「apple」タグアーカイブ

Mac mini (Early 2020)

よく今まで我慢したと思いませんか。
🖥️

私の趣味は食べ物の写真を撮ったり映画を観たり音楽を聴いたり、そしてこのブログを書いたりといったことなのですが、どれもPCを使ってする作業が多く、家にいる間の多くの時間をPCの前で過ごしています。これには妻も不満を感じているところでしょうが今はそれは置いておくとして、私が使っているのはMac miniですが、2012年12月に購入したものなので、かれこれ7年半ほども使ってきたことになり、いいかげん買い替えても誰も文句を言わないでしょう。特に最近、シャットダウンしようとしても電源が切れず再起動してしまったり、ちょっとしたことでとても熱くなって猛烈にファンが回ったり、iPhoneの音楽の同期に何時間もかかったりと色々と感じている問題を払拭したかったのです。

ということで、先日更新されたiMacを購入することにしましたが、2018年に発売されている型なのですでに1年半ほど経っており、アップデートされたといってもSSDの容量が倍になって為替レートに合わせて価格が見直されたという内容で、CPUなどは一切変わっていないので果たしてどうなのかと思うところはないでもありませんが、発売当初では踏み切れなかったスペックのものが手に入るようになったと思えば悪くないのではないかと考えることにしました。

ということで選択したスペックは、まずCPUが最上位の「3.2GHz 6コアIntel Core i7」で、Coffee Lake世代のGeekbench比較するとこれまで使っていた3720QMがシングルコア750、マルチコア3000というスコアだったのに対し、それぞれ1150と6000という値になっているようなので、クロック周波数とコア数に比例したよりも若干高い性能になっているようです。

この性能アップにはRAMが1600MHz DDR3から2666MHz DDR4に更新されていることも大きく寄与しているはずですが、そのRAMの容量自体は以前と同じ16GBとしました。今まで使ってきて16GBを使い切ったことがなかったので、今後しばらくもこれで十分ではないかという思いです。もし将来足りないということになった場合でも今回のモデルも自分で交換できるようなので、その時はその時ということでいいと思います。

これまで使っていたモデルから大きく変わったことの一つは標準のストレージがHDDからSSDに変わったということですが、その容量は1TBとしました。写真や音楽といったメディア関係は以前から外付けHDDに保存しているので、本体に入れておきたいものはそこまで多いわけでなく、かと言って手狭に感じるのも嫌なので適度な大きさとして選択しました。その「適度」の感じ方は人それぞれでしょうが、とりあえず今使っている状態で21%ほどのようなのでしばらく問題ないのではないでしょうか。今後もし不足することになれば外付けに逃がすことは難しくありません。

この他にMac miniで選択できるのはEthernetの仕様だけですが、これはルータとの接続に使うだけなので、1Gbpsで十分なのでオプションは選択していません。もしNASを使うなら高速なネットワークアダプタがあったほうがいいのでしょうね。

このようなスペックのものを購入したわけですが、この週末に届いたので早速セットアップして、今もその新しいMacでこの記事を書いているところです。しかし、Macは移行アシスタントを使うと簡単に新しいMacに設定やデータを移行できるはずなのですが、これまで使っていたのがUSBで外付けした250GBのSSDからブートして、大きな容量が必要になるPicturesなどのフォルダは本体内蔵HDDにシンボリックリンク(エイリアス)で飛ばしているという変な構成になっていたのがおそらくの原因で、移行アシスタントは途中でエラーになってしまうので、結局コピーできるものだけコピーして、設定は最初からやり直すということになりました。といっても、ユーザ設定などはiCloudやGoogleのアカウントに紐付いているので細かいことにはあまり手間がかからず、1日でほぼ元通りの環境を設定することができました。むしろ不要なファイルを断捨離してスッキリできたので良かったかもしれません。

ただ一番残念なのが、ミュージックアプリで外付けHDDにあるライブラリをそのまま開けば元通りと思っていたのに、アートワークが全て消えてしまっているということです。これはCatalinaでiTunesから変わったミュージックアプリの問題のようなのですが、iTunes Storeから自動的に取得する機能もうまく働いていないようですし、そもそもiTunes Storeから音楽自体をダウンロードすることもできていないので、なにか根本的な問題がありそうです。

その他についてはCPUが高速になったことと内蔵SSDになったことでかなりサクサク動くようになって非常に快適ですし、これまでとても不安定だったスリープからの復帰が問題なくなったようなので、かなり満足しています。日常的に私がやることで一番負荷が高くなるのはAdobe Photoshop Lightroomでの写真の編集と現像くらいでしょうが、とても軽々動くようになりましたし、これまでYouTubeの動画を見るだけで回っていたファンも静かになりました。2枚の液晶モニタやキーボードとトラックボールが変わっていないこともあって新しさを感じるところはほとんどありませんが、性能と安定性の向上というのは心の平安を与えてくれるような気がします。これでまた5年以上は働いてくれることでしょう。

iPhone Trade-in program

Appleまだ使えるようでも実際には使わないので。

先日、私はiPhone 8 Plusを満を持して購入したわけですが、256GBモデルを普通に購入すると税別でも10万円を超えてしまいます。文字通り毎日使うものですし、私の場合はそう頻繁に買い換えるものでもないので、高すぎるとまでは思っていません。特に、これまで使用していたiPhone 6 Plusは3年半ほど使いましたので、今回も同程度使うと思えば1年あたり3万円程度、1日あたりで言うと80円ほどとなりますから、そう考えるとどうということはないような気がしてしまいます。

