「book」タグアーカイブ

ネットミーティングのマナー

ちょっと考えればわかることも。
🕴🏼

昨年施行された「働き方改革関連法」に従ってトップダウン的に言われてきた「働き方改革」によって、私の勤務先でも制度として在宅勤務が可能なようにはなっていましたが、いろいろな制限があってなかなか積極的に利用できるようなものではありませんでした。しかし、COVID-19のパンデミックとそれによる緊急事態宣言とによってそうも言っていられないような事態となり、在宅でも業務遂行可能な人は基本的に在宅勤務ということになりました。

その後一時的に事態が和らいだために徐々に出社比率が高くなっていますが、私は基本的に週1日だけ出社するほかは自宅で業務を行っています。職種によってその効率などは異なることでしょうが、私の場合は実際それで困ることはほとんど何もありませんし、出社しても一日中PCの前に座っているだけなので、何のために出社しているのかもわからないような感じです。

そこで最近急速に普及しているのがネットミーティングで、私の会社ではSkype for BusinessTeams、以前はWebExなどを使用していましたが、セキュリティ上の懸念からZoomの業務での使用は禁止されています。日によっては一日中様々なミーティングで埋まってしまっていることもあるので、このために購入したRazer Krakenも大活躍です。

しかしこういうものが普及してくるとそこで金儲けしたくなる人が出てくるのは避けられません。昨日Twitterで知ったのは「超基本 テレワークマナーの教科書」というような本で新手の「マナー」を広めようとしている人がいるということでした。9月発売の本なので本当にこの本に書かれていることなのかわからないのですが、以下のようなことが伝えられています。

  • 会議の開始の5分前にはルームに入りましょう。
  • 終わるときは深々と頭を下げながら会議終了ボタンを押す。
  • お客様より先に退出してはいけません。
  • テレワークには上座がある。
  • 普段着や気軽な服装と言われても平服で参加。
  • ヘッドセットは(見た目が)NG。

私はこの本自体が実在しないもので冗談なのかと疑ってしまいますし、良くて都市伝説という感じで、常識のある人の目にはバカバカしいとしか思えないような内容ばかりですが、いわゆる「情弱」だと信じてしまうものなのでしょうか。なぜかネット上の情報ではビデオ会議前提のものが多いのですが、そもそも私はビデオをネットミーティングで使用したことがありません。そのため頭を下げるとか服装とかは関係ないのですが、ミーティングは時間通りに始めるものなので5分前に入っても無意味ですし、終わったらさっさと退出すればいいですし、上座も下座もありません。

ただ、こんなエセマナーよりも守って欲しいマナーというものはあります。あちこちで言われているものばかりでしょうが、それは次のようなものです。

  • 自分が発言しない時にはミュートする。
  • 息がかからない位置にマイクを調整する。
  • 画面を共有して発表している時に不必要に画面を切り替えない。
  • 画面を切り替えながら喋らない。

本来のマナーというのはこういうスムーズに効率よくミーティングをすすめるための実用的なものであるべきで、わけのわからない「こうしないと失礼」というようなものは誰かが勝手に作り出しているだけのものではないでしょうか。なお、上記のうちはじめの2つは不要なノイズによって必要な会話の邪魔をしないためのもので、あとの2つは画面を切り替えると大量のデータが送られ、通信帯域に限りがある場合に音声が途切れることがあるため、その対策としてのものです。

ということで、私はネットミーティングの普及によって会議の時間は確実に短くなり、効率的に業務が進められるようになってきたと実感しています。一方、要らない人がわかるようになったとも言われていますので、そう言われないように積極的に発言していくことも必要ですね。

ストップ!! ひばりくん!

一気読み。
📚

COVID-19対応の自粛モードでは各方面で大変なことになっているかと思いますが、書店が閉まっていたり通勤するサラリーマンも激減していたりで、雑誌の売上も壊滅的ではないでしょうか。今はまだあまり注目されていませんが、そうなると日本が誇るマンガ文化にとっても厳しい状況ということになります。

そんな折に某所からの情報で、今Amazonで「ストップ!! ひばりくん!」のKindle版が0円になっているということを今朝知りました。「ストップ!! ひばりくん!」といえば「すすめ!!パイレーツ」と並ぶ江口寿史先生の代表作であるマンガ作品ですが、1981年から週刊少年ジャンプに連載されていたということで、ちょうど私が小学校高学年で周囲の友人らが少年誌を買って読み始めていた頃の作品ということになります。私自身はマンガ雑誌を今に至るまでほとんど買ったことがないので、この頃も友人から借りて読んでいたのだと思いますが、好きな作品だったのはよく覚えています。ちなみに私もマンガは昔から好きなのですが、一度読んだら捨ててしまうというのがもったいなくて、かといって置いておくのも非常にかさばるということで買わないだけです。

実際に無料になっていたのは全3巻のうち第1巻と第3巻のみで、なぜか第2巻は540円となっていましたが、ここで迷う必要はないでしょう。ということでポチッとしましたが、その直後から読み始めることができるというのは電子書籍の素晴らしいところです。

