Archives

「人身事故」

こんな経験はしなくていい。

先日の日曜日は父の日で天気もいい日でしたが、家族はみな仕事や遊びに出かけてしまったので、久しぶりに大阪に行ってみようと、珍しく電車に乗っていくことにしました。私は通勤も徒歩なので、電車に乗るのは月に一度あるかないかというくらいのことです。

姫路から大阪へはJR神戸線の新快速のルートと、山陽電車から神戸高速鉄道経由で阪神電鉄に乗り入れる阪神梅田駅までの直通特急に乗るという2つの経路があります。もっと急ぐ人には新幹線で新大阪まで行くという富豪的なルートもありますが、それは別格として時間的には100分程度かかる私鉄ルートに対してJR新快速では60分と圧倒的に有利です。しかし、JRでは姫路ー大阪間が片道1490円、往復2980円かかる一方、「阪神・山陽 シーサイド1dayチケット」という一日乗車券を利用すると途中下車自由で2000円で済んでしまい、所要時間と料金が反比例するようなイメージとなっています。このため、この日は特に急ぐ必要もなかったため、山陽電車を利用して行くことにしたのでした。しかしこれが運の尽きというものです。

乗っていた電車がおそらく100km/h以上のスピードで山陽魚住駅を通過したところで、「ドーン」という衝撃音に続いてバラストが飛び跳ねて床下に当たっているような音がするのが聞こえたかと思うと、緩やかに減速してそのまま停止してしまいました。明らかに何かを巻き込んだのだと即座に思ったのですが、その「何か」が何であるのかはおそらく一つしかないということに気づくのもすぐでした。そしてその後間もなく車内放送で人身事故発生と伝えられたのでした。

滅多に電車に乗らない私なのでこのような経験は初めてでしたが、よくあるようなことなのでしょうか。しかしこのとき自分が不思議と落ち着いていることに、我ながら意外に思いました。ただ、亡くなった方のことよりも、運転士と車掌さん、そして事故処理に当たる消防署と警察署の方々が非常に気の毒に思えて、特にその瞬間を目の当たりにした運転士さんの精神的ショックを思うと本当にいたたまれない気持ちになり、私自身の気分も沈んでしまいました。車内放送では繰り返し迷惑を詫びていましたが、関係者の皆さんに比べれば私自身の迷惑などというものはたかが知れていて、憤りのようなものはまったくありませんでした。

なお、私が乗っていたのは3両目だったと思いますが、それでもはっきり音が聞こえるほどですから、相当な衝撃だったはずです。詳しいことはよくわからないものの、人が亡くなっていることは確かなのですが、本当に純粋な事故なのであればもっと大問題になるはずのことがそうなっていないということは、やはり自死なのでしょうか。その方には事情があってということは分かりますが、他に選択肢はなかったのかと大変残念に思います。

キーボード漂白

また気持ちよく使えます。

先日購入したHappy Hacking Keyboard Professional 2 Type-Sには非常に満足していて、こうして記事を書くのもとても気持ちが良いです。一方職場で使用しているHappy Hacking Keyboard 2はいつごろ購入したのかもよく覚えていませんが、キーボード裏にある製造日を見てみると”2000-06″とあります。なんともう19年も前に作られたものということですが、今でも機能的には何の問題もなく、毎日職場でメールや書類の文章入力に使用していて何ら不自由がありません。

とはいえ、キーボードも重ねた年月は隠せるものではなく、ABS樹脂製の筐体とキートップが黄ばんでしまい、いかにも年季を感じさせる見た目になってしまっていました。と、ここまでは先日の記事にも書いたのですが、新しいHappy Hacking Keyboard (HHKB)を購入したことでHHKB愛が高まってきてしまい、なんとか復活させたいということでいろいろ調べてみました。

以前、私がこのブログ(の前身)で2005年に「キーボード掃除」という記事で書いたとおり、キートップを掃除(というか洗濯)するのは簡単です。1個1個外して洗濯ネットに入れて、そのまま洗濯機で回せば表面にこびりついたホコリ等はきれいに取ることができます。筐体の汚れは分解して水洗いする人もいるようですが、メラミンスポンジが効くということなので激落ちくんを使ってみたところ、確かにちょっと擦るだけできれいになりました。

黄ばみについては汚れではなく、ABS樹脂に含まれる酸化防止剤が変性して黄変するというものらしく、この黄ばみを取り除くためには酸化防止剤を過酸化水素と紫外線を用いて還元すれば良いとのことです。あえて難しく書いてみましたが、この過酸化水素は衣類用漂白剤であるワイドハイターEXパワーを使うと良いらしく、これに漬け込んだ状態で数時間日光に当てておけば白くすることができるとのことでした。

