Archives

First Man

光と陰は表裏一体。

昨年10月から12月にかけては毎週のように観たい映画が公開されて嬉しいような困ったようなという感じだったのに、年末からは途端に観るべきものがなくなってしまっていたのですが、ようやく久しぶりに観たいものが目白押しとなってきました。2月に入ってようやく今年最初の映画となったのは、「ラ・ラ・ランド」で主演のRyan Goslingと監督のDamien Chazelleが再びタッグを組んだ、などという宣伝文句もありますが、その映画「ファースト・マン」です。

そのタイトルだけで十分察しはつきましたが、アポロ11号で月面に降りた最初の人類であるNeil Armstrongの伝記的作品で、彼が宇宙計画に加わるところからアポロ11号で地球に帰還するところまでを描いたものとなっています。しかし、ともすれば華々しくヒーローを描いたものになりがちなテーマですが、Armstrongその人が抱えた苦悩を描き出した重厚な作品となっています。

Armstrong役はRyan Goslingですが、この人はなんだか物悲しい表情をしますよね。本作では様々な悩みを抱える役柄なので、彼にピッタリの役かもしれません。そしてArmstrongの最初の妻Janet役はClaire Foyなのですが、この人がArmstrongを見つめるときの目の大きさは映像を加工しているのではないかと思えるほどで、非常に印象的でした。なお、字幕は元宇宙飛行士の毛利衛氏が監修されているということで専門用語のおかしな訳もなくて良かったのではないかと思います。こういった作品では誤訳一つが致命的な結果になってしまうこともありえますので、重要なところです。

ちなみに私は1978年に東京・有明13号地、今のお台場で開催された宇宙科学博覧会(宇宙博)に連れて行かれて感銘を受け、それ以来当時の宇宙開発には特別な思いを感じています。考えても見ればまだコンピューターも満足に発達していないのに、軌道計算も電卓どころか筆算でやっていたような時代に相当無茶な話です。しかしそれを成し遂げ、1回ならず6回までも月面に足跡を残したというのは恐ろしいくらいのことです。この計画自体は冷戦の産物であり、多分に軍事・政治目的のものでありましたが、科学技術の進歩に果たした役割も大きなものがあるはずです。現在のNASAは当時と比べるとだいぶ勢いが無くなってしまっているように見えますが、Kennedy Space CenterやJohnson Space Centerには毎日多くの観光客が往時の栄光を求めてやってきています。今は月面着陸はコストに見合う成果が得られないと考えられていると思いますが、次に盛り上がるのは火星でしょうか。

また、幸運なことに私は2008年にArmstrongの講演を聞いたことがあり、比較的近くで肉眼で見たことがあるのですが、これはなかなか貴重な経験ではないでしょうか。残念ながら当時の私の英語力は今と比べても大したことはありませんでしたし、Armstrong氏もすでに結構な老齢だったので話が聞き取りづらく、喋っていたことはほとんどわかりませんでしたが、「あの」アームストロング船長が目の前にいるというだけで感動的でした。また、周囲のアメリカ人にとってはまさに英雄の中の英雄であり、皆背筋を伸ばして話を聴き、公演の前後は立ち上がって拍手とともに迎え送り出していたのも印象的でした。実はこの講演の際、お土産としてこの映画の原作になっている”First Man: The Life of Neil A. Armstrong“という本をもらっていて、今でも持っているはずなのですが、分厚い本なので一度も読んでいません。この機会に意を決して読んでみることにしましょうか。

というようなことで映画とは関係のない話が多くなってしまいましたが、決して派手さはないもののアポロ計画に多少なりとも思いのある人にはいい映画だと思います。

A Star Is Born (2018)

Gaga本人の実話ではないかと思えるほど。

先日の「ボヘミアン・ラプソディ」に続いて音楽に関する映画になりますが、今日は「アリー/スター誕生」を観てきました。この作品は1937年の映画「スタア誕生」の3回目のリメイクになるとのことですが、1937年版と1954年版はハリウッドの映画界を舞台としていたのに対し、1976年版と今作は音楽界に舞台を移したものとなっています。そしてもちろん細かい設定は現代的なものにアレンジされているので、原案程度のものなのだろうと思います。ちなみに1937年版はすでにパブリックドメインとなっていてYouTubeなどでも全編を観ることができるようになっているので、近いうちに観てみたいと思っています。

