Archives

第45回東京モーターショー2017

車の売りは何なのか。

学生時代から、おそらく運転免許を取得してから自動車好きとなり、それが高じてなのか何なのか一応自動車関係の仕事をしている私にとって、東京モーターショーといえば2年に一度のお祭のようなもので、以前は毎回欠かさず見に行っていました。しかしそれも2005年の第39回までのことで、理由は忘れましたが2007年には行かず、そして2008年のリーマンショックの直撃を受けた2009年の第41回では規模が大幅に縮小されて海外メーカーのほとんどが出展を取りやめてしまったこともあって入場者数が激減するという大変な年でした。私は主に輸入車を楽しみにしていたのですっかり意気消沈してしまい、このあとも自然消滅的に見に行かなくなってしまったのでした。しかし今年はなぜかふと思い立ち、2005年以来5回12年ぶりに足を運んでみました。

私が行っていた頃の会場は幕張メッセだったのですが、東京ビッグサイトができて移転してからの参加も初めてとなります。そういえば晴海の東京国際見本市会場へも父に連れられて行ったのをなんとなく覚えています。東京ビッグサイト自体には他のイベントで何度か行ったことがありますが、ここはホールが東西に分かれてしまっていて渡り廊下がちょっと長いので、その点はだだっ広い幕張メッセの方が良かったような気がします。私はJR埼京線から直通のりんかい線に乗って行ったのですが、開場が9時だと思い込んでいてちょうど9時に到着する電車で行ったため、会場前で1時間近く待つはめになってしまいました。しかし、開場時刻にはかなり多くの人が並んでいたので、結果的にスムーズに入場できたのは災い転じて福となすということでしょうか。

今回、まずは一番混みそうなトヨタを最初に見ておこう、と行ってみたのですが、ここでまず失望を味わうことになりました。そもそも私はトヨタ車が好きではないのですが、それは別として、がっかりしたのは技術展示が「まったく」無いということでした。市販車を見るならショールームにでも行けばいいことですし、コンセプトカーのハリボテを見ても私には何も面白いことがありません。そのコンセプトカーにどのような技術が込められているのか、というのが見たいところなのではないでしょうか。

しかしこれはトヨタに限ったことではありませんでした。他の多くの自動車メーカーが似たようなもので、ただ一社違っていたのがマツダです。マツダブース内で一番の人だかりができていたのはコンセプトカーでもレース仕様車でもなく、SKYACTIV-Xのエンジンです。SPCCI(火花点火制御圧縮着火)なる新しい燃焼方式で究極の燃焼効率を目指しているもので、技術そのものへの関心のみならず、純粋に技術で勝負している姿勢も多くの来場者の注目を集めていたのではないでしょうか。

また、今回の各社のブースではVRを使用した展示がかなり目立っていて、どこでも順番待ちの行列ができていました。しかし、これは目新しさで人を集めているだけで、コンテンツはともかくVR自体は自動車の技術とは直接関係のないものなので、私には白けるばかりでした。ただ、列に並ぶ気になれず体験していないので、実際に見てみるといいものだったりしたのかもしれませんが、そんなに並ばなければわからないようなものが良い展示であるとは言えないと思います。

ちなみに、実は一番楽しみにしていたMINIが出展していないというのは行ってみてから知ったという愚かしさで、今回は下調べをあまりにサボりすぎたと少々反省しています。しかし、一応一通りカーメーカーのブースは見て回りましたが、若い頃のように心躍るようなものはなくて、もう次はやっぱりこないかな…という感じです。インターネットのおかげで会場に行かないとわからないような情報はほとんどありませんしね。

姫路市立動物園のカピバラの赤ちゃん

どんな動物でも小さいうちの可愛さは特別。

先週末に遠出をして目一杯遊んできたので今週末はちょっと自重して、天気が良く涼しかったこともあり近所を自転車で走ってくるという、非常に健康的な過ごし方となりました。といってもちゃんと自転車に乗るのはかなり久しぶりなのでそんなに長い距離を走ることもできず、土曜日の昨日は延べ25kmほどのものでした。なぜか気分が乗っていたので今日もちょっと走ってこようという気になったのですが、さすがに脚の筋肉には昨日の疲れが残っていて、走り出してすぐに「これはダメだ」とわかったので、回り道はちょっとだけにして目的地へと向かうことにしました。