ということで、連休に入ったところで職場からHHKBを持ち帰り、ゴールデンウィーク初日に早速やってみることにしました。自宅にはワイドハイターはなかったので近所のショッピングモールで購入し、また漬け込むための容器として透明で蓋のあるものが良いとのことなので同じモール内のダイソーで適当なものを買ってみました。この容器にキートップを並べて、浸るくらいにワイドハイターを原液のまま注げばよいのですが、ただそのまま注ぐとキートップ内の空気で裏返ってしまうので、キッチンペーパーを被せてその上から注ぐと良い、という先人の知恵を見つけたのでその通りにしたところうまくいきました。キッチンペーパーはそのままで天日に晒しますが、その程度なら紫外線は透過するので問題ないようです。

自宅のテラスはやや東向きなので本当は午前中から晒しておけば良かったのですが、始めたのが正午過ぎだったので、5時過ぎまで外に出しておいたものの直射日光が当たっていたのは3時間程度かもしれません。しかしそれでもだいぶ黄ばみは取れたような気がします。ただ、比較対象がないのでどの程度きれいになったのかがよく分からず、また元の黄ばんでいない状態を見たのはだいぶ前のことになるので覚えておらず、もとに戻ったのかどうかは分かりません。しかし、やって見る前は明らかに黄色かったので、今はそう感じないということは効果があったということなのでしょう。

なんともはっきりしない結果になってしまいましたが、少なくとも汚れは落ちてツルツルきれいになったので、連休明けからはまた気持ちよく使うことができます。それにしても20年近く使い続けることができるとは思いませんでした。当時は20代で経済的余裕もなかったのでかなり思い切って購入したものですが、これだけ使うことができれば安い買い物だったのではないでしょうか。

確定申告と免許更新

次は退職後かな。

自営業の人と違ってサラリーマンは源泉徴収でしっかり税金が取られるから…というのはよく聞くことですが、税金はきっちり納めるのが当然だという前提で考えれば源泉徴収というのは楽な仕組みです。自営業の方々は毎年この時期になると確定申告に頭を悩まされているのではないでしょうか。それをすべて会社が肩代わりしてくれていると思えば、おまかせで済むのだから楽ちんです。

しかし今年、私はサラリーマン生活25年にして初めて確定申告を行わなければならなくなりました。特に大きな臨時収入があったというようなことではなく、会社の都合で見かけの雑収入額が大きくなってしまっただけなので、本当にただ単に面倒なだけです。しかし、これまでその仕組みをよくわかっていなかったので、いい経験になったと言えなくもありません。

ということで、これと合わせて運転免許の更新にも行こうと有給化を取得して臨みました。今はe-Taxなるものでインターネットから申告することもできるようになっていますが、それはそれでちょっとめんどくさそうなのと、どうせ1回限りだからということで紙で申告してみることにしました。国税庁の「確定申告書等作成コーナー」でフォームに記入していくとPDFファイルで申告書が作成できるので、それを印刷して提出するだけなので非常に簡単です。私は自宅にプリンターを持っていないので近所のコンビニで印刷し、追加納税もそこで先に済ませ、申告書を持って税務署に向かいます。

税務署では確定申告の提出コーナーが特設されていて、そこに8人ほどの列ができていたので並ぶこと5分あまり、自分の番が来たら30秒で終わってしまいました。もちろん単純な内容だったからということなのですが、本当にあっけないものです。しかし、PCを使いこなせないお年寄りなどにとってはなかなかのハードルでしょうね。また、申告書作成時のデータはサーバー側に保存されるような仕組みになっているわけではなさそうで、紙の申告書をスキャンしてOCRで読み取って人の目で確認する、というようなことをしているのではないでしょうか。それはかなり無駄な仕組みに思えますが、将来的にはe-Taxの方を主にしていきたいというようなことなのでしょうか。

このあと私は警察署内に数年前にできた免許更新センターに行って更新手続きを済ませましたが、私はここしばらく、というか2004年に失効させてしまう前から無事故無違反なので、いわゆるゴールド免許の30分だけの簡単な講習で即日発行です。ただ、手続きに行ったタイミングが悪くて、講習が始まるまで30分近くも待たされてしまったので、結局1時間ちょっとかかってしまいました。それでも入会を拒んでも交通安全協会の露骨な嫌がらせを受けることも無くなり、遠くの免許センターへ行かなくても即日発行されるようになったというのはだいぶ便利になったものです。

ということで、どちらも始めるまでは面倒な気がしてしまいますが、重い腰を上げればどうということのない手続きで済みました。どちらも日曜日にも手続きは可能なようですが、平日に休みを取ったからこそスムーズに終わったのだということにしておきましょう。