カテゴリー
misc

ダイエットその後 (6ヶ月経過)

まだ続いています。
🚶🏻

前回「コロナ禍のダイエット」という記事で8月からダイエットを始めて成果が上がっているということを書いていましたが、ダイエット開始3ヶ月のこの時点で減量は8kgほどでした。それからさらに3ヶ月ほど経った2月現在ではどうなっているかということを簡単にまた記録がてら報告しておきたいと思います。

体重はさすがにそのままのペースで減り続けているわけではありませんが、朝夕の散歩はそのままのペースで継続していて、間食も完全にではありませんがほぼしていません。しかし、体重が減ったことで運動負荷も減少してしまうのは仕方のないことで、ある程度のところで収束することになるのでしょう。先週あたりから体重の減少は停滞気味で、私が最終目標としてきた「学生時代の体重」まであと1kgというところで足踏みしています。

その後体組成計を購入したので体脂肪率やその他の数値が見られるようになったのですが、現在の体脂肪率は16.2%と「やや低い」という表示になっており、あまり不健康な痩せ方はしたくないのでこの程度にしておくのがいいのかもしれません。ただ、なかなか改善されなかったのが内臓脂肪で、今まで「やや高い」だったのがようやく昨日「標準」圏内に入ったところです。

もう一つ、基礎代謝の数値が基準未満のままほとんど変化しないのですが、これは一体どうやって計測しているのかもわからず、アドバイスとして「食後の散歩と週に1度のランニングを行ってみてください。」と言われても、食後どころか毎日3時間ほど散歩しているのだけど…という感じでどうしたものかといったところです。本当にランニングしなければいけないのでしょうか。

まあなんだかんだ言っても半年でちょうど12kgほども減ったわけですし、久しぶりに会った人に驚かれる程度には痩せたのだし、それで十分ですね。数値にこだわっても仕方ありません。ウエストはベルトホール3つ分も細くなりましたし。以前は歩き過ぎで膝に負担がかかっているような感覚もありましたが、体重が減ったこともあって今は問題なさそうですし、トラブルといえば踵がひび割れてワセリンを塗り続けないと痛むというくらいなので、しばらくはこのままのペースで続けていけばいいかなと思っています。

カテゴリー
misc

Duolingoでフランス語

五十の手習い?
🇫🇷

このコロナ禍で外出しにくくなったりリモートワークになったりで、自宅で過ごす時間が長くなっているという人が多いのではないかと思いますが、そうしてできた時間を有意義に活用されているでしょうか。料理や工作など新しい趣味を見つけたという人も少なくないようですが、私の場合はどういう風の吹き回しかフランス語なんぞを学び始めてしまいました。

どうしてフランス語なのかというのは大したきっかけがあるわけではないのですが、英語はもうある程度できるようになったし、新しい外国語でもと思ったときに役に立ちそうなのは中国語ですが、感じを覚えるのが大変だしちょっとありきたりだし、英語に近いほうが覚えやすいかなということと、なんとなくオシャレだし、というくらいです。

どうやって学習しているのかというと、もちろん語学教室に通っているというわけでもなく、本で勉強するというのもなかなか頭に入ってこないので、Duolingoというインターネット上のサービスを利用しています。これはウェブサイトやスマホアプリを通じて利用できるもので、もちろん有料会員サービスもあるのですが、広告を見ることで無料でも一通りの学習はできてしまいます。有料会員になると広告が表示されなくなる他に、追加のレッスンやレッスンのスマートフォンへのダウンロードなどの特典があるようです。私は今のところ無料で利用しているのですが、だいぶ気に入っているので料金を支払ってもいいとは思っているものの、年末の大幅割引セールで入会し損ねたので二の足を踏んでいるところです。

このDuolingoというのはCarnegie Mellon UniversityDr. Luis von Ahnが初めたプロジェクトだということで、様々な言語で様々な言語を、先に書いたとおり無料で学習することができます。残念ながら日本語では今のところ英語と中国語しか学習できないのですが、英語からだと36もの言語を学ぶことができ、その中にはクリンゴン語まで含まれています。したがって私も英語でフランス語を学習しているわけですが、学んでいるといかにこの2つの言語が近いかが実感され、非常に学びやすいように思います。

