Archives

Bumblebee

ターゲットは幅広く。

Michael Bay監督によってトランスフォーマーの世界が実写映画化されて、その変形シーンのかっこよさに私もしびれてしまったのは2007年、かれこれ12年も前のことです。当時最新のCG技術を駆使してリアルな姿のトランスフォーマーたちが沢山のパーツを複雑に動かしながら変形する映像は本当に驚異的なものでした。しかし人間の慣れというのは恐ろしいもので、後続のシリーズ作ではもっとリアルで複雑な動きを見せているにもかかわらず、それが当たり前のようにしか感じられないのだから作る側は本当に大変です。まあ、いかに自然に見せるかというのも腕の見せ所ということはあると思いますが、張り合いがないのはかわいそうです。

さて、そのトランスフォーマーシリーズのスピンオフ作であり前日譚でもある「バンブルビー」が先日公開され、なかなか高い評価を得ているようだったので私も期待してみてきましたが、これはたしかになかなかの作品だったと思います。本作はトランスフォーマーのオートボットたちが地球にやってくる前、サイバトロン星でディセプティコンと激しい戦いを繰り広げているところから始まり、先遣隊としてバンブルビーが単身地球に降り立って物語が進展します。この話の中で、どうして彼らが地球に来ることになったのか、バンブルビーが声を失ったのはなぜか、バンブルビーの名前の由来、などが明らかになります。サイバトロン星でも地球の乗り物の姿をしているのは謎ですが、それは映像作品としての都合上仕方がないでしょう。

バンブルビーが地球に到着したのは1987年、場所はカリフォルニアということになっており、80年代のサンフランシスコなどの風景が描かれています。そして、BGMなどには80年代の音楽が多用されており、またしてもおっさんホイホイの様相を呈しています。サントラにもThe Smiths、Howard Jones、Bon Jovi、Duran Duran、a-ha、などなど往年の人気グループが目白押しといった状態です。つい先日の「キャプテン・マーベル」も音楽で楽しませてくれましたが、今度はさらに8年さかのぼり、まさに私が学生時代に聞いていた曲ばかりでとても懐かしくなりました。当時の私は本作の主人公Charlieとちょうど同じくらいの年齢だったので、そう思うと親近感が湧いてしまったりもしましたが、それは錯覚ですね。

そのCharlieを演じているのはHailee Steinfeldですが、80年代という舞台に合わせたファッションになっているので落ち着いた感じで、とても可愛らしいです。Haileeの実年齢は22歳なので役柄よりちょっと上になりますが、それほど違和感はないのではないでしょうか。なお、歌手としても活躍している彼女なので本作の主題曲も歌っていますが、映画の雰囲気にはちょっと…

Fantastic Beasts: The Crimes of Grindelwald

純粋な娯楽作品だと思えば…

「ハリー・ポッター」シリーズの世界観を拡張して成功を収めた「ファンタスティック・ビースト」シリーズの第2作「ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生」が、前作「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」からちょうど2年ぶりに公開されました。スタジオも満を持した大作ということでテレビなどでの露出も力が入っていますが、前作が期待以上に楽しめたので今回も大いに期待して観に行きました。

主役は引き続きEddie Redmayne演じるNewt Scamanderです。Eddieはとても素晴らしい俳優だと思うのですが、もう3年近くも前に観た「HICK ルリ13歳の旅」で見せた狂気が本当に恐ろしくて、未だにその影がちらついてしまいます。役のイメージが付いてしまうことを嫌ってヒット作の続編に出演したがらない俳優もいるということですが、それはこういうこともあってなのかもしれません。また本作では若き頃のAlbus Dumbledoreが登場しますが、これをJude Lawがダンディーに演じており、敵役は黒い魔法使いと呼ばれるGellert Grindelwaldで、これを演じるのはJohnny Deppです。

BuzzFeedでは酷評(日本語訳)していますが、そういうメディアなのだとしてもそこまでボロクソに言わなくてもいいのではないかと思うものの、Rotten TomatoesのTomatometerも40%と評論家の評価は芳しくないようです。BuzzFeedでその大きな原因としているのがGrindelwaldのキャスティングですが、私はそこまで問題があるとは思いませんでした。確かに大げさでわざとらしい感じはありますが、それはJohnnyならではのものでもあると思うので、Johnnyを配置した時点で決まっていたことではないでしょうか。

しかし、私自身もこの作品を観て、面白かったかと聞かれるとなかなか微妙です。つまらなかったというわけではないのですが、ファンを喜ばせようというサービス精神が見えすぎて、それはBuzzFeedと同意見ということになります。その結果、抑揚がなくダラダラとした感じになってしまっているのではないでしょうか。全編に渡って盛り上がり続けるジェットコースタームービーというものもありますが、そこまで盛り上がるわけでもないのです。とはいえ、ハリー・ポッターシリーズのファンであればそこかしこに小ネタが仕込んであったりするので、それなりには楽しめるのではないでしょうか。

なおGrindelwaldといえばスイスのBerner Oberlandにある有名な観光地で私も子供の頃に行ったことがありますが、大変美しいところです。この地名と魔法使いの名前を重ねてしまう人はあまりいないと思いますが、風評被害のようなことがないといいのですが…まあ関係ありませんね。

The Nutcracker and the Four Realms

Mackenzieが可愛いだけで私の目的は果たされていますが…

この11月に入ってからのワタシ的期待作ラッシュの4作目となる映画はディズニー作品「くるみ割り人形と秘密の王国」です。いい年してディズニーのお姫様映画というのも何ですが、それにはちょっとした訳があります。と言っても全く大したことはないのですが、主人公のClaraを演じるMackenzie Foyです。

18歳になったばかりのMackenzieですが、ハリウッドデビューとなったのは私も好きで観ていたトワイライト・サーガの最終章で主人公BellaとEdwardの間に生まれるRenesmeeで、これを演じていたのは6年前の12歳のときということになります。原作でも非常に美しいということになっていたので、一体どんな子役が演じるのかと思っていたらMackenzieだったというわけで、実はそれ以来ちょっと気にしていたのですが、本作ではいよいよMackenzieが主演ということだったので見逃すわけには行かなかったということです。

しかし、Rotten TomatoesのTomatometerは34%、Audience Scoreも37%という有様なのでやめておけば良かったのかもしれませんが、腐ってもディズニーだからと思っていたのに本作にはちょっと失望しました。せっかくの主演作なので応援したいのですが、残念ながら完全な失敗作となってしまっているようで、興行収入だけでは製作費の回収も危うい状況のようです。何が一体ダメなのかと言うと、いろいろ中途半端で退屈な作品になってしまっているのです。脚本の問題なのでしょうか。

タイトルで分かる通りこの作品はチャイコフスキーの有名なバレエ作品「くるみ割り人形」をベースにしてはいますが、設定のごく一部を流用しているだけでストーリーは大きく異なるようです。ただ、劇中にバレエのシーンを取り込んだり、チャイコフスキーの音楽を取り入れたりしてかなり意識して関連を持たせようとしているような感じがありました。ただ、それもなんだか中途半端で徹底されていないのが残念なのです。

天下のディズニーの王道的作品でもこういう事があるのだなと意外でしたが、黒歴史として闇に葬られるようなことがないことを祈ります。