Archives

オリジン

“Where did we come from?” and “Where are we going?”

2006年に映画でも大ヒットして一斉を風靡した「ダ・ヴィンチ・コード」の、ハーバード大学教授Robert Langdonを主人公とするシリーズは「天使と悪魔」に始まり「ダ・ヴィンチ・コード」、「ロスト・シンボル」、「インフェルノ」とヒットを続けているようですが、その最新作として2017年に発売されたのが今回読んだ「オリジン」という作品です。私はまだ「ロスト・シンボル」は読んでいないので順番が前後してしまいましたが、基本的に一話完結となっているので逆順になってしまっても何ら支障はないだろうと思っており、この次に読むつもりでいます。

オリジン 上

posted with amazlet at 19.08.10

ダン・ブラウン KADOKAWA (2018-02-28)売り上げランキング: 20,059

Amazon.co.jpで詳細を見る

オリジン 下

posted with amazlet at 19.08.10

ダン・ブラウン KADOKAWA (2018-02-28)売り上げランキング: 14,896

Amazon.co.jpで詳細を見る

Robert Langdonの教え子であり友人としての交流もあるEdmond Kirschという天才的なコンピューター科学者が、世界を変える大発見をしたということでこれを大々的に発表するためのイベントを開催します。これは世界中にリアルタイム配信されて多くの視聴者もその発表を見守るのですが…と、ネタバレを避けようとするとほとんど何も書けませんが、この作品ではUberやTesla、そしてElon Muskまでもが実名で登場し、現代のテクノロジーをストーリーに取り込んだものになっています。

しかし、そのテクノロジー絡みのところが少々空滑りしてしまっているようにも思えて、これまでのシリーズのような重厚感はあまり感じられなくなってしまったのですが、しかし最後の最後の種明かしはなかなかあっと思わされるようなものになっているのではないかと思います。途中で気づく人もいるような気はしますが、私は最後まで判らず、種を明かされて空恐ろしく感じてしまいました。またそれこそが本作のテーマでもあったのになぜ気づかなかったのかということです。

なお、発表会が開催されるのはスペインのBilbaoにあるビルバオ・グッゲンハイム美術館という近現代美術を専門とする美術館ですが、その建物も非常に魅力的なもののようです。私はスペイン自体まだ足を踏み入れたことがありませんが、いつか行きたいと思っているところなので、その際はぜひ訪問先の一つにしたいと思います。グッゲンハイム美術館といえばニューヨークでも慌ただしく建物外観を眺めてきただけで帰ってきてしまいました。

映画の方は2016年に「インフェルノ」が公開されましたが、本作もいずれ映画化されるでしょうか。Dan Brownの作品は映像化されることを意識しているかのような、各地の名所を舞台にしたり、情景がリアルに目に浮かぶようなところがあって本作も例外ではないので、きっと映像美も楽しめるようなものになるのではないかと思います。しかし、UberやTeslaなどの旬が過ぎてしまわないうちに映画化しなければなりませんし、10年後には古臭くなってしまいそうで難しいかもしれませんね。そのあたりは映画化の際にアレンジされるでしょうか。

ちなみにRobert Langdonの役は映画ではTom Hanksが演じていることもあり、結構年配のイメージがありましたが、実は小説の設定では「天使と悪魔」の時点で45歳と、今の私よりも若かったのでした。本作の設定で何歳かははっきり書かれていなかったと思いますが、39歳のヒロインと惹かれ合ってもおかしくないような年齢だったのでしょうね。私は勝手に親子のような年齢を思い浮かべていましたが…

大統領失踪

さすがのスペクタクル。

第44代アメリカ合衆国大統領であるBarack Obamaが47歳の若さで大統領に就任した当時あれだけ黒々としていた髪が、何年かするとかなり白くなってしまい、すっかり老け込んでしまったように見えたものですが、アメリカ大統領というのはのしかかる責任が重大であるというだけでなく、一般人には想像を絶する激務でもあるのではないでしょうか。まあ、現在48歳の私もだいぶ白髪が増えていますので頭髪については歳相応なのかもしれませんが、なんと言っても世界の大統領、地球上で最も重要な人物に暇というものは無さそうです。


先日読んだ「大統領失踪」(原書: The President Is Missing)という本は、なんとObamaの2代前、第42代大統領であるBill Clintonと人気小説家James Pattersonとの共著による、アメリカ大統領を主人公とした政治スリラー小説となっており、Clintonの大統領としての経験を活かした、というよりその経験がなければ不可能なようなリアルな姿を描いたものになっています。アメリカでも日本でも昨年出版されていますが、その当時そんな話を聞いたような気がするものの、私はそこまで関心がありませんでした。しかし、図書館の「話題の本」のコーナーに置かれているのを見つけ、読んでみることにしたのでした。