その今日の目的地というのは姫路城の三の丸にある、姫路市立動物園です。こんな町の動物園にしては案外ちゃんとした動物園で、1951年に開園してから大規模な改装も行われていないので古臭いところはありますが、それが逆に親しみやすいところでもあったりします。入園料が大人200円と非常に安い上に、年に何度か無料公開となる日もあるので、特に子供が小さかった頃には私もたびたび足を運んでいました。

次男も15歳になったというのにその動物園になぜ、というのは、先日カピバラの赤ちゃんが生まれたというニュースを目にしたためです。実は今年の春頃の無料公開日にも行ったのでカピバラ舎が入り口のすぐ横にあるのは知っていたのですが、そこに6匹の赤ちゃんカピバラがいるということで、その愛らしい写真を見たら私もぜひ、大きくなってしまう前に見に行かなければという気になったのです。

入っていってみるとカピバラ舎の周りに黒山の人だかり…とは行きませんでしたが、何組もの親子連れと大きなレンズのカメラを構える男性が一人いました。早速私もその中に入っていきましたが、小さい子供の邪魔をしてはいけないのであまり大胆に寄ることができず、しばらく檻越しのショットを撮り続けました。それでも赤ちゃんたちのかわいさは格別で来てみて良かったと思いましたが、檻の中でも撮影している関係者がいて、これはズルいと思いました。

その後、園内をブラブラと一周してみてからカピバラの近くにいるフラミンゴも覗いてみると、フラミンゴも産卵して卵を温めていたり、まだ白い羽毛に包まれた雛もいるのを見ることができました。これは帰宅後にニュースになっているのを見つけました。

そして動物園から出る前に最後にもう一度見ておこうと思ってカピバラの方へ行くと、ちょっとスペースができていて檻にもたれかかって撮ることができたので、最初に撮ったものと違い檻をフレームに入れずにいい写真を撮ることができました。ここではそれをお見せすることにしますが、固まって昼寝をする姿なんて本当に可愛いですよね。カピバラなんて言ってしまえば大きなネズミで、しかもちょっとした犬よりも大きくなるのにどうしてこんなに可愛く見えるのでしょうか。おっとりした感じがいいのでしょうかね。

急性胃炎

初めての痛み。

先日、録画していたブラタモリを寝る前に観ていると、突然腹部に痛みが走りました。私は子供の頃から腸が弱く、よく下していたので「またか」と思うくらいでトイレに走ったのですが、どうも様子が違います。いつも痛くなるところよりもちょっと上の方が痛みますし、特にひどい下痢でもありません(ちょっと汚い話ですみませんが、食事をしながらこんなブログを読んでいる人はいないと信じています)。なんだかよくわかりませんが、とりあえずもう寝よう、と早めにベッドに入りましたが、寝付きは悪くなかったものの夜中に激痛で目が覚め、救急車を呼んでもいいだろうかと思いながら一人悶えていました。

結局、朝まで何度も痛みに襲われたので、翌日は休暇にしてもらって何も飲み食いせずにおとなしくしていたのですが、落ち着いてきたので夕方にバナナとうどんを食べて、そのまま6時過ぎに寝てしまいました。それでようやく翌日にはなんとか出社できるようにはなりましたが、4日たってもまだ鈍い痛みが残っていたので、昨日かかりつけの内科で胃薬をもらってきたところです。とりあえず胃薬を出してもらい、それでも何日も痛みが続くようならまたおいで、とのことでした。

痛み続けるわけではなく、発作的に数時間に1回痛みの山が来るという感じで、それ以外のときは鈍い痛みがあるくらいなので、1日目の激痛以外の痛みはそれほどひどいものではありません。しかし、それよりも「食べたいものを食べられない」というのが私にとっては非常に辛いところです。発症以来、食事はなるべく胃に優しいものをと意識して選んでいますが、刺激物や油ものを避けて消化の良いものとなると選択肢は非常に限られます。このところ凝っているスパイスカレーなんてもっての外です。

しかし、幸い日本にはうどんや煮物などといったものがあるのでなんとかなりますが、これがもしアメリカにいるときだったらどうしたら良かったのでしょう。アメリカ人は体調の悪い時にはchicken noodle soupという、パスタ入りのチキンスープを飲むのですが、それ以外に何かあるのでしょうか。少なくとも外食で食べられるものには胃に対してろくなものがないような気がしますが…