この作品は唯一の親族だった母親を病気でなくした主人公が遺言で託された先がなぜかヤクザの親分の家で、その家には3人の美人姉妹に加え、声も姿も美少女にしか見えない長男「ひばりくん」がいてややこしい生活が始まる、というものです。今であればLGBTに対する認知と理解も進んでいますし、つい先日記事にした漠ちゃんのようなケースもありますが、当時は女装や同性愛はそれ自体が笑いの対象になってしまうような社会背景だったので、もしもこの作品がいま出てきたとして同じように受けるのかどうか疑問ですし、批判の対象になってしまうのではないかとも思えます。ただ、この作品ではひばりくんはあくまで可愛く、文武両道の完全無敵な女の子として描かれており、ちゃんと読んだ人であれば悪い印象を持つことはないのではないでしょうか。

なお、この作品は連載中に週刊のペースを守ることができず何度も落稿や休載を繰り返した挙げ句、1983年に打ち切りということになってしまったようです。今回購入した「コンプリート・エディション」では2010年にラスト5ページを加筆してようやく完結したということですが、それでもかなり無理矢理な感じはしますし、それ以上にもっと続けてほしかったという名残惜しさが強い終わり方になっています。

江口先生の作品の一番の魅力は、描かれる女の子キャラクターの透明感ではないでしょうか。現在はイラストレーターとしての仕事を中心に活躍されているようで、Instagramでも先生の作品を見ることができますが、この非常に素敵な女の子たちは先生ならではのものです。書き込みはそんなに多くないのにパーツの配置が絶妙なのでしょうか。もちろん女の子ばかりではないのですが、ポージングも動きがあって、またパッと見て江口作品だとすぐにわかる世界観があって本当に素晴らしいと思います。

ということで今はなかなか難しい状況ですが、事態が収束したところで先生の個展がまた開かれるようであればぜひ行って堪能したいと思います。ただ実はちょうど1年前にすぐ近くの明石で「江口寿史イラストレーション展『彼女』」というのが行われていたというのを知って、今さらながらとても悔しい思いです。

オリジン

“Where did we come from?” and “Where are we going?”
⛪

2006年に映画でも大ヒットして一斉を風靡した「ダ・ヴィンチ・コード」の、ハーバード大学教授Robert Langdonを主人公とするシリーズは「天使と悪魔」に始まり「ダ・ヴィンチ・コード」、「ロスト・シンボル」、「インフェルノ」とヒットを続けているようですが、その最新作として2017年に発売されたのが今回読んだ「オリジン」という作品です。私はまだ「ロスト・シンボル」は読んでいないので順番が前後してしまいましたが、基本的に一話完結となっているので逆順になってしまっても何ら支障はないだろうと思っており、この次に読むつもりでいます。

オリジン 上
オリジン 上

posted with amazlet at 19.08.10
ダン・ブラウン
KADOKAWA (2018-02-28)
売り上げランキング: 20,059
オリジン 下
オリジン 下

posted with amazlet at 19.08.10
ダン・ブラウン
KADOKAWA (2018-02-28)
売り上げランキング: 14,896

Robert Langdonの教え子であり友人としての交流もあるEdmond Kirschという天才的なコンピューター科学者が、世界を変える大発見をしたということでこれを大々的に発表するためのイベントを開催します。これは世界中にリアルタイム配信されて多くの視聴者もその発表を見守るのですが…と、ネタバレを避けようとするとほとんど何も書けませんが、この作品ではUberTesla、そしてElon Muskまでもが実名で登場し、現代のテクノロジーをストーリーに取り込んだものになっています。

しかし、そのテクノロジー絡みのところが少々空滑りしてしまっているようにも思えて、これまでのシリーズのような重厚感はあまり感じられなくなってしまったのですが、しかし最後の最後の種明かしはなかなかあっと思わされるようなものになっているのではないかと思います。途中で気づく人もいるような気はしますが、私は最後まで判らず、種を明かされて空恐ろしく感じてしまいました。またそれこそが本作のテーマでもあったのになぜ気づかなかったのかということです。

なお、発表会が開催されるのはスペインのBilbaoにあるビルバオ・グッゲンハイム美術館という近現代美術を専門とする美術館ですが、その建物も非常に魅力的なもののようです。私はスペイン自体まだ足を踏み入れたことがありませんが、いつか行きたいと思っているところなので、その際はぜひ訪問先の一つにしたいと思います。グッゲンハイム美術館といえばニューヨークでも慌ただしく建物外観を眺めてきただけで帰ってきてしまいました。

映画の方は2016年に「インフェルノ」が公開されましたが、本作もいずれ映画化されるでしょうか。Dan Brownの作品は映像化されることを意識しているかのような、各地の名所を舞台にしたり、情景がリアルに目に浮かぶようなところがあって本作も例外ではないので、きっと映像美も楽しめるようなものになるのではないかと思います。しかし、UberやTeslaなどの旬が過ぎてしまわないうちに映画化しなければなりませんし、10年後には古臭くなってしまいそうで難しいかもしれませんね。そのあたりは映画化の際にアレンジされるでしょうか。

ちなみにRobert Langdonの役は映画ではTom Hanksが演じていることもあり、結構年配のイメージがありましたが、実は小説の設定では「天使と悪魔」の時点で45歳と、今の私よりも若かったのでした。本作の設定で何歳かははっきり書かれていなかったと思いますが、39歳のヒロインと惹かれ合ってもおかしくないような年齢だったのでしょうね。私は勝手に親子のような年齢を思い浮かべていましたが…