とはいえ、絶対値としては高額です。またいわゆる携帯電話キャリア、MNOの三社が行っている「実質負担金○○円」のようなものは体のいい割賦でしかないので、総額としては一括購入するよりも高くつくことになります。

話は逸れますが、私は「安くつく」という言葉を聞くととても気になってしまいます。「高くつく」の反対は「安く上がる」ではないのでしょうか。「ーつく」という言葉にはネガティブな意味が含まれますので、安く上がって喜ばしい場合には特におかしいと思います。またもう一つ、「リーズナブル」という言葉をただやすいという意味で使うことにも非常に違和感があります。reasonableというのは妥当、適当ということですから、安価なものに対して「リーズナブル」だというのはその程度だということになってしまいますが、決してそういう意味では使われていないでしょう。

さて話を元に戻しますが、MNOと契約して月々5千円以上の代金を払っていると麻痺してしまいがちな携帯電話は、スマートフォン以前から相当な精密機器であり、何万円するというのもまさにリーズナブルであったわけですが、機能や性能の高度化に低価格化が追い付かず徐々に価格が高くなってきてしまい、ついに10万円を超えるまでになったということです。性能を抑えれば価格は上げずに済むのでしょうが、それでは売れないので仕方ないでしょう。

私はMVNOIIJmioを利用しているのでアップルストアでSIMフリー版を購入したのですが、この時「Apple GiveBackの下取りプログラム」というものを利用することにしました。これまで使用していてバッテリーが劣化していたiPhone 6 Plusを下取りに出すことで、8 Plusの購入価格から最大14千円の割引が受けられるというものです。なお、7 Plusの下取りでは最大38千円になるということなので、毎年買い換えるような人も2/3程度の価格で新しいものが手に入るということなのかもしれません。

下取りに出せるのはiPhoneだけに限らず、いわゆるフィーチャーフォン、ガラケーや、他社製のスマートフォンも対象になっていますので、手元に不要な端末があるという人はiPhone買い替えを機に処分がてら下取りに出してしまってもいいのではないでしょうか。なお、私は店頭での購入時にデータを削除して古いiPhoneを手放してしまったので値引きとなりましたが、オンラインストアでの購入でも下取りを受け付けていて、その場合は値引きの代わりにApple Storeギフトカードが届くようです。

iPhone 8 Plus (PRODUCT) RED

iPhone 8 Plus (PRODUCT) RED うら気分一新

昨年末のいわゆるBatterygate、バッテリーの劣化したiPhoneで性能を意図的に制限していたことが問題視された事件の後、私の動き出しがちょっと早すぎたせいでバッテリー交換を申込んだものの交換してもらえなかったのですが、その後リリースされたiOS 11.3で「バッテリーの状態」が表示できるようになっても96%だなんていうありえない数値となっていました。3年半酷使した製品でこの数値というのはまったく信じられないわけですが、それに基づいて制御しているのだとすれば性能が制限されているということもないはずです。しかし、最新の製品と比較すれば元の性能がかなり低いわけですし、明らかに不安定で充電量の減り方も速いので、もう買い替えてしまおうかと思いつつ、しかしiPhone 8やXは発売されて半年経っていて、あと半年待てば次のモデルが発売されると思うとそれを待とうかという気にもなってしまい、なかなか踏み切れずにいました。

ところが、先々週末頃にふと「そういえば(RED)バージョンは出ないのかな」と急に思い出して調べてみると、iPhone 7の(PRODUCT) REDは昨年の3月に発売されていました。iPhone 8でもそろそろ出ないかと思っているとその噂が出てきて、そうかと思うと明日発表されるとリークされたという話になり、そしてついに発表と急展開しました。これまできっかけがなくて踏み切れずにいたのが(RED)ならもう文句はないだろうと思っていると、MKBHDの”Product RED iPhone 8 Unboxing!“という動画が公開されて”Really, really, red.”などと言っているので、これは買うしかないという気になってしまいました。
iPhone 8 Plus (PRODUCT) RED おもて
ということで購入したのがiPhone 8 Plus(PRODUCT) REDバージョンです。iPhone 8 Plus自体は今更レビューしても仕方ないので省きますが、これまで使用していた6 Plusと比較すると圧倒的にレスポンスが速くなっていて非常に快適です。Touch IDの指紋認証が第2世代になって速くなっていることもあり、ホームボタンが物理ボタンでなくなったのもすぐに慣れることができるでしょう。

しかし何を置いても赤いボディーです。iPhone 8で背面パネルがガラスになったことで、透明感と艶のある赤色になってぐっと高級感が上がったような気がします。あくまで気がするだけで中身は何も変わらないわけですが、それでも所有することによる満足感はあると思います。また、表面の液晶周りのベゼル部分がiPhone 7の時に不評だった白から黒に変わったことで、シャープでアダルトな印象(なんだソレ)になったのも非常に良いです。

ちなみに(RED)というのはただ赤いというのではありません。U2Bonoと活動家のBobby ShriverAIDSと戦うために設立した団体で、その活動に協賛する商品の収益の一部が「世界エイズ・結核・マラリア対策基金」に寄付されるというものです。ただオシャレなわけではなくて、人々を助けることにもなるというわけです。私の場合はほとんどあと付けですけどね。

ということで、3世代分の技術の進歩もありますが、ただ単純にバッテリーの持ちが良くなったと言うだけでも非常に快適です。実は赤い背面はケースに入れてしまうので見えなくなるわけですが、まあ見えないオシャレということで…ただの自己満足ですね。