「society」カテゴリーアーカイブ

ネットミーティングのマナー

ちょっと考えればわかることも。
🕴🏼

昨年施行された「働き方改革関連法」に従ってトップダウン的に言われてきた「働き方改革」によって、私の勤務先でも制度として在宅勤務が可能なようにはなっていましたが、いろいろな制限があってなかなか積極的に利用できるようなものではありませんでした。しかし、COVID-19のパンデミックとそれによる緊急事態宣言とによってそうも言っていられないような事態となり、在宅でも業務遂行可能な人は基本的に在宅勤務ということになりました。

その後一時的に事態が和らいだために徐々に出社比率が高くなっていますが、私は基本的に週1日だけ出社するほかは自宅で業務を行っています。職種によってその効率などは異なることでしょうが、私の場合は実際それで困ることはほとんど何もありませんし、出社しても一日中PCの前に座っているだけなので、何のために出社しているのかもわからないような感じです。

そこで最近急速に普及しているのがネットミーティングで、私の会社ではSkype for BusinessTeams、以前はWebExなどを使用していましたが、セキュリティ上の懸念からZoomの業務での使用は禁止されています。日によっては一日中様々なミーティングで埋まってしまっていることもあるので、このために購入したRazer Krakenも大活躍です。

しかしこういうものが普及してくるとそこで金儲けしたくなる人が出てくるのは避けられません。昨日Twitterで知ったのは「超基本 テレワークマナーの教科書」というような本で新手の「マナー」を広めようとしている人がいるということでした。9月発売の本なので本当にこの本に書かれていることなのかわからないのですが、以下のようなことが伝えられています。

  • 会議の開始の5分前にはルームに入りましょう。
  • 終わるときは深々と頭を下げながら会議終了ボタンを押す。
  • お客様より先に退出してはいけません。
  • テレワークには上座がある。
  • 普段着や気軽な服装と言われても平服で参加。
  • ヘッドセットは(見た目が)NG。

私はこの本自体が実在しないもので冗談なのかと疑ってしまいますし、良くて都市伝説という感じで、常識のある人の目にはバカバカしいとしか思えないような内容ばかりですが、いわゆる「情弱」だと信じてしまうものなのでしょうか。なぜかネット上の情報ではビデオ会議前提のものが多いのですが、そもそも私はビデオをネットミーティングで使用したことがありません。そのため頭を下げるとか服装とかは関係ないのですが、ミーティングは時間通りに始めるものなので5分前に入っても無意味ですし、終わったらさっさと退出すればいいですし、上座も下座もありません。

[2020-08-13 追記]
実際にはこのような内容は掲載されていないようで、別の記事「超基本 テレワークマナーの教科書」に記載しました。
[追記ここまで]

ただ、こんなエセマナーよりも守って欲しいマナーというものはあります。あちこちで言われているものばかりでしょうが、それは次のようなものです。

  • 自分が発言しない時にはミュートする。
  • 息がかからない位置にマイクを調整する。
  • 画面を共有して発表している時に不必要に画面を切り替えない。
  • 画面を切り替えながら喋らない。

本来のマナーというのはこういうスムーズに効率よくミーティングをすすめるための実用的なものであるべきで、わけのわからない「こうしないと失礼」というようなものは誰かが勝手に作り出しているだけのものではないでしょうか。なお、上記のうちはじめの2つは不要なノイズによって必要な会話の邪魔をしないためのもので、あとの2つは画面を切り替えると大量のデータが送られ、通信帯域に限りがある場合に音声が途切れることがあるため、その対策としてのものです。

ということで、私はネットミーティングの普及によって会議の時間は確実に短くなり、効率的に業務が進められるようになってきたと実感しています。一方、要らない人がわかるようになったとも言われていますので、そう言われないように積極的に発言していくことも必要ですね。

レジ袋有料化

誰の得にもなっていない。
🛍️

今月はじめにプラスチック製買物袋、いわゆるレジ袋が有料化されてからもうすぐ1ヶ月が経過しようとしていますが、いろいろな問題も出てきているようです。

環境省よりも経済産業省が主導していることもあって趣旨がやや曖昧なのですが、ウェブサイトには

普段何気なくもらっているレジ袋を有料化することで、それが本当に必要かを考えていただき、私たちのライフスタイルを見直すきっかけとすることを目的としています。

と記載されています。しかし、ライフスタイルをどう見直すことを期待しているのかが明確になっておらず、説明になっていません。この前段には

プラスチックは、非常に便利な素材です。成形しやすく、軽くて丈夫で密閉性も高いため、製品の軽量化や食品ロスの削減など、あらゆる分野で私たちの生活に貢献しています。一方で、廃棄物・資源制約、海洋プラスチックごみ問題、地球温暖化などの課題もあります。私たちは、プラスチックの過剰な使用を抑制し、賢く利用していく必要があります。

