Archives

Star Wars: The Last Jedi

“In loving memory of our princess, Carrie Fisher”

Lucas FilmがWalt Disneyに買収されて以来、毎年Star Wars作品が公開されるという、ファンにとってとても幸せな状況になっていますが、しかし1年というのはなかなか長いものです。私もこの1年、首を長くして待っていましたが、ようやく「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」が公開されました。私は前回の「ローグ・ワン」のときも前々回の「フォースの覚醒」のときもその公開初日に職場の忘年会を入れられてしまい悔しい思いをしたので、今回は何か月も前から休暇を申請して満を持して臨んだのですが、友人のZさんもそれに同調して2人して金曜日に休んで、朝一番の8時50分からの回で観てきました。ちなみに、8時50分というのは本編が始まるのが9時になりますから、UTCで12月15日になる瞬間ということになりますね。そのような取り決めになっているのでしょうか。

最後に「私たちの王女、Carrie Fisherに捧ぐ」とされている通り、昨年末に急逝したCarrie Fisherの遺作となっています。幸い、本作の撮影は完了していたのでCarrieの出番も完全な形となっており、彼女がすでに旅立ってしまったということなど信じられません。

本作は152分、2時間半超という過去最長の上映時間となっていますが、その間も退屈するような瞬間は全く無く、見どころばかりの素晴らしい作品でした。予告編にもクライマックスっぽいシーンがありますが、それと同じくらい盛り上がるところが5か所くらいかそれ以上あるような感じです。また、前作「フォースの覚醒」もよくできていたものの、あれはStar Warsファンの監督が、いかにもファンが喜びそうなところを狙って作った映画のように感じてしまったのですが、今回はそのようなことはなく、Star Warsシリーズであることを抜きにして単体の映画作品としても高く評価できるものになっているのではないでしょうか。

ちなみに、今日発売されたサウンドトラックもiTunes Storeで予約していたものを早速2度ほど聴いて世界に浸っています。入場前に1000円の通常版より200円高い限定版パンフレットも購入しましたが、こちらはあとのお楽しみのためにまだ開いてもいません。また、私の英才教育でStar Warsファンに育った次男も観たがっているので、明日また今日と同じ席に座って観ることが決まっています。さらに4DXでも体験しておきたいので、少なくともあと2回は劇場で観ることになるでしょう。そしてしばらくしたら発売されるBDかダウンロード版かを購入して観て…としばらくは楽しめそうです。

また、次は来年6月28日公開のスピンオフ作品、「ハン・ソロ: スター・ウォーズストーリー」ということなので半年待てばまた新しい作品が観られるということになりますが、ひょっとしてその次は1年半待たなければいけないのでしょうか。それはちょっと辛いですね… そういえば最近、さらにシリーズ作品を予定しているというような報道もあり、ダラダラと引き延ばして軽いものになってしまうのは嫌だと思っていましたが、本編は次のエピソード9で最後かと思うともっと続けてほしいような気もしてしまいますね。気持ちはなかなか微妙です。

スター・ウォーズ/最後のジェダイ オリジナル・サウンドトラック

posted with amazlet at 17.12.15

V.A. WALT DISNEY RECORDS (2017-12-15)売り上げランキング: 22

Amazon.co.jpで詳細を見る

Carrie Fisher 1956-2016

彼女にフォースのあらんことを。

2日続けてこんな記事を書かなければならないとは思いませんでした。Star Warsの旧三部作のレイア姫として知られるCarrie Fisherが亡くなってしまいました。23日に飛行機内で心臓発作を起こして心肺停止したものの、その後一命を取り留めて集中治療室で容態は安定したと伝えられていましたが、昨日27日に急変して帰らぬ人となってしまったのです。60歳でした。

Star Warsの大ファンである私は大変ショックでならないのですが、それもつい先日Rogue Oneを観たところなのでなおさらです。本人の姿は昨年のThe Force Awakensで見て、このあとEpisode 8, 9と続けて出てくれるものと思っていただけに非常に残念です。幸い、Episode 8のCarrieの出演シーンは撮影を完了していたということで、来年の公開時には彼女の元気な姿を見ることができるわけですが、その次はありません。物語の辻褄は合わせてしまうのでしょうが、姿を見たときにはまた涙してしまうかもしれません。

レイア姫として一躍有名になっただけにその印象が強すぎて、女優としても個人としても悩みはたくさんあったのではないかと思いますが、Force Awakensへの出演で彼女は大切なものを取り戻すことができたのではないでしょうか。せめて亡くなる前にそれで彼女が救われたのだと良いのですが…あまりに残念で、語る言葉が出てきません。

Rogue One: A Star Wars Story

“Rebellions are built on Hope!“

The Walt Disney CompanyがLucas Filmを買収するというあの電撃的なニュースから4年、毎年Star Warsシリーズの新作が公開されるというのはファンには夢のような状況ですが、少なくともこれが3年後の2019年まで続くというのはなんと素晴らしいことでしょうか。昨年はエピソード7に当たる「フォースの覚醒」が公開されて大いに盛り上がりましたが、今年は昨日、シリーズから派生した外伝的作品である「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」が公開されたということで、今日早速、朝一番の上映回で観に行ってきました。それほど楽しみにしていたのになぜ初日に観ないのかというと、昨年と同じく職場の忘年会が同じ日に設定されてしまったからです。来年こそは同じことにならないよう、日程調整の際に「この日はダメ」と予め言っておくことにします。

それはさておき、この作品は上に書いたように外伝、スピンオフである「アンソロジー・シリーズ」の第1弾となるもので、描かれたのはシリーズの原点であるエピソード4「新たなる希望」が始まる10分前、とされています。つまり、反乱同盟軍が帝国の究極兵器である初代デス・スターの設計図を奪うまでの決死の活躍を綴ったものになります。

主人公はつい先日観たばかりの「インフェルノ」でヒロイン役だったFelicity Jonesが演じるJyn Ersoですが、女性の主人公は「フォースの覚醒」のReyに続いてということになります。私は何の不満もありませんが、そういう時代ということなのでしょうか。JynはReyと違って何ら特殊な能力もパイロットの技能も持ちませんが、反乱軍に育てられたことで戦闘能力は高いようです。

そしてJynと行動を共にするのが幼い頃から反乱同盟軍で活動してきたCassian AndorでDiego Lunaが演じます。そしてこのCassianの相棒がK-2SOというもともと帝国軍の