大統領失踪 上巻

posted with amazlet at 19.07.27

ビル クリントン ジェイムズ パタースン 早川書房 売り上げランキング: 89,316

Amazon.co.jpで詳細を見る

大統領失踪 下巻

posted with amazlet at 19.07.27

ビル クリントン ジェイムズ パタースン 早川書房 売り上げランキング: 94,436

Amazon.co.jpで詳細を見る

本書はClintonの「共著」ということになってはいるものの、実際のところ彼がどこまで担当したのかはわかりません。実態はPattersonがClintonに相談しながらアイデアをまとめ、ストーリーを書き上げ、Clintonがレビューした、というような形ではないかと想像しますが、これもまったく根拠のない私の推測・憶測でしかありませんので、本当はClintonが草案くらいは書いていたりするのかもしれません。いずれにしても、Pattersonという相当な実力を持つ人が小説としての体裁をまとめ上げているので、ストーリーの破綻や矛盾、あるいはダラダラしているようなところはなく、読みやすい作品となっています。

しかし、冒頭から主人公のDuncan大統領は弾劾の訴追を受けそうになっているのですが、無罪判決とはなったものの実際に訴追を受けたClintonにとっては随分自虐的ではないでしょうか。ただし、その訴追事由はClinton本人とはだいぶ違っているのですが、どのような思いでこのような設定にしたのか、ちょっと興味のあるところです。

なお、Clintonが大統領に就任したのは46歳のときで、Obamaより少しだけ若かったのですね。そして、現在の私の年齢よりも下だったことに気づくと、自分はこんなのでいいのだろうかと思ってしまいますね。まあ世の中のほとんどの人は平凡な暮らしをしていくのでしょうから、必要以上に気にすることはないのだと思いますが。

君の膵臓をたべたい (小説と実写映画)

どちらが良いでしょうか。

先日読んだ「世界の中心で、愛をさけぶ」のレビューの中に、「キミスイが第二のセカチューと形容されがちだがキミスイの方がピュアな恋愛(青春)を描いており個人的には好きだった。」というものがあってちょっと気になっていたのですが、「君の膵臓をたべたい」を読んでみることにしました。この作品は最近実写映画やアニメ映画にもなっていて私も知っていたのですが、例によって天の邪鬼な私は流行りものを避けてしまっていたのでした。

君の膵臓をたべたい

posted with amazlet at 19.06.12

住野 よる 双葉社 売り上げランキング: 41,450

Amazon.co.jpで詳細を見る

病に冒され死に瀕する人気者の女子クラスメイトと平凡な主人公の男子高校生という設定はセカチューと共通するものですが、その雰囲気は大きく異なります。セカチューの方は重苦しい雰囲気が常に漂っていましたが、本作では膵臓の病気で余命一年という桜良(さくら)が明るく振る舞っているだけでなく、主人公の春樹が淡々と接しているためか、それが良いかどうかは別として、少なくとも桜が元気なうちは悲壮感は感じられません。

この作品は文章としては春樹の一人称で語られているのですが、相手に呼びかけられるときは名前ではなく、「【秘密を知ってるクラスメイト】くん」であるとか「【地味なクラスメイト】くん」、「【仲良し】くん」というような表記になっています。最初はこれをどう捉えたら良いのか分かりませんでしたが、そのようなニュアンスを込めて名前で呼びかけているということなのだろうと解釈することにしました。

果たしてセカチューより良かったかというと、私自身の好みとしてはセカチューに軍配が上がります。時代設定が私の青春時代に近かったということもありますが、本作はやはりちょっと軽いというか、より若者向けのように感じました。とはいえ、悪くはなかったのでせっかくAmazon Prime Videoで無料で観られるようになっていたので、実写映画の方も観てみました。

君の膵臓をたべたい

posted with amazlet at 19.06.13

(2018-01-10)売り上げランキング: 23,743

Amazon.co.jpで詳細を見る

この作品はかなり原作に忠実に映画化されているように感じましたが、原作には登場しない大人になった主人公の思い出として描かれるというのもセカチューと共通です。その大人になった春樹を演じているのは小栗旬なのですが、地味な春樹を素朴な感じで演じていてとても好ましかったです。また、桜良役は浜辺美波ですが、彼女も東宝シンデレラオーディション出身というのはセカチューの長澤まさみとの共通点ですね。なお、私は原作で特徴的な表記になっていた春樹の呼び方が映画でどうなっているのかにも興味がありましたが、これは普通に「君」でした。さすがにどうしようもないですね。

ところで、実はWikipediaのページはネタバレになっていて、核心であるべきことがズバリ書かれてしまっています。私は原作を読み進めている途中でうっかりこれを見てしまってかなりがっかりしたので、皆さんには気をつけていただきたいと思います。Amazonのレビューでも書いてしまっている人がいますが、そこがこの作品の一番のポイントであるのに、それを安易にばらしてしまうというのはどうなのでしょう。本来、レビューというのは購入を迷っているような人が参考にするためのものではないのでしょうか。私も今後は本を読み終わるまで、映画は観終わるまでWikipediaは見ないようにします。