Duolingoでは英文のフランス語訳やその逆、フランス語の聞き取りなどを、低いレベルでは選択式、高いレベルではタイプ入力で回答したり、マイクで実際に発音したりと様々なタイプの問題が、単元ごとにシチュエーションに合わせた単語で出題され、また単元が進んでいくと文法も高度になっていくようになっています。

良くできているのは講座をこなすごとにもらえるポイントによって学習している人同士が競い合うようになっていることから、毎日少しずつでも続けていけるような工夫がされていることで、語学は継続することで身につくものですから、これは非常に重要なポイントだと思います。私はこれまでに2ヶ月ちょっと続けているのですが、今のところ毎日欠かさず少しでも進めていっています。

また、一度やったらそれで終わりということではなく、日が経つとまた同じ単元の復習を促すような仕組みになっているところも良くできていて、忘れそうになった頃に繰り返し学習することでしっかり身につくようになっているのも良くできているところです。

最初に講義のようなものはなくいきなり問題から始まるので最初はわけがわかりませんが、習うより慣れろ方式で少しずつ身についていくのが不思議なもので、しばらく経って振り返ってみると、ちょっと前にはさっぱりわからなかったはずのフランス語の文がいつの間にか読めるようになっていることに気づきます。この年になっていきなり新しい言葉が覚えられるのだろうかと思いながら試しに始めてみたのですが、やはり単語を覚えるのは苦労しますがしばらくやってみる気になりました。

フランス語に関していえば英語以外の印欧語族で悩まされるのがですが、ドイツ語のように中性がないだけまだ覚えやすくて助かります。ただ、動詞などの変化はやはり複雑で、忘れがちなのが二人称単数の動詞にsが付くことです。しかもこのsは発音しないことが多いので覚えにくく、私はこれで不正解になることが多いです。ほかにも母音のない文字は発音されないことが多いので聞き取りが難しかったり、音は4つくらいしかない文なのに書いてみると20文字くらいあってびっくりすることがあるというのが私が今のところ感じるフランス語の特徴です。しかし実はまだ現在形しか学んでいないので、この先どんどん複雑になっていくはずなのですが、大丈夫でしょうか。

ということで、フランスに遊びに行けるのはいつになるのか、今の状況ではさっぱりわかりませんが、その時までにちょっとは使えるくらいになっているといいのですが…

カテゴリー
misc

2021年

明るい一年に期待します。
🎍

あけましておめでとうございます。2020年は蓋を開けてみればCOVID-19一色となってしまいましたが、ワクチンも開発されて2021年中には少しでも元の生活に近づくことを期待したいところです。

幸いにも私の身近なところではCOVID-19の感染は今のところありませんが、12月には妻が会っていた人が濃厚接触者に指定され、その後検査で陰性とわかってほっと胸をなでおろす、というようなことがあり、ウイルスはかなり際どいところまで迫っているということを再認識しました。この先も緊張感を持って無事に過ごしていきたいと思います。

また生活も一変し、仕事は在宅勤務中心となりました。しかし、それによって思っていた以上に自宅での仕事の効率が良いことがわかったため、COVID-19の終息後も同じような感じで続けていけないかと考えています。

また、今年後半はダイエットが大きな効果を上げたことが嬉しい成果です。最近は少々下げ止まりな感じではありますが、ダイエット開始前とくらべて10kgほどの減量となっていますので、現状が維持できれば良いかもしれません。副次的な効果として血圧は確実に下がりましたし、体の軽さも実感していますし、ウイルスに抵抗するための免疫力も向上していることを期待したいものです。

さて2021年はどういう年になるか、現在第3波真っ只中ということもあり先行きに不安はありますが、ワクチンの成果が上がって多少でも状況が改善されることを期待したいものです。個人的には次男の大学受験が控えており、その後どこへ進むにしても一人暮らしを始めることになるため、二十数年ぶりに妻と二人だけの生活に戻ることになる予定で、これが大きな変化となりますが、どうなるでしょうか。しかし何より家族や友人知人が無事にこの世界的な危機を乗り越えられることを祈りたいところです。これを読んでいただいたみなさんも、くれぐれも気をつけて無事に過ごしてください。