」の作品を展示するというものです。毎年テーマを決めて行われているこのコンペの今回のテーマは「世界各地の料理」ということで、様々な個性的な料理のサンプルが出展されていましたが、やはり普段見慣れていたり作り慣れているものでないと難しいためか、あまり知られていないような珍しい料理というのは僅かだったように思います。しかしそのどれもが非常に精巧で、リアルな質感を持っていて、とても美味しそうに見えました。会場がイベントスペースに会議用のテーブルを並べただけで、照明も蛍光灯だったのですが、これをもっと工夫してレストラン風の雰囲気にされていたとしたらさらに美味しそうに見えたことでしょう。

食品サンプルといえば私が子供の頃などは食堂の前に必ずと言っていいほど展示されていたものですが、最近はだいぶ減っているのではないでしょうか。しかし一定の需要はあるようですし、日本独特のものでもあるので、こうした技術を維持向上するために努力が行われているというのは素晴らしいことだと思います。違うテーマであればまた様々な料理のサンプルが見られると思うので、ぜひまた見に行きたいと思います。

なお、株式会社いわさきは1960年に分社して東西で棲み分けているイワサキ・ビーアイとともに全国シェアの7割ほどを握っているとのことですが、その他の食品サンプル会社も関西圏にいくつかあり、そのうちの一つは私の自宅近く、毎日の通勤路のすぐそばにあるということがわかりちょっと驚きました。普段関わることのない業界なので知りませんでしたが、思わぬ企業も身近にあるものですね。

「ウナギは食べていいのか」って?

だいたいワシントン条約で規制されているものを食べるなんてどうかしていませんか。

アレルギーで食べられないという方は除くとして、日本人でうなぎの蒲焼が嫌いだという人はそうそういないのではないでしょうか。実は私は海外で冷凍だか真空パックだかの美味しくないものを食べていたせいで子供の頃は嫌いだったのですが、帰国後に美味しいものを食べてからは「これが本当のうなぎか」と好物の一つになりました。現在では別に土用の丑の日でなくとも食べたいと思いますが、今は食べるべき時ではないでしょう。

それはもちろん言うまでもなく、ニホンウナギが国際自然保護連合の絶滅危惧種に指定され、まさに種の存続の危機に瀕しているからです。環境省のレッドリスト2017でも同じく絶滅危惧IB類(EN)に指定されており、「IA類ほどではないが、近い将来における野生での絶滅の危険性が高いもの」とされています。IA類(CR)とは「ごく近い将来における野生での絶滅の危険性が極めて高いもの」というものなので、IB類はまだ多少の猶予はあるけれども積極的な保護が必要とされていることは間違いないでしょう。

今年はじめには「ウナギ稚魚、極度の不漁=過去最低更新の恐れ」と報道されました。鹿児島では漁獲高が前年同期の1%程度、などとされていますが、私にしてみれば「まだ獲っていたのか」というような驚きです。「養殖業者らは危機感を強めている。」なんて言っている場合ではないでしょう。いえ、このまま進めばシラスウナギの絶滅は間近ですから、産業としてのウナギ漁と養殖も成り立たなくなることは間違いなく、その点に関して危機感を強めていただいて、どうすればこれまで通りウナギが穫れる状態に戻せるのか真剣に考えてもらわなければなりません。

私がどうしてこんな記事を急に書くのかといえば、ITmediaのねとらぼに「結局“絶滅危惧種”ウナギは食べていいのか 水産庁と日本自然保護協会に聞いてみた」という記事が掲載され話題となっているためです。記事のタイトル通り、素直に水産庁と日本自然保護協会に質問してみたところ、全く正反対の回答が得られたということです。「消費者が購入を控えることに意味はありますか」という質問に対して「あまり意味はないと思います。」と回答してしまっていますが、「水産物は持続的に利用してくことが重要」という文言からも分かる通り、ウナギをあくまで水産物としてしか考えていないのです。結局のところ、水産庁というのは漁業関係者の利益を代表している役所なので、これはこの役所の立場としては正しい回答なのかもしれませんが、これを一般市民が聞けば単純に「ああ、食べてよかったのか」となってしまうでしょう。

まあ単に聞く相手が違えば答えも違うというだけの話で、「ウナギを絶滅させてはならない」という前提であれば環境省に聞くべき質問であり、水産庁に聞けばこういう回答になるのは仕方のないことです。質問を変えれば「ウナギを絶滅させるべきか、それともウナギ漁とうなぎ料理を絶やすべきか」ということになり、いずれにしても滅びるしかない食文化なのであればニホンウナギという種を犠牲にして守ったところで意味は無いわけで、他の魚などで代用するか、そうでなければ廃業・業種転換でもするしかないのではないでしょうか。いま水産庁としてすべきことは、そのサポートなのではないかと思います。

そして我々がすべきことは、天然/養殖、国産/中国産などにかかわらず、うなぎを食べることを諦めることです。