と書かれているので、省資源化が目的と考えるのが妥当なように思えます。

しかしなぜ今「省資源」なのでしょうか。以前から決まっていたことなので翻すことができなかったということなのは想像できますが、よりによってパンデミックによって世界的に景気が沈んでいる時に始める必要があるのでしょうか。アメリカのいくつかの州では客が持参したエコバッグにウイルスが付着している可能性があるという衛生面の懸念から、逆にエコバッグの使用が禁止されているということなのに、こういう融通の利かないところは日本の悪いところです。アメリカで生活していた時には融通が利くことに逆に驚いたものです。

そもそも、商店が顧客サービスとして提供していたレジ袋が、数円という値段であるといってもいきなり有料と言われたら、1円でも安く買いたい客としては絶対的な金額の大小とは無関係に使わずに済ませたくなるものです。逆にこれがもし、レジ袋不要なら割引、という形であったとしたら、顧客の心情を損ねず売上は維持したまま、目的を同じように果たすことができたのではないでしょうか。要は必要もないのにレジ袋をもらってポイと捨ててしまうようなケースを減らしたいわけです。数円でも節約したい、得したいと思う人はレジ袋を持参するようになったり、手で持てるような場合には袋は要らないと言うようになるでしょう。これは楽観的すぎるでしょうか。

また、本来この法制度はプラスチック製買物袋が対象で、紙袋は対象外とされているのですが、私もよく買い物に行くカルディコーヒーファームでは4月からプラスチック製レジ袋を廃止した上に紙袋まで有料化し、その紙袋も15円というかなり高めの価格になってしまいました。もともとカルディの紙袋は結構しっかりしたものだったうえ、さらにちょっと重いものを買うと袋を二重にしてくれて、他店に比べてもふんだんに使う方だったので、余計に落差が激しく感じられます。これも「マイバッグ」持参を促進するためということなのですが、もともと買い物の予定はなかったけれどたまたま店頭で見つけて買おうと思った、ということもあるはずなので、これが機会損失につながっているのではないでしょうか。経営上の判断なので素人が口出しすることではありませんが、私も利用していて不便に感じることがあるので触れさせていただきました。

日本国政府配布の布マスク

もっと敬意があってもいいのでは。
😷

防御の役には立たないという意味で「マスクでウイルスは防げない」という記事を書いたのが2月のことですが、COVID-19の感染拡大は当時思っていた以上の事態となってしまい、一時期マスクは極度の品薄状態となり、価格も暴騰して50枚入りの使い捨てマスクが8000円もするようになり、必要な人が入手できないような状況になっていました。今ではそれも落ち着いてきて、平時よりはまだ高いとはいえ、1000円台で購入できるようになっているかと思います。

そんな中、「アベノマスク」などとバカにした呼び方をされているのが私は気に入らないのですが、日本国政府により国内全世帯に配布(PDF)された布マスク2枚が私のところにも届きました。このマスクについてもいろいろな批判があるようですが、少なくとも使えないようなものではないと思いますし、一定の意味はあるのではないかと私は考えています。

お世辞にもかっこいいとは言えないマスクですが、使い捨てマスクの供給に影響を与えないようにするため、布マスクにすることは必然だったわけで、迅速に生産して配布するためには凝ったデザインのものにするわけにも行きませんから、給食用マスクのようになってしまうのは仕方のないことでしょう。小さすぎるとも言われていますが、大きかったら大きすぎると言われるだけではないでしょうか。

なぜ全世帯2枚なのかというのも、細かく世帯ごとの人数に合わせて配布していたら余計な時間と経費が必要になりますし、人の集中を避けるためには郵送にするべきだったので、なるべく簡素な方法にする必要があったのではないでしょうか。

汚れや虫の混入しているものがあったというのは残念なことでしたが、海外で急遽生産したものだったので品質管理が行き届かなかったのでしょう。これは完全に受託企業の落ち度と言えますが、これについて安倍首相個人を攻撃するというのはまったく理解できません。そんな細かいところまで首相がチェックすることなどできるわけがないのですから、回収して検品すると言っているのですし、適切に対処できればそれでいいのではないでしょうか。

当初予算が466億円というのが高すぎる、もっと有効な使いみちがあるはずなどとも言われていますが、仮に1人1枚配ったとすれば1枚あたり400円程度ということになり、若干高いような気はしますが、緊急処置であり、送料などを考慮すればそれほど高すぎるということはないのではないでしょうか。全国民に10万円が給付されるための12兆円と、それに必要な経費1458億円を考えれば誤差範囲のようにも思えます。また随意契約であることを問題にしているフシもありますが、こんなときに競争入札などしていたら時間を浪費するだけです。

実際に届いたものを見て私が感じたのはかなり丁寧に作られているということで、これなら400円はかかるかもしれないと思えました。このマスク配布のために身を削った人もいるはずですし、それを無駄にするようなことだけはすべきでないでしょう。私は家にあった使い捨てマスクを洗いながら何度も再使用しており、おそらくこの布マスクを使うことはないので、必要な人がいれば譲ってもいいと思っています。マスクの寄付を募っている福祉団体もあるようなので、そちらへ送ることを考えてみます。