本作は人気歌手Jackson MaineとAllyが偶然の出会いから惹かれ合い、Allyの歌に惹かれたJacksonが彼女を自分の舞台に上げてAllyの作った歌をデュエットさせたことがマネージャーの目に止まって、トントン拍子でAllyもグラミー賞の新人賞を取るまでになり…という成功と苦悩と悲しい愛の物語です。

Jacksonを演じているのはBradley Cooperですが、本作はBradleyの初監督作品でもあります。主役を演じながら自ら監督するというのがどういうものなのか私には想像もできませんが、この作品ではさらに主題に深く関係する歌を歌っているのですから凄いことです。Bradley Cooperって歌手でもあったかな、と思うほどに歌も上手いのですが、天は二物をなんとやらというのは何だったのでしょうか。

そしてもうひとりの主役Allyを演じるのがLady Gagaであるということで本作は話題になっているのではないかと思います。もちろんGagaは歌手なので歌唱力を大いに発揮しているわけですが、演技の方もかなりのものではないでしょうか。複雑な感情の表現が求められる役柄であるのに、実に見事かつ自然に演じきっていました。批評家からも高い評価を得ているようで、本作自体はRotten TomatoesのTomatometerは90%ということですから、これはもう絶対的な傑作と呼んでも良いはずです。ただ、Gaga自身の映画出演はこれが初めてではなく、これまではそう目立った活躍でもなかったことを考えると、本作の役柄が本人に上手く合ったということなのかもしれません。とはいえ、本作での演技については私も手放しで称賛したいと思います。

ということで、長い年月をかけて4回もリメイクされるというのも凄いことですが、これだけ成功したリメイクもなかなかないのではないでしょうか。なお、今回のリメイクにあたって当初はBeyoncéの主演が予定されていたそうですが、それが実現していたとしたらまた違ったものになっていたでしょうね。それもまた観てみたかったような気がしますが、それは叶わぬ夢ということで夢想するに留めるしかありません。

Whip It

本物を一度見てみたかったような。


連休中立て続けに見た映画の最後は「ローラーガールズ・ダイアリー」となりました。この作品は「E.T.」のGertie役で天才子役として一躍有名になったDrew Barrymoreの初監督作品となっており、Drew自身も出演しています。まあその後沢山の作品で実績を残しているので、今さら「E.T.」を引き合いに出されるのは嫌でしょうけどね。

ローラーガールズ・ダイアリー (字幕版) (Whip It)

posted with amazlet at 18.08.19

Amazon.co.jpで詳細を見る

本作はテキサスの小さな町に住むBlissという17歳の少女が、母親に美人コンテストに出場させられる日々に嫌気が差しているところで州都オースティンで開催されるローラーゲーム(Roller Derby)を知って引き込まれ、入団テストを受けることになり…という話になっています。このローラーゲームというのはローラースケートで小さな楕円リンクを周回するレースですが、フィジカルコンタクトのあるゲームとなっています。1960〜70年代に流行したということですが、アメリカでは現在も細々と行われているようです。

劇中の舞台となっているTexas Roller Derby (TXRD)というのは実在のリーグのようですが、YouTubeチャンネルの動画を観てみると、映画のものとはだいぶ雰囲気が違います。作品中では倉庫に集まってアンダーグラウンド的に行われているようでしたが、実在のものは体育館のようなところで健全な感じで行われており、公式ウェブサイトで見られるような迫力は動画ではあまりなく、やはり映画の演出力なのかと感じてしまうようなものです。なお、やっぱりアジア人はほとんどいないようですが、Cherry BombsのNinja Pleaseという選手はその名前からして日本人のように思われます。

競技そのものについてはまあ良いのですが、主演のBlissを演じるEllen Pageが非常に良いです。Ellenは「JUNO/ジュノ」で主人公のJunoを演じて喝采を浴びたのですが、本作で見せる表情も素晴らしいと思います。本作は2009年の作品なのでEllenは当時22歳前後だったということになりますが、17歳の高校生の揺れ動く心を見事に表現しているのではないでしょうか。Junoに続いて本作がこれでは、Ellenが出演している他の作品も観なければいけない気がしてきました。